ハリスの旋風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハリスの旋風
漫画
作者 ちばてつや
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
発表号 1965年16号 - 1967年11号
アニメ
原作 ちばてつや
脚本 藤川桂介雪室俊一山崎晴哉山崎忠昭
アニメーション制作 ピー・プロダクション
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1966年5月5日 - 1967年8月31日
話数 全70話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ハリスの旋風』(ハリスのかぜ)は、『週刊少年マガジン1965年16号から1967年11号まで連載されたちばてつや漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。タイトルは、カネボウハリス(現・クラシエフーズ)のスポンサードによって同社から社名使用を承認されたことに由来する。

ストーリー[編集]

主人公・石田国松は、屋台のラーメン屋を営む石田家の長男。かつて一家は静岡でラーメン屋を営んでいたが、国松が札付きの乱暴者で、これまで多くの学校を退学になり、一家も住んでいられなくなったために東京に引っ越してきた。

上京した国松は、ある日名門ハリス学園に勤める教員・岩波剛三とトラブルになり、なんと岩波をノックアウトしてしまう。この様子を見ていた学園長はその運動神経に着目し、良さを伸ばしながら矯正しようと入学を勧める。これに国松は最初は逆らうものの、不思議な力を持った園長の言うがままに入学し、岩波の担任するクラスに編入する。なお、岩波とのトラブルは最初から園長の想定内であった。

転校後、国松は早くも同級生の剣道部員・横地伊三郎や不良の伊野久弥と喧嘩になる。その暴れっぷりに着目した運動部がこぞって勧誘に来るが、国松が出した入部の条件は「弁当を差し出すこと」だった。また、隣の席の朝井葉子とは喧嘩友達になる。しかし、その横地が剣道部員から制裁を受けたことで義憤を感じ、単身乗り込んで敵を討つ。

その後は持ち前の運動神経を活かして野球部、剣道部、ボクシング部、そしてサッカー部で活躍し、どの部も大会で優勝させてしまう。どの部でも最初はトラブルを起こすが、何故かどの部の幹部も国松に惹かれていく。

サッカー部在籍時、ハリス学園の理事長であるカスタード・プリンとふとした事でトラブルになり、サッカー部は解散命令、国松は退学処分を受ける。しかし、全校生徒の嘆願や国松の身を挺しての直談判などでサッカー部の解散は取り消しとなり、国松もその後暫くして許される。サッカーの全国大会に出場したハリス学園は、決勝戦で宿敵・三和田学院を下して優勝。プリン理事長に見込まれた国松は、アメリカの本校への留学が決まる。全校生徒の盛大な見送りを受け、羽田から渡米する。

登場人物[編集]

「声」はアニメ版での担当声優

石田 国松
声 - 大山のぶ代
主人公。傍若無人の暴れん坊だが、「弱いものいじめはしない」という生き方が共感を呼ぶのか、いつしか学園の人気者になる。不良扱いされるがケンカ好きなだけで、盗みなどは一切しない。
名前は、ちばの初単行本『復讐のせむし男』を発行した日昭館社長の石橋国松にちなんで付けられた[1]
アー坊
声 - 山本嘉子
国松の弟で小学生。兄を反面教師として育ったせいか優等生で成績も良い。
メガネ
声 - 小原乃梨子
国松を慕う少年で、名前通りに眼鏡をかけている。「せんぱァ〜いッス」が口癖。
朝井 葉子(オチャラ)
声 - 松島みのり
ヒロイン。国松のクラスメートで、ハリス学園新聞部の部長。可愛いが気が強く、乱暴な国松も彼女には一目置いている。
声 - 西桂太
声 - 増山江威子
岩波 剛三
声 - 田中信夫
国松とおチャラのクラスの担任教師。別名「鬼の岩波」で、極めて真面目だが堅物ではない。授業中に居眠りや早弁をしている国松には手を焼いているが、諦めてはいない。番長との喧嘩で国松が退学処分にされそうになった際には彼を弁護したことがある。
園長先生
声 - 若山弦蔵
古谷先生
声 - 寄山弘
石田家かかりつけの医者。
殿山
野球部主将。
吉岡
空手部員。
鬼塚
剣道部主将。
柴原
剣道部員。
佐々木
旧拳闘部主将、新拳闘部員。
小山
新拳闘部主将。
伊野
同級生の野球部員、のちサッカー部員。
サハーラ東郷
サッカー部主将。
横地
同級生の剣道部員。
番長
元剣道部副将。
元剣道部主将の盲目の剣士。
志乃
柳の妹、三和田学院生。
カスタード・プリン
理事長。
二階堂
サッカー部員。
留さん
大工。

アニメ版[編集]

1966年5月5日から1967年8月31日までフジテレビ系列局で放送。全70話。モノクロ作品。

放送開始当時の『週刊少年マガジン』には、「普通のTVアニメ1本で使われるセル画は3000枚だが、『ハリスの旋風』第1話では5000枚のセル画が使われた」とのエピソードが紹介されていた[2]。裏番組であったテレビドラマ『悪魔くん』も本作と同様に『マガジン』連載の漫画を原作としていたため、同誌編集部は誌上での両作品の扱いに苦慮したという[3]

実写スチールの背景にアニメーションのキャラクターを合成するなど、実験的なカットが多用された[2]

主人公が暴力的なキャラクターであるため、当初は番組への批判が多かったが、高視聴率を維持できた。そのため、制作を担当していたピー・プロダクションは放送延長を望んだが、スポンサーのカネボウハリスが新商品戦略を目論んで次作『ドンキッコ』(原作:石森章太郎)への制作変更を行った。最終回放送当日付の毎日新聞夕刊のラジオ・テレビ欄に掲載された『ドンキッコ』のPR広告には、国松とドンキッコが握手をし、(国松)「ドンキッコ、がんばれよ」、(ドンキッコ)「オーケー!国松兄ちゃん」と会話するイラストが掲載された。

脇役のメガネはアニメで人気を獲得し、その人気が反映する形で原作での出番が増えた。国松役の大山とメガネ役の小原は、後に『ドラえもん』でも長く共演することになる[2]

1971年には『国松さまのお通りだい』と題してカラーでリメイクされたが、カネボウハリスとのスポンサー契約が期間満了し、更新されなかったために原題は使えなかった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ハリスの旋風」
作詞 - いしいたもつ / 作曲・編曲 - 淡の圭一 / 歌 - ガチャトリアンズ

各話リスト[編集]

  1. ハリケーン小僧のお通りだい
  2. ケンカとメシはおれにまかせろ
  3. 正義の味方を知らねえか
  4. がむしゃら名投手誕生
  5. 武士はあいみたがい
  6. 餓死寸前
  7. チューリップ大使あらわる
  8. マンガ戦争
  9. へんな外人
  10. やると思えばどこまでやるぞ!
  11. オンボロボートでぶっとばせ!
  12. 特ダネ作戦
  13. チビの中のチビ一匹
  14. 岩波、国松をきたえる
  15. よらばきるぞ、えーいっ!
  16. 国松の友情
  17. おれは決闘にいく!
  18. 山男よくきけよ
  19. 旅ガラスがやって来た
  20. 走れ一万メートル!
  21. 弱虫くん今日は
  22. ヒマラヤは俺のもの
  23. 国松最後の日
  24. 必殺の背負い投げ
  25. あくたれメガネ
  26. とんだアルバイト
  27. ノーベル賞は俺のもの
  28. ガリベン対ガリスポ
  29. 星の王子さま
  30. おれにまかせておけ
  31. 俺は天下のパイロット
  32. 四拍子で踊ろう
  33. シュプールNo.25
  34. 雪の国から来た少女
  35. 国松の火の用心
  36. 春だとびだせあばれん坊
  37. 正義の味方は俺一人
  38. 新拳闘部だどんとこい
  39. とぶぞ鉄拳うなるぞパンチ
  40. 城山の決闘
  41. 補欠部員全員集合
  42. ド盲剣法(前編)[4]
  43. ド盲剣法(後編)[5]
  44. みんな坊主になれ
  45. 国松火山の爆発だい
  46. これが合気道だ
  47. 危うし!ハリス学園
  48. アニキ商売は楽じゃない
  49. おれは秀才だ
  50. ひとりぼっちの国松
  51. 国松いつかえる
  52. おれはハリス学園に帰るんだ
  53. アメラグの卵
  54. タッチ・ダウン作戦
  55. 俺は挑戦する
  56. 国松剣法ハエタタキ
  57. ピカピカの心
  58. しごかれる国松
  59. 国松・オチャラの交換日記
  60. 大阪行超特急
  61. 国松と名犬ロンリー
  62. がんばれメガトン
  63. 友情のRHマイナス
  64. サボテンX
  65. 金髪のジェニー
  66. おれは蒸発する
  67. さようならロンリー
  68. 黄金の優勝杯
  69. サハラ東郷登場す
  70. サヨウナラ!!石田国松

[6]

放送局[編集]

フジテレビ、札幌テレビ仙台放送秋田放送山形放送福島テレビ新潟放送北日本放送北陸放送山梨放送信越放送静岡放送東海テレビ関西テレビ日本海テレビ山陰放送山陽放送広島テレビ西日本放送南海放送テレビ西日本熊本放送大分放送宮崎放送南日本放送沖縄テレビほか

最高視聴率[編集]

ビデオリサーチ調べ、関東地区)

  • 本放送時:31.8% (1967年4月20日放送分)
  • 日本テレビでの再放送時:28.9% (1968年2月19日放送分)

映像ソフト化[編集]

  • 1985年[いつ?]ジャパンホームビデオから4話分を収録したVHSβのビデオソフトが発売された。同社からは同時期に、同じくピー・プロダクション制作の『0戦はやと』のビデオソフトも発売された。
  • 長年、一部のプリントを除いて映像は殆ど残っていないとされていたが、ネガフィルムが奇跡的に発見され、全話を収録したDVD全10巻が2004年5月12日 - 同年9月8日に発売された。ただし、第64話「サボテンX」は音声素材が現存せず、映像素材に台本から起こした字幕を付けて特典映像扱いで収録されている。
  • これより前に東映ビデオから発売された『TVアニメ主題歌全集・ピープロ編』(ビデオソフトのみ)にはオープニングフィルムが収録されていたが、そのフィルムはラストの提供クレジットが無い再放送用のフィルムだった。提供クレジットのあるフィルムはDVDに収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本漫画家大全 ちばてつや初期名作集』 双葉社1997年
  2. ^ a b c 但馬オサム 「ピー・プロワークス1 アニメ製作」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、33頁。ISBN 978-4-86248-805-3
  3. ^ 「BonusColumn スーパーヒーロー乱世」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、100頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  4. ^ DVD版でのタイトルは「盲目の剣士(前編)」。
  5. ^ DVD版でのタイトルは「盲目の剣士(後編)」。
  6. ^ 「THIS IS ANIMATION すばらしきアニメ世界シリーズ 3 スポーツ・ギャグ・生活アニメ編」1982年、小学館、p.97-98。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

フジテレビ系列 木曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
宇宙エース
(1966年4月7日 - 1966年4月28日)
ハリスの旋風
(1966年5月5日 - 1967年8月31日)
ドンキッコ
(1967年9月7日 - 1968年1月25日)
フジテレビ系列 カネボウハリス一社提供枠
宇宙エース
(1965年5月8日 - 1966年4月28日)
※土曜18:15枠 → 木曜19:00枠
ハリスの旋風
(1966年5月5日 - 1967年8月31日)
※木曜19:00枠
ドンキッコ
(1967年9月7日 - 1968年1月25日)
※木曜19:00枠