ねるねるねるね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ねるねるねるねを作っている際の写真。

ねるねるねるねは、1986年よりクラシエフーズ(旧カネボウフーズ・ベルフーズ)から発売されている菓子

概要[編集]

砂糖を主成分とした粉にを加えて「ねるねる」を作り、キャンディチップやチョコクランチを付けて食べる。化学実験を思わせる手順によって自ら菓子を「作る」斬新さや、作る過程でねるねるの色が変わる点などが子供の心を掴み、発売から30年以上経った現在も根強い人気を誇っている。開発当初は「ねりっちょ」という名称も検討されたが、議論の末「ねるねるねるね」となった。2011年時点で、累計7億食を販売している[1]

ねるねるねるねを始めとして、クラシエフーズが発売する一連の作る菓子は、サイバー菓子(ケミカル菓子)などと呼ばれていたが、近年では知育菓子というジャンルで展開している。「知育菓子」はクラシエの登録商標である。 ねるねるねるねの場合、着色に使われるのはアントシアニン系の色素であり、着色料の原材料は紫キャベツの葉(赤紫色)、クチナシの果実(黄色)、スピルリナ(青色)である。色の変化も酸性値の変化によるもので、これはリトマス試験紙と同じ原理である。初期には練ると糸を引く物もあった。

2011年2月に、味のリニューアルが行われ、現代の子供の味覚に合わせて「おいしいブドウ味」を甘めに変更した[1]

原理[編集]

1番の袋に重曹と色素が入っている。これに水を加えることで中性からアルカリ性となり、紫色~赤色に発色する。そこに2番の袋に入っているクエン酸を加えることで酸性になり青色になる。同時に炭酸ガスが発生するため膨らむ。炭酸ガスは卵白と増粘多糖類の作用でなめらかなクリーム状の泡となる。3番の袋に入っているキャンディーをつけて食べることで、食べやすくなる。(なお、色の説明は「ねるねるねるねブドウ味」の場合[2]。)

CM・キャラクター[編集]

  • 1986年発売当初は、魔女のような姿をした老婆が登場するテレビCMが流されていた。魔女役を演じていたのはアメリカ出身のモデル、フランシス・ケネディ[3]。声は声優の鈴木れい子が担当。
  • 2002年は、曲に合わせながら腕が伸びる魔女が登場した。(発売当初の魔女とは別人である)
  • 2004年は、キングコングが手品師に扮して出演した。
  • 2005年は、新たなマスコットキャラクターとして、「ねるねるランド」からやってきた「ねるね」が登場した。
  • 2011年2月、魔女の老婆が再登場した新CMが放映された[1]

このCM動画はクラシエフーズの公式サイトにて、「魔女inスーパー篇」として現在も公開中[4]。ちなみに、新・魔女役は、稲川素子事務所所属のCynthia Cheston(シンシア・チェストン)。奇跡体験アンビリバボーの再現ビデオで、よく出てくる女優で有名。声は、声優の谷育子が担当。

  • 2008年の時点で、再び魔女が登場する初代CMを再放送する企画があったものの、魔女を演じたフランシス・ケネディが消息不明になっていたため、断念したという。先述の2011年2月以降の配役も旧版とは別人である。

主な知育菓子[編集]

発売時期によって商品名や作り方や形状などは異なり、1、2年ごとにマイナーチェンジが繰り返されている。

  • ムクムク:泡が大量に発生する炭酸飲料系の粉末ジュース。泡は卵白成分(メレンゲの要領)によるもの。
  • ツブポン:液体の中にもう一方の液体をスポイトで垂らすと凝固し、底にゼリー状の粒が溜まる。
  • カチンカチン:粉末を水で練ると、次第に固まってラムネ状の菓子が出来上がる。「水入れて、粉入れて、1分経ったらカチンカチン♪」というCMが流れた。
  • なるなるみになる:枝を模した放射状のスティックの先に水をつけ、粉末をつけると実のようなゼリーが出来上がる。
  • すらすらキャンバス:粉末の上にスポイトで字や絵を描くと、その部分だけが固まってゼリーになる。
  • ガムがため:粉末を特製の型に入れて押し固めると、ガム(のようなもの)が出来上がる。
  • どこまででるでる:粉末を水に入れてストローを差すと膨らむ。
  • むにょっぴちょちょ:氷の上にチョコレートで絵を描き、フルーツソースに付けて食べる。
  • うにょうにょ:クリームを筒に詰めてピストンを押し、できたものを食べる。
  • のびぴゅん:粉末を水に入れて出来た水飴状のものを食べる。
  • にょっきにょっき:棒状のお菓子を作る。
  • むじむじちゃちゃ:すらすらキャンバスの色付き版。
  • バッキンガムガム:カチンカチンに粒状のガムを入れたもの(バッキンガム宮殿が由来)。
  • こねこねっち:のびぴゅんの強力版。
  • がむにょろぼー:にょっきにょきと同様に棒状のお菓子を作るのだが、こちらはガムのようなものになる。
  • ゆさゆさぷるぷる:シロップを使ってプラスチックの骨組みにゼリーを作る。
  • にょろりんぷかちょ:ソーダの中にチョコレートを入れて固める。
  • ちゃぷちゃぷもこもこ:水を付けたスティックを粉の中に入れると膨らむ。
  • ふりふりたまポン:ボールの中に粉と水を入れて勢いよく振るとゼリーが出来上がる。
  • ころころぽろろん:なるなるみになると同様。串状のものでゼリーを作る。
  • ぬりりんグミミン:粉末を水と混ぜて型を入れ、しばらく押さえるとの中にグミが出来上がる。
  • どどっとつぶぴょん:スポイトからたくさんの粒ゼリーが出てくる。あわソースにのせて食べる。
  • どさどさくっつく:「なるなるみになる」の平面版。水と粉に交互につけると棒の先端にゼリー状のものができる。
  • ぶらんぶらん:ゆさゆさぷるぷる同様、釣り竿の先が輪になっており、トレイにセットしてゼリー状のお菓子が固まったら釣り上げる。
  • チュチュチュチュ:すらすらキャンバスに似ているが、こちらは液体の上にスポイトで描いた字や絵がゼリー状に固まるので、それをストローで吸う。
  • ぷにょぷにょぽっこん:トレイに丸い餅状お菓子を作り、小さなコーン菓子を上から押し、詰め込む。1分待って固まったら、トッピングを掛けて仕上がり。三波春夫風のCMが流された。
  • フリフリコロコロ:『ガムがため』に近い、ガシャポンのようなカプセルの中に粉ガムと液体を垂らして振り、ガムを作る。
  • あれこれそれゴックン:メロン、シナモン、レモンのジュースを作り、全部混ぜるとコーラの味が楽しめる。全て混ぜるとパイン味の物もあった。
  • のびキャン:二つの粉末をトレイで混ぜ、少量の水を加え、混ぜるとゴムのように伸びる。プリントされた割り箸で中空で混ぜると、1m位伸びる。
  • パチパチパッチン:直径3cm程度の6角柱形状の中でお菓子を作り、ボルト形状のスティックで出し入れすると、パチパチ音が出るお菓子ができる。
  • じんわかぼわぼわ:1990年。
  • チュッとなぞって:不明
  • モコモコット:不明
  • くっつきっつ:不明
  • チョコがため:ガムがためのチョコレート版。
  • ひょっこりんぼ:ヤクルト容器のような器の中で水と粉を混ぜる。とても柔らかい餅のような菓子ができる。
  • ぽわんぱ:不明
  • べんべろべーん:不明
  • えんやらぽっこ:つぼ型の容器の中で膨らんで固まり、ふわふわのお菓子ができる。意外に歯ごたえがあるが、味は薄くあまりおいしくない。出来上がる量がかなり多く、食べきれない子供もいた。
  • ぬっきんきん:円柱状の容器に粉と水を混ぜて棒を差す。しばらくすると固まってグミのようになり、それにトッピングをすると出来上がり。量が少ないのが難点だが、味はいい。
  • トンびゅーん:ゼリー状のお菓子をスティックで絡め、伸ばすと1m程度の長いお菓子ができる。
  • むむむんぼわ:不明
  • スーパームクムク:不明
  • ぴらんぺら:粉に水を加え、棒を付けてシートに挟み、3分待つと団扇型のお菓子ができる。
  • ぽんぷちぽん:透明のトレイ容器窪みでツブポンと同じツブゼリーが蛙の卵の様に大量にでき、シロップ中で漂うに見える。
  • チュッチー:不明
  • つぼっつぶ:つぼ型の小さなプラ容器に粉をれると、やや粘性のあるシュワシュワとしたラムネ味の泡ができるので、トッピングを混ぜて食べる。
  • ワサワサブラブラ:ゆさゆさぷるぷるとぶらんぶらん同様。
  • なるなるグミの実:なるなるみになるの商品名を変更したもの。

脚注[編集]

  1. ^ a b c こんな時代のヒット力 魔女復活で急成長した“おもしろ菓子”、ZAKZAK、2011年7月27日。
  2. ^ レシピ - ねるね研究室
  3. ^ テレビブロス2010年10月30日号「ウィキナオシ!」コーナーに記載された、クラシエフーズ商品開発担当の説明による
  4. ^ http://www.kracie.co.jp/cm/10006561_4487.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]