ドンキッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドンキッコ
漫画
作者 石森章太郎
出版社 集英社小学館
掲載誌 少年ブックりぼん、小学館コミックス
発表期間 1967年 - 1968年
アニメ
原作 石森章太郎
監督 石黒光一、布上善雄
脚本 雪室俊一山崎忠昭、朝風薫、
安藤豊弘、今村文人
音楽 淡の圭一
アニメーション制作 ピー・プロダクション
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1967年9月7日 - 1968年1月25日
話数 全42話(全21回)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ドンキッコ』は、石森章太郎(後の石ノ森章太郎)による日本漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。

ストーリー[編集]

ドンキッコは訳あって田舎から都会へやって来た自然児。相棒のドンドンとともに放置されているチンチン電車を仮の住まいとしている。骨董品屋「わんわん堂」の娘あやめと親しくなり、意地悪オヤジ「ミスター・トウセンボウ」と戦いを繰り広げるなど、日々騒動を巻き起こす。

登場人物[編集]

「声」はアニメ版での担当声優

ドンキッコ
声 - 麻生みつ子
骨董品屋「わんわん堂」を目指し、田舎から来た少年。チビだが自称「源義経の末裔」。
暴れん坊だが明るくお茶目な性格で憎めない。
ペンやサーベルになる「ドンキッコ・スティック」を腰に下げている。
ドンドン
声 - 神山卓三
ドンキッコの子分である大柄の少年。頭は弱いが怪力の持ち主で、飯を食うと力を発揮する。
ゴンベエ
声 - 愛川欽也
ドンキッコの子分。人と話をすることができるアヒル
あやめ
声 - 小原乃梨子
ドンキッコたちが世話になる骨董品屋「わんわん堂」の娘。明るく気立ての良い美少女。
ミスター・トウセンボウ
声 - 若山弦蔵
ドンキッコたちの宿敵である意地悪な中年男。くわえているパイプは棍棒になる。ヨーヨーという子分がいる。

漫画版[編集]

石森による漫画版は、1967年から1968年まで『少年ブック』(集英社)、『りぼん』(集英社)、『小学館コミックス』(小学館)の3誌で連載されていた[1]

テレビアニメ版[編集]

アニメ版は、1967年9月7日から1968年1月25日までフジテレビ系列局で放送。前作『ハリスの旋風』と同様、カネボウハリス(現・クラシエフーズ)の一社提供で放送されていた。全42話(全21回、1回につき2話放送)。放送時間は毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

『ハリスの旋風』最終回が放送された1967年8月31日付の毎日新聞夕刊には、ラジオ・テレビ欄に本作のPR広告が掲載された。この広告には、『ハリスの旋風』の主人公・石田国松と本作の主人公・ドンキッコが握手をし、(国松)「ドンキッコ、がんばれよ」、(ドンキッコ)「オーケー! 国松兄ちゃん」と会話するイラストが掲載された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ドンキッコ」
作詞 - 藤原法夫(石森の別名義) / 作曲 - 淡の圭一 / 歌 - 山本喜代子、山岸比呂美
オープニング映像は2バージョンあり、後期バージョンは前期バージョンのマイナーチェンジ版で、前期に無かった歌詞テロップが存在、また冒頭、ドンキッコが煙突で寝ている場面にジェットコースターがカットインしている。
挿入歌「ドンキッコソング」
作詞 - 藤原法夫(石森の別名義) / 作曲 - 淡の圭一 / 歌 - 山本喜代子、山岸比呂美

各話リスト[編集]

放送日 回数 サブタイトル
1967年
9月7日
1 ドンキッコ登場
お客様には親切に
9月14日 2 スターになりたい
ゴリラが逃げた
9月21日 3 パチンコはだれのもの
ヘリコプターボロンボロン作戦
9月28日 4 走れチンチン電車
ハラペコ怪力士
10月5日 5 おみこしわっしょい
憧れのスター
10月12日 6 宝をさがそう
おかしな催眠術
10月19日 7 日本一のおとな
走れドンキッコ
10月26日 8 ナゾの男現わる
ドブ川の決闘
11月2日 9 ボロロン毛布
進め!ドンキッコ鑑隊
11月9日 10 エントツ4・3・2
ビールがのみたい
11月16日 11 シャックリ世界珍記録
なんでもなる木
11月23日 12 泣くなドンキッコ
ヤセッポッチのペケ
11月30日 13 ゴンベの卵
ノビノビ村
12月7日 14 へんなライオン
アメリカのサムライ
12月14日 15 おじいちゃんは世界一
ドロンコ道の女の子
12月21日 16 ハッスルドンキッコ
金庫をさがせ
12月28日 17 Xマスと正月のあいのこ
(不明)
1968年
1月4日
18 敵はさるもの
花の湯No.2
1月11日 19 負けるな迷犬コロ
(不明)
1月18日 20 ボクはアヤメちゃん
ピンポケドンドン
1月25日 21 一年坊主の鐘が鳴る
小学校へもぐり込め

参考:『石森章太郎アニメワールド』徳間書店、1981年、284 - 285頁。

放送局[編集]

ビデオソフト化[編集]

本作はこれまでに一度も映像ソフト化されたことがない。オープニング映像や本編映像の一部については以下の映像ソフトに収録されている。なおオープニング映像は全て前期バージョン。

  • シルバージャガーの誕生(VHS、SHOWA) - 本編映像の一部を収録。
  • TVヒーロー主題歌全集9 ピープロ編(VHS・β東映ビデオ) - 本編映像の一部を収録。
  • ピー・プロ テーマ & 変身コレクション(VHS・LDハミングバード) - オープニング映像を収録。
  • マニア愛蔵版 懐かし〜いTVアニメテーマコレクション(VHS・LD、ハミングバード) - オープニング映像を収録。

また、1981年に徳間書店から発行された前述の『石森章太郎アニメワールド』には、第1話『ドンキッコ登場』のフィルムを接写したフィルムストーリーが掲載されている。

1980年代にビデオショップを経営していたピープロでは、個人から好きな作品・話数のリクエストを数万円で受注し、その話数のフィルムをテレシネして直接ビデオ販売する「ソフトオーダーメイド」と銘打ったサービスが行われており、発注可能な作品リストには本作も含まれていた。

うしおは2002年のインタビューで「『ドンキッコ』というのは(中略)ソフト、何もないでしょう。だからあれは、何本かとってあるんですよ。(中略)一番とってあるのは、『ヤダモン』なんだけど」と話しており[7]、ある程度の本数のフィルムがピープロに現存しているとみられる。

脚注[編集]

  1. ^ 『ドンキッコ(2)』(石ノ森章太郎)|講談社コミックプラス”. 講談社. 2016年5月5日閲覧。
  2. ^ 『河北新報』1967年9月17日 - 9月24日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『河北新報』1967年9月16日 - 9月30日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『福島民報』1967年9月7日 - 1968年1月25日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『福島民報』1967年9月14日 - 1968年1月25日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『福島民報』1967年9月19日 - 1968年1月30日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 『まんだらけZENBU No.17』まんだらけ出版部、2002年、326頁。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜19:00枠
【本番組までカネボウハリス一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
ハリスの旋風
(1966年5月5日 - 1967年8月31日)
ドンキッコ
(1967年9月7日 - 1968年1月25日)
わんぱく探偵団
(1968年2月1日 - 1968年9月26日)