五木寛之の夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五木寛之の夜
ジャンル トーク番組
放送方式 録音
放送期間 1979年10月7日 - 2004年9月26日
放送時間 当該項を参照
放送局 東京放送
ネットワーク 北海道放送
中部日本放送
北陸放送
毎日放送
RKB毎日放送
パーソナリティ 五木寛之
出演 三雲孝江
太田光子
有乃衣里彩
提供 カネボウ
テンプレートを表示

五木寛之の夜』(いつきひろゆきのよる)は、東京放送(TBSラジオ)制作でJRNの基幹ラジオ局及び北陸放送で放送されていたラジオ番組。地味な内容だったが、コアなファンは多く、1979年10月7日から2004年9月26日まで25年間続いた長寿番組である。カネボウ一社提供番組であった。

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

歴代アシスタント[編集]

後期

  • 有乃衣里彩(あるの・えりざ、旧名・柳里依(やなぎ・りえ))

番組概要[編集]

番組は作家、エッセイストとして活躍する五木が、各界の著名人を迎えてのインタビューを行ったり、また五木の近況なども紹介されたほか、のプレゼントも行われた。

はがき、手紙を投稿、またプレゼントに応募する場合は、必ず名前には振り仮名(ひらがな、カタカナは問わない)を振ることが求められ、それらのないものはプレゼント応募から除外された。また、必ずプレゼント当選者は全員の名前を読み上げることを常とし、当選者の名前を読み上げるだけの回もあった。

番組テーマソングは、五木寛之原作の映画『戒厳令の夜』のテーマ曲でもあった『哀しみのフローレンス』(ジョー山中作曲)。また、五木が講演や出版した書籍のキャンペーンに地方へ訪れた際に、リスナーが「深友」(しんゆう)と名乗り出ることも多かったという。これは、番組オープニングの決め台詞であった「深夜の友は真の友…」から来ているという。

オープニングの台詞[編集]

えー、「深夜の友は真の友」などといいますけれども、こんな時間に独りで起きている貴方はいったいどんな人なんだろうと、いろいろ考えながらマイクに向かっています。人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を。今、この放送を聞いていらっしゃる深夜の友に、限りない友情と共感を抱きつつお送りするミッドナイトメッセージ。『五木寛之の夜』です。

ネット局と放送時間[編集]

  • 関東広域圏:TBSラジオ
    • 1979年10月 - 1980年3月 土曜21:00 - 21:30
    • 1980年4月 - 1981年9月 日曜1:30 - 2:00
    • 1981年10月 - 1984年3月 日曜1:00 - 1:30
    • 1984年4月 - 1987年3月 月曜0:30 - 1:00
    • 1987年4月 - 1998年3月 月曜0:00 - 0:30
    • 1998年4月 - 2004年9月 日曜23:30 - 24:00

※テレビにおける五社連盟を中心としてネットが組まれたが、石川県のMROで放送されていたのは、五木が石川県に住んでいたことがあるため。

TBSラジオ 土曜21:00 - 21:30(1979年10月 - 1980年3月)
前番組 番組名 次番組
ニュース/スポーツニュース
五木寛之の夜
エキサイトナイター/プロ野球情報
(18:00 - 21:15)
ニュース/スポーツニュース
(21:20 - 21:30)
TBSラジオ 日曜1:30 - 2:00(1980年4月 - 1981年9月)
桃井かおり ひとり身ポッチ
(月曜20:30 - 21:00に移動)
五木寛之の夜
TBSラジオ 日曜1:00 - 1:30(1981年10月 - 1984年3月)
五木寛之の夜
ビー・ポップ
TBSラジオ 月曜0:30 - 1:00(1984年4月 - 1987年3月)
ラジオはアメリカン
(1:00 - 1:30に移動)
五木寛之の夜
ラジオはアメリカン
(1:00 - 1:30から移動)
TBSラジオ 月曜0:00 - 0:30(1987年4月 - 1998年3月)
山口洋子 その人を愛せますか
五木寛之の夜
林原めぐみのTokyo Boogie Night
(日曜23:00 - 23:30から移動)
TBSラジオ 日曜23:30 - 24:00(1998年4月 - 2004年9月)
桜井智のかボちゃにお願い
五木寛之の夜