クラシエ薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラシエ製薬株式会社
Kracie Pharma, Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
108-0022
東京都港区海岸三丁目20番20号
ヨコソーレインボータワータワー6F
設立 2006年(平成18年)5月1日
業種 医薬品
法人番号 1010401061853
事業内容 漢方薬を中心とした医療用医薬品と一般用医薬品の製造・販売
代表者 代表取締役会長執行役員 石橋 康哉
社長執行役員 大西重樹
資本金 24億0500万円
特記事項:2006年4月12日に紀尾井町インベストメントからカネボウ製薬に社名変更。2007年7月1日にクラシエ製薬に社名変更し、現在に至る。
テンプレートを表示
クラシエ薬品株式会社
Kracie Pharmaceutical, Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
108-0022
東京都港区海岸三丁目20番20号
ヨコソーレインボータワータワー6F
設立 1972年(昭和47年)5月10日
業種 卸売業
法人番号 1010401061853
事業内容 医薬品、医薬部外品等の病医院、診療所及び薬局・薬店への販売
代表者 代表取締役社長 大西重樹
資本金 4億6000万円
特記事項:1972年にカネボウ薬品販売として設立、1974年にカネボウ薬品に社名変更。2007年にクラシエ薬品に社名変更し、現在に至る。
テンプレートを表示

クラシエ薬品株式会社(クラシエやくひん、: Kracie Pharmaceutical, Ltd.)とはクラシエホールディングスの薬品事業を担う関連子会社である。

概要[編集]

前身企業に漢方薬を中心に扱っていた山城製薬、『ワカ末』などの大衆薬に強みがあった中滝製薬が入っている。脱繊維を模索したカネボウが両社の経営権を取得して薬品事業に参入し、1974年に両社を合併した(旧山城製薬の工場は高槻第二工場、旧中滝製薬の工場は春日部工場となった)。

山城製薬の流れから漢方薬に強みを持ち、漢方製剤における一般用医薬品部門では業界首位、医家向け商品も製造、販売されている(業界2位)。かつては中滝製薬の流れで医療用新薬事業も行っていたが、1999年に日本オルガノン(現在のMSD)へ売却した。親会社はクラシエ製薬株式会社(ファンド設立の紀尾井町インベストメントが母体)。

沿革[編集]

  • 1966年 - 鐘紡が山城製薬の経営権を譲り受け、薬品事業に進出。
  • 1969年 - 山城製薬がカネボウ山城製薬に社名変更。
  • 1971年 - 鐘紡が中滝製薬の経営権を譲り受ける。
  • 1972年 - 中滝製薬がカネボウ中滝製薬に社名変更。カネボウ薬品販売設立。
  • 1974年 - カネボウ山城製薬、カネボウ中滝製薬を鐘紡に合併。カネボウ薬品販売がカネボウ薬品に社名変更。
  • 1976年 - 漢方研究所設置。
  • 1978年 - 漢方エキス錠の発売開始。
  • 1982年 - 『コッコアポ錠』発売。
  • 1984年 - 漢方かぜ薬シリーズ発売(第1号商品は『葛根湯』)。
  • 1985年 - 漢方療法推進会向け商品の発売開始。
  • 1988年 - 青島華鐘製薬有限公司設立。
  • 1993年 - 『コッコアポA錠』発売。
  • 1997年 - 『コッコアポL錠』発売。
  • 1999年 - 医療用医薬品事業の一部を日本オルガノン(現・MSD)へ営業譲渡。
  • 2000年 - 『カネボウ万寿丹』発売。
  • 2002年 - 医療用漢方1日2回服用製剤『KB2』発売。
  • 2006年 - カネボウの薬品事業がカネボウ製薬(旧・紀尾井町インベストメント)へ譲渡され、カネボウ薬品がその子会社となる。『漢方セラピー』発売。
  • 2007年 - クラシエ製薬、クラシエ薬品に社名変更。『カンポウ専科』発売。
  • 2012年 - 『コッコアポプラスA錠』発売。
  • 2014年 - 『コッコアポG錠』発売(同時に、『コッコアポL錠』と前年にテスト販売していた『コッコアポEX錠』をリニューアル発売)、住友化学と共同開発した医療用医薬品の疥癬治療外用薬『スミスリンローション5%』発売。
  • 2015年 - 医療用漢方製剤・丸剤『ウチダの八味丸M』の販売をウチダ和漢薬から移管[1]
  • 2016年 - 『カンポウ専科』から『クラシエの漢方』へのシリーズ名移行を開始。
  • 2017年 - 『ヨクイノーゲンBC錠』リニューアル発売、『アレデル顆粒』、『プラセンダイヤ』発売。
  • 2018年 - 『ヨクイノーゲンホワイト錠』発売。

CMキャラクター[編集]

過去

カンポウ専科のCMに登場した「カンポウ6」については、カンポウ専科を参照のこと。

  • 水野真紀 - コッポアポA、葛根湯
  • 木下優樹菜 - コッポアポ(2009年6月 - 2010年)
  • 石原さとみ - コッコアポ(2011年)
  • 多部未華子 - コッコアポプラスA錠(2012年3月 - 2014年7月)
  • はな - カンボウ専科(2009年 - 2010年)
  • 持田香織 - カンポウ専科・かぜ薬シリーズ(2011年 - 2014年)
  • 石田純一 - カンポウ専科・八味地黄丸シリーズ(2011年)
  • 相武紗季 - コッコアポ(2014年7月 - 2016年)、カンポウ専科・かぜ薬シリーズ(2014年 - 2016年)
  • 北川悠仁(ゆずのメジャーデビュー前) - H・ミッテルS

事業場[編集]

クラシエ製薬株式会社[編集]

クラシエ薬品株式会社[編集]

海外事業場[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「ウチダの八味丸M」の販売移管について - クラシエ薬品・ウチダ和漢薬 2社連名によるリリース(配信元:クラシエ薬品株式会社) 2015年3月16日(2015年8月27日閲覧)

外部リンク[編集]