悟空の大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
悟空の大冒険
ジャンル テレビアニメ
放送時間 土曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1967年1月7日~同年9月30日(39回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ虫プロダクション
監督 杉井ギサブロー(総監督)
演出 出崎統ほか
原作 手塚治虫
脚本 菅野昭彦ほか
プロデューサー 川畑栄一
出演者 右手和子
増山江威子
野沢那智
愛川欽也
滝口順平ほか
ナレーター 近石真介
オープニング 「悟空の大冒険マーチ」(ヤング・フレッシュ
エンディング 「悟空が好き好き」(ヤング・フレッシュ。前期)
「悟空音頭」(中山千夏、ヤング・フレッシュ。後期)

特記事項:
明治製菓(現:明治一社提供
テンプレートを表示

悟空の大冒険』(ごくうのだいぼうけん)は、1967年に放映された日本のテレビアニメ手塚治虫漫画ぼくのそんごくう』を元に作られた作品である。

概要[編集]

1967年1月7日 - 同年9月30日フジテレビ系にて『鉄腕アトム』(アニメ第1作)の後番組として放映された。カラー作品である。提供スポンサーは、『アトム』に引き続き明治製菓(現:明治)1社。

手塚治虫の「ぼくのそんごくう」は『西遊記』を元に描かれた漫画である。この漫画を原作に虫プロダクションがスラップスティックなギャグアニメとして作り上げたのが本作である。

キャラクターや話の内容が現代風に風刺されており、三蔵法師が、天竺まで経典を取りに行く、という基本設定を除いて、ほとんど作り替えている。登場人物も、竜子(たつこ)という女性キャラが追加されている[1]

当初は高い視聴率を稼ぎ、最高視聴率は1967年2月18日(土)に31.7%を記録している。しかし、4月から同じ時間帯に裏番組として『黄金バット』がスタートしてからは視聴率の低下に苦しんだ[2]。劇中の各キャラクターの"大げさな表現"は時代を先取りしすぎた部分もあり、時流にのった“妖怪連合シリーズ”などの路線変更が行われたが、後半の視聴率不振の盛り返しには至らず、丸4年間続いた「アトム」の後番組にもかかわらず、9か月(39話)で放映を終了した。

番組内容にマッチした主題歌・副主題歌も印象的なもので、特に副主題歌は2000年代になってからテレビCMに流用されたりもしている。例えば、「牛乳が好きな人のメグミルク」のCMでは、歌詞を「牛乳が好き」に変えて使っている(俗に言う「替え歌」である)。

付記:本放送当時に、内容が過激過ぎるとされて放映がキャンセルされて御蔵入りになったとされるエピソードが1つある(DVD-BOXには収録)。

また、EDの前に次週の予告クリップが本放送時(あるいはあまり年月が経っていない再放送時)にはあったが、後に使われなくなりいろいろな事情で失われた模様。幾つかの音声の一部はDVD-BOXに収録されている。

パイロットフィルム[編集]

この作品にはパイロットフィルム「孫悟空が始まるよー 黄風大王の巻」がある。しかし、その内容はどちらかというと、東映動画制作の劇場アニメ『西遊記』(1960年)に近い。たとえば、パイロット版では、悟空が三蔵法師を呼ぶ呼び方が「おっしょうさま」(これは『ぼくのそんごくう』においても同様)なのに対し、本編では「坊さん」である。またキャラに関しては、八戒は殆ど同じだが、孫悟空と竜子はやや背が高く、三蔵法師は『アトム』の田鷲警部に近く、沙悟浄に至っては全く異なっている。

なお、この内容変更に関しては、総監督の杉井ギサブローが、完成したパイロット版を見るなり「自分の作りたかった物はこれじゃない」と手塚治虫に直訴し、手塚から「なら好きなように作って良いから」と了解を得たためとのちに発言している[3]。また、音楽もパイロット版と本編とは異なる。本編は宇野誠一郎である。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

初期の『世界名作劇場』(当時は『カルピスまんが劇場』)で『ムーミン』、『アンデルセン物語』、『山ねずみロッキーチャック』の音楽を担当した宇野誠一郎がBGMを作・編曲し、ほとんどの主題歌・挿入歌の作・編曲も行ったほか、歌詞を手掛けた曲もある。

主な歌手は宇野作品をいくつか歌っているヤング・フレッシュ。その他、『ひょっこりひょうたん島』からは前川陽子[5]中山千夏[6]、そして『アンデルセン物語』や『さるとびエッちゃん』でも宇野と組むことになる増山江威子が参加した。

主題歌[編集]

オープニングテーマ (第1~39話)
  • 悟空の大冒険マーチ[7]
作詞:吉岡治/作曲・編曲:宇野誠一郎/歌:ヤング・フレッシュ
エンディングテーマ1 (第1~25話)
  • 悟空が好き好き
作詞:吉岡治、宇野誠一郎/作曲・編曲:宇野誠一郎/歌:ヤング・フレッシュ
  • 正規版(モノラル録音)はテイチクと朝日ソノラマから発売。日本コロムビア音源(ステレオ録音)はセルフカバー版(歌:ヤング・フレッシュ、アンサンブル・ファンタジア)で、歌い方や「かもね」というセリフの言い方が微妙に異なる。
エンディングテーマ2 (第26~39話)[8]
  • 悟空音頭
作詞:井上ひさし/作曲・編曲:宇野誠一郎/歌:中山千夏、ヤング・フレッシュ

挿入歌[編集]

  • 悟空がやってくる
作詞:吉岡治/作曲:山崎唯/編曲:中村五郎/歌:山崎唯
  • 竜子のうた
作詞・作曲・編曲:宇野誠一郎/歌:増山江威子

イメージソング[編集]

  • レッツゴーボンダンス
作詞・作曲・編曲:宇野誠一郎/歌:中山千夏、ヤング・フレッシュ
  • レッツ!悟空ダンス
作詞・作曲・編曲:宇野誠一郎/歌:前川陽子、ヤング・フレッシュ

各話リスト[編集]

放送日 話数 サブタイトル 脚本 演出 登場妖怪
1967年
1月7日
第1話 悟空誕生 鈴木良武 出﨑統 ゴウライ国王
1月14日 第2話 キント雲はいただき 西牧秀雄
1月21日 第3話 坊さんナンバーワン 波多正美 混世魔王
1月28日 第4話 宝の地図はペケペケ 出﨑統 盗賊団
2月4日 第5話 雨に唄えば 西牧秀雄 カンカラ大臣
カミナリ大臣
2月11日 第6話 銀糸仙人 出﨑統 銀糸仙人
2月18日 第7話 ゴミまで愛して 波多正美 サンショウウオの化け物
2月25日 第8話 博士は何にしびれたか 山中恒 西牧秀雄 ドッカンコ博士
3月4日 第9話 おかしな? おかしな? 波多正美 ギルド
3月11日 第10話 ハートでいただき 佐野美津男 ミクロン
3月18日 第11話 どっちもどっち! 菅野昭彦 西牧秀雄 原始村の長
現代町の長
3月25日 第12話 ぼくはコブコブよ! 佐野美津男 出﨑統 コブコブ大王
4月1日 第13話 王様はユウレイ 山元護久 波多正美 狼男
4月8日 第14話 カジババと40にんの盗賊 佐野美津男 出崎統 カジババ
4月15日 第15話 あけてビックリ 柳沢類寿
伊地知道明
北野英明 美人国
4月22日 第16話 5.9(ゴクウ)作戦 山中恒 高橋良輔 プランクトンの怪物
4月29日 第17話 奥様は妖怪 佐野美津男 西牧秀雄 おもちゃ妖怪
5月6日 第18話 ベロリベロベロ 彦根範夫 ベロリベロベロ
5月13日 第19話 われらガードマン 菅野昭彦 北野英明 モグラの親分
5月20日 第20話 荒野の妖怪 出﨑統 マカロニィ
5月27日 第21話 プイプイ教の大魔神 山元護久 月岡貞夫 プイプイ教
大魔神
6月3日 第22話 妖怪連合シリーズ第1弾! ドラゴンの牙 波多正美 ドラゴンの牙
大王のしもべ
第23話 妖怪連合シリーズ第2弾! バラモンの足 北野英明 バラモンの足
第24話 妖怪連合シリーズ第3弾! ヘラクレスの手 勝井千賀雄 ヘラクレスの手
6月24日 第25話 妖怪連合シリーズ第4弾! ハネ一族の巻 高橋良輔 ハネ一族のオババ
ハネ一族の守護神
第26話 妖怪連合シリーズ第5弾! メデュウスの髪の毛 片岡忠三 メデュウスの髪の毛
第27話 妖怪連合シリーズ 第6の妖怪ハリケーン 平田敏夫 ハリケーン
第28話 妖怪連合シリーズ第7弾! 妖怪連合のさいご 西牧秀雄 合体妖怪
7月22日 第29話 つらら大王の巻 出﨑統 つらら大王
のっぺらぼう
7月29日 第30話 ガツガツムシャムシャの巻 菅野昭彦 平田敏夫 カツカツ大王
ムシャムシャ女王
8月5日 第31話 かげろうの谷 北野英明 怪物
8月12日 第32話 火輪童子の巻 西牧秀雄 火輪童子
8月12日 第33話 おいらゴウケツだい 平田敏夫 波多正美 ギダーラ大臣
8月26日 第34話 人喰いジャングル 青獅子
白象
ワシ
9月2日 第35話 霊感大王 出﨑統 霊感大王
9月9日 第36話 おナカの中の中 彦根範夫 タニシの化物
9月16日 第37話 かぼちゃの化物 高橋良輔 かぼちゃの化物
のろわれた王様 波多正美 化猫
9月23日 第38話 金角銀角の巻 片岡忠三 金角
銀角
9月30日 第39話 あれが天竺の灯だ 平田敏夫

脚注[編集]

  1. ^ 竜子のキャラクターは元の『西遊記』に登場する玉龍がモチーフと考えられる。『西遊記』の玉龍はの姿にされたで性別は男性だが、本作のベースとなった『ぼくのそんごくう』で女性という設定が取り入れられていた。
  2. ^ 杉井ギサブロー『アニメと生命と放浪と』ワニブックス《ワニブックスPLUS新書》、2012年、pp.96 - 97
  3. ^ アニメージュ1978年9月号の特集『幻のパイロットフィルム』でのインタビューより。
  4. ^ 天地版はDVDに収録。
  5. ^ 前川陽子は『ひょっこりひょうたん島』の主題歌でソロ・デビューしたが、その後、一時的に(本作や『仮面の忍者 赤影』の頃)ヤング・フレッシュに所属していた。
  6. ^ 中山千夏は『ひょっこりひょうたん島』の博士役として劇中歌をいくつか歌った。
  7. ^ OPのラストで転んだ悟空のマント状が直立して『悟空の大冒険』というタイトルが映し出される演出があるが、本放送時はタイトルではなく「提供(社紋)明治製菓」という提供クレジットが出た。提供クレジット付きはDVDに初収録された。
  8. ^ 再放送のEDは「悟空がすきすき」に統一されていたが、「悟空音頭」もDVDで復活した。なお、カートゥーンネットワークで再放送された時は双方が使われた。
フジテレビ 土曜日19:00枠
前番組 番組名 次番組
鉄腕アトム
(アニメ第1作)
悟空の大冒険
【当番組まで明治製菓一社提供枠】