原始少年リュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原始少年リュウ
漫画
作者 石森章太郎
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
発表号 1971年42号 - 1972年16号
その他 小学館の学年別学習雑誌にも
馬場秀夫いいだひろ詩丹治道雄
林ひさおによる執筆作品が連載。
アニメ
原作 石森章太郎
音楽 大塩潤
アニメーション制作 東映動画
放送局 TBS
放送期間 1971年10月30日 - 1972年3月25日
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

原始少年リュウ』(げんししょうねんリュウ)は、『週刊少年チャンピオン』で連載されていた石森章太郎漫画作品、およびこれを原作とする東映動画(現・東映アニメーション)制作のテレビアニメである。1971年昭和46年)10月30日から1972年(昭和47年)3月25日まで毎週土曜 19時00分 - 19時30分にTBS系列局 (JNN) で放送された。全22話。

ストーリー[編集]

人類恐竜が共存する原始時代を舞台に猿人キティに育てられたリュウが、ランとドンを連れて母を捜す苦難と戦いの旅を描く。リュウは肌が白いため、常に妬みのタカに命を狙われる。ところが、敵同士であるタカの実兄のキバとは親子のような友情関係となる。キバはチラノ(ティラノサウルス)を倒すことに執念を燃やし、最後にはチラノに殺される。

概要[編集]

石森章太郎(後の石ノ森章太郎)が、1969年(昭和44年)に『少年マガジン』で連載した『リュウの道』を自ら脚色。時代設定を原始時代にし、1971年(昭和46年)に『週刊少年チャンピオン』で連載した。

アニメ版では、主人公リュウがさまざまな困難に遭いながら母を捜す旅を続ける姿が描かれた。舞台を原始時代のみに限定しており、漫画版で描かれたアトランティスが省略されている。

アニメ版[編集]

アニメは前述の通り、東映動画(現・東映アニメーション)が制作を担当し、1971年10月30日から1972年3月25日までTBS系列局で放送。放送時間は毎週土曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。TBSの土曜19:00枠初のシリーズアニメだが、次番組『海のトリトン』以降は当時JNNに加盟していた朝日放送製作となり、以来この枠では朝日放送 → 毎日放送と関西の準キー局が製作するアニメが放送されている。そのため、同時間帯で放送のTBS製作アニメは、現状本作が唯一の作品となっている。

放送開始1週間前までは同時間帯で、同じく石森章太郎原作・東映動画制作の劇場アニメ『空飛ぶゆうれい船』(1969年公開)と『海底3万マイル』(1970年公開)それぞれを分割放送する『秋のまんが祭り』が放送されていた。

当時TBS系列とフジテレビ系列のクロスネット局だった福島テレビは、この時間帯に同じく石森章太郎原作の『好き! すき!! 魔女先生』(朝日放送)を遅れネットしていた。

本放送開始から40年後にあたる2011年9月15日とちぎテレビで再放送が開始。2012年2月9日まで毎週木曜 17:00 - 17:30 に放送されていた。

キャスト[編集]

キャスティングは全てテアトル・エコーが担当。

スタッフ[編集]

  • 製作担当 - 江藤昌治
  • 企画 - 横山賢二
  • 原作 - 石森章太郎
  • 音楽 - 大塩潤
  • 作画 - 才田俊次、高橋晴男、真鍋譲二、山内昇寿郎、鶴岡洋治、曽山和子、若尾義之、若林宏、長谷川憲剛、乙訓修、大西克美、田崎秀子、高屋舗小百合、西城隆詞、水村十司、大鹿日出明、南部あき子、大西和子、栗田美恵子、森本和枝、藤原万秀、土屋幹夫、宮川祐介、金井皇子、林あきら、杉浦よし子、大塚義昭、我妻宏、朝倉隆、山本副雄、大関雅幸、中村一夫、佐藤春代、井形久美子、根本章悦、兼森義則、及川博史、森利夫、飯山嘉昌、細谷秋夫、平山やすし、宮口栄一、高橋道子、沼尻東、殿河内勝、上條修、小早川洋、大井美枝子、松村啓子、鈴木澄江、荒木伸吾、中村昭、小倉貞雄
  • 背景 - 陶山尚治、池田秀男、勝又激、赤保谷あい子、伊藤政洋、海老沢一男、越園枝
  • 仕上 - 矢田目たつ子、松沢京子、水上八重子、金子房子、笠原利美、高橋美和子、中田節子、大浦タケ、森淑子、小林久江、村中啓子、武藤光子、野々山美恵子、芹川君子、前田峰子、大谷直子、奥井路子、池谷かおる、近江由紀子、栗本妙子、菅場紀子、藤井文子、原良子、北原美佐子、高橋達雄、田村まさ子、千諏和みつみ、遠藤芳江、奥寺道子
  • 撮影 - 藤橋秀行、高橋博、高梨洋一、与那原良明、平尾三喜、菅谷正昭、井出昭一郎、細田民男、高橋宏固
  • 編集 - 鳥羽亮一、本山収、古村均
  • 録音 - 波多野勲、二宮健治
  • 効果 - 大平紀義
  • 記録 - 中島晴代、的場節代、池田紀代子、黒石陽子、大橋千加子、安藤豊子、早見佐代子、高野ヒサ子
  • 選曲 - 宮下滋
  • 演出助手 - 小湊洋市、山田勝久、中込緩彦、山口秀憲、浦上昭人、早川啓二
  • 製作進行 - 三沢徹夫、山吉康夫、菅原吉郎、川添隆志、堂山喜史、佐野禎史、武田嘉昭、古沢義治
  • 現像 - 東映化学

音楽[編集]

音楽を担当した大塩潤とは、裏番組の『天才バカボン』の音楽も担当していた渡辺岳夫の変名である。

水木一郎は、本作のオープニングテーマでアニメ・特撮ソング界にデビューした。

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「原始少年リュウが行く
作詞 - 石森章太郎 / 作曲 - 大塩潤 / 編曲 - 高原哲 / 歌 - 水木一郎
エンディングテーマ - 「ランのうた」
作詞 - 石森章太郎 / 作曲 - 大塩潤 / 編曲・高原哲 / 歌 - 堀江美都子

放映リスト[編集]

放映日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術
1 1971年
10月30日
原始の掟 近藤正 田宮武 小松原一男 浦田又治
2 11月6日 チラノの恐怖 布勢博一 明比正行 熊尾義之 辻忠直
3 11月13日 タカの復讐 押川国秋 高見義雄 田中英二 伊藤攻洋
4 11月20日 傷だらけの追跡 近藤正 蕪木登喜司 森利夫 辻忠直
5 11月27日 ヤマネコ族の陰謀 新田義方 我妻宏 浦田又治
6 12月4日 狩場争い 押川国秋 葛西治 小松原一男
7 12月11日 血みどろの勇者 近藤正 久岡敬史 田中英二 辻忠直
8 12月18日 運命の出会い 押川国秋 田宮武 熊尾義之 山崎誠
9 12月25日 悪魔の石 安藤豊弘 明比正行 森利夫 伊藤攻洋
10 1972年
1月1日
吹雪の中の巨人 押川国秋 高見義雄 藤原万秀 辻忠直
11 1月8日 神の山の怒り 近藤正 蕪木登喜司 我妻宏
12 1月15日 愛情ある特訓 押川国秋 新田義方 小松原一男 山崎誠
13 1月22日 火の罠 葛西治 田中英二 浦田又治
14 1月29日 勇者の墓 久岡敬史 熊尾義之 浦田又治
勝又激
15 2月5日 狂った孤島 近藤正 田宮武 森利夫 辻忠直
16 2月12日 人間野獣 安藤豊弘 明比正行 藤原万秀 山崎誠
17 2月19日 断崖の絶叫 近藤正 高見義雄 我妻宏 浦田又治
18 2月26日 巨象の暴走 押川国秋 蕪木登喜司 熊尾義之 山崎誠
19 3月4日 吠えろ狼 真弓典正 新田義方 小松原一男 横井三郎
20 3月11日 奴隷狩 安藤豊弘 葛西治 森利夫 土田勇
21 3月18日 人間の牙 真弓典正 久岡敬史 荒木伸吾 辻忠直
22 3月25日 明日に向かって 押川国秋 明比正行 我妻宏 浦田又治

漫画[編集]

映像ソフト化[編集]

2005年11月30日に全話収録のDVD-BOXが発売。2008年7月21日発売の『石の森章太郎生誕70周年記念DVD-BOX』に第1話が収録されている。単品のDVDは発売されていない。

リュウ三部作[編集]

外部リンク[編集]


TBS系列 土曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
秋のまんが祭り
(1971年10月2日 - 1971年10月23日)
原始少年リュウ
(1971年10月30日 - 1972年3月25日)
海のトリトン
(1972年4月1日 - 1972年9月30日)