土山よしき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土山 よしき(つちやま よしき、1949年[1] - )は、日本漫画家。本名及び別名義:土山芳樹。妻は漫画家の深見じゅん愛知県出身[1]

略歴[編集]

18歳の時に上京し、石森章太郎に師事[1]。アシスタントや版権イラストなどを担当した[1]

1972年、『変身忍者 嵐』でデビュー[1]。『人造人間キカイダー』『ロボット刑事』など石森作品のコミカライズを歴任した[1]

1974年土山よしきに名義変更[1]

絵柄は可愛らしく繊細と評され、コミカライズであっても登場人物の内面を鋭く描く[1]

作品リスト[編集]

師匠[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h OFM仮面ライダー5 2004, p. 32, 五十嵐浩司「石ノ森章太郎を継ぐ者 仮面ライダーマンガ家列伝 第9回 土山よしき」

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.5 仮面ライダーX』 講談社、2004年11月10日ISBN 4-06-367094-5