テレビランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレビランド』は、1973年2月から1997年1月まで刊行していた児童向けテレビ番組雑誌。通称:テレラン。

概要[ソースを編集]

企画が東映株式会社、発行元を黒崎出版として創刊された[1]。創刊号には東映社長・岡田茂と黒崎出版社長・秋田君夫によるメッセージが掲載された。東映の飯島敬が初代編集長を務めていたが[2]、雑誌のノウハウを持っていなかった黒崎出版は本誌を持て余し[3]、そのうえオイルショックの影響で経営困難に陥ったため、東映は1973年11月号から[1]、黒崎出版の編集スタッフごと全てを徳間書店に移して刊行した。これは岡田茂と徳間書店社長徳間康快が2人で銀座クラブで決めたという[4]。徳間書店としては『週刊アサヒ芸能』、『問題小説』に次ぐ定期刊行物。競合誌は、講談社の『テレビマガジン』、秋田書店の『冒険王1984年まで)』、1976年からは小学館の『てれびくん』も加わる。

創刊の経緯から、東映副社長の渡邊亮徳が、徳間に「東映作品とのタイアップ雑誌としての側面を持つことにより、漫画、アニメ特撮を世に広め、徳間書店としても新しい分野へ進出するきっかけになる」と提言。その甲斐が多大にあり、その後の宮崎駿スタジオジブリ)などへと展開していく足がかりとなる記念すべき出版物である。創刊から休刊までの間は、キャラクターを徳間書店自社で持っていなかったこともあり、ほとんどの東映特撮・アニメ作品を掲載した。そのため、作品ごとの資料性が競合他誌より高いことも特色。[要出典]

特に全盛期(1975年頃 - 1991年頃)は、徳間書店では唯一の子供向けキャラクター雑誌であった。玩具面では、東映の提案でポピー(後に、バンダイボーイズトイ事業部へ改名。)へタイアップし、キャラクターのマーチャンダイジングを行なうことにより様々なキャラクターが世の中へ送り出されていった。1983年頃から後楽園ゆうえんちとのタイアップを行なっている。

漫画の面では、競合誌と対峙するにあたり、仮面ライダーの原作者で、漫画界の巨匠でもある石ノ森章太郎(石森プロ)の関係者とそのアシスタント出身の漫画家によるタイアップ作品を軸に基盤をつくっていった。

歴史[ソースを編集]

創刊当初は東映が直接携わっていたことから、創刊号では仮面ライダー1号とキカイダー、1973年7月号では仮面ライダーV3とキカイダー01とロボット刑事Kの共演写真が掲載されるなど、シリーズや放送局の垣根を越えた東映ヒーローのコラボレーションが行われた[5]

初期では「別冊テレビランド」という兄弟誌があった。

1970年代後半には、『宇宙戦艦ヤマト』特集をきっかけに増刊として『ロマンアルバム』シリーズを出版。いずれも好セールスを記録し、アニメ雑誌アニメージュ』の創刊に多大な貢献をした。またこの時期、別冊としてわんぱっくシリーズが刊行されるようになる。

1979年に入ると競合誌より遅れる形で『仮面ライダーシリーズ』のリバイバル特集に重点が置かれ、同年スタートした『スカイライダー』に受け継がれることになる。またこの時期には『ウルトラシリーズ』を短期的に掲載している。

ただし、付録が付くぶん、利益率が低かったため、休刊の話は当初から何度も出ていたという。

1980年代には別冊のカラーグラフシリーズを刊行。

本誌ではバンダイとともに発売当初から『マシンロボ』の特集を組んだり、また後楽園ゆうえんちスーパー戦隊シリーズショーの特集を組んだり、さらに過去に掲載した特撮作品を取り上げた『テレラン名作劇場』という企画も組まれたりと、誌面が充実していく。イメージキャラクターであるドンちゃんもこの時期に登場した。

創刊20年目を迎えた1992年の2月号から雑誌のサイズを拡大。この時期から再び『ウルトラシリーズ』を掲載する。ただし、ウルトラシリーズ関連の記事は、ほとんど旧作関連の記事が多く、新作関連の掲載はなかった。

しかし1997年の2月号を最後に、予告なしの突然の休刊。当時徳間書店はバブル崩壊、大映関連の大作映画の不振など、多額な借金を抱えていたため、リストラの一環で雑誌の休刊が続いており、テレビランドの休刊も徳間社長の鶴の一声だったという。休刊時には、元編集長の尾形英夫とつきあいのあったバンプレスト社長・杉浦幸昌から「テレビランド」買い取りの打診があったが、尾形が徳間書店を離れていたためにこの話は実現しなかった[6]

休刊後もカラーグラフシリーズだけは刊行を続け、「徳間テレビグラフ」として存続していたが、2007年の『仮面ライダー電王』、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の2作品を最後に発売されていない。また、末期の編集スタッフにより、『ハイパーホビー』が創刊されている。完全に対象年齢こそ異なるものの、事実上の後継雑誌である。ハイパーホビーはもともとカラーグラフシリーズの別冊扱いとして発売された。

編集者・スタッフ[ソースを編集]

徳間書店創業者:
東映副社長 :「テレビランド」の企画創案者で実質的な初代編集長。漫画、アニメ、特撮キャラクタービジネスの基盤を創り上げた人物。
徳間書店に移ってからの編集長。「テレビランド」からアニメ雑誌「アニメージュ」を創刊。スーパー戦隊シリーズの名付け親。
自ら志願して「週刊アサヒ芸能」から「テレビランド」編集部へ移籍。後に「アニメージュ」編集長、スタジオジブリプロデューサーに。
黒崎出版からの編集者。マンガ「とよみたんとエーコたん」の人気キャラクターのモデルになる。
  • 鈴木克伸
黒崎出版からの編集者。徳間書店からさらに学習研究社へ移籍して、アニメ雑誌「アニメディア」の創刊にあたる。
  • 校条満
虫プロ商事の編集者を経て、黒崎出版の「テレビランド」へ。徳間書店では後に「リュウ」「ザ・モーションコミック」といったマンガ雑誌の編集長を務める。
1983年に徳間書店に入社して「テレビランド」へ配属。その後、「アニメージュ」編集部からスタジオジブリへ移籍。
スクウェア・エニックスの執行役員。ファミコン名人のバンダイの橋本名人でもあった。学生時代に「テレビランド」「アニメージュ」でアルバイトをした経験がある。
アルバイトとしてカット描きをしていた。

掲載作品[ソースを編集]

番組本放送時に掲載されていた作品を記載。

1970年代掲載作品[ソースを編集]

1980年代掲載作品[ソースを編集]

1990年代掲載作品[ソースを編集]

掲載開始年不明作品[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 変身ヒーロー大全集 1995, p. 179, 「変身ブーム博物館II 雑誌」
  2. ^ たるかす編『魔女っ子大全集 東映動画篇』バンダイ、1993年、p.140
  3. ^ 『昭和仮面ライダー列伝』徳間書店〈HYPER MOOK〉、2013年5月、p.112。ISBN 978-4-19-730130-0
  4. ^ 佐々木崇夫『三流週刊誌編集部 -- アサヒ芸能と徳間康快の思い出』バジリコ、2006年、p295、296
  5. ^ 『昭和石ノ森ヒーロー列伝』 徳間書店〈HYPER MOOK〉、2013年10月15日、pp.30 - 31。ISBN 978-4-19-730131-7
  6. ^ 尾形英夫『あの旗を撃て 『アニメージュ』血風録』オークラ出版、2004年、p.25
  7. ^ a b c d e f g h 変身ヒーロー大全集 1995, pp. 154-157, 「変身ヒーローコミック書誌」

参考資料[ソースを編集]