ロボット110番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロボット110番
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 金曜19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1977年4月8日 - 同年12月30日(37[注 1]回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日東映
監督 鈴木敏郎ほか
原作 石森章太郎
脚本 上原正三ほか
プロデューサー 小泉美明、斉藤侑、鈴木武幸
出演者 野沢雅子
小原乃梨子
八奈見乗児
石原昌子
工藤堅太郎
久保田民絵
小野瀬弘見
田中和則
谷村昌彦
石森章太郎
オープニング 「ロボットガンちゃん110番」(藤本房子ヤング・フレッシュ
エンディング 「バッテンパンチの歌」(藤本房子、ヤング・フレッシュ)
テンプレートを表示

ロボット110番』(ロボットひゃくとおばん)は、1977年4月8日から12月30日テレビ朝日系で放送された子供向け特撮ドラマ。

ストーリー[編集]

ロボット博士の開発したガンちゃん達4体のロボットが、ロボットサービスセンターを結成し、世のため・人のために活動する物語。

ロボットサービスセンターのロボットたちは自分の生みの親であるロボット博士のために新しい研究所を建てるという夢を持っており、その夢を叶えるためせっせと働いて資金を稼いでいる。また彼らの動力源は乾電池の費用も働いた資金から天引きされる。主人公のロボット「ガンガラガンちゃん」(通称ガンちゃん)は人情に厚いもののそそっかしいロボットで、失敗で赤字になり、最後はミスターチーフからの罰として壁から出てくる巨大なボクシンググローブの「バッテンパンチ」を食らってしまう…というのが毎週の基本ストーリー。

概要[編集]

がんばれ!!ロボコン』に続くロボットホームコメディ作品[3][2][4]。メインライターは前作に引き続き上原正三が務めており、番組構成も前作を踏襲しているが[4]、金儲けを題材としているのが特徴である[3][2]

企画当初のタイトルは『ガンガラガンちゃん』[4]

本作の監督は主に同年3月まで長期間にわたって放送された刑事ドラマ「特別機動捜査隊」でも演出してきた監督(竹本弘一を除く)がそのまま担当している。その理由としては本作が放送開始される2日前に同局でスタートした「特捜最前線」では前番組である「特別機動捜査隊」の(助監督等一部を除く)スタッフを起用しない方針で制作をした為、本作に配属された物と思われる。(その後、天野利彦は「特捜」のメイン監督として迎え入れられている)

超合金ポピー(現・バンダイ))は、主人公のガンちゃんのみが発売された。

ガンちゃんの着ぐるみは、後の『ロボット8ちゃん』(フジテレビ・1981〜82年)第3話で故障で動かない「勉強ロボット」として登場し、その後の修理場面でパーツ状態になっている。第36話にも登場している。また『太陽戦隊サンバルカン』(テレビ朝日、1981〜1982年)の機械生命体の体内の内部メカ描写にガンちゃんのものが使用されている。

登場キャラクター[編集]

レギュラー[編集]

ロボットサービスセンター[編集]

ガンちゃん:(声の出演)野沢雅子
スクラップ(他のロボットを作った後の余剰パーツ)から生まれたロボット。一人称は「ボコチン」。通称は「ガンガラガンちゃん」。
オレンジ色(作中ではみかん色といわれる)の円柱形の胴体を持ち、腹部のハッチ(エプロン)には名前の頭文字の「G」の文字が書かれている。出力は105馬力でエプロン内部の電極を使った電気ショックでのゴキブリの駆除を得意としているが、その際に何かを壊すことも多い。「ガンガラファイト!」のかけ声で気合いを入れてパワーを発揮するほかチョップ攻撃の「ガンガラアタック」や全出力を込めた「105馬力パンチ」などの技を持つ。三輪車のようなガンちゃんカーに変形して走行したり、背中のプロペラで空を飛ぶこともできる。
腹部のハッチが電話の着信音に反応して開いてしまうので、電話のベルに弱い。いつも失敗ばかりしているが、それでも決してくじけない根性の持ち主で、研究所の建設だけでなくアップデート改造でもっと優秀なロボットになりたいという自身の夢も持っている。そして最終回でついにアップデートする事を決意するが、良夫らが署名までして反対運動されたのを知りアップデートをやめる。
子供と遊んでいることも多く、子供には人気があり、行き掛かり上ではあるが大人と対立した子供の味方になることが多い。
乾電池は一度に単1乾電池10個(DC15V)を使用し、1週間当たりの電池代は7000円。
パンチを顔に受けて吹っ飛ばされたガンちゃんが目を回し「ガンガラパッパーヨ!」と言うのが定番。
ケイくん:(声の出演)小原乃梨子
体力は劣るが頭の回る秀才ロボット。家庭教師や機械の修理、探偵業でお金を稼ぐのが得意だが、性格は意地悪でよくガンちゃんをバカにし、非難している。片道しか燃料がないロケットから救出された[注 2]以後はガンちゃんを認め、脈絡がない意地悪はなくなったが、あまり他人を省みないので他意のない嫌味も多い。
胴体は振り子時計、頭部は電球がモチーフ。背中に大きく「K」の文字が書かれている。腹部の振り子は内部メカの動作に応じて振れる仕組みらしい。腹部の時計は犯人追跡装置で犯罪者や行方不明者などの人捜しに使われる。ただし磁力に弱い。
ビジネスライクで子供に十万請求したり、仲間のパールちゃんの修理の費用をガンちゃんに請求したりする上に厳しい家庭教師なので子供には嫌われる[注 3]反面確実に仕事をこなすので大人には人気があるものの、作中図らずも悪役になってしまうことも多い。
当初は頭部が豆電球型のデザインだったが、第3話以降はナスビ電球型に変更された。
ケイくんも赤字を出してバッテンパンチを食らう[注 4]。また、ガンちゃんの巻き添えで数回パンチを食らったりもしている。
ミスターチーフ:(声の出演)八奈見乗児
みんなが働いた収益金を計算するロボット。黒いボディに球体が連なったような形状の手足を持ち、頭部は透明なドーム型で「顔」に当たる物は見られず、代わりに電子頭脳のメカが計算中はガチガチと機動している。
ガンちゃんらの業績の結果が腹部のメーターに表示され、赤字損益のロボットに「バッテンパンチ」のお仕置きを与える。ガンちゃんが黒字になった時でもお祝いの言葉と間違えて「バッテンパンチ!」と言うとか、「バッテンパンチはなし」と言うつもりでパンチで切った為バッテンパンチを起動させてしまう、最終回では同じパターンで三人全員にバッテンパンチを食らわせてしまった。またガンちゃんの場合無収入でも脈絡なくパンチを食らわせてしまう。
普段は影が薄く、収益の計算以外の出番は少ない。パールちゃん不在の際には電話番しているらしい。
パールちゃん:石原昌子
ロボットサービスセンターで事務を務める美少女ロボット。通信機能を備えており、人間の少女に近い外見を持つ。彫刻のモデルなどの仕事に出る事もあった。
電話番を主に務め、保育園の子供の世話や看護婦の手伝いといった繊細な仕事を行うほかに複雑な仕事の依頼をケイくんと一緒に頼まれることも多い。しかしながら、天然気味な部分もあり、ガンちゃんが墜落であけた天井の穴を見て「星がよく見えて綺麗」と述べたこともある。またガンちゃんと並んで子供たちと仲がよい。
ガンちゃんの優しさを認めており、彼が行き詰まると元気付けたり、何かと気にかけている。アップデート改造を望むガンちゃんに対して、そのままでいてほしいとひとり涙を流したことも。
最終回のみチーフが間違えて起動したバッテンパンチに巻き込まれてしまう、その際には黒目が消えて白目になってしまった。

中村一家[編集]

パパ(中村秀夫):工藤堅太郎
ガンちゃんが居候する、中村家の父親。ママに安月給だといわれる。肉体派で学生時代にはサッカー選手で稲妻シュートという技を繰り出していた。
ママ(中村きみ子):久保田民絵
中村家の母親。ガンちゃんの過失による破壊の繰り返しでノイローゼ気味になったこともある。
中村アケミ:小野瀬弘見
中村家の長女。通称「ケメちゃん」。ガンちゃんの味方で彼に度々仕事を紹介したりしている。
中村良夫:田中和則
中村家の長男。ガンガラ(大きな空き缶)に似ているという理由で「ガンガラガンちゃん」の通称をつけた。
ガンちゃんが好きで、彼が忙しいときに構ってほしくて悪戯してみたりすることもある。

その他[編集]

南田巡査:谷村昌彦
街のお巡りさん。ガンちゃんの破壊の被害にあうことも多い。
ロボット博士:石森章太郎
ガンちゃん達を作った博士。第25話、最終話で登場。

ゲスト[編集]

#放送リストの節を参照。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

2曲とも、オムニバスアルバム「ロボットコメディ主題歌・挿入歌大全集」(CD、2007年に発売)に収録されている。

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1977年4月8日 太陽のガンちゃん 上原正三 鈴木敏郎
2 1977年4月15日 天使のような誘拐魔
3 1977年4月29日 散歩する美術作品 藤川桂介 畠山豊彦
4 1977年5月6日 一円玉のバッテン・パンチ 安藤豊弘 福田信義
5 1977年5月13日 奇跡を呼ぶ借金とり 上原正三 鈴木敏郎 ミスター珍
6 1977年5月20日 ガンちゃんパパになる 三宅直子
7 1977年5月27日 初めてもらった十万円 押川国秋 畠山豊彦
8 1977年6月3日 ゴキブリの詩 上原正三
9 1977年6月10日 お金のなる木見つけたぞ 安藤豊弘 鈴木敏郎
10 1977年6月17日 歩かない少女 藤川桂介 伊藤つかさ
11 1977年6月24日 ガンちゃん七転び八起き 押川国秋 畠山豊彦
12 1977年7月1日 命がけの魚つり 上原正三
13 1977年7月8日 大追跡だよ一直線 鈴木敏郎 平田満
14 1977年7月15日 ハートでアタック 三宅直子 竹本弘一
15 1977年7月22日 計算は苦手だよ 藤川桂介 天野利彦
16 1977年7月29日 大発明! バッテンメーター 安藤豊弘 勝部演之八名信夫
17 1977年8月12日 パールの涙は真珠です 上原正三 鈴木敏郎 藤山律子
18 1977年8月19日 ガンちゃんはだれのもの 三宅直子 弓恵子小鹿番
19 1977年8月26日 稲妻キックを受けてみろ 上原正三 畠山豊彦
20 1977年9月2日 百万円の大チャンス 押川国秋 矢崎滋
21 1977年9月9日 宇宙へなんか行かないで 上原正三
22 1977年9月16日 ついにやったぞ大手柄
23 1977年9月23日 五円玉の幸福 鈴木敏郎
24 1977年9月30日 ガリ勉マシン大きらい 安藤豊弘
25 1977年10月7日 子供みこしのお通りだ 三宅直子 奥中惇夫 石森章太郎
26 1977年10月14日 宝さがしはコリゴリだ! 押川国秋
27 1977年10月21日 ケイくんの頭一億円 安藤豊弘 畠山豊彦 中田博久
28 1977年10月28日 お婆ちゃんの広場 藤川桂介
29 1977年11月4日 パールちゃん立って! 押川国秋
30 1977年11月11日 ガンガラファイトを取り戻せ 三宅直子
31 1977年11月18日 わんぱく大戦争 藤川桂介 鈴木敏郎
32 1977年11月25日 鬼コーチに負けるな 三宅直子 大下哲矢植田峻
33 1977年12月2日 うそつき少年 高橋千津子 畠山豊彦
34 1977年12月9日 ガンちゃんの贈りもの 安藤豊弘 天津敏
35 1977年12月16日 人さわがせな大冒険 上原正三 鈴木敏郎
36 1977年12月23日 二人のパパ 藤川桂介 池田鴻嘉手納清美
37 1977年12月30日 ぼくらロボットがんばるゾ!! 安藤豊弘 石森章太郎

漫画 [編集]

映像ソフト化 [編集]

  • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録され、初のソフト化となった。
  • 2016年8月3日に東映ビデオ/ベストフィールドよりDVD-BOXが発売された。初の全話ソフト化である。
  • 劇場版『大鉄人17』の上映終了後、本作と『5年3組魔法組』『ジャッカー電撃隊』『快傑ズバット』の予告編が上映された。本作の予告はテレビ放映開始前に劇場で公開するために制作されたとみられ、撮影会と思しきガンちゃんやロボットたちがカメラマンに囲まれている様子が写されている。この予告編映像は「東映特撮ヒーロー THE MOVIE BOX」や『大鉄人17』のDVDに収録されている。

注釈[編集]

  1. ^ 書籍によっては、39回と記載している[1][2]
  2. ^ 第21話「宇宙へなんか行かないで」
  3. ^ 第31話「わんぱく大戦争」では、子供たちに呼び出され集団暴行を受け電池を取られた挙句、空家に捨てられた
  4. ^ 第24話「ガリ勉マシン大きらい」。パンチを受けた直後にケイくんは顔が歪んだ後、腹部の振り子や時計が振り切れ、ケイくん自身もロボットサービスセンター内を激しく暴れ回った

出典[編集]

  1. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 382.
  2. ^ a b c 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、142頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  3. ^ a b 全怪獣怪人 下 1990, p. 383
  4. ^ a b c 「ヒーローファイル ロボット110番」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、79頁。ISBN 978-4-05-610166-9

参考文献[編集]

テレビ朝日 金曜19時台後半
前番組 番組名 次番組
ロボット110番