石森プロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石森プロ(いしもりプロ)は、日本企業である。

漫画家石ノ森章太郎(旧筆名・石森章太郎。以下「石ノ森」か「石森」)の作品のライセンス管理を業としている[1]

会社データ[編集]

テンプレートを参照。

株式会社石森プロ
ISHIMORI PRODUCTION INC,
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目38−7 石森ビル
設立 1967年
法人番号 6011001043460
事業内容 (石ノ森章太郎作品の)マンガ、映像、音楽、ゲーム等のコンテンツ企画・制作・販売
キャラクター商品の企画・制作・販売等
代表者 代表取締役社長 小野寺章
資本金 795万円
関係する人物 #主な人物を参照
外部リンク http://ishimoripro.com/
テンプレートを表示

沿革[編集]

石森の漫画を原作とするアニメ映画『サイボーグ009』(1966年)の制作をきっかけとし、1967年に石森作品のマーチャンダイジング業務を主とする会社として設立された[2]。初代の代表取締役は石森だったが、実質的な業務は『009』の制作に尽力した編集者の加藤昇が中心であった[2]。設立当初は東京都新宿区花園にあるアパートの四畳半の一室であった[2]

これとは別に、石森の自宅兼仕事場として石森章太郎プロ石森スタジオとも呼称[3])が東京都練馬区桜台に存在した[2]

1998年1月、石ノ森[注 1]が永眠した後も会社は存続、引き続き業務を続ける。

2004年9月に伊藤忠商事と提携し、伊藤忠商事が49%・石森章太郎プロが10%・石森プロが41%の各出資で「株式会社石森エンタテインメント」を設立[4]。委託された31作品のライセンス管理、新作品の企画製作および海外セールスを行う[4]

2007年にはバンダイも資本参加する[5]。同年5月22日付けで、石森エンタテインメントの第三者割当増資を伊藤忠とともに引き受ける[5]。同年6月1日付けで石森エンタテインメントにて旧石森プロを吸収合併し、社名を(新)「石森プロ」に改称した[5]

主な人物[編集]

小野寺章
現社長。石ノ森章太郎の次男。
早瀬マサト
石ノ森の最晩年のアシスタントを担当[6]。石ノ森の没後は、平成仮面ライダーシリーズのキャラクターデザインや漫画家・小説家として石ノ森関連作品を手掛ける[6]
加藤昇
石森プロ設立に携わり、石ノ森のマネージャーとも称される[2]。1938年9月15日生まれ[2]。岐阜県出身[2]
元々は編集者であり、石ノ森とは同い年で趣味の合う友人でもあった[2]。『サイボーグ009』のアニメ映画化に伴い石ノ森から相談を受け、多忙な石ノ森に代わり東映動画との打ち合わせに参加した[2]。加藤はこれをきっかけにキャラクタービジネスに興味を持ち、石ノ森とともに石森プロを立ち上げた[2]。以後、石ノ森原作の映像化作品に多く携わった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1986年7月のデビュー30周年以降は筆名を「石ノ森章太郎」に改名。

出典[編集]

  1. ^ 石森プロ公式ホームページ:石森プロ会社概要”. 2016年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k OFM仮面ライダー9 2004, p. 30, 杉田篤彦「匠たちの肖像 『仮面ライダー』を支えたスタッフたち 第5回 加藤昇」
  3. ^ 山田ゴロ. “追悼・石の森章太郎先生”. 2016年2月15日閲覧。
  4. ^ a b 伊藤忠商事と石森プロ 新会社設立”. アニメ!アニメ!ビズ (2004年9月7日). 2016年2月15日閲覧。
  5. ^ a b c バンダイと伊藤忠商事、石森グループが資本・業務提携”. ロイター (2007年4月3日). 2016年2月15日閲覧。
  6. ^ a b 仮面ライダー総特集 2015, pp. 92-94, 取材・構成 大黒秀一「石ノ森《魂》継承INTERVIEW 早瀬マサト」

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー』(講談社
  • 「仮面ライダー 1号・2号・V3・ライダーマン総特集」、『別冊宝島』第2394巻、2015年10月28日ISBN 978-4-8002-4622-6

外部リンク[編集]