バンダイ・ミュージックエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バンダイ > バンダイ・ミュージックエンタテインメント

株式会社バンダイ・ミュージックエンタテインメントBandai Music Entertainment)は、2000年まで存在した日本レコード会社である。設立時の社名は、アポロン音楽工業株式会社(アポロンおんがくこうぎょう)。

歴史[編集]

アポロン音楽工業株式会社[編集]

かつてアポロン音楽工業が入居していた文化放送四谷旧社屋(2006年撮影)

1971年3月、渡辺プロダクション(ナベプロ)と文化放送などが出資するレコード会社として、東京都新宿区若葉1丁目5番地の当時の文化放送の本社内に「アポロン音楽工業株式会社」を創業。創業当時は、主にナベプロ傘下の渡辺音楽出版が原盤権を持つ各レコード会社のナベプロ所属歌手の音源の音楽テープの発売を行っていた[1]。当時ナベプロはワーナー・パイオニア(ワーナー)にも出資しており、1970年代中頃までは、渡辺音楽出版が原盤権を持たない音源でもワーナーがレコード盤を発売し、アポロンがレッド・ツェッペリンディープ・パープルクイーン等の洋楽を含めワーナーからの原盤提供を受けて音楽テープを発売する形態が多かった。

1978年、ナベプロは西武百貨店音響機器メーカーのトリオ(現・JVCケンウッド)と3社共同で設立したサウンズ・マーケッティング・システム(SMS)を設立し、渡辺音楽出版が原盤制作したワーナーの音源の発売権をSMSに移行させ、ワーナーから資本離脱。音楽テープ専業だったアポロンのレコード制作部門としてSMSを位置づけるが、1981年にアポロンはレコード制作部門として「ALTY」レーベルを設立。

1986年、アポロンはゲームミュージック部門に進出し、すぎやまこういち作曲の「ドラゴンクエスト」のサウンドトラックを発売し、話題になった。翌1987年に、ゲームミュージック作品のシリーズ「コンピュージック」を立ち上げる。同年、玩具大手のバンダイと業務提携を結び、文化放送系のレコード会社「ラジオシティレコード」を事実上吸収させ、同レーベルの販売がビクター音楽産業からアポロンに移る(その後レーベルもアポロンに一本化)。1988年にSMSは解散し、ナベプロのレコード事業はアポロンに一本化される。1989年には文化放送からバンダイへ筆頭株主が移る。

株式会社アポロン[編集]

1990年5月、社名を「株式会社アポロン」に変更。この時代のヒットとしてはclassの「夏の日の1993」等がある。邦楽ポピュラー部門では、ラジオシティレコードから編入した徳永英明等のアーティストを有するようになる。また演歌部門にも力を入れており、演歌界のメジャー歌手も多く所属した。洋楽部門ではシュラプネル・レコーズの日本盤の発売元になったこともある。音源を発売する権利は1996年ロードランナー・ジャパンに移管した。

株式会社バンダイ・ミュージックエンタテインメント[編集]

1996年7月、第三者割当増資によりバンダイが資本比率を50%から65%に引き上げたことで、社名を「株式会社バンダイ・ミュージックエンタテインメント」に変更。角川書店も10%資本参加し、系列会社のバンダイビジュアルとリンクし、アニメやゲームミュージックを主とした事業展開を行った。しかしアニメ・ゲーム関係ではこれといったヒットがなく、また肝心のJ-POP等のポピュラー部門では、ドル箱的存在だった徳永英明以外にほとんどヒットアーティストが存在しなかったことに加え、徳永も1998年キングレコードへ移籍したことで収益の柱を失ってしまい、以後苦戦続きとなる。

もう一つの柱である演歌部門やナベプロ音源も収益に寄与しなかったことから、最終的に親会社バンダイが事業継続を断念し、2000年5月末に解散・清算された[2]

ナベプロ音源は旧アポロンの設立母体の渡辺音楽出版に移管され、現在は渡辺音楽出版と新星堂の提携によるWATANABEレーベル及びPARADEレーベルや他社への原盤供給などの形で発売されている。

ラジオシティ音源は同社の設立母体と同系(文化放送グループ)のセントラルミュージックに移管され、同社から各社に原盤供給される形となった。一例として、同社が関係していた徳永英明の音源については、事業清算後にキングレコードから再発売され、その後徳永の活動休止を経て、2003年以降はユニバーサル ミュージック合同会社に販売権が移っている。

また、自社が制作したアニメソングやゲームミュージック関係の音源はバンダイが設立したエモーションミュージックが管理していたが、これらの音源は2009年ランティス(後のバンダイナムコアーツ)へ譲渡された。

所属していたアーティスト[編集]

アーティスト名 読み 所属期間 備考
哀川翔 あいかわしょう 1992年〜1993年
IDOL PUNCH アイドルパンチ 1997年〜1999年
AGGRESSIVE DOGS アグレッシブドッグス 1999年
浅井ひろみ あさいひろみ 1993年〜1996年
麻倉晶 あさくらあきら 1998年
AVEC meets Sawako Yoshino アベックミーツサワコヨシノ 1998年
EELMAN イールマン 1999年
五十嵐友 いがらしとも 1999年
五十嵐浩晃 いがらしひろあき 1990年〜1992年
五十嵐結花 いがらしゆいか 1998年
石田孝文 いしだたかふみ 1996年
井上慎二郎 いのうえしんじろう 1996年〜1998年
井上武英 いのうえたけひで 1993年〜1995年
infix インフィクス 1992年〜1998年
植山遊子 うえやまゆうこ 1996年
NG HEAD エヌジーヘッド 1999年
M-onederful エムワンダフル 1995年
ANGEL DUST エンジェルダスト 1998年
Oh Style オースタイル 1995年
おおたか静流 おおたかしずる 1998年〜1999年
Orphee オーフィー 1997年
GAUCH! ガウチ 1993年〜1997年
香瑠鼓 かおるこ 1992年
カブキロックス カブキロックス 1990年〜1991年
カレント カレント 1998年
KIX-S キックス 1991年〜1996年
CAN-Dee キャンディ 1995年〜1998年
久実あきら くみあきら 1999年
class クラス 1993年〜1996年
黒木真司 くろきしんじ 1997年
Kenjiro ケンジロウ 1994年〜1996年
KENZI
KENZI & THE TRIPS
ケンヂ
ケンヂアンドザトリップス
1994年〜1995年
Kozmic Blue コズミックブルー 1999年
THE JENI JENI ザジェニジェニ 1998年
彩恵津子 さいえつこ 1994年〜1995年
SΛKΛNΛ サカナ 1991年〜1992年
佐藤寛之 さとうひろゆき 1996年〜1998年
さねよしいさ子 さねよしいさこ 1996年
SISTER'S NO FUTURE シスターズノーフューチャー 1992年
Shiver シバー 1999年
嶋崎かんな しまざきかんな 1994年〜1995年
シャーリー・カーン シャーリー・カーン 1988年〜1990年 キャッチフレーズは「徳永英明の妹」
シャバグッチーズ シャバグッチーズ 1997年
Jam G ジャムジー 1996年
THE SILVER SONICS ザシルバーソニックス 1999年
鈴木聖美 すずききよみ 1998年〜1999年
鈴木晃二 すずきこうじ 1998年
鈴木早智子 すずきさちこ 1998年〜2000年 Wink1996年のWink活動停止後にポリスターとの契約解除後、一旦フリーを経て1998年より在籍[3]
鈴木康博 すずきやすひろ 1998年
STYLE スタイル 1996年〜1997年
the Stickys ザスティッキーズ 1997年
須藤あきら すどうあきら 1997年
SPY スパイ 1999年
SPANAM スパナム 1998年
敏いとうとハッピー&ブルーwithマミー とし-アンド-ウィズ 1996年
タケカワユキヒデ タケカワユキヒデ ?〜1999年
TARAKO たらこ 1992年
1998年
声優
坪倉唯子 つぼくらゆいこ 1985年〜1986年
鶴岡雅義と東京ロマンチカ つるおかまさよしととうきょうロマンチカ 1997年
diEzEl ディーゼル 1997年
寺田容子 てらだようこ 1998年
東京リズムキングス とうきょうリズムキングス 1992年
とうげ 1997年〜1998年 バンド
徳永英明 とくながひであき 1986年〜1997年 先述参照。
長保有紀 ながほゆき 1985年〜1998年 →ビクター→日本クラウン
成田洋明 なりたひろあき 1996年
成田路実 なりたろみ 1996年〜1998年
野見山正貴 のみやままさき 1993年
PAPA BON パパボン 1998年 「PAPA B」に改名
Parfumotheque パフュモテーク 1999年
PARANOIA パラノイア 1998年
HALLOW BROS ハロウブロス 1995年
Visage ビサージュ 1998年
肘井宏輔 ひじいこうすけ 1997年
ひふみかおり ひふみかおり 1995年〜1998年
FAME フェイム 1997年
FORTY FOUR HYPER フォーティフォーハイパー 1998年
福田美香 ふくだみか 1996年〜1997年
BLACK CATS ブラックキャッツ 1998年〜1999年
BRAND NEW MIND ブランニューマインド 1998年
PRISM プリズム 1992年〜1997年
古本新乃輔 ふるもとしんのすけ 1996年
Project DMM プロジェクトディーエムエム 1999年
vellaDonna ベラドンナ 1999年
HOT TOMATO ホットトマト 1996年
Marquee Marblish BAND マーキーマーブリッシュバンド 1998年
MOTHER of SOUL マザーオブソウル 1999年
MAGIC マジック 1998年〜1999年
松阪晶子 まつざかしょうこ 1998年
MAHO堂 まほうどう 1999年
三木道三 みきどうざん 1998年
水野あおい みずのあおい 1997年〜1998年
ミック・ブロズナン ミックブロズナン 1989年
宮原理和子 みやはらりわこ 1999年
Merry Go Round メリーゴーランド 1996年〜1997年
森下純菜 もりしたじゅんな 1997年〜1999年
横山智佐 よこやまちさ 1993年
LOVE PIGS ラブピッグス 1998年
La'Mule ラムール 1998年〜1999年 2003年無期限活動休止
Little Artists リトルアーティスツ 1998年
Remage リマージ 1999年
RoST ロスト 1999年
Romance for〜 ロマンスフォア 1996年
渡辺かおる わたなべかおる 1998年

ベストアルバム・再発盤のみの発売[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1997年06月21日 シニカル・シンドローム APCA-189
1997年07月21日 BAD BAD EAST APCA-192
1997年07月21日 BAD BAD WEST APCA-193
1998年01月21日 J-ロック・バンド・ベスト! APCA-207
1998年04月01日 映画「ドラえもん のび太の南海大冒険」メモリアル音楽集 APCM-5108
1998年06月21日 いか天 ザ・50 VOL.1 APCA-223
1998年06月21日 いか天 ザ・50 VOL.2 APCA-224
1998年06月21日 いか天 ザ・50 VOL.3 APCA-225
1998年08月05日 BAD BAD 98 APCA-231
1998年10月21日 オウバードフォースアフター」オリジナル・サウンドトラック APCG-4038
1998年11月21日 ライデンファイターズJET」オリジナル・サウンドトラック APCG-4039
1998年12月05日 EAT-MAN'98」オリジナル サウンドトラック APCM-5114
1998年12月16日 ベスト・オブ☆ショーボート・レーベル☆ APCA-260
1999年01月17日 ファーストKiss☆物語」イメージソング book APCM-5118
1999年01月21日 バッド・チョイス APCA-255
1999年01月21日 ドラマCD「クレセントノイズ APCM-5115
1999年02月21日 リフレインラブ2 オリジナル・サウンドトラック APCM-9010
1999年04月21日 CDドラマ「オーバーレブ! APCM-5128
1999年04月21日 CDドラマ「フェイバリットディア~ノーザンストーリーズ」 APCM-5130
1999年04月21日 「ウェルトオブ・イストリア」オリジナル・サウンドトラック APCG-4042
1999年05月21日 RISING ZAN THE SAMURAI GUNMAN」オリジナル・サウンドトラック APCG-4043
1999年05月21日 CDドラマ「フェイバリットディア」~サウザンストーリーズ APCM-5132
1999年06月21日 天使になるもんっ!」オリジナル・サウンドトラック PURURUN! APCM-5133
1999年06月21日 星方天使エンジェルリンクス」DRAMA TRACKS 1 APCM-5135
1999年07月05日 デジモンワールド」オリジナル・サウンドトラック APCG-4044
1999年07月21日 「星方天使エンジェルリンクス」オリジナル・サウンドトラック Vol.2~TRUE MOON~ APCM-5139
1999年08月21日 手塚治虫ワールド BEST OF BEST 24時間テレビ
~愛は地球を救う & ユニコ オリジナル・サウンドトラック
APCM-5147
1999年08月21日 星方天使エンジェルリンクス DRAMA TRACKS II APCM-5146
1999年08月21日 「エレメンタル・ギミック・ギア」オリジナル・サウンドトラック APCG-4045
1999年09月15日 小市民ケーン」オリジナル・サウンドトラック APCE-5644
1999年09月21日 鉄拳タッグトーナメント」オリジナル・サウンドトラック APCG-4046
1999年10月21日 Fuwarin!~「天使になるもんっ!」オリジナル・サウンドトラックVol.2 APCM-5145
1999年10月21日 ルーム・ウィズ・リナ」イメージヴォーカル・アルバム APCM-6001
1999年10月21日 ソウルキャリバー」オリジナル・サウンドトラック APCG-9006
1999年11月21日 「天使になるもんっ!」オリジナル・サウンドトラックVol.3~ギュっとね! APCM-5152
1999年12月18日 プリズマティカリゼーション」ヴォーカル&BGM集 APCM-5155
1999年12月18日 スターイクシオン」オリジナル・サウンドトラック APCG-4048

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例えば沢田研二アン・ルイスジャッキー吉川とブルー・コメッツ山下久美子キャンディーズ太田裕美のオリジナルアルバムは、LPレコードはポリドール(沢田)や東芝EMI(沢田、山下)、ビクター(アン)、コロムビア(ブルコメ、山下)、CBS・ソニー(キャンディーズ・太田)から、コンパクトカセット、および8トラック(各種ミュージックテープ)はアポロンから発売という形態が多かったが、別途各レコード会社側からもカセットテープが発売されることがあった。
  2. ^ 『BANDAI MUSIC HOTLINE』2001年3月2日時点でのアーカイブ
  3. ^ 鈴木早智子『負けじ魂』(光文社、2010年11月6日)p.158。同書p.179には、2008年に「ソロシングルを発売した」とレコード会社名を記さないで記述されているが、その「ソロシングル」は、当社より1998年10月28日に発売された『INNOCENT SKY〜悲しみも届かないあの空の向こうへ〜』を指す。