バンダイナムコアーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社バンダイナムコアーツ
BANDAI NAMCO Arts Inc.
BANDAI NAMCO logo.svg
種類 株式会社
略称 BNA
本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-18-14
恵比寿ファーストスクエア
北緯35度38分51.0秒 東経139度42分53.0秒 / 北緯35.647500度 東経139.714722度 / 35.647500; 139.714722座標: 北緯35度38分51.0秒 東経139度42分53.0秒 / 北緯35.647500度 東経139.714722度 / 35.647500; 139.714722
設立 1983年8月23日
業種 情報・通信業
法人番号 3010701021621
事業内容 映像音楽コンテンツおよびパッケージソフト、ライブイベントの企画・開発・販売など
代表者 代表取締役社長 川城和実
代表取締役副社長 井上俊次
資本金 21億8,250万円
従業員数 246名(2018年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)バンダイナムコホールディングス
主要子会社 (株)アクタス
(株)ハイウェイスター
(株)バンダイナムコライブクリエイティブ
外部リンク https://www.bandainamcoarts.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社バンダイナムコアーツBANDAI NAMCO Arts Inc.)は、日本の映像・音楽ソフト会社。バンダイナムコグループの映像音楽プロデュースユニット主幹会社。2018年4月1日付でバンダイビジュアルランティスを吸収合併して発足した。

概要[編集]

バンダイナムコグループは、2019年4月期から2021年3月期の中期経営計画において、中期ビジョンに「CHANGE for the NEXT 挑戦・成長・進化」を掲げている。

2018年2月9日にバンダイナムコグループの再編が発表され、その中で、映像を主にしたバンダイビジュアルがアニソンを中心にしたレコード会社のランティスを吸収合併する形で、バンダイナムコグループの「映像音楽プロデュースユニット」の中核として位置付けされる[1][2]

このところのアニメーションは、それに関連した音楽ライブが人気となっていて、「映像と音楽」の関連性が強まっているのも今回の合併の背景にある[3]。今回の合併によって、「映像、音楽、ライブイベント」の3つの分野を一体化したうえで、ライブイベントも日本と海外で、その展開を強化していくことになっている[2]。バンダイナムコグループでは、「映像と音楽を融合した新しいエンターテインメントの創出や、映像と音楽がより連携したIP創出に取り組む」と説明している[2]

なお、これまで2社が使用してきたバンダイビジュアルやランティスなどのレーベルは2018年4月1日以降も継承されている[4]

主要レーベル[編集]

映像レーベル[編集]

  • EMOTION(エモーション) - アニメ・特撮
  • BANDAI VISUAL(バンダイビジュアル) - 子供向け作品、実写映画・ドラマ

音楽レーベル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “バンダイナムコが子会社再編:バンダイビジュアルとランティスが合併へ ライブ強化”. ITmedia. (2018年2月9日). http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/09/news081.html 2018年2月12日閲覧。 
  2. ^ a b c 臼田勤哉 (2018年2月9日). “バンダイビジュアルとランティスが合併。映像+音楽+ライブのバンダイナムコアーツに”. AV Watch. https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1105913.html 2018年2月12日閲覧。 
  3. ^ “バンダイビジュアルとランティスが合併へ バンダイナムコアーツとして映像音楽プロデュー スを推進”. アニメ!アニメ!. (2018年2月10日). https://animeanime.jp/article/2018/02/10/36746.html 2018年2月12日閲覧。 
  4. ^ ランティス、バンダイビジュアル統合に関するお知らせ”. ランティス (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]