コンテンツにスキップ

GRANRODEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GRANRODEO
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP[1]
ロック
オルタナティヴ・ロック[2]
ハードロック[2]
アニメソング
ゲームソング
活動期間 2005年 -
レーベル Lantis2005年 - 2009年2012年 - 2024年
GloryHeaven(2009年 - 2012年)
GLEAN2024年 -)
事務所 HIGHWAY STAR
公式サイト GRANRODEO Official Website
メンバー KISHOWボーカル
e-ZUKAギター

GRANRODEO(グランロデオ)は、KISHOW(谷山紀章)とe-ZUKA(飯塚昌明)の2人で構成される日本音楽ユニットLantisHIGHWAY STARに所属している。略称は「ロデオ」、「グラロデ」、「GR」。

ファンクラブ名は「ロデオ組」。男性ファンを「RODEOBOY(RB)」、女性ファンを「RODEOGIRL(RG)」と呼ぶ。歌唱、演奏力ともに高いクオリティーに定評がある[3]

概要

[編集]

2005年、TVアニメ『君が望む永遠』の主人公・鳴海孝之のキャラクターソングを作成する際、CV担当の声優谷山紀章(KISHOW)が作詞、同アニメ(及びゲーム)の楽曲を多く手掛けていたギタリスト飯塚昌明(e-ZUKA)が作編曲を担当したことが結成のきっかけ。アージュの斉藤Kとランティスの伊藤善之、そして谷山と3人でカラオケに行った際、熱唱する谷山を見て「歌ってもらおう」と決めたという。

ほぼ全ての作詞をKISHOWが、全ての作編曲をe-ZUKAが手掛ける。2人が好むハードロックヘヴィメタル調を主軸としつつ、ポップスオルタナミクスチャーメロコアパンクブラスロックAORファンクフォークなど、枠にこだわらない様々なタイプの楽曲を発表している。

メンバーはe-ZUKAとKISHOWのみ。ライブはドラムス・長井"VAL"一郎とベース・瀧田イサムをサポートに加えた4ピース体制で行われているが、ドラムスの長井"VAL"一郎に関しては2017年2月19日をもって専属のライブサポートから離れることになった。その理由は明らかにされていない。その後のドラムスサポートはSHiNに変更された。

2009年頃から発売したCDがオリコンオリコンチャート)ランキングの上位に入るようになり(詳細は『#ディスコグラフィ』を参照)、2012年10月10日発売の5thアルバム『CRACK STAR FLASH』は10月10日付のオリコンデイリーアルバムチャートで初の1位となる。その後2014年9月24日発売の6thアルバム『カルマとラビリンス』では、デイリー2位、ウィークリー3位を記録し、また初動売上枚数は21,944枚と自己最高を記録した。

2010年5月3日に日本武道館で結成5周年記念ライブを開催。男性声優が歌手として武道館で単独ライブを行ったのはKISHOWが初である。その後も横浜アリーナさいたまスーパーアリーナ大阪城ホール東京体育館幕張メッセ展示場1-3ホールといった大会場でライブを開催している(詳細は『#ワンマンライブ・ツアー』を参照)。

2012年7月1日にオフィシャルファンクラブ『ロデオ組』が発足。男性ファンを『RODEOBOY』(ロデオボーイ)、女性ファンを『RODEOGIRL』(ロデオガール)と呼んでいる。

2012年4月から放送が開始されたTVアニメ『黒子のバスケ』では、第3期第2クール帝光編を除くほぼ全てのシーズンで『Can Do』『RIMFIRE』『The Other self』『変幻自在のマジカルスター』『Punky Funky Love』『メモリーズ』と計6曲のOP主題歌を手がけた。2013年10月16日発売の『The Other self』はそれまでの初回限定盤・通常盤2種展開に加え初めてアニメ盤が導入され、以後アニメタイアップに関しては3種展開が基本となった。なお『Can Do』を除きオリコン週間チャートでTOP10入りしている。

2014年11月26日には以前より交流のあったバンド・FLOWと組んだ期間限定ユニット『FLOW×GRANRODEO』としてコラボシングル『7 -seven-』を発売。発売レーベルはFLOWの所属するKi/oon Musicで、GRANRODEOとしては初めてランティス[4] 以外からリリースすることとなった。

2015年11月23日、デビュー10周年を迎えた。なおこの年ライブ・セットリスト情報サービス「LiveFans(ライブファンズ) 」が発表した『2015年 年間ライブ観客動員ランキング』の声優・アニメ部門にて、水樹奈々(205,939人)・μ's(159,026人)に次ぎGRANRODEOが134,217人を動員し3位にランクインした。

2016年7月〜9月に行われるGRANRODEO LIVE TOUR 2016『TREASURE CANDY』の7月22日Zepp DiverCity公演において、初めて映画館でのライブビューイングを開催。国内19会場に加え海外5カ国7会場でも開催された(うち2会場は後日録画を上映)。

2017年2月8日に発売されたアルバム『Pierrot Dancin'』がオリコン週間ランキングで前々作、前作と引き続いての3位を獲得し、アルバム3作品連続でのトップ3位入りとなった。

2017年10月7日、FLOW×GRANRODEOが再始動し、2018年1月よりスタートするTVアニメ『七つの大罪 戒めの復活』のオープニングテーマを担当することを発表された。また、GRANRODEO初の海外公演となる台湾でのライブも発表された。

2019年9月14日に行われた全国ツアー「GRANRODEO LIVE TOUR 2019 "FAB LOVE"」北海道・Zepp Sapporo公演でKISHOWが5曲目演奏中に右足を負傷。後右足アキレス腱断裂と判明。これに伴い、9月中に開催および出演を予定していたライブを中止もしくはキャンセルすることが発表された[5]

2022年11月6日、アメリカのハード・ロックバンドガンズ・アンド・ローゼズの来日公演にゲスト・アクトとして出演[6]

主な楽曲参加ミュージシャン

[編集]

ディスコグラフィ

[編集]

※「最高位」は、週間オリコンチャートに基づく[8]

シングル

[編集]
発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 アニメ盤
1st 2005年11月23日 Go For It! LACM-4230 71位
2nd 2006年7月26日 Infinite Love LACM-4765 43位
3rd 2006年8月23日 DECADENCE LACM-4285 83位
4th 2007年1月24日 慟哭ノ雨 LACM-4336 33位
5th 2007年5月23日 HEAVEN LACM-4369 36位
6th 2007年12月26日 delight song LACM-4446 34位
7th 2008年4月23日 NOT for SALE LACM-4482 38位
8th 2008年5月14日 デタラメな残像 LACM-4483 22位
9th 2008年12月10日 Darlin' LACM-4483 32位
10th 2009年4月22日 tRANCE LACM-4605 18位
11th 2009年7月29日 modern strange cowboy LASM-4016 15位
12th 2009年12月9日 恋音 LASM-4039 20位
13th 2010年4月28日 We wanna R&R SHOW LASM-4054 18位
14th 2010年10月27日 ROSE HIP-BULLET LASM-34078/9 LASM-4078 7位
15th 2011年11月23日 愛のWarrior LASM-34120/1 LASM-4120 25位
16th 2012年4月18日 Can Do LACM-34916/7 LACM-4916 14位
17th 2012年7月18日 RIMFIRE LACM-34948/9 LACM-4948 7位
18th 2012年11月7日 DARK SHAME LACM-34020 LACM-14020 12位
19th 2013年4月17日 偏愛の輪舞曲 LACM-34066 LACM-14066 7位
20th 2013年10月16日 The Other self LACM-34140 LACM-14140 LACM-14141 10位
21st 2014年2月12日 変幻自在のマジカルスター LACM-34189 LACM-14189 LACM-14190
22nd 2015年1月28日 Punky Funky Love LACM-34298 LACM-14298 LACM-14299 8位
23rd 2015年6月3日 メモリーズ LACM-34346 LACM-14346 LACM-14347 6位
24th 2016年4月13日 TRASH CANDY LACM-34465 LACM-14465 LACM-14466 9位
25th 2016年11月23日 少年の果て LACM-34555 LACM-14555 16位
26th 2017年3月22日 Glorious days LACM-34585 LACM-14585 LACM-14584 10位
27th 2017年8月2日 move on! イバラミチ LACM-34625 LACM-14625 LACM-14626 12位
28th 2018年2月21日 Deadly Drive LACM-34729 LACM-14729 LACM-14730 16位
29th 2018年7月11日 BEASTFUL LACM-34772 LACM-14772 18位
30th 2019年5月8日 セツナの愛 LACM-34867 LACM-14867 LACM-14868 9位
31st 2020年9月9日 情熱は覚えている LACM-34008 LACM-24008 16位
32nd 2021年10月13日 Treasure Pleasure LACM-34175 LACM-24175 18位
33rd 2022年1月12日 カミモホトケモ LACM-34223 LACM-24223 LACM-24224 10位
34th 2023年8月30日 鉄の檻 LACM-34404 LACM-24404 LACM-24405 18位

コラボシングル

[編集]
FLOW×GRANRODEO
発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 アニメ盤
2014年11月26日 7 -seven- KSCL-2513/4 KSCL-2515 KSCL-2516 10位
2018年1月24日 Howling KSCL-3013/4 KSCL-3015 KSCL-3016/7 12位
GRANRODEO feat.小野賢章
発売日 タイトル 規格品番 最高位
GRANRODEO盤 アニメ10th盤
2023年3月15日 ゼロステップ LACM-24351 LACM-34351 25位

配信

[編集]
配信日 タイトル
2022年1月7日 時計回りのトルク

アルバム

[編集]

オリジナルアルバム

[編集]
発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2007年7月25日 RIDE ON THE EDGE LACA-5670 26位
2nd 2008年9月24日 Instinct LACA-5810 18位
3rd 2009年10月28日 BRUSH the SCAR LEMON LASA-35024 LASA-5024 14位
4th 2011年4月6日 SUPERNOVA LASA-35094/5 LASA-5094 13位
5th 2012年10月10日 CRACK STAR FLASH LACA-35240 LACA-15240 3位
6th 2014年9月24日 カルマとラビリンス LACA-35430 LACA-15430
7th 2017年2月8日 Pierrot Dancin' LACA-35640 LACA-15640
8th 2019年5月15日 FAB LOVE LACA-35778 LACA-15778 8位
9th 2022年3月23日 Question LACM-35942 LACM-15942 17位

ベストアルバム

[編集]
発売日 タイトル 規格品番 最高位
2012年2月15日 GRANRODEO B‐side Collection "W" LASA-9023/4 25位
2013年3月6日 GRANRODEO GREATEST HITS 〜GIFT REGISTRY〜 LACA-9270/1 9位
2015年9月30日 GRANRODEO BEST ALBUM DECADE OF GR LACA-9414/5 5位
2020年11月4日 GRANRODEO Singles Collection “RODEO BEAT SHAKE” LACA-9790/1 12位

コンセプトミニアルバム

[編集]
発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
2018年10月24日 M・S COWBOYの逆襲 LACA-35739 LACA-15739 11位
2021年3月10日 僕たちの群像 LACA-35860 LACA-15860 16位

ライブアルバム

[編集]
発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
2021年6月30日 GRANRODEO Live Session "Rodeo note" vol.1 LACA-35880 LACA-15880 39位
2023年2月22日 GRANRODEO Live Session "Rodeo note" vol.2 LACA-39952〜3 LACA-9952〜3

トリビュートアルバム

[編集]
発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
2020年5月13日
2020年8月19日
GRANRODEO Tribute Album "RODEO FREAK" 配信限定
CD
LACA-15824 19位

ソロアルバム

[編集]
発売日 メンバー タイトル 規格品番 最高位
限定盤 通常盤
2024年4月24日 e-ZUKA LET’S GET STARTED ERK3001 -位
2024年7月24日発売予定 KISHOW 深夜零時 ERK3003 ERK3004 -位

コンピレーション / サウンドトラックCD

[編集]

DVD / BD

[編集]
GRANRODEOの「踊ロデオ」
  • GRANRODEOの「踊ロデオ」Blu-ray1
  • GRANRODEOの「踊ロデオ」Blu-ray2
  • GRANRODEOの「踊ロデオ」Blu-ray COMPLETE BOX
ファンクラブ「ロデオ組」限定DVD
  • GRANRODEO FC限定LIVE 2012 ロデオ組生誕祭〜ろ組のひと☆ろ!〜
  • TEAM RODEO SPECIAL PROGRAM GRANRODEO Acoustics 2013 ロクデナシ!プラグナシ!
  • ロデオ組 presents 10th ANNIVERSARY EVENT"GR感謝祭"DVD-BOX

参加楽曲

[編集]
発売日 商品名 楽曲 備考
2017年
10月25日 翼を持つ者 〜Not an angel Just a dreamer〜 i☆Ris井上あずみWake Up, Girls!内田真礼串田アキラGRANRODEOささきいさお下野紘JAM Project鈴木このみ鈴村健一竹達彩奈茅原実里TRUE豊永利行中川翔子羽多野渉堀江美都子水木一郎Minami三森すずこMay'n米倉千尋 「翼を持つ者 〜Not an angel Just a dreamer〜」 日本動画協会「アニメNEXT_100」プロジェクト公式ソング

タイアップ一覧

[編集]

TVアニメ

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
Go For It! TVアニメ『IGPX』オープニングテーマ 2005年
Infinite Love TVアニメ『恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜』オープニングテーマ 2006年
慟哭ノ雨 TVアニメ『恋する天使アンジェリーク〜かがやきの明日〜』オープニングテーマ 2007年
HEAVEN WOWOW系アニメ『鋼鉄神ジーグ』エンディングテーマ
デタラメな残像 TVアニメ『ブラスレイター』第1クールオープニングテーマ(第2話 - 第14話) 2008年
tRANCE TVアニメ『黒神 The Animation』第2クールオープニングテーマ(第13話 - 第22話、外伝) 2009年
modern strange cowboy TVアニメ『NEEDLESS』第1クールオープニングテーマ(第1話 - 第13話)
ROSE HIP-BULLET TVアニメ『咎狗の血』オープニングテーマ 2010年
Can Do TVアニメ『黒子のバスケ』第1期第1クールオープニングテーマ 2012年
RIMFIRE TVアニメ『黒子のバスケ』第1期第2クールオープニングテーマ
NO PLACE LIKE A STAGE TVアニメ『トータル・イクリプス』挿入歌
DARK SHAME TVアニメ『CØDE:BREAKER』オープニングテーマ
偏愛の輪舞曲 TVアニメ『カーニヴァル』オープニングテーマ 2013年
The Other self TVアニメ『黒子のバスケ』第2期第1クールオープニングテーマ
変幻自在のマジカルスター TVアニメ『黒子のバスケ』第2期第2クールオープニングテーマ 2014年
Punky Funky Love TVアニメ『黒子のバスケ』第3期第1クールオープニングテーマ 2015年
メモリーズ TVアニメ『黒子のバスケ』第3期第2クール誠凛VS洛山編オープニングテーマ
TRASH CANDY TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第1シーズンオープニングテーマ 2016年
少年の果て TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期第1クールエンディングテーマ
move on! イバラミチ TVアニメ『最遊記RELOAD BLAST』オープニングテーマ 2017年
BEASTFUL TVアニメ『バキ』オープニングテーマ 2018年
セツナの愛 TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第3シーズンオープニングテーマ 2019年
情熱は覚えている TVアニメ『バキ』大擂台賽編オープニングテーマ 2020年
Treasure Pleasure TVアニメ『範馬刃牙』オープニングテーマ 2021年
カミモホトケモ TVアニメ『最遊記RELOAD -ZEROIN-』オープニングテーマ 2022年
鉄の檻 TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第5シーズンオープニングテーマ 2023年

劇場アニメ

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
Glorious days 劇場版『黒子のバスケ LAST GAME』主題歌 2017年
Deadly Drive 映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』オープニング主題歌 2018年

配信アニメ

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
カナリヤ ショートアニメ『戦勇。(第2期)』配信版オープニングテーマ(TV放送版では、全ての回でOP主題歌がカットされている。) 2013年

OVA

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
DECADANCE OVA『鬼公子炎魔』エンディングテーマ 2006年

ゲーム

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
Once&Forever PCゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』サイドストーリーオープニングテーマ 2007年
NOT for SALE ニンテンドーDSソフト『DUEL LOVE 恋する乙女は勝利の女神』オープニングテーマ 2008年
GAMBiT ニンテンドーDSソフト『DUEL LOVE 恋する乙女は勝利の女神』エンディングテーマ
欲望∞ 携帯ゲーム『大和彼氏』オープニングテーマ 2010年
愛のWarrior PSPゲーム『アンジェリーク 魔恋の六騎士』オープニングテーマ 2011年
0-GRAVITY PS3ゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』アバンオープニングテーマ 2012年
baby bad boy PS3ゲーム『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』オープニングテーマ 2013年

実写映画

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
時計回りのトルク 映画『文豪ストレイドッグス BEAST』主題歌 2022年

TVドラマ

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
アウトサイダー テレビ東京特撮テレビドラマキューティーハニー THE LIVE』挿入歌 2008年

TV番組

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
Black out テレビ東京系『アニソンぷらす』オープニングテーマ 2008年

タイアップ提供楽曲のセルフカバー

[編集]
楽曲 概要
未完成のGUILTY “style GR” TVアニメ「君が望む永遠」主人公の鳴海孝之(CV.谷山紀章)のキャラクターソングとして制作された「未完成のGUILTY」(シングル「君が望む永遠 キャラクターイメージソング Portrait*5 -孝之-」に収録)のリメイク版。GRANRODEO結成前に、谷山紀章が作詞、飯塚昌明が作編曲で制作された。
LAST SMILE “style GR” TVアニメ「君が望む永遠」主人公の鳴海孝之(CV.谷山紀章)のキャラクターソングとして制作された「LAST SMILE」(シングル「君が望む永遠 キャラクターイメージソング Portrait*5 -孝之-」に収録)のリメイク版。GRANRODEO結成前に、谷山紀章が作詞、飯塚昌明が作編曲で制作された。
甘い痛みは幻想の果てに ギターのe-ZUKA(飯塚昌明)が作編曲をし、オーブハンター4(高橋広樹大川透小野坂昌也小野大輔)に提供した「SILENT DESTINY」(TVアニメ「ネオ アンジェリーク Abyss-Second Age-」オープニングテーマ)のセルフカバー版。
シャニムニ ギターのe-ZUKA(飯塚昌明)が作編曲をし、美郷あきに提供した「Scarlet Bomb!」(TVアニメ「NEEDLESS」第2クールオープニングテーマ)のセルフカバー版。

「FLOW×GRANRODEO」でのタイアップ

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
7 -seven- TVアニメ『七つの大罪』第1期第1クールエンディングテーマ 2014年
Howling TVアニメ『七つの大罪』第2期第1クールオープニングテーマ 2018年

「GRANRODEO feat.小野賢章」でのタイアップ

[編集]
楽曲 タイアップ 時期
ゼロステップ 黒子のバスケ』アニメ10周年記念アニバーサリーソング 2022 - 2023年

出演

[編集]

ラジオ

[編集]

※はインターネット配信。谷山紀章としての番組は、谷山紀章の項を参照。

レギュラーラジオ

[編集]
  • GRANRODEOのケンゼンな本能(ネオロマンス・ライヴ HOT! 10 Count down Radio II Huu!内箱番組:2007年、ランティスウェブラジオ※)
  • GRANRODEO 愛すべきSTUPID(2008年 - 2010年、ランティスウェブラジオ※)
  • GRANRODEO RADIO ROCK★SHOW(2010年 - 2012年、FM OSAKAFM FUKUOKA・ランティスウェブラジオ※)
  • GRANRODEO ハートに火をつけてTOKYO FMRADIO DRAGON」内Doors火曜日箱番組:2010年4月6日 - 6月29日)
  • GRANRODEO もっとハートに火をつけて(TOKYO FM「RADIO DRAGON」内Doors火曜日箱番組:2010年10月5日 - 2012年3月27日)
  • GRANRODEOのDOKI×2ラジオジャンボリー(文化放送:2012年4月8日 - 2014年3月30日、ABCラジオでも同期間時差ネットで放送)
  • GRANRODEO それでもハートに火をつけて(TOKYO FM「RADIO DRAGON」内Doors火曜日箱番組:2012年10月2日 - 12月25日)
  • GRANRODEOのもっともハートに火をつけて(TOKYO FM:2014年4月1日 - 2016年3月25日)
  • GRANRODEOのまたまたハートに火をつけて(TOKYO FM:2019年4月2日 - 2019年6月25日)
  • GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて(TOKYO FM:2020年4月7日 - 2022年3月29日)
モバイル会員限定ラジオ
  • GRANRODEOの人生バラ色ラジオ バララジ

単発ラジオ

[編集]

ワンマンライブ・ツアー

[編集]

ソロライブ・ツアー

[編集]


主催フェス

[編集]

ファンクラブ限定ライブ ・イベント

[編集]

イベントライブ

[編集]

テレビ番組

[編集]

※印の番組は生放送での出演を示す

  • カンニングのDAI安吉日!(2012年9月9日、2013年2月3日、2014年8月31日 、2015年7月19日・11月15日・12月27日、2016年2月7日・4月11日)
    • 2016年5月より番組オープニング曲(オリジナル)を担当
  • ロデオ倶楽部!(BSフジ)
    • 第1期:2013年1月27日 - 4月7日
    • season II:2014年10月19日 - 12月21日
    • season III:2015年10月24日 - 12月26日
    • DVD発売記念スペシャル(2013年7月13日)
    • 2014新春たまアリ直前生放送スペシャル!(2014年1月3日)※
    • カルマとラビリンススペシャル(2014年9月27日)
    • seasonII 総集編スペシャル(2015年3月28日)
    • GR10周年記念SP SeasonIIIも始まるよ!(2015年10月17日)
    • 年忘れ!今年のロデオ今年のうちに(2016年2月27日)
  • GRANRODEO LIVE 2012 Can you Do the SUMMER!?(2012年7月13日 BSフジ)
  • GRANRODEO LIVE 2013 G8 ROCK☆SHOW(2013年9月14日 BSフジ)
  • GRANRODEO LIVE 2013 Y・W・F /(^o^)\ヤッホー ワンダホー FUJIYAMA!!(2013年11月20日 フジテレビNEXT)
  • イナズマロック フェス(2013年11月23日、2016年11月5日 フジテレビNEXT)
  • アニメソング史上最大の祭典〜アニメロサマーライブ〜NHK BSプレミアム
    • 2013年11月24日 2013 第2夜(「Can Do」「Go For It!」)
    • 2014年11月30日 2014 Vol.3(「GO!!!」(FLOWとの共演・歌唱))
    • 2014年12月7日 2014 Vol.4(「慟哭ノ雨」「Can Do」)
    • 2015年12月13日 2015 Vol.5(「変幻自在のマジカルスター」(小野賢章との共演歌唱))
    • 2015年12月20日 2015 Vol.6(「Punky Funky Love」「メモリーズ」)
    • 2016年11月13日 2016 Vol.1(「愛をとりもどせ!!」(デーモン閣下との共演歌唱)、「TRASH CANDY」)
    • 2017年11月19日 2017 Vol.1(「7 -seven-」(FLOWとの共演歌唱)、「The Other self」)
  • ランティス15周年記念特番 〜アニソン業界で走り続ける人たち〜(2014年1月 TOKYO MXほか)
  • GRANRODEO LIVE 2014 G9 ROCK☆SHOW(2014年2月16日 フジテレビNEXT)※
  • 氣志團万博2014 〜房総大パニック!超激突!!〜 二日目(2014年11月1日 WOWOWライブ
  • TOKYOアニメパーク 15th Anniversary Live ランティス祭り(2014年11月3日 フジテレビNEXT
  • MUSIC JAPAN(2014年11月23日 NHK総合/「7 -seven-」(FLOWとの共演・歌唱))
  • スッキリ!!(2014年11月25日 日本テレビ 「WEニュース」ゲスト/「7 -seven-」(FLOWとの共演・歌唱))※
  • 「カンニングのDAI安☆吉日!」10周年記念イベントVERY LUCKY DAY!!(2014年12月27日 BSフジ)
  • GRANRODEO LIVE TOUR 2015 カルマとラビリンス atさいたまスーパーアリーナ(2015年4月25日 WOWOWライブ)
  • 「カンニングのDAI安☆吉日!」お台場夢大陸2015で生放送!(2015年7月19日 BSフジ)※
  • お台場夢大陸めざましライブ(2015年7月27日 フジテレビNEXT)
  • GRANRODEO LIVE TOUR 2014 MAGICAL RODEO TOUR(2015年9月28日 MUSIC ON! TV
  • GRANRODEO 10th ANNIVERSARY LIVE 2015 G10 ROCK☆SHOW -RODEO DECADE-(2015年10月25日 フジテレビNEXT)※
  • GRANRODEO COUNTDOWN SPECIAL LIVE 2015〜2016(2015年12月31日 フジテレビNEXT)※
  • アニソン・ハンター 年またぎ生放送SP(2015年12月31日 BSフジ/「Go For It!」GRANRODEO COUNTDOWN SPECIAL LIVE 2015〜2016からの年越し生中継)※
  • GRANRODEO “GR感謝祭”&ANIMAX MUSIX ダイジェスト(2016年4月3日 BSアニマックス)
  • GRANRODEO LIVE TOUR 2016 TREASURE CANDY 野音公演(2016年10月21日 フジテレビNEXT)
  • GRANRODEO G11 ROCK☆SHOW -TRECAN PARTY-(2016年12月23日 フジテレビNEXT)
  • GRANRODEOの踊ロデオ!(TBSチャンネル1)
    • 第1回「e-ZUKAの故郷・新潟十日町を初公開!KISHOWが豪雪で大パニック!?」(前編:2017年2月5日 後編:3月19日 完全版:6月5日)
    • 第2回「KISHOWの故郷・宇部を巡る珍道中!今度は濃霧でハプニング続出」(前編:2017年5月19日 後編:6月17日 完全版:7月10日)
    • 第3回「待望の第3弾は沖縄…なのに曇天!夜の宴で喜劇の女王と初チャンプルー!KISHOW“島唄”熱唱!&e-ZUKA三線初披露!」(前編:2017年12月30日 後編:2018年1月27日 完全版:2月17日)
  • GRANRODEO 5TH ANNIVERSARY LIVE AT BUDOKAN 〜G5 ROCK★SHOW〜(2017年2月5日 TBSチャンネル1)
  • 週末ちぐまや家族(2017年4月7日※ テレビ山口
  • J:COM PRESENTS GRANRODEO limited SHOW(2017年4月22日 J:COMプレミアチャンネル)
  • お台場みんなの夢大陸めざましライブ2017(2017年8月9日 フジテレビNEXT)
  • GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin'(初回放送※:8月11日 拡大版:9月22日 TBSチャンネル1)
  • KENPROCK Festival 2017(2017年9月3日 TBSチャンネル1)
  • GRANRODEO LIVE 2017 G12 ROCK☆SHOW 道化達ノ宴 完全生中継(2017年9月23日 フジテレビNEXT)※
  • シブヤノオト(2018年2月4日 NHK総合/「Deadly Drive」)
  • GRANRODEO LIVE 2017 G7 ROCK☆SHOW 忘れ歌を、届けにきました。(2018年2月18日 TBSチャンネル1)
  • GRANRODEO LIVE 2018 KISHOW 宇部凱旋 ロデオぶるとっぴん 〜暑ぅてわやになりそうじゃけえ皆でぶち盛り上がろうや〜 完全生中継!(2018年8月11日 フジテレビTWO)
  • STV夏フェスSP!”サニトレ”in岩見沢(2018年10月5日 札幌テレビ
  • GRANRODEO G13 ROCK SHOW(2018年12月9日 フジテレビNEXT)
  • アニソン!プレミアム!(2018年12月29日 NHK BSプレミアム・31日 NHK BS4K)

テレビアニメ

[編集]

インターネット放送

[編集]
  • GRANRODEO TV SHOW!(AbemaTV 2015年5月5日 - 6月30日)

ゲームとのコラボレーション企画

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ GRANRODEO- キューブミュージック・2015年11月20日閲覧。
  2. ^ a b Granrodeo reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月16日閲覧。
  3. ^ GRANRODEO新年2DAYSライブをフジCSとFODで生中継”. 産経ニュース (2022年1月12日). 2022年1月12日閲覧。
  4. ^ サブレーベルを含む。
  5. ^ “GRANRODEO、KISHOW右足負傷で9月のライブ中止および出演キャンセル”. 音楽ナタリー. (2019年9月16日). https://natalie.mu/music/news/347784 2019年9月16日閲覧。 
  6. ^ ガンズ・アンド・ローゼズ来日公演のサポート・アクトが発表 LOUDNESS、GRANRODEO、BAND-MAIDが出演”. e-plus. 2022年11月9日閲覧。
  7. ^ CRACK STAR TOURS途中での瀧田負傷の代役として
  8. ^ GRANRODEOの作品”. ORICON NEWS. oricon ME. 2023年9月6日閲覧。

外部リンク

[編集]