白石稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しらいし みのる
白石 稔
プロフィール
愛称 みのる、谷口
性別 男性
出生地 日本の旗 日本愛媛県四国中央市(旧川之江市[要出典]
生年月日 1978年10月18日(38歳)
血液型 AB型[1]
身長 166 cm[要出典]
職業 シンガーソングライター声優
事務所 ガジェットリンク
配偶者 あり
公式サイト 白石玩具店・弐号店、改
声優活動
活動期間 2002年 -
デビュー作 冴原剛(『D・N・ANGEL』)
俳優活動
活動期間 2005年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
デビュー作 早稲田大学の学生
(『ノスタルジック・カフェ〜1971年・あの時君は〜』)
音楽活動
活動期間 2007年 -
ジャンル J-POPアニメソング
職種 シンガーソングライター
レーベル Lantis
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

白石 稔(しらいし みのる、1978年10月18日[1][2] - )は、日本声優舞台俳優司会者シンガーソングライター作詞作曲家である。ガジェットリンク所属[3]

概要[編集]

経歴[編集]

1978年玩具店を営む家庭に生まれる[要出典]。『魔神英雄伝ワタル』に感銘を受けアニメの世界に興味を持った[4]中学時代に声優への道を志し、高校進学すら望まなかったが「高校へ行かないのなら、声優養成所への学費を出さない」と両親に諭されて進学[要出典]高校卒業後は代々木アニメーション学院大阪校へ進み、その後上京に至る[要出典]「声優を辞めようと思ったことは数え切れないが、他に自分が何をやりたいかと自問すれば、声優以外ありえなかった」と語っている[要出典]

2003年テレビアニメD・N・ANGEL』に出演以降、アニメへの出演が増える(出演作品節を参照)。

2006年のテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の谷口役で知名度を上げ注目を集める。同作品中で発した白石のアドリブである「WAWAWA忘れ物〜」という台詞が大きな話題を集め、2007年3月に開催された同作品のライブイベント『涼宮ハルヒの激奏』においても度々口ずさんでいた。この「WAWAWA」は、その後もアニメ版『らっきー☆ちゃんねる』や『涼宮ハルヒの約束』発売イベントなどで使われており、『らき☆すた』では白石の作曲で第13話のエンディングテーマにもなった。

2007年、『涼宮ハルヒの憂鬱』と同じ京都アニメーション制作であるテレビアニメ『らき☆すた』では、声優本人をモチーフにしたオリジナルキャラクター「白石みのる[5]」役で出演。同番組の1コーナーで、番組関連のラジオ番組でもある『らっきー☆ちゃんねる』にてナビゲーター「小神あきら」役の今野宏美のアシスタントを務める[5]

当初、アイムエンタープライズに所属していた[要出典]が、2007年1月1日よりプロ・フィットに移籍[要出典]し、2009年4月1日からはフリーになる[6]。同年12月10日からガジェットリンクと業務提携し[7]、2012年1月1日から正式に所属[8]している。

2011年8月9日、ブログで入籍(結婚)したことを発表した[9]。2012年9月16日に長男が誕生[10]

2015年12月29日のブログで、現在顔面神経麻痺で顔の右半分が全く動かず、治療しながら仕事していることを告白した[11][12]

2016年1月3日、成人漫画(二次創作同人)の違法ダウンロード(本人ブログでは「無断で使用」)が発覚し[13]、ブログを通じて謝罪した[14]

同年10月31日、第2子女児が誕生[15][16]

特色[編集]

主に高校生や青年役を演じる。好青年やへタレ役、オネェ(オカマ)口調のキャラクターまで演じている。ラジオなどでは作詞・作曲も行うことがある。『らき☆すた』では第13話以降のエンディングテーマのほとんどを白石自身が作詞・作曲している。特に第18話のエンディング曲「かおりんのテーマ」は白石のソングライターとしての能力を周知させる作品となった[要出典]

『喰霊 -零- 超自然災害ラジオ対策室』第7回では、土宮神楽役の茅原実里の誕生日を祝し、クオリティの高い自作の歌を2曲アカペラで披露している(一曲はオリジナルで、もう1曲は茅原の大好きなB'zをイメージしたネタ楽曲)。茅原は「すごいいい曲。白石稔の名は、声優としてすでに有名だから、違う名前で裏方として真剣に作詞・作曲活動をすべきでは?」と絶賛。これに対しランティスのプロデューサー、斎藤滋は「こういうお仕事は、締切があるからね」と、追い込まれないと曲を作れない白石の癖を指摘し、皆の笑いを誘った。[要出典]

ザ☆ネットスター!』6月号で、番組の新エンディングテーマ「夢の続き」をネット上で人気のプロデューサー「シンP」と共に制作した(作詞作曲・白石稔 編曲・シンP)ところ、この曲を聴いた水木一郎がこの曲を気に入り、水木がサプライズゲストとして出演した同7月号では、この曲を水木が白石の目の前で歌った。番組収録後に行われた反省会では、「夢の続き」の楽譜を水木が直筆で書き下ろし(白石は楽譜が書けないため)、白石に渡した。その際、水木は白石に対し「(「夢の続き」の)2番を書いて欲しい」「どんどん(曲を)作ろう。才能あるよ。」と応援した。同番組の翌7月号の反省会において、自らの曲作りに関して語った。それによると、詩はパソコンか携帯電話で書き、曲は楽譜が書けないため、携帯電話のボイスメモを利用して、ひらめいた曲の一部を残しておくという。また、サビは早く作れるが、Aメロ、Bメロはいつまでもできずに、ふと思いつくことが多い。[要出典]

同じくガジェットリンクに所属する小尾元政と、音楽ユニット「YouM-ix」(ユーミックス)を結成。白石がボーカル、小尾がギターを担当。2012年12月にワンマンライブを行っている[17]

人物[編集]

芸人のようなノリのよさを持つ[要出典]ラジオでは今野宏美など天然系の相方がいればツッコミ(本人曰くストッパー)に回るが、浅沼晋太郎など他に進行役がいる場合は自由に振舞う[要出典]。好きな言葉は、「継続は力なり」[4]

幼少のころから、将来はアニメ業界で働くと決めていた[要出典]最初はアニメーターになろうと思い絵の練習をしたが、一向に上手くならず、悩んだ末に声優を志望した[要出典]

自他共に認めるアニメおたくである[要出典]。また、玩具店という家庭環境で育ったため、テレビゲーム特撮ヒーロー番組に造詣が深く、最も好きな特撮作品は『五星戦隊ダイレンジャー』であると述べている[要出典]

3人兄弟の次男で、本人曰く「兄のほうがしっかりしている」という[要出典]

エピソード[編集]

2009年4月、自身のブログにてようやくパソコンを購入したと明かした[18]

2009年10月18日に、神戸国際会議場メインホールで行われた「第14回アニメーション神戸」で作品賞ネットワーク部門を受賞した『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』で代表して赤鬼の格好で授賞式に出た[19]。同年末の舞台初日のカーテンコールにて、サプライズで自身の誕生日を祝われた。誕生日当日に誕生会を企画したが、本人が東京におらず断念。翌月にも企画をするが、同じ理由で断念、計画が頓挫する。「白石はいつ東京にいるんだ?」→「舞台本番の日だ」→「じゃぁその日に祝おう」と計画される。当日は会場にいた400人以上の客(男女比は2:8くらい[要出典])から一斉に「みのるくん!お誕生日おめでとう!」と声をかけられた[20]

ボーダーブレイクシリーズでは『ユニオン』から登場する敵キャラ【ゼラ】を担当しているが、これ以前からプライベートでプレイしたのをスタッフが知り起用する流れとなった[要出典]そのため、この前後から関係するイベントに参加しMCを担当する場合が多い[要出典]プレイスタイルはディスカスという機体パーツのみで構成されたものを使用[要出典]

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

  • ドラえもん(宇宙探検すごろくの声)

劇場アニメ[編集]

2009年

2010年

2014年

2015年

  • 新劇場版 頭文字D Legend2 -闘走-(武内樹[31]

2016年

  • 新劇場版 頭文字D Legend3 -夢現-(武内樹[32]

OVA[編集]

2008年

2010年

2011年

2012年

2013年

Webアニメ[編集]

2009年

2014年

ゲーム[編集]

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

  • ゴッドオブハイスクール【神スク】(執行委員X[44]
  • 雷子-紺碧の章-(沈尹戌[45]
  • レコラヴ Blue Ocean / Gold Beach(中井一馬[46]

吹き替え[編集]

2002年

ドラマCD[編集]

オーディオドラマ[編集]

ラジオ[編集]

※太字は放送中

テレビ[編集]

※太字はレギュラー

演劇[編集]

  • ノスタルジック・カフェ〜1971年・あの時君は〜(早稲田大学の学生役、2005年7月上演)
    • 声優を中心とする演劇集団「Players」の初公演である[注釈 3]
  • 「燕のいる駅」 (2006年3月上演)
  • 「正義はいつも我にあり」(2007年4月上演)
    • 上記2つは共に演劇集団「東京桜組」の公演である。
  • FREEMAN第一回旗揚げ解散公演「エムズスタイル」(エムズバーガーの敏腕店長役2008年8月上演)
  • 神々のいたずらPRESENTS 「敏腕組!」(上記「エムズスタイル」の設定を引き継ぎ、敏腕店長役)
  • 劇団東京都鈴木区 第2回公演「 The 時給探偵〜17時までの名探偵〜」(2010年1月上演 謎の男役)
  • Lit Klatch リーディングシアター03「リカバリ-Recovery-」(2010年12月4日・5日上演、Studio Cube326 ARC)
  • 蒼穹のファフナー FACT AND RECOLLECTION(2010年12月18日上演 近藤剣司役)
  • アフリカ座 1月公演 「かぶとむし」(2013年1月11日 - 15日上演 石井真とのWキャスト 佐和田健二役)
  • カラフル企画Vol.4「めぐりあうとき」(2013年9月18日 - 22日上演、笹塚ファクトリー、愛川ゴース役)

ネット番組[編集]

イベント[編集]

作品[編集]

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2011年2月9日 出しちゃいました。 LACA-15093

キャラクターソング・企画CD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東京桜組の舞台公演をCD化した作品。
  2. ^ この2回で事実上打ち切りになっている。理由としては、アシスタントを務めていた山本花民の体調不良に加え、配信元である、Galge.comのサイト更新休止が挙げられる[要出典]
  3. ^ この公演を最後にPlayersの活動は行われておらず、2008年1月をもって公式HPが閉鎖した(日記は稼動中)。

出典[編集]

  1. ^ a b プロフィール”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑 2004』vol.1、小学館2004年3月、 58頁、 ISBN 4-09-526301-6
  3. ^ 白石 稔(しらいし みのる)”. 所属タレント. ガジェットリンク. 2016年11月1日閲覧。
  4. ^ a b ここだけのプロフィール 白石稔”. アニメマシテ. テレビ東京. 2016年11月2日閲覧。
  5. ^ a b らきぺでぃあらき☆すた百科事典”. らき☆すた公式Web. 2016年11月1日閲覧。
  6. ^ 白石稔 (2009年4月1日). “ご報告”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  7. ^ 白石稔 (2009年12月10日). “ご報告致します。”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  8. ^ 白石稔 (2012年1月2日). “所属報告”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  9. ^ 白石稔 (2011年11月14日). “入籍のご報告”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  10. ^ 白石稔 (2012年9月18日). “我が家へようこそ!”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  11. ^ 白石稔 (2015年12月29日). “ご報告します”. 白石玩具店・弐号店、改. 2015年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  12. ^ “声優の白石稔、顔面まひ告白「右半分が動きません」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年12月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2064606/full/ 2015年12月30日閲覧。 
  13. ^ “声優白石稔、漫画の違法ダウンロードが発覚し謝罪”. 日刊スポーツ nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1587312.html 2016年1月14日閲覧。 
  14. ^ 白石稔 (2016年1月3日). “一連の騒動につきまして”. 白石玩具店・弐号店、改. 2016年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  15. ^ 白石稔 (2016年11月1日). “ご報告”. 白石稔の『白石玩具店・本店』. 2016年11月1日閲覧。
  16. ^ “声優・白石稔、第2子女児誕生「純粋なパワーもらった」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2080816/full/ 2016年11月1日閲覧。 
  17. ^ 白石稔 (2012年12月30日). “YouM-ix・アコギナイト! そのセットリスト”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月3日閲覧。
  18. ^ 白石稔 (2009年4月5日). “秋葉原から”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  19. ^ この模様は、2009年11月27日に角川書店から発売された、涼宮ハルヒの憂鬱5.428571巻(新シリーズ第4巻)の特典DVD内番組「谷口が行く。不思議発見の旅。第4回」に収録されている。
  20. ^ 間島淳司 (2009年12月30日). “振り返り・初日編”. 間島淳司ブログ「マジP!」. 2016年11月1日閲覧。
  21. ^ らき☆すた”. メディア芸術データベース. 2016年11月20日閲覧。
  22. ^ 喰霊-零-”. メディア芸術データベース. 2016年9月19日閲覧。
  23. ^ a b 荻坂三郎太”. バディ・コンプレックス アニメ公式サイト. 2016年11月1日閲覧。
  24. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ「ブレイクブレイド」公式サイト. 2014年2月3日閲覧。
  25. ^ 名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の2日間〜”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ放送網. 2016年6月6日閲覧。
  26. ^ Staff/Cast”. 蒼穹のファフナー EXODUS. 2014年7月28日閲覧。
  27. ^ 長門有希ちゃんの消失”. SOS団. 2014年12月18日閲覧。
  28. ^ 涼宮ハルヒの消失”. メディア芸術データベース. 2016年9月19日閲覧。
  29. ^ トップページ”. 新劇場版「頭文字D」公式サイト. 2016年11月1日閲覧。
  30. ^ スタッフ&キャスト”. 新劇場版 頭文字D Legend2 -闘走- 公式サイト. 2016年11月1日閲覧。
  31. ^ スタッフ&キャスト”. 新劇場版 頭文字D Legend3 -夢現- 公式サイト. 2016年11月1日閲覧。
  32. ^ Character / フレン”. エルクローネのアトリエ. 2012年1月13日閲覧。
  33. ^ 『水平線まで何マイル? -ORIGINAL FLIGHT-』美麗なビジュアルが人気の学園青春アドベンチャーがPSPに登場!”. ファミ通.com. KADOKAWA DWANGO. 2012年10月1日閲覧。
  34. ^ 第99回 稼働日決定!”. ボーダーブレイク オフィシャルウェブサイト / ブログ (2012年9月24日). 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月25日閲覧。
  35. ^ Character”. 境界線上のホライゾン PORTABLE. 2012年11月9日閲覧。
  36. ^ 白石稔 (2014年5月2日). “コアマスターズ放送局”. 白石稔の『白石玩具 弐号店』. 2016年11月1日閲覧。
  37. ^ 『超ヒロイン戦記』豪華出演声優26名のコメントを独占公開! 1人で4役を担当した釘宮理恵さんの感想は?”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2014年2月6日閲覧。
  38. ^ Character”. PS3版『モット! ソニコミ』公式サイト. 2014年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月20日閲覧。
  39. ^ Character”. もっと姉、ちゃんとしようよっ! +PLUS. 2014年3月28日閲覧。
  40. ^ グランブルーファンタジー(@granbluefantasy) (2015年1月31日). “【新キャラクター登場】1/31(土) 19:00より、新しいキャラクターが登場しました!レア 「ローアイン」(CV.白石稔)”. Twitter. 2016年11月1日閲覧。
  41. ^ Character / フロスト・ベルガモット”. 百花繚乱エリクシル 公式サイト. 2014年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月27日閲覧。
  42. ^ Character”. メイQノ地下ニ死ス. コンパイルハート. 2015年5月27日閲覧。
  43. ^ ゴッドオブハイスクール【神スク】(@kamisuku_jp) (2016年7月2日). “続いての〝神コレ〟は執行委員X♪ CVは白石 稔さん!!”. Twitter. 2016年11月1日閲覧。
  44. ^ キャラクター”. 雷子-紺碧の章-公式サイト. 2016年5月7日閲覧。
  45. ^ 週刊ファミ通』2016年6月16日増刊号、KADOKAWA2016年6月2日[要ページ番号]
  46. ^ 「蒼き鋼のアルペジオ」ドラマCD全サ、声優陣に福山潤ら”. コミックナタリー. ナターシャ (2011年10月29日). 2015年2月11日閲覧。
  47. ^ TVアニメ「バディ・コンプレックス」のラジオ配信決定!”. バディ・コンプレックス アニメ公式サイト (2014年9月18日). 2016年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月1日閲覧。

外部リンク[編集]