モノリスソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
任天堂 > モノリスソフト
株式会社モノリスソフト
MONOLITH SOFTWARE INC.
NakameguroGT tower.JPG
本社が入居する中目黒ゲートタウンタワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
153-0051
東京都目黒区上目黒2-1-1
中目黒ゲートタウンタワー12階
北緯35度38分36.9秒 東経139度41分56.6秒 / 北緯35.643583度 東経139.699056度 / 35.643583; 139.699056座標: 北緯35度38分36.9秒 東経139度41分56.6秒 / 北緯35.643583度 東経139.699056度 / 35.643583; 139.699056
設立 1999年10月1日
業種 情報・通信業
法人番号 3013201013485
事業内容 家庭用ゲームソフトの企画・開発・制作
代表者 代表取締役社長 杉浦 博英
資本金 7,500万円
発行済株式総数 2,400株
従業員数 184名(2018年11月末時点)
主要株主 任天堂株式会社 96.67%
杉浦 博英 1.25%
高橋 哲哉 1.25%
本根 康之 0.83%
外部リンク http://www.monolithsoft.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社モノリスソフト: MONOLITH SOFTWARE INC.)は、家庭用ゲームソフトウェアの企画・開発・制作を主な事業内容とする日本企業

概要[編集]

杉浦博英高橋哲哉本根康之などスクウェア(後のスクウェア・エニックス)に所属していたクリエイターが『ゼノギアス』の続編制作の有無などの経営方針の違いからスクウェアを退社。1999年10月1日ナムコ(バンダイナムコゲームスを経て後のバンダイナムコエンターテインメント)の出資により設立した。当初は20名程度の組織であり[1]、スタッフのほとんどが新人であった[2]

デベロッパーとしてゼノサーガシリーズバテン・カイトスシリーズなどを開発した。

2007年5月1日、筆頭株主のバンダイナムコゲームス(NBGI)が保有株式の80%を任天堂に譲渡し[3]、任天堂の子会社になった。2011年にNBGIは保有株式の全てを任天堂に譲渡し完全子会社化[4]、同年10月には四条烏丸(京都府京都市)に京都スタジオを設立した。社員の増加に併せ、2017年9月に中目黒GSスタジオを設立。2018年6月には飯田橋スタジオ(任天堂株式会社 飯田橋オフィス、グループ企業の1-UPスタジオと同じ建物内)を設立した。

沿革[編集]

開発作品一覧[編集]

タイトル 発売日(日本) プラットフォーム 発売元 備考
ゼノサーガ エピソードI[力への意志] 2002年2月28日 PlayStation 2 ナムコ
バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海 2003年12月5日 ニンテンドーゲームキューブ ナムコ 共同開発:トライクレッシェンド
ゼノサーガ エピソードI リローデッド 2003年11月20日 PlayStation 2 ナムコ
ゼノサーガフリークス 2004年4月28日 PlayStation 2 ナムコ
ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸] 2004年6月24日 PlayStation 2 ナムコ
NAMCO x CAPCOM 2005年5月26日 PlayStation 2 ナムコ
バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子 2006年2月23日 ニンテンドーゲームキューブ 任天堂 共同開発:トライクレッシェンド
ゼノサーガI・II 2006年3月30日 ニンテンドーDS ナムコ
ゼノサーガ エピソードIII[ツァラトゥストラはかく語りき] 2006年7月6日 PlayStation 2 バンダイナムコゲームス レーベル:ナムコ
ソーマブリンガー 2008年2月28日 ニンテンドーDS 任天堂
無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ 2008年5月29日 ニンテンドーDS バンダイナムコゲームス レーベル:バンプレスト
DISASTER DAY OF CRISIS 2008年9月25日 Wii 任天堂
ドラゴンボール改 サイヤ人来襲 2009年4月29日 ニンテンドーDS バンダイナムコゲームス レーベル:バンダイ
無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ 2010年2月25日 ニンテンドーDS バンダイナムコゲームス レーベル:バンプレスト
ゼノブレイド 2010年6月10日 Wii 任天堂
PROJECT X ZONE 2012年10月11日 ニンテンドー3DS バンダイナムコゲームス レーベル:バンプレスト
ゼノブレイドクロス 2015年4月29日 Wii U 任天堂
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD 2015年11月12日 ニンテンドー3DS バンダイナムコエンターテインメント
ゼノブレイド2 2017年12月1日 Nintendo Switch 任天堂
ゼノブレイド2 黄金の国イーラ 2018年9月21日 Nintendo Switch 任天堂 ゼノブレイド2の追加コンテンツ
部分受託
タイトル 発売日 プラットフォーム 委託元
ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVII 2006年1月26日 PlayStation 2 スクウェア・エニックス
大乱闘スマッシュブラザーズX[5] 2008年1月31日 Wii 任天堂
ゼルダの伝説 スカイウォードソード 2011年11月23日
とびだせ どうぶつの森 2012年11月8日 ニンテンドー3DS
ピクミン3 2013年7月13日 Wii U
ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 2013年12月26日 ニンテンドー3DS
スプラトゥーン 2015年5月28日 Wii U
どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー 2015年7月30日 ニンテンドー3DS
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 2017年3月3日 Wii U
Nintendo Switch
スプラトゥーン2 2017年7月21日 Nintendo Switch
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 2018年12月7日 Nintendo Switch

スクウェア出身社員[編集]

杉浦博英(創業者、代表取締役)、高橋哲哉(創業者、取締役)、本根康之(創業者、取締役)

蘒原智洋(取締役)、野村匡(取締役)

新井考、板井克倫、内山博、臼田忠泰、壁雅弘、島本誠、堂本篤史、高橋英治、高見典宏、松澤高広、矢島利明、山川秋信

所属スタッフ[編集]

  • 小島幸
  • 川畑真吾
  • ヤマザキマサハル

元スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【ゲーム転職】モノリスソフト(任天堂子会社)プログラマー募集” (日本語). シリコンスタジオエージェント. 2018年6月8日閲覧。
  2. ^ 社長が訊く Newニンテンドー3DS専用『ゼノブレイド』” (日本語). 任天堂 (2015年3月27日). 2018年6月8日閲覧。
  3. ^ 株式会社バンダイナムコゲームス保有の株式会社モノリスソフト株式譲渡に関するお知らせ (PDF)” (日本語). バンダイナムコホールディングス (2007年4月27日). 2011年1月26日閲覧。
  4. ^ 2011年6月時点ではNBGIが発行株式の1/6を保有していたが、2011年12月時点ではNBGIが保有していた分も任天堂所有となっている。会社情報”. モノリスソフト. 2011年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月4日閲覧。
  5. ^ 本根康之はアドベンチャーモード「亜空の使者」のマップデザインを担当

外部リンク[編集]