モノリスソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
任天堂 > モノリスソフト
株式会社モノリスソフト
MONOLITH SOFTWARE INC.
Monolith Soft logo.png
NakameguroGT tower.JPG
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
153-0051
東京都目黒区上目黒2丁目1番1号
中目黒ゲートタウンタワー12階
北緯35度38分36.9秒 東経139度41分56.6秒 / 北緯35.643583度 東経139.699056度 / 35.643583; 139.699056座標: 北緯35度38分36.9秒 東経139度41分56.6秒 / 北緯35.643583度 東経139.699056度 / 35.643583; 139.699056
設立 1999年10月1日
業種 情報・通信業
法人番号 3013201013485 ウィキデータを編集
事業内容 家庭用ゲームソフトの企画・開発・制作
代表者 代表取締役社長 杉浦博英
資本金 7500万円
(2022年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 2,400株
純利益 4億0463万9000円
(2022年3月期)[1]
総資産 56億6323万2000円
(2022年3月31日現在)[1]
従業員数 273名(2021年12月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 任天堂株式会社 96.67%
杉浦博英 1.25%
高橋哲哉 1.25%
本根康之 0.83%
外部リンク www.monolithsoft.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社モノリスソフト: MONOLITH SOFTWARE INC.)は、家庭用ゲームソフトウェアの企画・開発・制作を主な事業内容とする日本企業任天堂株式会社の子会社。

概要[編集]

杉浦博英高橋哲哉本根康之などスクウェア(現:スクウェア・エニックス)に所属していたクリエイターが『ゼノギアス』の続編制作の有無などの経営方針の違いからスクウェアを退社。

1999年10月1日、ナムコ(バンダイナムコゲームスを経て現在のバンダイナムコエンターテインメント)の出資により設立した。当初は20名程度の組織であり[2]、スタッフのほとんどが新人であった[3]

デベロッパーとしてゼノサーガシリーズバテン・カイトスシリーズなどを開発した。

2007年5月1日、筆頭株主のバンダイナムコゲームスが保有株式の80%を任天堂に譲渡して、任天堂の子会社になった[4]

2011年にバンダイナムコゲームスは保有株式の全てを任天堂に譲渡し完全子会社化[5]、同年10月には四条烏丸(京都府京都市)に京都スタジオを設立した。その後も社員の増加に併せ、2017年9月に中目黒GSスタジオ、2018年6月に飯田橋スタジオを、2019年4月には大崎スタジオを設立している。

沿革[編集]

開発体制[編集]

任天堂の子会社になって以降はオリジナル作品の製作と任天堂作品の開発支援を行っている。

2019年時点では以下のチームで開発を行っていることが求人募集などから窺い知れる。

オリジナル作品
  • 第一(高橋)プロダクション - 新規RPGプロジェクト
  • アクションゲーム開発
任天堂作品の開発支援

開発作品[編集]

発売年 発売日 タイトル プラットフォーム 発売元 備考
2002年 2月28日 ゼノサーガ エピソードI[力への意志] PlayStation 2 ナムコ
2003年 11月20日 ゼノサーガ エピソードI リローデッド
12月5日 バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海 ニンテンドーゲームキューブ トライクレッシェンドとの共同開発
2004年 4月28日 ゼノサーガフリークス PlayStation 2
6月24日 ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸]
2005年 5月26日 NAMCO x CAPCOM
2006年 2月23日 バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子 ニンテンドーゲームキューブ 任天堂 トライクレッシェンドとの共同開発
3月30日 ゼノサーガI・II ニンテンドーDS ナムコ
7月6日 ゼノサーガ エピソードIII[ツァラトゥストラはかく語りき] PlayStation 2 バンダイナムコゲームス レーベルはナムコ
2008年 2月28日 ソーマブリンガー ニンテンドーDS 任天堂
5月29日 無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ バンダイナムコゲームス レーベルはバンプレスト
9月25日 DISASTER DAY OF CRISIS Wii 任天堂
2009年 4月29日 ドラゴンボール改 サイヤ人来襲 ニンテンドーDS バンダイナムコゲームス レーベルはバンダイ
2010年 2月25日 無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ レーベルはバンプレスト
6月10日 ゼノブレイド Wii 任天堂
2012年 10月11日 PROJECT X ZONE ニンテンドー3DS バンダイナムコゲームス レーベルはバンプレスト
2015年 4月29日 ゼノブレイドクロス Wii U 任天堂
11月12日 PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD ニンテンドー3DS バンダイナムコエンターテインメント
2017年 12月1日 ゼノブレイド2 Nintendo Switch 任天堂
2018年 9月21日 ゼノブレイド2 黄金の国イーラ ゼノブレイド2の追加コンテンツ
2020年 5月29日 ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション ゼノブレイドのリマスター版
2022年 7月29日 ゼノブレイド3

部分受託[編集]

発売年 発売日 タイトル プラットフォーム 委託元
2006年 1月26日 ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVII PlayStation 2 スクウェア・エニックス
2008年 1月31日 大乱闘スマッシュブラザーズX[6] Wii 任天堂
2011年 11月23日 ゼルダの伝説 スカイウォードソード
2012年 11月8日 とびだせ どうぶつの森 ニンテンドー3DS
2013年 7月13日 ピクミン3 Wii U
12月26日 ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 ニンテンドー3DS
2015年 5月28日 スプラトゥーン Wii U
7月30日 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー ニンテンドー3DS
2017年 3月3日 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Wii U
Nintendo Switch
7月21日 スプラトゥーン2 Nintendo Switch
2020年 3月20日 あつまれ どうぶつの森

スクウェア出身社員[編集]

代表取締役
取締役
その他
  • 新井考
  • 板井克倫
  • 内山博
  • 臼田忠泰
  • 壁雅弘
  • 小出慎二
  • 島本誠
  • 堂本篤史
  • 高橋英治
  • 高見典宏
  • 松澤高広
  • 矢島利明
  • 山川秋信

スタッフ[編集]

現在[編集]

  • 小島幸
  • 川畑真吾
  • ヤマザキマサハル

過去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 第23期決算公告、2022年(令和4年)7月12日付「官報」(号外第151号)34頁。
  2. ^ 【ゲーム転職】モノリスソフト(任天堂子会社)プログラマー募集” (日本語). シリコンスタジオエージェント. 2018年6月8日閲覧。
  3. ^ 社長が訊く Newニンテンドー3DS専用『ゼノブレイド』” (日本語). 任天堂 (2015年3月27日). 2018年6月8日閲覧。
  4. ^ 株式会社バンダイナムコゲームス保有の株式会社モノリスソフト株式譲渡に関するお知らせ (PDF)” (日本語). バンダイナムコホールディングス (2007年4月27日). 2011年1月26日閲覧。
  5. ^ 2011年6月時点ではNBGIが発行株式の1/6を保有していたが、同年12月時点ではNBGIが保有していた分も任天堂所有となっている。会社情報”. モノリスソフト. 2011年6月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月4日閲覧。
  6. ^ 本根康之はアドベンチャーモード「亜空の使者」のマップデザインを担当していた。

外部リンク[編集]