青沼英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あおぬま えいじ
青沼 英二
Eiji Aonuma.jpg
Game Developers Conferenceにて(2007年)
生誕 1963年3月16日(52歳)
国籍 日本の旗 日本
配偶者 あり[1]
子供 息子[1]

青沼 英二(あおぬま えいじ、1963年3月16日 - )は任天堂情報開発本部所属、『ゼルダの伝説シリーズ』総合プロデューサー[2][3]

愛称は「ひげのおじさん[4]長野県出身、血液型はA型[3]

経歴[編集]

東京芸術大学美術学部デザイン学科修士卒[5]1988年任天堂に入社[要出典]

1990年代には『マリオオープンゴルフ』や『ジョイメカファイト[6]の開発に携わり、『マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜』で初のディレクション業を行う。『マーヴェラス』を作った後に宮本茂に誘われ『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の開発に参加[7]。「ゼルダの伝説 4つの剣+」より宮本茂から総合プロデューサーを引き継ぐ[3]

その他[編集]

任天堂社内の吹奏楽部、The Wind Wakersの部長でもある。楽器はパーカッション[8]

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b もうすぐ『ゼルダ』がやってくる!”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2002年12月6日). 2015年2月17日閲覧。
  2. ^ 社長が訊く『ゼルダの伝説 風のタクト HD』”. 任天堂 (2013年9月18日). 2015年1月28日閲覧。
  3. ^ a b c ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 開発スタッフインタビュー”. ニンドリドットコム(2015年4月6日アーカイブ分). 2015年1月28日閲覧。
  4. ^ 青沼英二のタルミナ探訪「クロックタウン」編”. YouTube (2015年1月14日). 2015年2月17日閲覧。
  5. ^ 青沼英二さんロングインタビュー”. ニンドリドットコム(2014年10月15日アーカイブ分). 2015年1月28日閲覧。
  6. ^ a b ニンテンドードリーム 2014年4月号。任天堂・電通ゲームセミナー内での開発。同時にセミナーの講師も担当。
  7. ^ ニンテンドードリーム 2014年2月号
  8. ^ いよいよ『ゼルダ』がやってきた!”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2002年12月13日). 2015年9月17日閲覧。
  9. ^ ニンテンドードリーム 『ニンテンドードリームvol.261 3銃士プラス1インタビュー』 徳間書店、24 - 29頁。
  10. ^ 「続報 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD」、『週刊ファミ通』2016年2/4号、 92-93頁。

外部リンク[編集]