青沼英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あおぬま えいじ
青沼 英二
Eiji Aonuma.jpg
Game Developers Conferenceにて(2007年)
生誕 (1963-03-16) 1963年3月16日(54歳)[1]
日本の旗 日本 長野県[1]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京芸術大学[2]
配偶者 あり[3]
子供 息子[3]
受賞 ゴールデンジョイスティックアワード 特別功労賞(2016年[4]

青沼 英二(あおぬま えいじ、1963年3月16日[1] - )は任天堂ゲームクリエイター。同社のコンピュータゲーム『ゼルダの伝説』シリーズ総合プロデューサー[1][5]長野県出身、血液型はA型[1]。愛称は「ひげのおじさん[6]

経歴[編集]

東京芸術大学美術学部デザイン学科修士卒[2]1988年任天堂へ入社[7]

大学在学中には、モータークランクの仕掛けによって楽器演奏の仕草をするオートマタ(からくり人形)を制作、その後大学院へ進学し制作活動を続ける[8]。就職を間近に控えた時期に自身の作品の展示会を開いた際、たまたま会場を訪れていたゲーム会社の関係者と出会い、これをきっかけにゲーム業界に興味を持つ[8]。その後、同大学の卒業生で当時任天堂に在籍していた小田部羊一の紹介により任天堂の面接を受ける。この時の面接官の一人が、後にゼルダの伝説シリーズを共に制作することになる宮本茂であった[8]

任天堂入社後の1990年代には『マリオオープンゴルフ』や『ジョイメカファイト[9]の開発に携わり、『マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜』で初のディレクション業を行う。『マーヴェラス』を作った後に外部会社との開発が多かった青沼は宮本茂に任天堂社内で開発をしたいと頼み込み、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の開発に参加[10]。『ゼルダの伝説 4つの剣+』より宮本茂から総合プロデューサーを引き継ぐ[1]

2016年に英国のゲーム賞「ゴールデンジョイスティックアワード」にて特別功労賞を受賞[4]

その他[編集]

任天堂社内の吹奏楽部「The Wind Wakers」の部長でもある。楽器はパーカッション[11]

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 開発スタッフインタビュー”. ニンドリドットコム(2015年4月6日アーカイブ分). 2015年1月28日閲覧。
  2. ^ a b 青沼英二さんロングインタビュー”. ニンドリドットコム(2014年10月15日アーカイブ分). 2015年1月28日閲覧。
  3. ^ a b もうすぐ『ゼルダ』がやってくる!”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2002年12月6日). 2015年2月17日閲覧。
  4. ^ a b 『DARK SOULS III』がイギリスのビデオゲームアワード“Golden Joystick Awards”Game of the Yearを受賞ファミ通.com 2016年11月21日
  5. ^ 社長が訊く『ゼルダの伝説 風のタクト HD』”. 任天堂 (2013年9月18日). 2015年1月28日閲覧。
  6. ^ 青沼英二のタルミナ探訪「クロックタウン」編”. YouTube (2015年1月14日). 2015年2月17日閲覧。
  7. ^ まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】 (1/4)”. 電ファミニコゲーマー (2017年3月2日). 2017年5月22日閲覧。
  8. ^ a b c まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】 (3/4)”. 電ファミニコゲーマー (2017年3月2日). 2017年5月22日閲覧。
  9. ^ a b ニンテンドードリーム 2014年4月号。任天堂・電通ゲームセミナー内での開発。同時にセミナーの講師も担当。
  10. ^ ニンテンドードリーム 2014年2月号
  11. ^ いよいよ『ゼルダ』がやってきた!”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2002年12月13日). 2015年9月17日閲覧。
  12. ^ 取扱説明書スタッフクレジット、エンディングスタッフロール記載。
  13. ^ 取扱説明書スタッフクレジット、エンディングスタッフロール記載。
  14. ^ 取扱説明書スタッフクレジット、エンディングスタッフロール記載。
  15. ^ ニンテンドードリーム 『ニンテンドードリームvol.261 3銃士プラス1インタビュー』 徳間書店、24 - 29頁。
  16. ^ 「続報 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD」、『週刊ファミ通』2016年2/4号、 92-93頁。

外部リンク[編集]