バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バテン・カイトス
終わらない翼と失われた海
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
開発元 モノリスソフト
トライクレッシェンド
発売元 ナムコ
(現・バンダイナムコゲームス
人数 1人用
メディア 光ディスク2枚組
発売日 2003年12月5日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRBT(13歳以上)
PEGI:12+
OFLC:Mature
売上本数 約12.5万本
テンプレートを表示

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』( - おわらないつばさとうしなわれたうみ)は、2003年12月5日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたゲームキューブロールプレイングゲーム。旧ナムコ名記としてでの最後のゲームキューブ用ソフトであった[1]

概要[編集]

開発はモノリスソフトトライクレッシェンド。ディスク2枚組。意表をつくストーリー、幻想的な世界観、斬新な戦闘システムにより人気を博した。

ゲームキューブでは数少ない大作RPGとして注目を集めた本作は、発売前から多くのゲームキューブユーザーの注目を集め、ニンテンドードリームでは大々的に取り扱われた。当時の市場の状況に鑑みるとスマッシュヒットに留まったが、ゲームキューブ完全新作タイトルとしては、歴代3位の売り上げを誇っている(1位はピクミンの54万本、2位は動物番長の17万本)。

続編がゲームキューブ用ソフトとして、『バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子』( - はじまりのつばさとかみがみのしし)が2006年2月23日に発売された。

ニンテンドーDS用にも新作が予定されていたが、企画が膨らんだため、ゲームキューブ版の続編のみに転向という形で開発中止となった。

テレビCMではHYDEの曲『SHINING OVER YOU』(アルバム『666』収録)が起用された。

ストーリー[編集]

その昔、長きに渡った邪神との戦に人々は辛くも勝利し、邪神は「エンド・マグナス」と呼ばれるカードに封印されたが、大地は邪神の血により荒れ果てた。

そして人々は、生きる希望を果てしない大空に求めた。人々の背中には、広大な空での永い生活のためか大きな羽が生まれ、それは「こころの翼」と呼ばれている。現在、世界は幾つかの浮遊大陸とそれらを統治する大小の国家で構成され、争いのない日々が続いていた。しかしその陰で、マグナス精製などの科学技術を発達させ圧倒的な軍事力を得た帝国アルファルド皇帝ゲルドブレイムは、太古の邪神を封じた「エンド・マグナス」を我が物にしようと企んでいた。

一方、育ての親と弟の仇を追っている主人公カラスは、辺境の地サダルスウドの月騙しの森でモンスターに襲われ、倒れているところを助けられる。近くの村ケバルライで目覚めると、カラスに憑いている精霊(プレイヤー)は記憶を失っていた。

ゲームシステム[編集]

マグナス[編集]

物体の本質「マグナ・エッセンス」を封印したカードのこと。バテン・カイトス世界では、誰もがマグナスを持ち、必要に応じ元の形に戻して使用している。マグナスは時間経過によって変化(新鮮な果物のマグナスが腐った果物のマグナスに変わるなど)することはあっても、捨てない限りは無くなることはない。例外として「火」は消えて無くなってしまう。

マグナスバトル[編集]

バテン・カイトスの戦闘は従来通りのターン制だが、武器攻撃・魔法・防御・回復などの入力はコマンド方式ではなく、マグナスを使ったカード選択式となっている。キャラクターごとに所持するマグナスを編集しておき、戦闘中は画面下部に表示されたマグナスから一枚ずつ選んでいくことで行動を決定する。

攻撃ターンでは、選んだマグナスのアクションが途切れる前に次のマグナスを選ぶことで、攻撃を繋げることができる。味方の回復は攻撃ターンのみ行うことができ、その際ターゲット選択を誤ると敵を回復させてしまうので注意が必要である。また、防御ターンでは敵の攻撃の合間にマグナスを選ぶことで連続した防御が可能になる。

マグナスには「精霊数」と呼ばれる複数の数字が付けられており、ポーカーの要領で数字を揃えると「プライズ」が発生、ダメージ・回復量がアップ(または軽減)する。ただし、敵の属性やマグナス同士の属性も考えて選ばないと、ダメージを相殺してしまうので、プライズばかりを狙うわけにもいかない。

また、戦闘中に特定のマグナスを組み合わせることで「SPコンボ」が発生し、新しいマグナスが手に入る。

  • SPコンボの実例
    • 「えび(のマグナス)」+「釣竿」=「鯛」
    • 「おにぎり」+「醤油」+「ファイアバースト2」=「焼きおにぎり」
    • 「白紙のノート」+「赤青鉛筆」=「落書きノート」
  • 他にも数十種類のコンボが存在する。

マグナス選択の制限時間とプライズ・SPコンボの存在により、程よい緊張感の中でスピードと戦略が必要になる爽快な戦闘を楽しむことができる。ゲームに慣れてくると、スピード感を出すはずの制限時間が逆に長く感じられるようになり、また「全体攻撃」の概念がないため、ザコ戦でも1分以上かかってしまうことがある。

グラフィック[編集]

戦闘時以外では初期バイオハザードシリーズのように定点カメラ方式が採用されており、2Dと3Dが融合した美麗な映像が特徴。

ゲーム起動時に流れるトレーラー風に作られたCGムービーは、カプコンの「鬼武者3」やナムコ「ソウルキャリバーIII」のムービーシーン、映画リターナーVFXなどを担当した、ROBOT白組が製作している。

音楽[編集]

戦闘シーン等のBGMを作曲したのは、スターオーシャンシリーズや、テイルズ オブ シリーズも手掛けている桜庭統

登場人物[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

精霊
プレイヤーはカラスに憑いている精霊である。つまり、「プレイヤー本人」がゲームに参加できる。
カラスとはミラの精霊の杜ネクトンで出会うが、物語の序盤では記憶を失っている。性別によって言葉遣いや台詞が若干違う。また旅の途中の選択肢によって精霊値を高め、一定の確率でカラスは強力な「精霊魔法」を使えるようになる。
カラス (Kalas)
- 鳥海浩輔
世界でも珍しい精霊憑きの青年。18歳(ゲームを進めると19歳になる)。生まれつきこころの翼を右しか持たず、飛翔器という機械(帝国のものとは違うオリジナル)を付けている。アルファルド帝国のジャコモに祖父のゲオルグと弟のフィーを殺されており、復讐を果たそうとしている。打算的でひねくれた性格をしており、人助けなども周りのメンバーに合わせるため仕方なくしている。こころの翼は灰色がかった鳥の翼で、飛翔器は翼竜の骨格に似せた形である。後述のシェラともども、こころの翼による滞空が可能。
シェラ (Xelha)
声 - たかはし智秋
優しくも気丈な心を持ち、旅をする少女。17歳。エンド・マグナスを解放しようとしている皇帝ゲルドブレイムの野望を阻止しようと奔走しているときにカラスと出逢う。カラスとは対照的に落ち着いてしっかりとした性格をしており、面倒事を回避したがるカラスをいつもなだめている。ミーマイに懐かれており、常にフードの中にいる。こころの翼は妖精の羽。
ギバリ (Gibari)
声 - 梁田清之
雲の国ディアデムの漁村、ナシラの漁師。34歳。彼の漁村では迷信と言ってしまってもよいしきたりが常識となっているが、幼い頃からそれを嫌う彼は他の漁師と衝突し、意見が合わないこともしばしばある。ディアデムの王レイドカーンとは幼なじみで旧知の仲。武器はボートを漕ぐ時に使うパドル。こころの翼はプテラノドンと似た形のもの。
リュード (Lyude)
声 - 岸尾大輔
帝国の貴族の家に生まれたエリート兵士。18歳。優しい乳母に育てられたためか上司の不条理な命令に対しても意見するような正義感を持つ。しかしそのために反感を買い、雲の国ディアデムに特務大使として赴任という、実質的な左遷状態にされてしまう。
普段は肩に担ぐ程の巨大なで敵を撃ち攻撃するが、時折銃で敵を殴ったり銃の推進力を利用したドロップキックを敵に叩き込んだりもする。帝国の人間であるためこころの翼は持っていない。
サヴィナ (Savyna)
声 - 浅野まゆみ
滝の村オプでひっそりと暮らす女性。25歳。魔物を狩って生計を立てている。無口で、落ち着いた雰囲気を漂わせるが、凶暴なモンスターを格闘技でいとも簡単に倒してしまう姿はただ者ではないことを匂わせる。こころの翼は孔雀
ミズチ (Mizuti)
声 - 中山依里子
風変わりな仮面を纏った謎の人物。独特なしゃべり方と発言内容の不可解さが特徴的。自らを「ミズチさま」(ミズチ様ではない)と呼び、「正義の味方」と称して「秘密の大作戦」のためにやってきたと本人は言う。シェラのものとは型の違う古代魔法を使い、手に持ったチャクラムを使って攻撃したりもする。こころの翼は持たないが、魔法で宙に浮いている。

サブキャラクター[編集]

ゲルドブレイム (Geldoblame)
声 - 茶風林
帝国アルファルドの皇帝。45歳。己の権力を行使し、恐怖政治を行う。邪神の強大な力を我が物にしようとエンド・マグナスを捜索し、その復活を目論んでいる。
ジャコモ (Giacomo)
声 - 松本大
ゲルドブレイムの忠実な部下で、カラスの家族の命を奪った張本人。33歳。皇帝の命でエンド・マグナス捜索の任務についている。大鎌を使い戦う。こころの翼を持たず飛翔器を付けている。人間離れした能力を身につけている。
エイメ (eime)
声 - 浅川悠
ゲルドブレイムの部下で、ジャコモの仲間。
レイドカーン (Ladekhan)
声 - 千葉進歩
雲の国ディアデムの国王。32歳。文武に優れた名君として、王国の民からも大きな信頼を受けている。幼少のころはギバリの父親に剣術の指導を受けており、ギバリとはそのころからの旧知の仲。
コレルリ (Corelli)
声 - 松井菜桜子
緑豊かな国アヌエヌエを治めている女性。妖精導師と呼ばれ、予言の力を持つ。公式設定では17歳だが、20年前を描いた続編にも登場している。
カルブレン (Calbren)
声 - 小山武宏
幻の国ミラを治める大公。61歳。9年前に息子夫婦を流行病で亡くし、残った孫のミローディアを溺愛している。
ミローディア (Mirodia)
声 - 荒木香恵
カルブレンの孫。15歳。ミラの民からは、天使のような姫として愛されている。
ミーマイ (Meemai)
世界各地に点在するグレイソーンという生物。知能が高い。体のサイズを変えられ、シェラのフードに入る大きさから大の大人を運ぶことができたりと自由自在。

主要スタッフ[編集]

関連商品[編集]

和書[編集]

  • 攻略本
    • バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海 Vジャンプブックス
    • バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海 公式ソリューションガイド
  • 小説
    • バテン・カイトス 真実の破壊と約束の嘘
    • バテン・カイトス 嵐の城
  • その他
    • バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海 公式設定資料集
    • バテン・カイトスコミックアンソロジー

音楽[編集]

  • バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海 オリジナルサウンドトラック

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 発売から3年後の2006年4月1日付けでナムコがバンダイのゲーム部分を回収をして、「バンダイナムコゲームス」に社名変更をした。

外部リンク[編集]