任天堂スペースワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

任天堂スペースワールド(にんてんどうスペースワールド、Nintendo Space World)は、任天堂が開催していたコンピュータゲームの展示会。同社と取引の有る問屋による組織・初心会1989年より東京で開催していた会員向け展示会を前身とする。

ここでは、任天堂スペースワールドと名乗る前身に関しても記載する。

なお、「スペースワールド」と称しているが、福岡県北九州市八幡東区にかつて存在した遊園地「スペースワールド」とは一切関係ない。

沿革[編集]

ファミリーコンピュータ・ゲームボーイソフト展示会[1]
1989年11月21日から11月22日の2日間、第1回初心会展として、東京・平和島東京流通センターで開催
53社が出展
ドラゴンクエストIVなどファミリーコンピュータ144タイトルを披露
任天堂社長の山内溥は「つまらないソフトが多いため、ユーザーが満足するためにソフトの種類を少なくしてほしい」と講演
パネルディスカッション「ファミコンソフトウェアの今後の展望」に糸井重里堀井雄二中村光一いとうせいこうが出演
スーパーファミコン・ファミリーコンピュータ・ゲームボーイソフト展示会[2]
1990年8月28日から8月29日の2日間、第2回初心会展として、東京・晴海国際貿易センターで開催
72社が出展、うちスーパーファミコンのみは13社、ゲームボーイのみは14社
スーパーファミコンは「スーパーマリオワールド」など17タイトル、ファミコンは「ワギャンランド2」など12タイトル、ゲームボーイは「ソロモンズ倶楽部」など10タイトルを披露
山内は「年末商戦と来年の市場展望」について、タイトル数の厳選とユーザーが満足するための独創性が必要と講演
ファミコン・スペースワールド[3]
1991年4月24日より5月6日までの13日間、第3回初心会展として、千葉・幕張メッセで開催
58社が出展
148タイトルを披露。内訳はスーパーファミコンは「ファイナルファンタジーIV」など29タイトル、ファミコンは「くにおくんの時代劇だよ全員集合」など71タイトル、ゲームボーイは「聖剣伝説」など48タイトル
山内による講演はなし
ファミコン・スペースワールド92[4]
1992年8月26日から8月27日の2日間、第4回初心会展として、東京・晴海東京国際見本市会場で開催
67社が出展
スーパーファミコンは「ドラゴンクエストV」など137タイトル、ファミコンは「ワギャンランド3」、「ロックマン5」など50タイトル、ゲームボーイ51タイトルを披露
山内は「コンピューターゲーム市場展望」について、スーパーファミコンと組み合わせられるCD-ROMのゲームなどについて講演
ファミコンスペースワールド93[5]
1993年8月24日から8月26日の3日間、第5回初心会展として、東京・晴海の東京国際見本市会場で開催
80社が出展
スーパーファミコンは202タイトル、ファミコンは14タイトル、ゲームボーイ44タイトルを披露
山内は「ビデオゲーム市場の展望と任天堂の経営戦略」で「Project Reality」構想(後のNINTENDO64)に関して講演
第6回初心会ソフト展示会[6]
1994年11月15日から11月16日の2日間、第6回初心会展として、東京・晴海の東京国際見本市会場で開催
スペースワールドは開催されなかった
72社が出展
235タイトルを披露。内訳はスーパーファミコンは「スーパードンキーコング」など216タイトル、ファミコンは1タイトル、ゲームボーイ18タイトル
山内の講演はなく、代わりに挨拶状で、64ビット機は次回の初心会展で披露すること、バーチャルボーイはTVゲームとは異なる娯楽を提供するものであることを説明
ファミコンスペースワールド95[7]
1995年11月24日から11月26日の3日間、第7回初心会展として、千葉・幕張メッセで開催、開催
58社が出展
NINTENDO64は30タイトル、スーパーファミコンは「ドラゴンクエストVI」など122タイトル、ゲームボーイは10タイトル、バーチャルボーイは18タイトルを披露
山内は「TVゲーム市場の展望」でバーチャルボーイが低迷している点、NINTENDO64は鋭意開発中な点、駄作が増えており、独創的で未体験の楽しさが求められている点などを講演
ニンテンドウ64スペースワールド[8]
1996年11月22日から11月24日の3日間、第8回初心会展として、千葉・幕張メッセで開催
27社が出展
NINTENDO64は37タイトル、スーパーファミコンは24タイトル、ゲームボーイは17タイトルを披露
64DDを披露
特別カンファレンス「ハード、ソフトから見た"ゲームは変わる"を考える」ではNINTENDO64に関して、カートリッジ方式であることの必要性などが語られた。出演者は宮本茂竹田玄洋富士本淳長江勝也岩田聡平林久和
ニンテンドウスペースワールド97[9]
1997年11月21日から11月23日の3日間、千葉・幕張メッセで開催
この年の2月に初心会が解散したことから、この回より主催が任天堂となった
20社が出展
NINTENDO64は40タイトル、海外から6タイトルが披露、ゲームボーイは「ポケットモンスター」関係のソフトなど、64DDは4タイトルを披露
64DDの発売延期を発表
ポケットモンスター」の幻のポケモン・ミュウのデータ配布が人気を集め、10万9千人が集まったとされる。
山内は「エンタテインメント市場の展望」でNINTENDO64は海外で評価高く、国内で評価低いのはTVゲームの市場の低迷が問題であり、質の低いゲームが多く、質の高いゲームを増やす必要がある点、これからのゲームは育成・交換・収集・追加がキーワードになる点、映画のようなグラフィック・大容量などは前途がない点を講演

1998年は開催されず

ニンテンドウスペースワールド99
1999年8月27日から8月29日の3日間、千葉・幕張メッセで開催
スペースワールド2000
2000年8月25日から8月27日の3日間、千葉・幕張メッセで開催
8月24に任天堂新製品発表会レポート[10]ニンテンドー ゲームキューブを発表を2001年7月に、ゲームボーイアドバンスを2001年3月21日に出荷することを発表
ゲームボーイアドバンスゲームボーイカラー、NINTENDO64用のソフトを披露
ニンテンドウスペースワールド
2001年8月24日から8月26日の3日間、千葉・幕張メッセで開催
8月23日にゲームキューブに関する記者会見を行う[11]
ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス、ゲームボーイカラー用のソフトを披露

2002年以降は開催されていない。

2004年11月に名古屋大阪・東京・札幌福岡の順で開催されたニンテンドーDS体験イベント「ニンテンドーワールド Touch! DS」及び2006年11月に名古屋・大阪・千葉で開催されたWii体験イベントNintendo World 2006 Wii体験会が事実上の後継イベントとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 初の「FC/GB用ソフト展で」山内社長 "タイトル数よりも面白いソフト開発" CES任天堂ゾーンをモデルした展示構成 講演に引き続きパネルディスカッションも」『ゲームマシン』(PDF)、第371号(アミューズメント通信社)、1990年1月1日、13面。2021年3月14日閲覧。
  2. ^ 「スーパーファミコン」発売間近で 関心高めるソフト 初心会のSFC/FC/GB展」『ゲームマシン』(PDF)、第389号(アミューズメント通信社)、1990年10月1日、3面。2021年3月14日閲覧。
  3. ^ 22万人が入場した第3回初心会展 初日は業者だけ 未発売のSFC、FC、GBソフト展示」『ゲームマシン』(PDF)、第404号(アミューズメント通信社)、1991年6月1日、4面。2021年3月14日閲覧。
  4. ^ 晴海で開かれた第4回初心会展 山内社長が講演 CD-ROMはソフト次第、強調」『ゲームマシン』(PDF)、第436号(アミューズメント通信社)、1992年10月15日、3面。2021年3月14日閲覧。
  5. ^ 第5回初心会展で新FC披露 山内社長が講演 ゲーム場には興味ない、断言」『ゲームマシン』(PDF)、第459号(アミューズメント通信社)、1993年10月15日、3面。2021年3月14日閲覧。
  6. ^ 「バーチャルボーイ」を披露した 第6回初心会展 64ビット機は95年8月に紹介」『ゲームマシン』(PDF)、第487号(アミューズメント通信社)、1995年1月1日、13面。2021年3月14日閲覧。
  7. ^ 第7回初心会展 64ビット機展示に集中 SFC用などサードパーティ58社出展」『ゲームマシン』(PDF)、第510号(アミューズメント通信社)、1996年1月1日、11面。2021年3月14日閲覧。
  8. ^ 第8回初心会展 N64用新作ソフト展示 サードパーティは半減の27社が出展」『ゲームマシン』(PDF)、第533号(アミューズメント通信社)、1997年1月1日、11面。2021年3月14日閲覧。
  9. ^ ニンテンドウスペースワールド97 GB用デジカメも披露 「64DD」の発売はさらに延期に」『ゲームマシン』(PDF)、第557号(アミューズメント通信社)、1998年2月1日、4面。2021年3月14日閲覧。
  10. ^ 任天堂、次世代機の「ゲームキューブ」発表 「GBアドバンス」は来年3月出荷へ」『ゲームマシン』(PDF)、第619号(アミューズメント通信社)、2000年10月1日、6面。2021年3月14日閲覧。
  11. ^ 任天堂「ゲームキューブ」年度内4百万台 国内9月、米国11月発売で」『ゲームマシン』(PDF)、第643号(アミューズメント通信社)、2001年10月1日、5面。2021年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]