スペースファイアバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スペースファイアバード
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 任天堂
発売元 日本の旗任天堂レジャーシステム
アメリカ合衆国の旗任天堂
アメリカ合衆国の旗セガ・グレムリン
人数 1人
2人(交互プレイ)
稼働時期 1980年
利用料金 100円
テンプレートを表示

スペースファイアバード』(SPACE FIREBIRD)は、1980年任天堂レジャーシステムが制作・販売したアーケードゲームである。

概要[編集]

飛来する火の鳥を宇宙船のレーザー砲で攻撃するというギャラクシアンタイプのシューティングゲームである。残機制で、被弾もしくは敵と衝突すると残機が1機減り、残機が0になるとゲームオーバーとなる。自機はショットの連射が可能なほか、脱出ボタンで1回だけ不死身となり、敵を体当たりで倒せるようになる。

1面につき敵は50体登場し、全滅させるとクリア。敵には耐久力が定められており、ショット一発では倒せない敵もいる。

おもなスタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2. グローブインターフェイスも検討”. 社長が訊く『PUNCH-OUT!!』. 任天堂 (2009年7月13日). 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ Hirokazu Tanaka Official Web Site - Works - Arcade Games 1980