Nintendo Switch Lite

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nintendo Switch > Nintendo Switch Lite
Nintendo Switch Lite
NintendoSwitchLogo.svg
メーカー 任天堂
種別 携帯型ゲーム機
世代 第8世代
発売日 世界の旗 2019年9月20日 (2019-09-20)
SoC NVIDIA Tegra X1カスタム
CPU ARMv8-A(Cortex-A57 + Cortex-A53)
GPU NVIDIA GM20B(Maxwellベース)
ディスプレイ 5.5インチ液晶
1280×720ピクセル
対応メディア ゲームカード
対応ストレージ 32 GB eMMC
コントローラ入力
  • Joy-Con
  • Nintendo Switch Proコントローラー
外部接続
オンラインサービス Nintendo Switch Online
売上台数
  • 日本の旗 200万台
  • アメリカ合衆国の旗 233万台
  • 欧州連合の旗 134万台
  • 世界 619万台

(2020年3月末時点)

前世代ハードウェア ニンテンドー3DS[1]
テンプレートを表示

Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチ ライト)は、任天堂が開発・販売を担当し、2019年9月20日に発売されたNintendo Switchの廉価モデル[2]。事実上のニンテンドー3DSの後継・次世代機種に当たる[1]

概要[編集]

Nintendo Switchの本体とコントローラを一体化させ、携帯型へと特化させた廉価モデル。

Nintendo Switchからの変更点[編集]

  • コントローラは本体と一体化され、左側の上/下/左/右ボタンは十字ボタンに変更。Joy-ConにあるモーションIRカメラやHD振動の機能は削られているため、これらの機能を使用するゲームをプレイする場合は、コントローラが別途必要となる。
  • Nintendo Switchドックには非対応、外部モニターへの出力は不可となる。USB端子を用いた周辺機器の使用にはホリが発売するテーブルモード専用 ポータブルUSBハブスタンドが別途必要。
  • 本体の形状が異なるため、Nintendo Labo VR Kitには非対応となる。
  • 携帯に特化しているため、スタンドが削られている。
  • 画面サイズが小さくなっている。
  • Joy-Con用のレールコネクタがないためJoy-Con等の充電は不可、そのため充電に必要なJoy-Con充電グリップなどの充電関連のものも購入する必要がある。
機種 厚さ 重さ 画面サイズ
Nintendo Switch 102mm[注釈 1] 239mm[注釈 1] 13.9mm(最大厚さ[注釈 2]28.4mm) 約297g(Joy-Con取り付け時で398g) 6.2inch
Nintendo Switch Lite 91.1mm 208mm 約275g 5.5inch

沿革[編集]

発売前
発売後
  • 2019年9月20日 ‐ 全世界で発売開始。ファミ通の調査によると、日本では発売後1週間で推定17.8万台を販売した。
  • 2019年9月30日 ‐ 発売10日で世界推定累計販売台数が195万台となった。
  • 2019年11月1日 ‐ 『Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ』モデル発売。
  • 2019年11月6日 ‐ ファミ通調査によると、『Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ』モデルが発売した週の販売台数は6.6万台だった。
  • 2019年11月17日 ‐ 日本国内での推定累計販売台数が50万台を突破した。
  • 2019年12月29日 ‐ 日本国内での推定累計販売台数が100万台を突破した。
  • 2020年1月30日 ‐ 世界推定累計販売台数が500万台を突破した。
  • 2020年3月7日 ‐ 新カラー、「コーラル」予約開始。
  • 2020年3月20日 ‐ 「コーラル」発売開始。
  • 2020年3月29日 ‐ 日本国内での推定累計販売台数が200万台を突破した。

バリエーション[編集]

日本国内で販売される商品。

通常版[編集]

商品名 セット内容 発売日 備考
Nintendo Switch Lite(イエロー) 
  • Nintendo Switch Lite 本体
  • Nintendo Switch ACアダプター
  • セーフティーガイド
2019年9月20日
Nintendo Switch Lite(グレー)
Nintendo Switch Lite(ターコイズ)
Nintendo Switch Lite(コーラル) 2020年3月20日

限定版[編集]

商品名 セット内容 発売日 備考
Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ
  • Nintendo Switch Lite 本体
  • Nintendo Switch ACアダプター
  • セーフティーガイド
2019年11月1日 ポケットモンスター ソード・シールド』のソフトは付属しない。

本体・周辺機器[編集]

発売日について特記のないものは本体と同時発売。型番がNSLの商品は子会社の任天堂販売から販売。

本体[編集]

型番 名称 備考
HDH-001 Nintendo Switch Lite 本体 カラーバリエーションによる型番の違いはない。

周辺機器[編集]

型番 名称 備考
HAC-002 Nintendo Switch ACアダプター 本体に1つ同梱。Nintendo Switchと共用。
HDH-003 Nintendo Switch Liteバッテリーパック 本体に内蔵。バッテリーのみの販売はない。
HDH-004 Nintendo Switch Liteキャリングケース Nintendo Switch Lite本体を収納できるキャリングケース。
HDH-005 Nintendo Switch Lite画面保護シート Nintendo Switch Liteキャリングケースに同梱。
HDH-006 Nintendo Switch Liteフリップカバー Nintendo Switch Lite本体用のフリップカバー。
HAC-006 Joy-Conバッテリー Joy-Con(L)/(R)にそれぞれ内蔵。バッテリーのみの販売はない。
HAC-010 USB充電ケーブル Nintendo Switch Proコントローラー、Joy-Con充電グリップに1つ同梱。
HAC-012 Joy-Con充電グリップ Joy-Conを取りつけて充電するグリップ。
HAC-013 Nintendo Switch Proコントローラー バッテリーパックはニンテンドー3DSの(CTR-003)を共用、ただしユーザーの手で取り外しは出来ないため、交換が必要な場合は、任天堂サービスセンター(オンライン修理受付)で有償にて交換。
HAC-015 Joy-Con (L) Nintendo Switch Liteでも使用可能だが充電機能がないため、充電には別途Joy-Con充電グリップが必要になる。
HAC-016 Joy-Con (R)
HAC-031 Nintendo Switch充電スタンド(フリーストップ式) テーブルモード用のスタンド、角度を無段階調整ができるフリーストップ式。ACアダプタを接続して充電しながらのプレイが可能。Nintendo Switchと共用。
HAC-041 Nintendo Switchタッチペン Nintendo Switchで使えるタッチペン。
HAC-042 スーパーファミコン コントローラー 「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」専用のワイヤレスコントローラー。
Nintendo Switch Online加入者のみマイニンテンドーストアで購入可能。
NSL-0078 サコッシュ for Nintendo Switch Lite ポケットモンスター ソード・シールド柄のサコッシュ。
CLV-003 ニンテンドーUSB ACアダプター USB充電ケーブルと組み合わせることでJoy-ConやNintendo Switch Proコントローラーの充電をすることができる(Joy-Conの充電にはJoy-Con充電グリップも別途必要)。ニンテンドークラシックミニシリーズと共用。
KTR-011 microSDHCメモリーカード16GB 市販されているmicroSDHCメモリーカードと機能は同じである。microSDHCカードアダプター同梱。
Newニンテンドー3DSでも使用可能。
KTR-012 microSDHCメモリーカード32GB

同時発売ソフト[編集]

カラー タイトル メーカー 発売日
イエロー・グレー・ターコイズ ゼルダの伝説 夢をみる島 任天堂 2019年9月20日
二ノ国 白き聖灰の女王 for Nintendo Switch レベルファイブ
ザシアン・ザマゼンタ MODEL Debut #nicola フリュー 2019年11月1日
マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック セガゲームス
コーラル あつまれ どうぶつの森 任天堂 2020年3月20日

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b Joy-Con取り付け時。
  2. ^ アナログスティック先端からZL/ZR突起部分まで(Nintendo SwitchはJoy-Con取り付け時)。

出典[編集]

  1. ^ a b 吉本幸記 (2019年7月16日). “『Nintendo Switch Lite』が売れるのは「3DS後継機」だから? 海外メディアが考察”. リアルサウンド. 2019年12月3日閲覧。
  2. ^ 任天堂、廉価版「Switch Lite」9月発売 本体とコントローラーを一体化 1万9980円”. ITmedia NEWS (2019年7月10日). 2019年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]