ゼルダの伝説 夢をみる島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 夢をみる島
ゼルダの伝説 夢をみる島
The Legend of Zelda: Link's Awakening
ジャンル アクションアドベンチャーゲーム
対応機種 ゲームボーイ(GB)
ゲームボーイカラー(GBC)
ニンテンドー3DSバーチャルコンソール(3DSVC))
開発元 任天堂
発売元 任天堂
プロデューサー 宮本茂
ディレクター 手塚卓志
シナリオ 田邊賢輔
小泉歓晃
音楽 戸高一生
濱野美奈子
石川こずえ
美術 小田部羊一
シリーズ ゼルダの伝説シリーズ
人数 1人
メディア 4Mbitロムカセット
発売日 GB
日本の旗 1993年6月6日
アメリカ合衆国の旗 1993年8月
欧州連合の旗 1993年11月18日
GBC
日本の旗 1998年12月12日
アメリカ合衆国の旗 1998年12月15日
欧州連合の旗 1999年1月1日
GBC(ニンテンドウパワー
日本の旗 2000年3月1日
3DSVC(GBC版)
アメリカ合衆国の旗 2011年6月7日
日本の旗欧州連合の旗 2011年6月8日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI7
コンテンツ
アイコン
CERO: セクシャル、犯罪
PEGI: Violence
デバイス GBCポケットプリンタ対応
売上本数 GB
日本の旗 約54万本
世界の旗 約383万本
GBC
日本の旗 約32万本
世界の旗 約222万本
テンプレートを表示

ゼルダの伝説 夢をみる島』(ゼルダのでんせつ ゆめをみるしま、英題: The Legend of Zelda: Link's Awakening)は、任天堂から1993年6月6日に発売されたゲームボーイアクションアドベンチャーゲーム

概要[編集]

日本において、ゼルダの伝説シリーズ初となる携帯型ゲーム機向けの作品[注 1]。基本システムは初代『ゼルダの伝説』に類似している。

本作の物語は、1991年発売の前作『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後日譚にあたる。作中では、後述のように他の任天堂ソフトのキャラクターが多数登場している。

1998年12月12日に、本作をカラー化し新たな要素を加えたゲームボーイカラー対応のリメイク版『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』(ゼルダのでんせつ ゆめをみるしまデラックス、以下『DX』と表記)が発売。また、2000年3月1日には『DX』のニンテンドウパワー版が、2011年6月8日にはニンテンドー3DSバーチャルコンソール版の配信が開始された。このバーチャルコンソール版はCERO:B(12才以上対象)となり、「セクシャル」「犯罪」のコンテンツアイコンが付記されている。

ゲームボーイ(以下GB)版のCMは、主人公ら登場人物を模した人形達がゲーム内容を表す歌にあわせて動き踊る人形劇[1]。『DX』のCMは、大口を開けている(CG処理であごが外れたように大きく開いている)若者グループが持つゲームボーイ本体を取り上げた仲間が、画面に映る『DX』の映像を見て同じように大口になってしまう、という内容[1]

ストーリー[編集]

ハイラル王国で魔王ガノンを倒し平和をもたらした少年リンク。しかし、いつ第2の魔王が現れるかわからない。その時に備えてリンクは王国を後にし剣の修行に出た。辛い修行を終え懐かしきハイラルへと帰る航海の途中、猛烈な嵐が船を襲い、リンクは海へ投げ出されてしまう。

リンクが目を覚ますとそこは見知らぬ家の中。リンクは「コホリント島(じま)」の海岸に流れ着いたところを島の少女・マリンに助けられ、彼女の家で介抱を受けていた。その後、家を発ち漂着した海岸へ向かったリンクは、無くしていた自身の剣を発見する。その剣を取ろうとした時、突然リンクの前に一羽のフクロウが現れた。リンクのことを『「風のさかな」の目覚めを告げる使者』と呼ぶそのフクロウは、眠りについているコホリント島の神「風のさかな」を目覚めさせない限りリンクが島を出ることはできないと語った。

こうしてリンクは、フクロウの助言を受けながら、島から脱出する手段を探ることとなった。

主なキャラクター[編集]

主人公(リンク
コホリント島に流れ着いた少年。島からの脱出を目指し各地を冒険する。
デフォルト名は決まっておらず、ゲーム開始時に平仮名4文字以内で任意の名前を設定する。作中で万引き行為を行った場合は名前が「どろぼー」に変化し、他のキャラクターからもこの名前で呼ばれるようになる。本稿では以下「リンク」と表記する。
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の主人公と同一人物[2]
マリン
海岸に漂着したリンクを介抱したメーベ村の少女。リンクがハイラル王国のゼルダ姫と見間違うような容姿をしている。普段は淑やかだが、リンクと行動を共にする際には活発な一面を見せる。歌を歌うことが大好きで、島の外に出て好きな場所で歌いたいと思っている。
ゼルダ無双』にもプレイアブルキャラクターとして登場している。
タリン
マリンと同居する中年男性。おっちょこちょいな性格。キノコが大好物。
フクロウ
リンクの前に度々現れるフクロウ。リンクに助言し冒険を導く。その正体は後述の風のさかなの一部。
風のさかな
島の中央部、タマランチ山の頂上にある巨大な卵の中で眠り続けている島の神。コホリント島はこの風のさかなが見ている夢の世界であり、風のさかなの目覚めは島全体の消滅につながる。
シャドー
本作のラストボス。その正体は風のさかなが見ている夢から生まれた「悪夢」であり、実体を持たない黒い影。自身の存在を消させないために風のさかなに永遠の眠りを与え、コホリント島で独自の秩序を築こうと画策する。リンクとの戦闘時には『神々のトライフォース』のボスキャラクターに似た姿に次々と変身する。

ゲストキャラクター[編集]

本作では任天堂の他作品キャラクターが多数登場している。

リチャード王子
島の中央に位置する「カナレット城」の王子。城を離れ、カエルだらけの別荘で過ごしている。
カエルの為に鐘は鳴る』からの登場。
マムー
島の南西部にいる巨大なカエル。オカリナで演奏する曲「カエルのソウル」をリンクに教える。
夢工場ドキドキパニック』ならびに『スーパーマリオUSA』からの登場。
ドクターライト
島の北西の家で暮らす男性。文通を趣味としている。
シムシティ』(スーパーファミコン版)の登場キャラクター「Dr.ライト」がモチーフ。

このほか、『マリオシリーズ』からはヨッシー(ヨッシー人形)、ワンワンクリボートゲゾーテレサパックンプクプクゲッソーヘイホーサンボピーチ姫(写真のみ)が、『星のカービィシリーズ』からはカービィが登場している。

フィールド[編集]

メーベの村
島の西側にある村。マリンやタリンなどが暮らしている。
トロンボかいがん
メーベの村の南にある海岸。リンクが流れ着いた場所。
ウククそうげん
メーベの村の東に広がる平原。
カナレットじょう
リチャード王子の居城。王子の宝物が隠されている。
どうぶつ村
動物たちが暮らす村。メーベの村とは姉妹都市の関係にあり、村民の交流も活発。
ヤーナさばく
どうぶつ村の東にある砂漠。不吉なメッセージを語るフクロウ像や喋るガイコツがいる。
マーサのいりえ
どうぶつ村の西にある入江。人魚像がある。
かおのしんでん
南北2つの神殿からなる、コホリント島の古代遺跡。南の神殿には島の真実を伝える壁画がある。
タルタルさんみゃく
島の北端に位置する山脈。中央のタマランチ山の頂上には「せいなるタマゴ」がある。

ダンジョン[編集]

L-1からL-8までのダンジョンをクリアすると、風のさかなの目覚めに必要となる「セイレーンの楽器」が手に入る。

L-1 テールのほらあな
メーベの村の南部に位置する洞窟。しっぽの形をしている。
アイテム:ロックちょうのハネ ボス:デグテール 楽器:まんげつのバイオリン
L-2 つぼのどうくつ
島の北西に広がるゴポンガのぬまにある洞窟。入り口は花で覆われている。壷の形をしている。
アイテム:パワーブレスレット ボス:つぼ魔王 楽器:まきがいのホルン
L-3 カギのあなぐら
ウククそうげんにある洞窟。鍵の形をしている。
アイテム:ペガサスのくつ ボス:デグゾル 楽器:うみゆりのベル
L-4 アングラーのたきつぼ
タルタルさんみゃくの南、タルタルこうちの滝つぼの中にある洞窟。魚の形をしている。
アイテム:アングラーのみずかき ボス:アングラー 楽器:しおさいのハープ
L-5 ナマズのおおぐち
マーサのいりえにある洞窟。ナマズのような形をしている。
アイテム:フックショット ボス:フッカー 楽器:あらしのマリンバ
L-6 かおのしんでん
島の南西にある神殿。角が生えた顔の形をしている。
アイテム:パワフルブレスレット ボス:マットフェイス 楽器:さんごのトライアングル
L-7 オオワシのとう
タルタルさんみゃく東部にある高層の塔。
アイテム:かがみのたて ボス:アルバトス・ピッコロ使い 楽器:ゆうなぎのオルガン
L-8 カメイワ
タルタルさんみゃく西部にある洞窟。1階層だが面積は本作中最大。亀の形をしている。
アイテム:マジックロッド ボス:デグフレイム 楽器:えんらいのドラム
せいなるタマゴ
タマランチ山の頂上にある巨大なタマゴ。内部へ入るには島の各地にある計8つの「セイレーンの楽器」が必要。内部は無限ループのような構造で、特定の進路を巡らなければボスのもとへ辿り着けない。
ボス:シャドー
L-0[3] 服のダンジョン
『DX』にのみ登場するダンジョン。ウククそうげんの墓地に隠されている。服の形をしている。
アイテム:あかいふく、あおいふく ボス:ド・ポーン

アイテム[編集]

セレクトアイテム[編集]

ゲーム機本体のAボタン・Bボタンにセットして使用する。

けん
リンクが物語冒頭で入手する剣。リンクの名前が記されている。島の各地にある「ヒミツのかいがら」を20個集めると強力なL-2(レベル2)の剣を入手できる。このL-2の剣はハート(ライフ)が満タンの時に剣先からビームを出せる。
タテ / かがみのたて
「タテ」はリンクが物語冒頭で入手する盾。裏側にはリンクの名前が記されている。敵の一部の攻撃から身を守ることができる。「かがみのたて」(L-2の盾)は防げる攻撃の種類が増える。
スコップ
地面を掘ることができるスコップ。メーベの村の商店で販売している。武器としての利用も可能。
オカリナ
特定のキャラクターから教わる曲を演奏することで様々な効果が現れる。
かぜのさかな
マリンから教わる曲。眠っている者を目覚めさせる効果がある。
マンボウのマンボ
島の北部の洞窟内部にいるマンボウの子供、マンボためごろうから教わる曲。演奏すると特定の場所にワープする。
カエルのソウル
マムーから教わる曲。命の無いものに命を吹き込む効果がある。
ゆみ
矢を放って直線上の敵を攻撃できる弓。メーベの村の商店で弓と矢を販売している。
バクダン
特定の壁や岩を破壊できる爆弾。置くだけでなく持ち運びも可能。敵を倒す際にも用いられる。
ネボケタケ
島の北西にある「ふしぎのもり」に生えているキノコ。魔法使いの「おばあさん」に渡すと「まほうのこな」が手に入る。
まほうのこな
使用するとモンスターの姿を変えたり燭台に火をつけたりといった効果を表す粉。一部の敵はこれを用いなければ倒せない。
ロックちょうのハネ
ジャンプして穴の地形を飛び越えることができるようになる。後述のペガサスのくつと併用するとより遠くへジャンプできる。
パワーブレスレット / パワフルブレスレット
身につけると岩や壷を持ち上げられるようになる。パワフルブレスレットは重い石像などの持ち上げも可能。
ペガサスのくつ
履くとダッシュが可能になる靴。ダッシュ中に特定のブロックに体当たりすると破壊可能。ロックちょうのハネと同時に使用すると最大3マス分の穴を飛び越えることができる。
フックショット
前方にフックを発射するアイテム。特定のブロックにあてるとその場所まで移動できるほか、武器として、また遠くのアイテムを取得する手段としても用いられる。
マジックロッド
火炎弾を発射できる魔法の杖。前作『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のものとは違い、回数の制限なく使用可能。
ブーメラン
投げると戻ってくる武器。周囲8方向に投げることができる。フックショットと同様に武器やアイテム取得の手段として用いられる。

ホールドアイテム[編集]

本項のアイテムは所持しているだけで効果を発揮する。

わらしべイベントのアイテム
様々な人物と物々交換を行うイベント(通称「わらしべイベント」)の際に必要な数々のアイテム。
みとおしレンズ
上記のわらしべイベントの達成時に手に入るアイテム。通常では見えないものが見えるようになる。
ヒミツのかいがら
コホリント島の各地で入手できる貝がら。リンクが使用する剣の強化に必要となる。
ダンジョンキー
セイレーンの楽器が眠るダンジョンの入り口を開けるための鍵。
ヒミツのくすり
所持しているとハートが0になった際に自動的に全回復し復活する。一つだけ所持できる。
おうごんのはっぱ
リチャード王子から捜索を依頼されるアイテム。カナレット城の兵士によって守られている。
アングラーのみずかき
水面を泳げるようになり、短時間潜ることもできる。

ダンジョンアイテム[編集]

本項のアイテムは取得したダンジョン内でのみ使用可能。

マップ
ダンジョンの全体図を表示できる。
コンパス
ダンジョン内部でボスの居場所と宝箱のありかがわかる。また、カギのある部屋で音がなるようになる。
せきばんのカケラ(GB版) / せきぞうのくちばし(DX版)
持っている状態で石版やフクロウの石像を調べるとヒントを得られる。
ちいさなカギ
施錠された扉を開けたり鍵穴のあるブロックを消滅させたりする際に用いる鍵。
ボスのかぎ
施錠されたボスの部屋の扉を開けることができる鍵。

その他のアイテム[編集]

ルピー
コホリント島で流通している通貨。最大で999ルピーまで所持できる。
ハート
入手するとハートが1つ回復する。
妖精
触れるとハートが7つ回復する。
ハートのうつわ
入手するとハートの最大数が1つアップする。ダンジョンのボスを倒すと入手できる。
ハートのかけら
4つ集めるとハートの最大数が1つアップする。
ちからのかけら
入手すると攻撃力が2倍になり移動速度が上がる。ダメージを3回受けると効果が消える。
まもりのきのみ
入手すると被ダメージが半減する。ダメージを3回受けると効果が消える。
セイレーンの楽器
コホリント島の各地のダンジョン内にある楽器。風のさかなの目覚めに必要。
あかいふく / あおいふく
『DX』にのみ登場する服。「服のダンジョン」で入手できる。あかいふくを着ると攻撃力が2倍に、あおいふくを着ると被ダメージが半分になる。

『DX』のGB版との違い[編集]

  • ゲームボーイカラーでのプレイ時にカラー表示になる。
  • スーパーファミコンの周辺機器「スーパーゲームボーイ」でのプレイ時、ゲーム画面の周りに専用のフレームが表示される。
  • 新たなダンジョン「服のダンジョン」が追加。
  • ゲーム内の特定の場面で「写真屋」が現れ写真を撮る。この写真はゲームボーイの周辺機器「ポケットプリンタ」を用いてプリントアウトできる。なおバーチャルコンソール版には非対応。
  • 装備画面でセレクトボタンを押すと、現在のハートのかけらの数、写真を撮った枚数、服の色が表示される。
  • ダンジョン内でヒントを得られる設置物が「せきばんのカケラ」をはめる石版から「せきぞうのくちばし」をはめるフクロウの像に変わり、設置箇所が増加。
  • ダンジョン内の宝箱に入っているアイテムが一部変更。
  • 一度もゲームオーバーにならずにクリアするとエンディングが変化する。
  • 一部の描画の変更。
  • 一部の台詞の変更、追加。
  • バグの修正。

主な受賞[編集]

評価
総計レビュー
評価者 点数
GameRankings GB: 91%[4]
DX: 91%[5]
ゲームレビュー
評価者 点数
GameSpot DX: 8.7/10[6]
IGN DX: 10/10[7]
Nintendo Power GB: 4.18/5[8]
Nintendo Power
  • Graphics and Sound, Challenge, Theme and Fun, Play Control, Best Overall[9]
  • 56th Best Nintendo Game[10]
IGN
  • Reader's 40th Best Game of all time[11]
  • Staff's 78th Best Game of all time[12]
Electronic Gaming Monthly
  • Best Game Boy Game of 1993[13]
  • Editor's Choice Award (DX) [14]

スタッフ[編集]

全スタッフ(GB版)
全スタッフ(DX版)
  • エグゼクティブプロデューサー
    • 山内溥
  • プロデューサー
    • 宮本茂
  • スーパーバイザー
    • 手塚卓志
  • ディレクター
    • 土山芳紀
  • スクリプトライター
    • 松宮信雄
  • プログラミング
    • 能登英司、幸田清、笠松栄弘
  • キャラクターデザイン
    • 三島幹雄、木村恭子
  • サウンドコンポーサー
    • 尾崎裕一
  • アートワーク
    • 井沢圭子
  • テクニカルサポート
    • 小金沢信人
  • スペシャルサンクス
    • 坂本哲哉、R&D2デバッグスタッフ
  • デバッグ
    • スーパーマリオクラブ


関連作品[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズDX
マリンが収集要素の「フィギュア」として登場。
キャプテン★レインボー
ヒミツのくすりを売る女性「きまぐれトレーシー」が「トレイシー」の名前で登場。
ゼルダ無双
追加コンテンツの「Newキャラクターパック」(Wii U版『ゼルダ無双』)または「夢をみる島パック」(ニンテンドー3DS版『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』)を購入することにより、マリンがプレイヤーキャラクターとして使用可能になる。また、マリンの一部の攻撃の際に風のさかなが登場する。

その他[編集]

  • BGMの作曲は、濱野美奈子石川こずえの女性スタッフ二人が担当。サウンドプログラム及び効果音を担当した戸高一生は作曲には全く関与しておらず、本人がその旨を公言している[15]
  • 本作は前作『神々のトライフォース』同様、ダンジョンボスを倒さなくてもそのダンジョンのキーアイテムさえ取ってしまえばゲームを進めることができる。これは前作では一種のやりこみを想定した仕様であり、わずかだがそれに対応する台詞等も用意されていたが、本作では場合によっては進行不能になる。

漫画[編集]

別冊コロコロコミック』(小学館) 1993年10月号連載分
読み切り形式で、作画は藤赤正人が担当。物語の冒頭部分と、カメイワでのデグフレイム戦に焦点が当てられている。人質にとられたタリンとマリンを救うべくリンクがカメイワに向かうという、本編とは異なる物語が展開される。
『ゼルダの伝説 夢をみる島』(かぢばあたる・1994年)
月刊Gファンタジー』(エニックス)連載。全2巻。オリジナルのキャラクターとして、楽器を運ぶ妖精「フェリサ」が登場する。
かぢばあたるは後に『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の漫画も手がけている。
『ゼルダの伝説 4コマまんが王国』シリーズ(2巻、双葉社
双葉社の漫画雑誌『月刊ファミコン4コマ王国』の掲載作品を単行本化している。2巻のうちの4分の3ほどが『夢をみる島』の作品。
主な執筆作家はまつやま登中村里美みた森たつやなど。
『ゼルダの伝説 4コママンガ劇場』シリーズ(4〜8巻、エニックス
4〜5巻では全編にわたり『夢をみる島』の漫画が掲載され、6〜8巻では『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の漫画と共に収録されている。
主な執筆作家は牧野博幸新山たかしきりえれいこなど。
『ゼルダの伝説 夢をみる島DX 4コマギャグバトル』(光文社
『DX』発売に合わせて出版され、カラーページで『DX』のネタが掲載されている。
主な執筆作家は古賀亮一飛鷹ゆうき美川べるのなど。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北米では、1989年8月に携帯型ゲーム機ゲーム&ウオッチの作品『ZELDA』が発売されている。

出典[編集]

  1. ^ a b M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、118ページ
  2. ^ CHARACTERS|ゼルダの伝説ポータル”. 任天堂. 2017年10月11日閲覧。
  3. ^ スタート画面のマップ表示
  4. ^ "The Legend of Zelda: Link's Awakening - GB - GameRankings 2010年4月17日観覧
  5. ^ "The Legend of Zelda: Link's Awakening DX - GBC - GameRankings 2010年4月17日観覧
  6. ^ Davis, Cameron (2000年1月28日). “GameSpot - Link's Awakening DX - Review”. GameSpot. 2010年4月17日閲覧。
  7. ^ Cleveland Adam (1999年2月17日). “IGN: Links Awakening DX Review”. IGN. 2010年4月17日閲覧。
  8. ^ "Nester Awards Results". Nintendo Power 1 (60): 54?57. May 1994.
  9. ^ "Nester Awards Results". Nintendo Power 1 (60): 54?57. May 1994.
  10. ^ "NP Top 200". Nintendo Power 1 (200): 58?66. February 2006.
  11. ^ "Readers' Picks Top 100 Games: 31-40". IGN. 2006.
  12. ^ "78. The Legend of Zelda: Link's Awakening". IGN. 9 December 2007.
  13. ^ "Electronic Gaming Monthly's Buyer's Guide". Electronic Gaming Monthly. 1994
  14. ^ "Electronic Gaming Monthly's Buyer's Guide". Electronic Gaming Monthly. 1994
  15. ^ 任天堂公式ガイドブック「ゼルダの伝説 夢をみる島DX」(小学館):開発スタッフアンケート111ページ参照。

外部リンク[編集]