任天堂企画制作本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
任天堂企画制作本部
Nintendo Entertainment Planning & Development
Nintendo.svg
種類 任天堂の開発部門
略称 EPD
本社所在地 日本の旗 日本
601-8501
京都府京都市南区東九条南松田町2-1
北緯34度58分11秒 東経135度45分22.3秒 / 北緯34.96972度 東経135.756194度 / 34.96972; 135.756194座標: 北緯34度58分11秒 東経135度45分22.3秒 / 北緯34.96972度 東経135.756194度 / 34.96972; 135.756194
設立 2015年9月16日[1]
業種 その他製品
事業内容 家庭用ゲーム機器向けソフトウェアの開発および支援
代表者 本部長 高橋伸也[1]
関係する人物 副本部長 江口勝也
副本部長 小泉歓晃
企画制作部統括 手塚卓志[2]
外部リンク www.nintendo.co.jp
テンプレートを表示

任天堂企画制作本部(にんてんどう きかくせいさくほんぶ、: Nintendo Entertainment Planning & Development、EPD)は、任天堂最大のゲームソフト開発部門である。この部門はかつて任天堂のソフトウェア開発部門として併存していた情報開発本部(EAD)と企画開発本部(SPD)が2015年9月に統合されて設立されたものである[3][4]

歴史[編集]

2015年9月16日、新しく任天堂の社長となった君島達己の下で為された大規模な企業再編の一貫として、任天堂のゲームソフト開発部門であった情報開発本部(EAD)と企画開発本部(SPD)の統合が行われた。

企画制作本部は元となった2部門のそれぞれの役割を継ぐものとなっており、任天堂の擁するプラットフォームに加えスマートデバイスに向けたソフトウェア開発、また任天堂の多くの知的財産のライセンスアウトなどの管理を行う。本部長にはかつて企画開発本部の本部長であった高橋伸也が就いている。また江口勝也(前情報開発本部副本部長)と小泉歓晃(前同本部東京制作部第2グループマネージャー)が副本部長に就任している[5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 代表取締役の異動および役員の委嘱・管掌・担当変更に関するお知らせ”. nintendo.co.jp (2015年9月14日). 2017年2月9日閲覧。
  2. ^ 無口なヒーロー「マリオ」発売30年、引き継がれる任天堂DNA”. Bloomberg (2015年12月21日). 2016年8月27日閲覧。
  3. ^ Nintendo Consolidates Its Game Development Teams”. Wired. Condé Nast (2015年9月14日). 2015年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月15日閲覧。
  4. ^ Nintendo Reveals Restructuring Plans”. IGN. Ziff Davis (2015年9月14日). 2015年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月15日閲覧。
  5. ^ 「人事、任天堂」日本経済新聞2015/9/15