高橋伸也 (ゲームクリエイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 伸也(たかはし しんや、1963年11月9日[1] - )は、日本ゲームクリエイターである。任天堂取締役常務執行役員および企画制作本部長[2][3]モノリスソフトの取締役を兼任した[4]。以前はプロジェクトソラの取締役も兼任していた[5]

経歴[編集]

1989年に任天堂に入社[1]情報開発本部制作部でCGデザイナーなど[6]を経て企画開発本部に移籍し、環境制作部で『脳を鍛える大人のDSトレーニング』シリーズをはじめとしたソフト群「Touch! Generations」、ニンテンドーDSi内蔵ソフト、ニンテンドーDSiウェアのプロデューサーを務めた[7]

企画開発本部 企画開発部および環境制作部 部長[8]、副本部長[9]を経て、2013年6月より取締役企画開発本部長に就任した。開発応援本部担当兼務。その後2015年9月16日付で企画制作本部長、ビジネス開発本部及び開発総務本部管掌に異動し、将来の社長候補として、宮本茂の後任のソフトウェア開発部門トップに就いた[10][11][12]

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 第76期 有価証券報告書 5 役員の状況 (PDF)”. 任天堂 (2016年6月30日). 2016年7月1日閲覧。
  2. ^ 代表取締役及び取締役の異動に関するお知らせ (PDF)”. 任天堂 (2013年4月24日). 2013年5月5日閲覧。
  3. ^ 平成28年3月期 決算短信 役員の異動(平成28年6月29日付) (PDF)”. 任天堂 (2016年4月27日). 2016年6月29日閲覧。
  4. ^ 会社情報”. モノリスソフト. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月1日閲覧。
  5. ^ 会社概要”. プロジェクトソラ. 2012年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月22日閲覧。
  6. ^ 採用担当者&人事部長インタビュー いま、求められている人材とは?”. ニンテンドーオンラインマガジン. 任天堂 (2003年2月). 2012年5月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f DSiブラウザー 篇 1. 目指したのは「サクサク動く」こと”. 社長が訊く『ニンテンドーDSi』. 任天堂 (2008年10月29日). 2012年5月24日閲覧。
  8. ^ 会社情報”. モノリスソフト. 2012年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月2日閲覧。
  9. ^ a b 社長が訊く『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』開発スタッフ編”. 任天堂 (2012年8月7日). 2012年8月7日閲覧。
  10. ^ 「代表取締役の異動および役員の委嘱・管掌・担当変更に関するお知らせ」 任天堂(2015.9.14)
  11. ^ 「任天堂 「キャラクターを積極的に活用」 君島新社長一問一答」 日本経済新聞(2015年9月15日第15面)
  12. ^ 「任天堂、トロイカ体制へ 岩田路線を継承」 日本経済新聞電子版(2015/9/14)
  13. ^ マリオカート ダブルダッシュ!!【開発スタッフインタビュー】”. ニンテンドーオンラインマガジン. 任天堂 (2003年12月). 2012年5月22日閲覧。
  14. ^ CESA日本ゲーム大賞に「脳を鍛える大人のDSトレーニング」と「FFXII」”. +D Games. ITmedia (2006年9月22日). 2012年5月21日閲覧。
  15. ^ ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 篇 1. 「ちょっと」とは”. 社長が訊く『ニンテンドーDSi』. 任天堂 (2008年). 2012年5月22日閲覧。
  16. ^ 社長が訊く『知らないままでは損をする「モノやお金のしくみ」DS』 開発スタッフ 篇 1. 経済に明るくないメンバーで”. 任天堂 (2009年8月20日). 2012年9月8日閲覧。
  17. ^ 社長が訊く『Wiiリモコンプラス バラエティパック』”. 任天堂 (2011年6月30日). 2012年5月22日閲覧。