スプラトゥーン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スプラトゥーン2
Splatoon 2
ジャンル アクションシューティング[1]
対応機種 Nintendo Switch[1]
発売元 任天堂[1]
プロデューサー 野上恒[2]
音楽 峰岸透[3]
人数 1人
8人(通信プレイ)[1]
メディア Nintendo Switch用ゲームカード
ダウンロード
発売日 日本の旗 2017年7月21日(予定)[4]
テンプレートを表示

スプラトゥーン2』(: Splatoon 2)は、任天堂より2017年7月21日発売予定[4]Nintendo Switch専用アクションシューティングゲーム[1]2015年5月28日に発売されたWii U専用ゲームソフト『スプラトゥーン』に続くシリーズ2作目[5]

概要[編集]

2017年1月13日に、「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で発表された[6]

本作はWii Uで第1作『スプラトゥーン』(以降「前作」と表記)が発売されてから2年での続編となる。作中でも前作からおよそ2年の月日が経過している[7]

前作の「スペシャルウェポン」は一新され[8]、 「メインウェポン」や「サブウェポン」も一部変更や追加が行われている[注 1]

ゲームシステム[編集]

ステージ
バッテラストリート[11]
フジツボスポーツクラブ[12]
ガンガゼ野外音楽堂[13]
コンブトラック[14]

カスタマイズ[編集]

ブキ[編集]

メインウェポン
スプラシューター[15]
スプラチャージャー[15]
スプラローラー[15]
バケットスロッシャー[16]
バレルスピナー[17]
スプラマニューバー[18]
サブウェポン
カーリングボム[19]
スペシャルウェポン
マルチミサイル[20]
ハイパープレッサー[21]
ジェットパック[22]
スーパーチャクチ[23]

ギア[編集]

アタマ・フク・クツの3種類に分けられている装備品を「ギア」と呼ぶ[24]。ギアにはそれぞれ「ギアパワー」とよばれるバトルの助けとなる能力が付いており、使いこむことでギアパワーが追加される[25]。追加されたギアパワーは「ギアのクリーニング」で取り外し、「ギアパワーのかけら」として手に入れることができる[26]。また、ギアパワーのかけらをまとまった数集めると、ギアパワーを復元することができる[27]

ゲームモード[編集]

レギュラーマッチ(ナワバリバトル)[編集]

4対4に分かれて争うインターネット対戦。制限時間は3分間で、床により多くインクを塗ったチームの勝ち[注 2]。世界中のプレイヤーとマッチングされる。また、フレンドと一緒に参加することもできる(前作と同じである)[28]

サーモンラン[編集]

4人で協力してプレイするモード[29]。襲いかかってくる「シャケ」を退治し、「イクラ」や「金イクラ」を集めることが目的となる[30]

ヒーローモード[編集]

前作に引き続き存在する。

ハイカラスクエア[編集]

前作に登場した「ハイカラシティ」から2駅離れている街[31]

その他[編集]

  • 2017年3月25日3月26日の2日間、本作をNintendo Switch上で体験できる「先行試射会」が全世界同時開催された[32]
  • 本作には「プライベートマッチ観戦機能」が搭載され、プライベートマッチで対戦する8人とは別に2人がカメラマンとしてマッチングし観戦を行える。この機能では俯瞰視点と各プレイヤーの三人称視点を切り替えることができる[33]
  • 携帯モードのNintendo Switchを持ち寄って、ローカル無線通信により最大8人でプライベートマッチを行うことができる。また前述したプライベートマッチ観戦機能を、TVモードのNintendo Switch同士を有線LANで接続することで、8人による対戦に加え9台目、10台目を接続してプライベートマッチ観戦機能を使用することができる[34]
  • 今後配信予定のスマートフォン向けアプリ「オンラインロビー&ボイスチャット」に対応し、フレンドなどと待ち合わせてゲームでマッチングしボイスチャットも可能となる[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新しいブキ種として「スプラマニューバー」が追加されたり[9]、ローラーの新アクションとして「タテ振り」が追加される[10]などしている。
  2. ^ 壁を塗っても勝敗には関係ない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Splatoon2|Nintendo Switchソフト|Nintendo”. 任天堂. 2017年1月25日閲覧。
  2. ^ Nintendo Switch プレゼンテーション 2017(29m20s〜) - YouTube (2017年1月25日閲覧。)
  3. ^ Nintendo Switch 体験会 2017(1日目) ゲームミュージックライブ by 任天堂スペシャルロックバンド(10:30~)(冒頭〜) - YouTube (2017年1月25日閲覧。)
  4. ^ a b 先ほど放送されたニンテンドーダイレクトで、『スプラトゥーン2』の発売日が判明した!”. Twitter. 2017年4月13日閲覧。
  5. ^ 「スプラトゥーン2」今夏発売 新型機「Nintendo Switch」向け”. ITmedia. 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ 「ニンテンドースイッチ」のローンチタイトルに『ゼルダの伝説』 『スプラトゥーン2』は夏、『スーパーマリオ オデッセイ』は冬に発売 - エキサイトニュース”. エキサイトニュース (2017年1月13日). 2017年2月19日閲覧。
  7. ^ イカ研究所からの調査報告だ。”. Twitter. 2017年2月20日閲覧。
  8. ^ なんと「スプラトゥーン2」では、スペシャルウェポンが一新されているそうだ。”. Twitter. 2017年2月20日閲覧。
  9. ^ 2年の間にブキも進化を遂げたようだ。”. Twitter. 2017年2月20日閲覧。
  10. ^ なんだこの構えは!?ローラーを縦にして振っているぞ!?”. Twitter. 2017年2月20日閲覧。
  11. ^ ここが新たなステージのひとつ、「バッテラストリート」。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  12. ^ 新たなステージのひとつ、「フジツボスポーツクラブ」。”. Twitter. 2017年1月27日閲覧。
  13. ^ ここは「ガンガゼ野外音楽堂」。”. Twitter. 2017年2月24日閲覧。
  14. ^ ここは「コンブトラック」。”. Twitter. 2017年4月13日閲覧。
  15. ^ a b c こちらが今回の「スプラチャージャー」。「スプラシューター」「スプラローラー」「スプラチャージャー」は、それぞれモデルチェンジして、デザインが新しくなっているらしい。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  16. ^ スロッシャータイプのブキ、「バケットスロッシャー」も健在だ。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  17. ^ 先日の研究発表会では登場しなかったブキの画像も入手したので紹介しよう。これはスピナータイプのブキ、「バレルスピナー」だ。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  18. ^ 2年の間にブキも進化を遂げたようだ。これまでに発見されていなかった、新しいブキ種が確認されている。「マニューバー」と呼ばれ、二丁の拳銃のようなブキを、両手に持つタイプのブキだ。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  19. ^ うっかり見逃しそうになったが、映像に何やら見慣れないモノが映っている。調査の結果、「カーリングボム」という新しいサブウェポンだと判明した。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  20. ^ なんと「スプラトゥーン2」では、スペシャルウェポンが一新されているそうだ。これはその中の一つ、「マルチミサイル」。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  21. ^ これは「ハイパープレッサー」。インクを高圧で一直線に発射し、遠くの相手を攻撃できるスペシャルウェポンだ。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  22. ^ これは「ジェットパック」。インクを噴射して空を飛び、付属のランチャーで爆撃ができるスペシャルウェポン。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  23. ^ これは「スーパーチャクチ」。その場で飛び上がって力を溜め、地面に叩きつけてインクの爆発を起こすスペシャルウェポンだ。”. Twitter. 2017年1月25日閲覧。
  24. ^ ギアについておさらいしておこう。”. Twitter. 2017年3月31日閲覧。
  25. ^ ギアにはそれぞれ「ギアパワー」とよばれるバトルの助けとなる能力が付いている。”. Twitter. 2017年3月31日閲覧。
  26. ^ 手先が器用なスパイキーの特技は「ギアのクリーニング」。”. Twitter. 2017年3月31日閲覧。
  27. ^ 「ギアパワーのかけら」をまとまった数集めると、好きなギアの空いているスロットに、ギアパワーを復元することができるらしい。”. Twitter. 2017年3月31日閲覧。
  28. ^ イカ研究所からの調査報告だ。”. Twitter. 2017年1月13日閲覧。
  29. ^ 『スプラトゥーン2』には、4人で協力してプレイする「サーモンラン」が存在することが分かった。”. Twitter. 2017年4月13日閲覧。
  30. ^ スプラトゥーン2 新要素「サーモンラン」発見報告映像”. YouTube. 2017年4月13日閲覧。
  31. ^ スプラトゥーン2|Nintendo Switch”. 任天堂. 2017年4月13日閲覧。
  32. ^ 3/25(土)・26(日)の2日間、『スプラトゥーン2』の先行試射会が全世界同時開催されることが決まった!”. Twitter (2017年2月12日). 2017年2月12日閲覧。
  33. ^ 『スプラトゥーン2』には、「プライベートマッチ観戦機能」が搭載される。”. Twitter. 2017年2月20日閲覧。
  34. ^ 『スプラトゥーン2』では、最大8台のNintendo Switchで、ローカル無線通信によるプライベートマッチができるのは、既にお伝えした通りだ。これに加えて、TVモードのNintendo Switchを有線LANで接続し、プライベートマッチができる隠し機能が用意されている。”. Twitter (2017年2月11日). 2017年2月12日閲覧。
  35. ^ 『スプラトゥーン2』は、Nintendo Switchのスマートフォン向け「オンラインロビー&ボイスチャット」アプリに対応する。”. Twitter. 2017年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]