江口勝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江口勝也(えぐち かつや 1965年5月15日-)は、日本ゲームクリエイター。『スーパーマリオ』シリーズや『どうぶつの森』シリーズの製作者として知られる。任天堂企画制作本部副本部長。

経歴[ソースを編集]

東京で生まれた後、千葉県で育つ。1986年任天堂入社。『スーパーマリオブラザーズ3』でデザインを担当する前は広告用のアートワークを描いていた。『スターフォックス』で初めてディレクションを担当し、その後も任天堂の中核的なタイトルを開発している。また、Wii Uでは初めてハードウェアをプロデュースしている。任天堂情報開発本部制作部部長[1]や任天堂情報開発本部副本部長を経て、2015年9月16日付で任天堂企画制作本部副本部長に就任[2]

作品[ソースを編集]

備考[ソースを編集]

海外ゲーム情報サイトのインタビューによると、好きなバンドは「ももいろクローバーZ」で、好きな映画はホラー、好きなTV番組はバラエティ番組。最も好きなビデオゲームとして初代「Diablo」を挙げている。また、自らが担当した作品で最も気に入っているものはマリオシリーズと「ウェーブレース64」と語っている。[3]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]