ウェーブレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウェーブレース』は、任天堂より発売されたレースゲームのシリーズである。

ラインナップは以下の通り。

  • Wave Race
  • ウエーブレース64
    • ウエーブレース64 振動パック対応バージョン
  • ウェーブレース ブルーストーム

概要[編集]

などを舞台に、水上バイクで行うレースゲーム。ライバルを相手にレースを行ったり、スタントを成功させると入手できるスコアで競ったりする。水上が舞台のため通常のカーレースとは異なり、コース上に発生するが特徴である。自然に発生する波とライバルが通過した後に発生する波があり、波の来る向きや高さによっては毎回同じコースランディングが通用するとは限らない。

『ウェーブレース』シリーズは同社の『テン・エイティ』シリーズと世界リンクしており、両シリーズに登場するキャラクターも存在する。

Wave Race[編集]

Wave Race
ジャンル レースゲーム
対応機種 Game Boy
開発元 パックスソフトニカ
発売元 Nintendo
プロデューサー 宮本茂
ディレクター 亀山雅之
音楽 荒木泰介
人数 1〜4人
メディア ロムカセット
発売日 アメリカ合衆国の旗 1992年7月1日
欧州連合の旗 1997年6月24日
対象年齢 ESRB : K-A 6歳以上対象
デバイス Game Link Cable
テンプレートを表示

Wave Race』は、『ウェーブレース』シリーズの1作目である。日本では発売されておらず、アメリカ合衆国欧州連合などで発売された。

画面は見下ろし型だが、波を操るというコンセプトは後のシリーズ作品と同じ。Game Link CableとGame Boy Four Player Adapterを使用すれば最大4人までと遊ぶことができる。

ウエーブレース64[編集]

ウエーブレース64
ジャンル レースゲーム
対応機種 NINTENDO64
iQue Player
WiiWii Uバーチャルコンソール
開発元 任天堂
発売元 任天堂
プロデューサー 宮本茂
ディレクター 江口勝也
高橋伸也
プログラマー 太田敬三
音楽 戸高一生
人数 1〜2人
メディア [N64] ロムカセット
発売日 [N64]
日本の旗 1996年9月27日
振動パック対応 : 1997年7月18日
アメリカ合衆国の旗 1996年11月5日
欧州連合の旗 1997年4月29日
[iQue]
中華人民共和国の旗 2003年11月
[Wii]
日本の旗 2007年7月31日
アメリカ合衆国の旗 2007年8月6日
欧州連合の旗 2007年8月17日
[Wii U]
日本の旗 2016年7月13日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス [N64]
通常版 : コントローラパック
振動パック対応 : コントローラパック、振動パック
テンプレートを表示

ウエーブレース64』(ウエーブレースろくじゅうよん)は、『ウェーブレース』シリーズの2作目(日本では1作目)である。3Dで描写されるようになり、以降のシリーズの原型となる。

本作は川崎重工業の協力を得ており、タイトルロゴに「Kawasaki JET SKI」(カワサキジェットスキー)の記載がある。また、日本コカ・コーラコラボレートしており、コース上にファンタスプライトなどの広告看板が設置されている。

作曲は戸高一生が担当した。

システム[編集]

以下の4種類のゲームモードがある。

  • チャンピオンシップ
  • タイムアタック
  • スコアアタック
  • 2Pバトル

ルール[編集]

コース上にはの「ルートブイ」が浮かんでいる。赤のルートブイは右側を、黄のルートブイは左側を通過しなくてはならない。ルートブイを通過するとパワーメーターが1増え速度が上がる(最高で5)が、通過できないとミスになり、パワーメーターは0に戻る。計5回ミスをすると、レースはリタイアとなってしまう。

コース[編集]

  • ドルフィン・パーク
  • サンディ・ビーチ
  • サンセット・ベイ
  • ミルキー・レイク
  • マリン・フォートレス
  • ポート・パイレーツ
  • キャッスル・シティ
  • クール・ウエイブ
  • サザン・アイランド

プレイヤーキャラクター[編集]

速水 涼太
18歳。男性
アユミ・スチュワート
21歳。女性
マイルス・ジェッター
24歳。男性。
デイビット・マリナー
32歳[1]。男性。通称デーブ。

ウエーブレース64 振動パック対応バージョン[編集]

ウエーブレース64 振動パック対応バージョン』(ウエーブレースろくじゅうよん しんどうパックたいおうバージョン)は、NINTENDO64の振動パックが発売されたことを受けて発売された『ウエーブレース64』のマイナーチェンジバージョンである。振動パックに対応していること以外にも、ゴースト機能が搭載されていたり、収録曲が一部変更されていたりする(ギターパートのアレンジ)。

バーチャルコンソールで配信されている『ウエーブレース64』はこの『振動パック対応バージョン』である。しかし、振動機能とコントローラパック機能は対応していない他、ライセンスの契約上の問題から、タイアップしていたファンタと川崎重工業のゲーム中に現れる広告等がWiiニンテンドーDS等のものに変更されている。但し、WiiUのバーチャルコンソール版は、当時の説明書がある関係で(当時の説明書には「川崎重工業の協力を得ています」旨の表記がある)、川崎重工業の広告のみ復活し、ファンタの広告はニンテンドウ64のロゴになっている。

ウェーブレース ブルーストーム[編集]

ウェーブレース ブルーストーム
ジャンル レースゲーム
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
開発元 Nintendo Software Technology
発売元 任天堂
プロデューサー 荒川實
宮本茂
山城重喜
ディレクター 山城重喜
音楽 Lawrence Schwedler
James Phillipsen
人数 1〜4人
メディア 8cm光ディスク
発売日 日本の旗 2001年9月14日
アメリカ合衆国の旗 2001年11月18日
欧州連合の旗 2002年5月3日
対象年齢 ESRB:Everyone(6歳以上)
ELSPA:3+
その他 プログレッシブモード対応
ドルビーサラウンド対応
テンプレートを表示

ウェーブレース ブルーストーム』は、ニンテンドーゲームキューブのローンチソフトとなったシリーズ3作目(日本では2作目)である。

基本的には前作『ウエーブレース64』のシステムを引き継いでいるが、プレイヤーキャラクターが増えたり、コースに5つの天候が用意されたりと、新たな要素が盛り込まれている。

本作は川崎重工業の協力がなく、ファンタとのコラボレートも行っていないが、マクドナルドドクターペッパーS3などとコラボレートしており、前作同様コース上に広告看板が設置されている。

任天堂公式のタイム・スコアアタック大会が開催されたことがある[2]

システム[編集]

以下の6種類のゲームモードがある。

  • チャンピオンシップ
  • タイムアタック
  • スコアアタック
  • 対戦プレイ
  • フリーラン
  • トレーニング

1コースにつき以下の5つの天候が用意されており、天候によってはコースの攻略方法も大きく変わってくる。

ルール[編集]

ルートブイのルールは前作と同様。パワーメーターが最高の5まで貯まるとターボを使用することができる。

コース[編集]

  • ドルフィンパーク
  • エスニックラグーン
  • サザンアイランド
  • アスペンレイク
  • シティーハーバー
  • クールオーシャン
  • アクアメイズ
  • ビクトリーゲート

プレイヤーキャラクター[編集]

速水 涼太
18歳。男性。速水 あかりの。前作に続き登場。『大乱闘スマッシュブラザーズDX』にフィギュアとして登場している。
デイビット・マリナー
32歳。男性。通称デーブ。
速水 あかり
17歳。女性。速水 涼太の。『テン・エイティ スノーボーディング』にて初登場し、『テン・エイティ シルバーストーム』にも登場している。
ナイジェル・カルヴァー
28歳。男性。
アユミ・スチュワート
21歳。女性。前作に続き登場。
ロブ・ヘイウッド
20歳。男性。『テン・エイティ スノーボーディング』にて初登場し、『テン・エイティ シルバーストーム』にも登場している。
リッキー・ウインターボーン
14歳。男性。『テン・エイティ スノーボーディング』にて初登場し、『テン・エイティ シルバーストーム』にも登場している。
セリーナ・デル・マー
19歳。女性。

関連商品[編集]

ウエーブレース64 オリジナルサウンドトラック
『ウエーブレース64』のサウンドトラックポニーキャニオンより1996年12月16日に発売された。宮本茂をはじめとしたスタッフの声を収録したオリジナルトラックが含まれている。『振動パック対応バージョン』の曲は含まれていない。

備考[編集]

  • ジェットスキーは川崎重工業登録商標であり、正式には水上バイク、水上オートバイ、パーソナルウォータークラフトなどと呼ぶ。
  • 『ウエーブレース64』と同『振動パック対応バージョン』の場合、「ウエーブ」のの字が大文字となる。
  • 『ウエーブレース64』は、開発初期の段階ではホバークラフトのようなマシンを操るレースゲームであり、人間のキャラクターは描写されていなかった。開発初期段階の動画は当時のNINTENDO64のプロモーションビデオ等で確認できる。また、水上スキーのゲームの構想もあったが、NINTENDO64のスペック等の問題から水上バイクへ切り替えられて『ウエーブレース64』になったと宮本茂は語っている[3]
  • 『ウエーブレース64 振動パック対応バージョン』は、同日発売の『スーパーマリオ64 振動パック対応バージョン』と併せてCMが放送された。CMには、振動パック対応ソフト第1弾の『スターフォックス64』から引き続き広末涼子が出演した。

脚注[編集]

  1. ^ 任天堂の『ウエーブレース64』公式サイトには16歳との記述があるが、同じく同社のバーチャルコンソールのサイトには32歳と記述されている。また、『ウェーブレース ブルーストーム』の設定でもデーブは32歳となっている。
  2. ^ タイム・スコアアタック大会結果” (日本語). 任天堂 (2001年). 2008年3月16日閲覧。
  3. ^ 社長が訊く『Wii Sports Resort』” (日本語). 任天堂 (2009年6月4日). 2014年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

  • Wii Sports Resort - マリンバイクが登場する任天堂のスポーツゲーム

外部リンク[編集]