ドンキーコング トロピカルフリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドンキーコング トロピカルフリーズ
Donkey Kong Country:
Tropical Freeze
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 Wii U
開発元 レトロスタジオ
Monster Games
発売元 任天堂
シリーズ ドンキーコングシリーズ
人数 1〜2人
発売日 日本の旗 2014年2月13日
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2014年2月21日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

ドンキーコング トロピカルフリーズDonkey Kong Country: Tropical Freeze)は任天堂より2014年2月13日発売のWii U専用ゲームソフト。前作と同じく開発は任天堂の子会社であるアメリカテキサス州レトロスタジオ

概要[編集]

Nintendo Direct @E3 2013」で発表された『スーパードンキーコング』シリーズの最新作。前作の『ドンキーコング リターンズ』から約4年振りの続編であり、基本的にゲームシステムは前回とほぼ同じ。シリーズ初のHD対応により、ドンキー達の毛並みにはフサフサ感があり、ステージの背景やカメラワークなどの表現力も増している。前作のWii版と同じくWiiリモコン(横操作やヌンチャクも可)やWii UのWii U GamePadでの操作となる。

発売時期は欧米では当初2013年12月発売予定だったが、同国で10月1日にネット配信された「Nintendo Direct 2013.10.1」内で今作の最終調整に時間が必要なため、発売時期を2014年2月に延期すると発表した。日本国内は欧米より少し早い2014年2月13日に決定した。

ストーリー[編集]

今日はドンキーコングの誕生日パーティー。ドンキーコング、ディディーコング、ディクシーコング、そしてクランキーコングがそろってお祝いムード真っ只中でいると突如北の海からバイキング集団ザ・スノーマッズが来襲してきた。彼らが発生させた突然の猛吹雪でドンキーたちはあっという間にはるか遠くへ吹き飛ばされ、常夏の南国だったドンキーコングアイランドは一瞬で雪と氷の世界へと変えられてしまった。乗っ取られたドンキーコングアイランドを取り戻すため、コングファミリー4匹の冒険が始まる。

登場キャラクター[編集]

操作キャラクター[編集]

プレイ人数は2人で1Pがドンキーコング、2Pはディディーコング、ディクシーコング、クランキーコングである。前作と同じく必然的にドンキーが常に1P側の主要キャラであり他のメンバーは2P(バディ)として操作する。そのため『スーパードンキーコング2』のようにディディーとディクシーがコンビを組むことは不可能である。

ドンキーコング(声:長嶝高士)
このゲームの主人公のゴリラ。主に1P側が操作する。ハンドスラップやローリングアタックなどの前作のアクションが可能。ディディーかディクシーがいないとジャンプ性能に難がある。
ディディーコング(声:鈴木勝美)
ドンキーの相棒のチンパンジー。1Pのみだとドンキーの背中に乗って移動する。背中のバレルジェットで少しだけ浮くことができるホバリング効果がある。前作同様、2P側で単独で操作できる。
青の「DD」バレルから登場する。
ディクシーコング(声:笹島かほる)
ディディーのガールフレンド。本編内では『スーパードンキーコング3』以来久々の復活であり、ドンキーとコンビを組むのはシリーズ初。1Pのみだとドンキーの背中に乗って移動する。ポニーテールで少しの間飛べる。
ピンクの「DX」バレルから登場する。
クランキーコング(声:長嶝高士)
かつてマリオと戦った初代ドンキーコングであり、今のドンキーコングのおじいさん。本編内では初のプレイアブルキャラクターである。杖を使って地面を付いて移動したり、大ジャンプをしたり、ダメージ判定のあるトゲなどの地面を無傷で渡ることができる。
黄色の「CK」バレルから登場する。

その他[編集]

ファンキーコング(声:土屋トシヒデ)
サーフィンが得意なエンジニアのコングでドンキーコングの親友。冒険に出たクランキーコングの代わりに自身の飛行機を改造したショップ「フライ・アンド・バイ」でアイテムを売っている。口調が少し変わっており、一人称も「オレ」になっている。
おたすけピッグ/チョップス先生
前回の『ドンキーコング リターンズ』に初登場した眼鏡をかけたピンク色のブタ。前回と同じく中間ポイントを担当しており、彼がいるその場を通り過ぎると旗を振り、中間セーブができる。1度ミスになるとその場から再開できる。
今回、フィギュアにて彼の名前が判明した。また、彼と同じ姿をした多くの仲間がいる。

敵キャラクター[編集]

ザ・スノーマッズ[編集]

クレムリン軍団及び前作に登場したティキ族は登場はせず(一部除く)、新たな悪役としてバイキング集団「ザ・スノーマッズ」が登場する。主に海賊に扮したペンギンフクロウなどの鳥類アシカセイウチシロクマなどの海獣のほか、ウニクラゲなど海に関する生物が多く登場する。また、結晶がザ・スノーマッズのシンボルマークになっている。

なお、かつてティキ族の場所(出身?)であった火山の頂上が彼らのアジトになっている。

ステージ内に登場するキャラクター[編集]

各アイランドのステージに登場するスノーマッズ。多くがザ・スノーマッズの紋章を身につけている。

ペンガー
ペンギン。他のペンガー達と違って何も装備はしておらず、一番のザコキャラである。
ペンガラン
ヘルムペンガー
ヘルメットのような物を被ったペンガー。踏みつけでは倒すことができないが、転ばせることは可能で、転ばせるとタルと同じように投げることで武器として使える。
ホルムペンガー
ヘルムペンガーと同じく踏みつけて倒せないうえ、被っている兜に角が付いているためダメージを受けてしまう。
バクラペンガー
ヘルムペンガーが盾を装備している強化キャラ。
スナイペンガー
弓で魚を撃ってくる。
ヤリペンゴー
魚の骨のような槍で攻撃してくる。
ホルムペンゴー
槍と角付き兜で武装しており、踏みつけ、ローリングアタックの双方を返り討ちにする。
ボムペンギー
爆弾を持った赤いペンガー。
エアペンゴー
ミサイルのごとく飛んでくる。
ジョビット
モルモットのような敵キャラでジャンプをしながら移動する。
ヘルムジョビット
ジャンプする以外はヘルムペンガーと性質は同じ。
ジャビット
大きなジョビット。ジョビット同様ジャンプしながら移動し、着地の際衝撃波を発生させてくる。
ボムジャビット
爆弾を投げてくるジャビット。
レミングトン
トゲ付きの車両に入り、地形に沿って移動するネズミのような敵。
コウル
常に飛んでいるフクロウ
ファイアコウル
時々炎を纏い、火の玉を発射してくるコウル。
ジャウル
コウルよりも大きなフクロウ。3回踏まないと倒せない。
ヘルムジャウル
ヘルメットを被ったジャウル。踏みつけが効かない。
バーンコウル
青い炎を纏ったコウル。常に燃えているため、物をぶつける以外倒す方法はない。
ウォラス
セイウチのような敵キャラ。3回攻撃しないと倒せない。
ヘルムウォラス
ヘルメットを被っており、踏みつけが効かないウォラス。
バクラウォラス
ヘルメットに加え、盾で武装したウォラス。背後からでなければ攻撃は効かない。
フィッショウォラス
魚を投げて攻撃してくるウォラス。
ウォリウォラス
棍棒と角付き兜で武装したウォラス。踏みつけ、ローリングアタック共に返り討ちにされるが、棍棒を振り上げたときが攻撃のチャンスとなる。
ホーンペンゴー
持っている角笛から魚の形をした氷の塊を発射してくる大柄なペンガー。3回攻撃しないと倒せない。

ボスキャラクター[編集]

各アイランドのボスステージで戦うボス。いずれもザ・スノーマッズの紋章を身につけている。 今作のボスはいずれも3回ダメージを与えるごとに攻撃パターンが3段階に変わる。

ポンピー
マングローブアイランドのボス。巨大なアシカ。ハーフパイプ状のステージを滑って体当たりする他、場外からザコ敵を投げてくる。体力が減ってくると急降下攻撃も繰り出す。
スカール
オータムアイランドのボス。巨大なフクロウ。羽を飛ばしたり、コウルを呼び出す他、氷の球を投げる。体力が減ってくると卵を連続で落としてくる。
バブーンブラザーズ
サバンナアイランドのボス。3匹組(兄弟とも)のマントヒヒのような敵。ロープでぶら下がっての体当たりや、爆弾投げなどをしてくる。残り1体になると青色の分身を作り出す。
パンパップー
オーシャンアイランドのボス。巨大なハリセンボン。大きくなったり小さくなったりしながら、吸い込みやザコ敵飛ばし、体当たりなどを繰り出す。尻側はトゲが生えておらず無防備。
バッシュマスター
ジューシージャングルアイランドのボス。トゲのついたハンマーを持ったシロクマ。ハンマー攻撃のほか、氷ブロックを飛ばしたり、急降下で衝撃波を起こす。体力が減ると氷塊弾を飛ばしてくるようになる。
ロード・フレドリック
ドンキーコングアイランドのボスで今作のラストボス。ザ・スノーマッズの首領。オープニングで巨大な角笛銃から冷気弾を放ち、風でドンキー達を吹き飛ばした。
戦闘では角笛銃からザコ敵やドラゴン型の冷気弾を飛ばすほか、巨体を生かした突進やジャンプ攻撃も仕掛ける。体力が減ると足場を持ちあげて沈めてくる。

その他の敵キャラクター[編集]

ザ・スノーマッズとの関連性はないが、ドンキーたちの冒険を邪魔してくる敵キャラクターたち。前回の『リターンズ』に登場した敵キャラクター達もいる。

前作『リターンズ』にも登場した敵キャラクター[編集]

さけぶ柱
ティキ族の一員。柱の形をした敵キャラ。その名の通りドンキーたちが通り過ぎようとすると叫びながら倒れてくる。
キングタコラ
オーシャンアイランドに登場。巨大なタコ。本作では足での攻撃に加え、呑み込まれると即死の墨でドンキーたちを追い上げてくる。
コチョッキー
黄色いカニ。
ラングィ
水面からドンキー達を食らおうと飛び出してくるサメ。今回は水中に潜っていると追いかけてくる上、スイムスピンでは倒せず返り討ちにされるので非常に危険。
コモリン

今作の敵キャラクター[編集]

アイテム[編集]

  • バナナ
100本集めると残数が増え、さらに必殺技を出すことができる。
  • バルーン
取ると残数が1つ増える。最大99まで増える。
  • K・O・N・Gパネル
各コース内に4つある。前作同様、各島で全て集めるとコングラビリンスが解禁される。
  • バナナコイン
集めるとアイテムを購入できる。
  • パズルピース
各コースにいくつか隠されている。前作同様、集めるとおまけ要素が解禁される。

店で購入できるアイテム[編集]

各ステージに3つまで。一部のステージでは使えないことも。

  • バルーン(3枚)
残数が1つ増える。
  • スコークス(10枚)声 - 鈴木勝美
パズルピースやボーナスステージの入口に近くにあると鳴いて教えてくれる。
  • 体力アップ(15枚)
使用したステージを出るまでハートが1つ増える。ただし、一度に使えるのは1つまでで、トロッコやロケットバレルには適用されない。
  • バナナジュース(15枚)
敵やトゲに当たっても一定時間無敵になる。
  • グリーンバルーン(5枚)
ステージから奈落に落下しても1つにつき1度だけミスにならずに復帰できる。
  • ブルーバルーン(7枚)
水中で酸欠になっても1つにつき1度だけミスにならずに酸素が補給される。
  • クラッシュガード(10枚)
トロッコやロケットバレルで1つにつき1度だけミスにならずに防げる。
  • DDバレル・DXバレル・CKバレル(各15枚)
1人プレイ専用アイテム。ドンキーコングしかいない時にパートナーが登場する。
  • フィギュア(5枚)
フィギュアがランダムで手に入る。手に入れたフィギュアは「おまけ」で見ることができる。

なお、前作にあった「もんキー」はないが、今作では一部のステージに別のゴール地点が存在しておりそのゴール地点に到達することによって隠しステージを解禁することができる。

システム[編集]

基本的に前作の『ドンキーコング リターンズ』にあったシステムとほぼ同じだが、カメラアングル機能で横だけでなくステージによってはカメラが縦に移動したり回転したりなどの迫力が楽しめる。前作では水中のステージはなく水に落ちると即ミス扱いになったが、今作では水中ステージが復活し泳ぐことができる。しかしゲームのシステム上、水中にいる間はライフの横に酸素ゲージが付き、酸素が無くなる前に息継ぎをしなければならない。泡を取るとゲージが回復する。また、水中にいる敵キャラに攻撃することができるようになった。バナナを100本集めると必殺技を発動させることができ、これを使うとドンキーとバディがお互いの手でタッチするモーションが入り、画面上にいる敵がアイテムに変わる(アイテムは発動時のバディによって異なる)。どれもシリーズ初のシステムである。 また、前作にあった同じコースで何度も連続でミスするとスーパードンキーによるお手本プレイが見れるシステムは廃止されている。

アクション[編集]

上記の通り、水中で敵に攻撃ができるアクションや『スーパーマリオUSA』のような道具や仕掛けを引き抜いたり、敵を持ち上げて投げたりすることができるアクションが新たに追加された。これは本作のプロデューサーである田邊賢輔が『スーパーマリオUSA』(『夢工場ドキドキパニック』)でゲームデザインを手がけていたことによる。『ドンキーコング リターンズ』から搭載されたコングロールを水面上で行うと『スーパードンキーコング3』で登場したディンキーコングが得意とする水切りジャンプと同じようなアクションが行えるのも確認されている。

冒険の舞台とステージ[編集]

今作は6つの島を巡りながら前作には無かった水中ステージや氷のステージなど様々なステージを冒険していく。各地の島に潜むザ・スノーマッズを倒しながら最後の島である氷漬けにされたドンキーコングアイランドを目指す。1つの島に冒険する6~7つのコースとボスステージが存在し、島ごとにK・O・N・Gパネルを全て集めるとボーナスコースが出現する。 過去作からのアレンジBGM(または原曲)が収録されているステージが存在する場合、ステージ名横に詳細を記載する。(アレンジBGMが複数ステージで使用されている場合は最初に流れるステージのみ記載)

マングローブアイランド[編集]

最初に探検するマングローブの生い茂るジャングルの島。最初ながら水中ステージやトロッコステージなどチュートリアル的な要素も含んでいる。

1-1「マングローブのいりえ」
1-2「なんぱ船アドベンチャー」
1-3「トゲトゲのたき」
ステージ途中のある場所に設置してある蓄音機を叩くと1のタイトル画面のテーマがそのまま流れる。
1-4「ツイスタートロッコ」
1-A「ゴーゴー!ジップライン」
1-B「きりの森」
1-K「バインラビリンス」
1のジャングルステージ『バナナジャングル』の後半部分のアレンジが流れる。
1-ボス「サーカスの団長 ポンピー」

オータムアイランド[編集]

森林や山、田舎町などのある島。

2-1「落ち葉まう風車の林」
2-2「お山をダッシュ!ランビ」
2-3「ホルンがひびく森」
2-4「ぎりぎりノコギリトロッコ」
2-5「バンチバルーンブリッジ」
2-6「リンゴーンジップライン」
2-A「ツタがだらりん 水もれどうくつ」
1の洞窟ステージ『クレムリンのどうくつ』のアレンジが流れる。
2-B「飛び出せ!チーズじごく」
2-K「ふみふみラビリンス」
1のジャングルステージ『バナナジャングル』のアレンジが流れる。
2-ボス「お山の大将 スカール」

サバンナアイランド[編集]

サバンナ渓谷のある島。

3-1「サバンナパレード」
3-2「ローリングスパイキーナッツ」
3-3「負けるなランビ!トルネード」
3-4「ヘルファイアサバンナ」
3-5「月夜の巨大魚!ロケットバレル」
ステージ冒頭で2の茨ステージ『とげとげタルめいろ』のアレンジが流れる。
3-6「タルたいほうキャニオン」
3-A「カチッとスイッチ!しかけの谷」
3-B「イバラパニック」
3-K「ペンデュラムラビリンス」
3-ボス「お命ちょうだい!バブーンでごザル」

オーシャンアイランド[編集]

陸地が少なく、ほぼ全体に海が侵食している島。

4-1「めざめた海底いせき」
1の水中ステージ『サンゴの海』のアレンジが流れる。
4-2「レフト・ライト・トロッコ」
4-3「しんぴの深海」
4-4「いかりの8本足」
2の水中ステージ『ふなぞこダイビング』のアレンジが流れる。
4-5「スノーマッズ・トラップ」
4-6「しょくしゅのうねる海」 
4-A「はねる!ラングィビーチ」
4-B「ノーブレス!海底迷路」
4-K「スピニングラビリンス」
4-ボス「じごくのはりせんぼん パンパップー」

ジューシージャングルアイランド[編集]

北半分は果樹園、南半分は雪原になっている島。

5-1「フルーツハーベスト」
5-2「カラフル・フライト」
5-3「きょうふのスーパースライサー」
5-4「パタパタパネル」
5-5「ゼリートランポリン」
5-6「ひんやりアスレチック」
2の氷ステージ『こごえる地下すいろ』のアレンジが流れる。
5-A「ハニースイング」
5-B「ジャムジャムスマッシュ」
5-K「エレベーターラビリンス」
5-ボス「パワフルベア バッシュマスター」

ドンキーコングアイランド[編集]

ザ・スノーマッズによって凍結・占領されたコングたちの故郷の島。道中のコースは前作『リターンズ』の各エリアがモチーフになっている。

6-1「トロピカルフリーズ」
6-2「いてつくビーチ」
6-3「氷のいせき」
6-4「雪玉のどうくつ」
6-5「スノーフォレスト」
6-6「クリフアバランチ」
6-7「アイススパークファクトリー」
1の工場ステージ『オイル工場』のアレンジが流れる。
6-8「メルティーボルケーノ」
6-A「ダイナマイトダッシュ」
6-B「つららのとりで」
6-K「スリップスパイクラビリンス」
6-ボス「けっせん!ロード・フレドリック」

ミステリーアイランド[編集]

全てのKコース(◯◯ラビリンス)をクリアすることで入れるようになる。

7-1「マジックブロック」
7-2「アクションチャレンジ」
7-3「デンジャラストラベル」

乗り物[編集]

音楽[編集]

今作はレア社の『スーパードンキーコング』シリーズで音楽を担当したDavid Wiseが、最後に担当したGBA版『スーパードンキーコング3』から約8年振り[1]に再び楽曲制作に参加することが発表された。

今作ではほぼ前回と違って多くがオリジナルだが、『1』の海のステージや『2』の茨のステージ等のアレンジがある。詳しくは上記のステージ詳細を参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドンキーコングシリーズ全体だと、最後に担当したのは海外のみで発売されたニンテンドーDS用ソフト『ディディーコングレーシングDS』で約6年振りとなる。

外部リンク[編集]