長嶝高士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながさこ たかし
長嶝 高士
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本和歌山県
生年月日 (1964-02-24) 1964年2月24日(54歳)
血液型 A型
身長 168 cm
職業 声優ナレーター
事務所 アーツビジョン
活動
活動期間 1993年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

長嶝 高士(ながさこ たかし、1964年2月24日 - )は、日本男性声優ナレーターアーツビジョン所属。和歌山県出身。

人物[編集]

主要な役で出演した作品もあるが、ゲスト出演がかなり多い上、悪役で出演することも多く、そのキャリアは多岐にわたる。

ゲーム作品への出演においては、ドンキーコングガノンドロフを演じたり、『ファイアーエムブレム 暁の女神』のナレーションをするなど任天堂の作品に縁が深い。『星のカービィ』や『ソニックX』など色々なゲームを題材としたアニメへの出演もある。また、特撮作品の出演においては「スーパー戦隊シリーズ」の『激走戦隊カーレンジャー』で初出演し、後に悪役でゲスト出演することが多いが、『爆竜戦隊アバレンジャー』では味方側の役を演じている。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
  • Free!(2013年 - 2014年、男性教師、生活指導教諭)- 2シリーズ
2014年
2015年
2017年
2018年

劇場アニメ[編集]

1995年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2007年
2009年
2010年
2011年

OVA[編集]

1993年
1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年

Webアニメ[編集]

2006年
2008年

ゲーム[編集]

1995年
1996年
1997年
  • ジャスティス学園(ボーマン・デルガド、石動岩)
  • ストリートファイターEX plus(ダラン・マイスター)
  • ストリートファイターEX plus α(ダラン・マイスター)
  • バトルサーキット(キャプテン・シルバー)
  • Harmful Park(科学者)
  • ロックマンX4(マグマード・ドラグーン、スラッシュ・ビストレオ)
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2015年
2016年
2018年

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

ラジオ[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2015年
2018年

音楽CD[編集]

  • 鬼灯の冷徹 OPテーマ「地獄の沙汰も君次第」(閻魔大王)

ナレーション[編集]

ボイスオーバー[編集]

プラネタリウム[編集]

  • 鹿児島市立科学館「ミステリー城へようこそ!星座の謎」(トラ)
  • 高崎市少年科学館「名探偵夢水清志郎事件ノート番外編」(謎の怪人)
  • ピーターパンVSフック船長 〜星空の対決〜(スミー)

CM[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ドンキーコング ジャングルビート』『ドンキーコング ジャングルフィーバー』『ドンキーコング バナナキングダム』(2004年)、『ドンキーコンガ3 食べ放題!春もぎたて50曲♪』(2005年)、『ドンキーコング ジャングルクライマー』『ドンキーコング たるジェットレース』『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』(2007年)、『Wiiであそぶ ドンキーコングジャングルビート』(2008年)、『マリオvs.ドンキーコング ミニミニ再行進!』(2009年)、『ドンキーコング リターンズ』『マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド』(2010年)、『マリオ&ドンキーコングミニミニカーニバル』『ドンキーコング リターンズ 3D』(2013年)、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』(2014年)、『マリオVS.ドンキーコングみんなでミニランド』(2015年)、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』(2018年)
  2. ^ マリオテニスGC』(2004年)、『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』『マリオカート アーケードグランプリ』『マリオカートDS』『マリオテニスアドバンス』(2005年)、『スーパーマリオストライカーズ』『マリオバスケ 3on3』(2006年)、『マリオカート アーケードグランプリ2』『マリオストライカーズ チャージド』『マリオパーティ8』『マリオパーティDS』(2007年)、『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』『マリオカートWii』(2008年)、『Wiiであそぶ マリオテニスGC』『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』、『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック』『マリオカート7』(2011年)、『マリオテニス オープン』『マリオパーティ9』(2012年)、『マリオ&ソニック AT ソチオリンピック』『マリオカート アーケードグランプリDX』(2013年)、『マリオカート8』『マリオゴルフ ワールドツアー』『マリオパーティ アイランドツアー』(2014年)、『マリオテニスウルトラスマッシュ』『マリオパーティ10』(2015年)、『マリオ&ソニック AT リオオリンピック™』『ミニマリオ & フレンズ amiiboチャレンジ』 (2016年)、『マリオカート8 デラックス』『マリオスポーツ スーパースターズ』『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』(2017年)、『マリオテニス エース』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』(2018年)
  3. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(無印、2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ

出典[編集]

  1. ^ 殿といっしょ 1分間劇場”. メディア芸術データベース. 2016年12月4日閲覧。
  2. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ『鬼灯の冷徹』公式サイト. 2013年10月26日閲覧。
  3. ^ PERFECT BLUE”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  4. ^ 夢かける高原 清里の父 ポール・ラッシュ”. メディア芸術データベース. 2016年8月4日閲覧。
  5. ^ FLAG”. TOKYO MX. 2016年6月26日閲覧。
  6. ^ 『ワンピース 海賊無双2』白ひげ海賊団のメンバーが操作可能に”. ファミ通.com. 2013年3月20日閲覧。
  7. ^ 「孔明のヨメ。」ドラマCD化、柿原徹也、早見沙織ら出演”. コミックナタリー. 2013年3月18日閲覧。
  8. ^ “[/tv/lupin-vs-pat/story/1213035_2796.html 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #22 人生に恋はつきもの]”. 東映. 2018年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]