鉄拳2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鉄拳2
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 SYSTEM11[AC]
PlayStation[PS]
PlayStation 2
ゲームアーカイブス[GA]
FOMA 903iシリーズ
Zeebo
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
シリーズ 鉄拳シリーズ
人数 1人~2人(対戦)
メディア [PS]:CD-ROM
発売日 [AC]:1995年8月
[PS]:1996年3月29日
[GA]2006年11月22日[Zeebo]:2009年10月8日
対象年齢 CERO:B
売上本数 [PS]:137万本 (出荷[1])
テンプレートを表示

鉄拳2(Tekken2)はナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)より1995年に稼働された対戦格闘ゲームである。鉄拳シリーズの第2作目。コミックゲーメストにおいて式田典史による漫画版も連載された。 SEX MACHINEGUNSの楽曲、『TEKKEN II』との関連性は特にない。

製品[編集]

特徴[編集]

デフォルト状態で使用できるプレイヤーキャラクターは、新キャラクター「風間準」と「レイ・ウーロン」の2名を加えた10名。そして一八に代わり平八がデフォルトキャラクターに入り、入れ替わりで一八がボスキャラクターに移動した。 また、本作から稼働時間の経過とともに中ボスキャラクターやボスキャラクターとして登場するキャラクターが使用可能となる「タイムリリースシステム」が正式に採用。タイムリリースキャラが一人でも解禁されると、デモ画面中に現在使用可能なキャラと人数が表示されるようになる。額からビームを出す「デビル」やその対となる「エンジェル」、ボクシンググローブをはめたカンガルー「ロジャー」など、前作よりも色モノキャラクターが増え、総勢23(2Pキャラを含めると25)キャラクターになった。アーケード版ではバランスを調整したVer.Bが後に稼働。

グラフィック的には、前作『鉄拳1』は手足がかなり大きくモデリングされており独特の雰囲気があったが、本作は通常の人間に近いバランスになった。しかしながら鉄拳1はぱっと見で、キャラクターが3Dであることが伝わりづらかったことから、本作ではポリゴンにフラットシェーディングを施すことで3Dであることを強調させており、そのため本作も『キャラクターが角張っている』という独特のモデリングとなった。

バージョンB[編集]

初期バージョンでは準に致命的なハメ技(永久コンボ)が見つかり、デフォルトキャラクターをペクに入れ替えて準を使用不能にする店舗が続出したため、稼働からわずか二ヶ月後にハメ対策を施したVer.Bがリリースされた。ハメ対策以外でも細かい調整や仕様変更が行われている。

初期バージョンとの主な違いは以下の通り。

  • ハメ技の排除
  • 硬直時間やダメージの微調整
  • タイムリリースキャラの解放条件を一定プレイ回数毎から一定稼働時間毎に変更
  • 中ボスに新技を追加
  • タイトル画面の変更(タイトルロゴにカズヤの顔のアップが入っている)
  • 勝ち星を表すランプが赤色から緑色に変更
  • デモ画面で戦っているキャラクターが2Pコスチュームになっている

Ver.Bは最初からタイムリリースキャラのワンとアーマーキングが解放された状態で出荷された。またVer.Bでは隠しコマンドの入力で全タイムリリースキャラを一斉解放させることが可能。

移殖版[編集]

PS版[編集]

アーケード版からおよそ半年後、Ver.Bを元に様々な追加要素を加えて家庭用に移殖された。中でも「プラクティスモード」はタイミングが難しい「10連コンボ」を音とタイミングを表示させることで練習することができるようになっている。また、「サバイバルモード」、「チームバトルモード」なども追加されている。裏技としてデカ頭モード、主観視点モードなどポリゴンであることを生かしたモードも用意されている。


グラフィックの変化は一見では殆どわからないが、PS版はテクスチャあたりで使用されている色数がアーケード版の256色から16色に減色されている。

アーケード版ではタイムリリースキャラだったキャラは、中ボス全10人は対応するそれぞれのデフォルトキャラでアーケードモードをクリアで、ボスの三島 一八は前述の中ボスを全て出現させた状態でその中ボスのうち何れか一人でアーケードモードをクリアで、最終ボスのデビルカズヤ(とエンジェル)は一八でアーケードモードをクリア、エキストラキャラのロジャー&アレックスは使用キャラは問わず、アーケードモードの三人目でグレイト勝ち(体力を僅かに残して相手をKO)することで次の四人目に必ず登場するロジャーかアレックスを倒すことで(クリアの必要はない)、それぞれ使用可能になる。また、中ボスを全員出現させると、タイトル画面がロゴに一八の顔が入ったVer. B準拠のものに変化。さらに、PS版オリジナルの要素として、全キャラクターを使用可能にすると、アーケード版ではCPU専用だったタキシードコスチュームの一八が使用可能になる(性能は通常の一八と同様)。

各デフォルトプレイヤーキャラクター(及びペク)のステージBGMは家庭用向けのリミックスバージョン(アレンジ版)がデフォルトで流れるようになり、アーケード版で使用されていたオリジナル版BGMは設定画面から変更することで流れるようになる。ちなみに、アーケード版では一八とデビルカズヤのBGMは両者同じ曲を使用してたが、PSへの移植にあたり、家庭用リミックスのアレンジBGM選択時のみデビルカズヤには新たな曲が採用され流れるようになっていいる。またアーケード版ではペク以外の中ボスキャラに個別のテーマ曲がなく、対戦時も全て中ボスのステージ曲が当てられていたが、PS版では前作『鉄拳』の各ステージBGMが各キャラに割り当てられて流れるようになった(前作で言うベネチアステージのBGMのみ未採用で未収録)。
PS版のBGMは全てCD-XA規格で収録されているが、PS版エンディング曲 "Landscape Under The Ghost - KAMINANO" だけは、サウンド担当者の「音質を落としたくない」というこだわりからCD-DA音声で収録されている。

本作はPS用ゲームソフトとしては初のミリオンセラーを達成した。

2006年11月22日よりゲームアーカイブスにて配信開始(当初はPlayStation Portableのみ対応、2007年4月25日よりPlayStation 3に追加対応)。

PS2版[編集]

2005年3月31日に発売された『鉄拳5』の「アーケードヒストリーモード」に『鉄拳』、『鉄拳3』と一緒にアーケード版『鉄拳2 Ver.B』の完全移殖版が収録されている。あくまでもAC版の完全移殖のため、PS版の追加要素は収録されていない。なお、タイムリリースキャラは最初から全員解禁されている。

ストーリー[編集]

前大会より2年、三島財閥頭首となった三島一八が「The king of iron fist tournament 2」を開催。前回の出場者に加え、世界各地から新たな強者達が名乗りを上げた。一八の目的は、私設部隊の強化と死んだと思っていた前頭首である父・平八をおびきだすことにあった。

優勝は三島平八。彼は息子・一八の体を火山の火口に投げ捨てた。ヘリで去っていく平八の背後で火山が噴火し、平八は満面の笑みを浮かべるのであった…

登場人物[編集]

デフォルトキャラクター

  • 日本の旗三島平八(みしま へいはち)
  • 日本の旗風間準(かざま じゅん)
  • 中華人民共和国の旗雷武龍(レイ・ウーロン)
  • アメリカ合衆国の旗ポール・フェニックス
  • アメリカ合衆国の旗マーシャル・ロウ
  • アイルランドの旗ニーナ・ウィリアムズ
  • メキシコの旗キング
  • ロシアの旗ジャック-2(‐ツー)
  • 吉光(よしみつ)
  • アメリカ合衆国の旗ミシェール・チャン

ボスキャラクター

  • 日本の旗三島一八(みしま かずや)

中ボスキャラクター

  • 日本の旗李超狼(リー・チャオラン)
  • 中華人民共和国の旗王椋雷(ワン・ジンレイ)
  • アメリカ合衆国の旗ブルース・アーヴィン
  • クマ
  • 大韓民国の旗白頭山(ペク・トー・サン)
  • アイルランドの旗アンナ・ウィリアムズ
  • 不明の旗アーマーキング
  • ロシアの旗プロトタイプ・ジャック
  • 州光(くにみつ)
  • 日本の旗巌竜(がんりゅう)

最終ボスキャラクター

  • 不明の旗デビル/不明の旗エンジェル

条件を満たすことで追加されるキャラクター

  • ロジャー/アレックス

トリビア[編集]

  • 『鉄拳2』は当初はブルースとレイが新キャラクターとして開発されていた。しかも当初はレイが「ジュン」の名前で日本人刑事の設定であった。それとは別に、韓国市場向けにペクが平行して開発されていた。しかし営業サイドより新キャラクターの一人を「初心者でも簡単に技が出せる」「女性キャラ」にして欲しいという話が出て、それで新たに日本人女性キャラが作成され、「ジュン」の名前が日本人女性キャラに引き継がれて、レイは香港国際警察のキャラに設定変更された。そしてブルースは調整不十分のまま中ボスに回された。ザ・プレイステーションにはAC版『鉄拳2』制作中の写真として、準がBRUCE、レイがJUNのキャラクター名で表示されている写真が掲載されている。
  • 前作のPS版には起動時に『ギャラガ』が遊べたが、本作もPS版において、当初は起動時のローディング中に遊べるおまけとして『スターブレード』が収録される予定だった。しかしながら開発技術の向上からロード時間が短くなり、凝ったミニゲームを入れたのではただでさえ余裕のないスケジュールがさらに圧迫される上に、かえって起動に時間がかかり本末転倒になる事から没案となった。ちなみにザ・プレイステーションのムック本でもある公式攻略本の『鉄拳2 パーフェクトガイド』掲載のインタビューによると、「本来のゲーム部分の完成度を上げずしてどうする」と開発部内で声がかかっていたと言う。
  • 前述の通り、本作『2』では『スターブレード』の収録が見送られたが、2005年発売のPS2版『鉄拳5』にてこの案が掘り起こされて急遽採用されることになり、晴れて収録された。さらに、5の本編である条件を満たすと、完全版まで遊べるようになる。
  • 業務用ではラスボス(タキシード姿)の一八と、プレイヤーキャラとして使える一八は、性能はまったく同一だが、内部処理的にはキャラクタースロットが分かれており別キャラクター扱いになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GEIMIN.NET/国内歴代ミリオン出荷タイトル一覧、GEIMIN.NET、2013年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]