コミックゲーメスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コミックゲーメスト』は、新声社より1993年から1997年まで発行されていた漫画雑誌

概要[編集]

アーケードゲーム雑誌『ゲーメスト』を基に創刊された、アーケードゲームのコミカライズを主体とした漫画雑誌。創刊当初は『ゲーメスト』の別冊扱いで隔月刊だったが、第5号で『ゲーメスト』から正式に独立し、月刊誌となる。

掲載作品のレベルは決して低いものではなく、作者陣も著名な(または、のちに著名となる)漫画家が多かった。また、ゲームを題材としたものだけでなく、オリジナルの作品もあった。しかし、いかんせん移り変わりの激しいアーケードゲームの世界において、月刊誌であるということは大きなハンデとなった(当時のアーケードゲームは今とは比較にならないほど新作が早くリリースされており、世界観を綿密に描写しようとしても、何か月もかけていては対象のゲームの稼動時期という「旬」を逃してしまうため)。このため、未完に終わるか休載となる作品が非常に多い。

なお、休刊号には本誌を引き継ぐ形での新ゲームコミック雑誌の予告が掲載され、いくつかの連載はそちらで継続することが語られたが、結局日の目を見ないまま新声社自体が倒産を迎えた。

掲載作品(一部)[編集]

ゲーム原作作品[編集]

オリジナル作品[編集]

  • アクアリウム須藤真澄
    魚と話をすることができる少女が主人公の物語。作中にゲームは出てこず、ゲーム由来のキャラクターも登場しない完全なオリジナル作品。ゲーム業界と無関係の作品ということもあってきちんと完結している。1998年に映画化された。
  • CONTINUE?ひさの瑠珈
    女子高生2人組のゲームライフを綴った4コマ漫画。ネタについては、ゲームについての知識がなくても読める程度のライトなもの。
  • 城物語冨士宏
    中世ドイツで辺境の城持ち領主となった少年の日常と戦いを描く歴史物語。マッグガーデンより増補完結版として単行本が出たが、未完。
  • 速攻生徒会小川雅史
    対戦格闘ゲームというジャンルをパロディにした漫画。雑誌の廃刊により単行本は未完の状態となるが、後に講談社のアフタヌーンKCから全3巻が発売。しかし、雑誌掲載時とは台詞等に多岐にわたる改変が見られ、意味合いが全く異なってしまったシーンも少なくはない上に、未収録話も多い。
  • みんなはどぅ?(G=ヒコロウ
  • 爆裂目覚まし娘コッコ参上!!(いのうえ空
  • 大活劇!風のまにまに妖撃団 きさらご用心!!(いのうえ空)
  • 風を抱きしめて…(いのうえ空)

企画のみに終わった作品[編集]

  • サムライスピリッツ車田正美
    正式連載前から誌上にて盛んにPRされた。1994年10月号から12月号にかけては表紙イラストや綴じ込みポスターが描かれ(これらは車田正美画集『BURNING BLOOD』に収録されている)、その後も読者投稿による応援コーナーや進行状況の報告などが掲載された。しかし、企画途中の段階で車田は原作に回り、作画はいのうえ空が担当する「車田軍師版」へと変更され(この時、いのうえによるイメージイラストも掲載されていた)、最終的には目次ページにて正式に企画の中止が告知された。
  • ヴァンパイアセイヴァー三部敬
    予告などが掲載されたが、掲載誌の休刊により中止になった。

ゲーパロ4コマグランプリ[編集]

ゲームパロディの4コマ漫画。ゲーム制作スタッフによるものと、読者投稿との二段構成。読者投票が毎月行われ、1位になった投稿者には1ページのフリースペースが与えられた。本編で死亡したギース・ハワードが墓標の姿で動き回る「ギース・ボヒョー・ハワード(通称ボヒョーギース)」や、ワルキューレバルログが融合した「バルキューレ」など、長期シリーズとなるキャラクターも生み出された。後にプロ作家となる桜瀬琥姫がこのコーナーの初期の常連投稿者だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 単行本に○に「1」の記述あり。

関連項目[編集]