三部敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三部 けい
生誕  3月5日
日本の旗 日本北海道苫小牧市
職業 漫画家
活動期間 1990年代 -
ジャンル 少年漫画
代表作 『菜々子さん的な日常』 ※瓦敬助名義
僕だけがいない街
受賞 1990年:第40回手塚賞佳作(「鳥の視点」)
1990年:第41回手塚賞準入選(「渚の記憶」)
1995年アフタヌーン四季賞春のコンテスト準入選(「アマテラス!」)
公式サイト 脳髄魔術&NO-NO'S - ウェイバックマシン(2016年10月17日アーカイブ分) (日本語)
テンプレートを表示

三部 けい(さんべ けい 3月5日[1] - )は、日本漫画家男性北海道苫小牧市出身[1][2]千葉県在住[1]三部敬瓦敬助(かわら けいすけ)の名義でも執筆。妻はイラストレーター兼処敬士(かねさだ けいし)。

略歴[編集]

ゲーム雑誌電撃アドベンチャーズ』でデビュー。代表作は、三部敬名義による『カミヤドリ』や瓦敬助名義による『菜々子さん的な日常』シリーズなど。過去に荒木飛呂彦のチーフアシスタントを務めており、『テスタロト』『カミヤドリ』および『僕だけがいない街』の単行本化の際にはオビに荒木からの推薦文が寄せられた[3]

『僕だけがいない街』が累計400万部突破のヒットとなり[4]、2016年にはアニメ化、実写化もされた。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

  • ブラックロッド(原作:古橋秀之、『電撃アドベンチャーズ』vol.14 - 19)
  • ほたる
  • 菜々子さん的な日常(全2巻、名義:瓦敬助)
    • 菜々子さん的な日常RE(全1巻、名義:瓦敬助)
    • 菜々子さん的な日常DASH!!(全3巻、名義:瓦敬助)
    • 菜々子さん的な日常REVIVAL(全4巻、名義:瓦敬助)
  • テスタロト(『コミックドラゴン』2000年8月号 - 2002年11月号)
  • カミヤドリ(名義:三部けい、『少年エース』2003年9月号 - 2006年3月号)
    • 神宿りのナギ(名義:三部けい、『エースアサルト』2007WINTER号 - 2009SPRING号、『少年エース』2009年10月号 - 2010年11月号)
  • パズル(原作:山田悠介、『少年エース』 2007年3月号 - 2007年10月号)
  • トガビト(『ヤングガンガン』 2007年No.02掲載)
  • 鬼燈の島-ホオズキノシマ-(『ヤングガンガン』 2008年No.01 - 2009年No.14)
  • 魍魎の揺りかご(名義:三部けい、『ヤングガンガン』、2010年No.09 - 2012年No.17)
  • DARK RABBIT(名義:三部けい、『月刊ビッグガンガン』、2011年Vol.01)
  • 僕だけがいない街(名義:三部けい、『ヤングエース』、2012年7月号 - 2016年4月号)
    • 僕だけがいない街 Re(名義:三部けい、『ヤングエース』、2016年7月号 - 12月号)
  • STEAL AND DEAD(名義:三部けい、『月刊ビッグガンガン』、2013年Vol.10 - 2014年Vol.10[5]
  • 非日常的なネパール滞在記(名義:三部けい、『月刊ビッグガンガン』、2015年Vol.08 - 2018年Vol.08)
  • 夢で見たあの子のために(名義:三部けい、『ヤングエース』、2017年8月号[6] - 2022年8月号[7]、全11巻)
  • 水溜まりに浮かぶ島(名義:三部けい、『イブニング』、2019年24号 - 2021年20号、全5巻)

アンソロジー[編集]

イラスト[編集]

画集[編集]

  • 九十九織

師匠[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ぷろひーる - ウェイバックマシン(2016年10月9日アーカイブ分)
  2. ^ 「僕だけがいない街」4巻で90万部 苫小牧出身の三部けいさん作コミック - ウェイバックマシン(2016年2月16日アーカイブ分)
  3. ^ “【インタビュー】師匠・荒木飛呂彦との関係は……? 『僕だけがいない街』三部けい【前編】”. http://konomanga.jp/interview/2893-2  このマンガがすごい! WEB 2014年6月9日
  4. ^ “累計402万部の傑作サスペンス・コミック『僕だけがいない街』最終第8巻、5月2日発売!”. http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002351.000007006.html 
  5. ^ 2014年Vol.10を最後に休載し、2015年Vol.08に掲載された『非日常的なネパール滞在記』内で連載終了が発表された。
  6. ^ “「僕だけがいない街」の三部けい新連載がヤングエースでスタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年7月4日). https://natalie.mu/comic/news/239370 2022年7月4日閲覧。 
  7. ^ ““可愛さ”はパワー!「残虐すぎる異世界でも鈴木は可愛い」ヤングエース新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年7月4日). https://natalie.mu/comic/news/484084 2022年7月4日閲覧。 
  8. ^ 東京創元社の文庫フェアにマンガ家10名、お気に入り作品のカバー描き下ろす(画像ギャラリー 4/10)”. コミックナタリー (2019年2月18日). 2022年12月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]