ブラック・ドッグ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラック・ドッグ
Black Dog
監督 ケヴィン・フックス
脚本 ウィリアム・ミケルベリー
ダン・ヴィニング
製作 ラファエラ・デ・ラウレンティス
ピーター・サフィアー
マーク・W・コッチ
製作総指揮 メイス・ニューフェルド
ロバート・レーメ
ゲイリー・レヴィンソン
マーク・ゴードン
音楽 ジョージ・S・クリントン
撮影 バズ・フェイトシャンズ四世
編集 デブラ・ネイル・フィッシャー
サブリナ・プリス・コモリス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年5月1日
日本の旗 1999年6月26日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $12,951,088[1]
テンプレートを表示

ブラック・ドッグ』 (Black Dog) は、1998年に製作されたアメリカ映画

あらすじ[編集]

主人公ジャック・クルーズはかつて大型トレーラー運転手をしていたが、ハイウェイで事故を起こしたことから職も営業用の運転免許も失い、今は仮釈放中の身であった。

そんなジャックに、ある日上司のカトラーから呼び出しがあった。カトラーはジャックの運転手としての腕を見込み、仕事を紹介してきたのである。仕事内容はジョージア州アトランタからニュージャージー州まで謎の積荷を載せた大型トレーラーの運転で、報酬は1万ドル、さらに営業用の運転免許も再交付されるという破格の条件であった。すべてを失った事故の呪縛と家族との平穏な生活を望んだことからジャックはその依頼を断るが、カトラーに返事は明日まで待つと言われる。

その日の晩、ジャックは自宅で引き出しから家の差押と借金9,000ドルと書かれた紙を偶然見つけてしまう。どういうことか妻メラニーに尋ねると、ジャックの服役中に勤めているパートだけでは生活できず、仕方がなかったという。そんな中、メラニーから家族でニューヨークに戻らないかと提案されるが、ジャックは断固として拒否する。理由は、ニューヨークでは学校にも銃や麻薬が蔓延している危険な場所のため、娘トレイシーの安否を心配したためであった。窮地に追い込まれたジャックは、渋々カトラーの依頼を引き受ける。

翌日、ジャックが指定された場所に向かうと、依頼主レッドからアール、ソニー、ウェズの3人を護衛兼監視役として連れて行くように条件を追加される。事故の呪縛を感じつつも、失ったものを取り戻すためと奮起したジャックは、3人と共に目的地へ出発する。しかし、順調に見えた矢先にトレーラーは謎の一味に襲撃されたうえ、ジャックの留守中にメラニーとトレイシーが人質にとられてしまい、明日9時までに荷物を届けなければ妻子を殺すと脅される。かくしてジャックは、謎の襲撃者や州警察FBIの追跡を振り切り、ハイウェイを激走する。

キャスト[編集]

配役、俳優、日本語吹替(ビデオ&DVD/テレビ)の順に記述。

テレビ版の初回放送は2002年8月23日日本テレビ金曜ロードショー」枠。

スタッフ[編集]

登場車両[編集]

1995年式ピータービルト・379
主人公ジャック・クルーズの乗る車両。
キャタピラー製モデル3406直列6気筒エンジン、イートン・フューラー製10速ミッション、63インチ・スリーパー、排気ブレーキ。
設定上の積荷を含めた車両の総重量は79,980ポンド(約36.2t)で、重量制限を20ポンド(約9kg)下回っていた。
ちなみに映画のポスターや輸入版のサントラCDのジャケットには1980年代のフォード製ボンネット・トラック(LTL9000か、それに似たもの)が主人公と共に大きく写っているものがあるが、この車両は本作には登場しない。
1988年式シボレー・カマロ
クルーズのトラックを護衛する。主にアール、ソニー、ウェズが交代しながらの運転。
なぜかフロントのナンバープレートがディーラー用の「CAMARO」プレートになっている(一部州では、プレートは前後どちらか片方に付けられていれば良い。詳細は北米のナンバープレート参照)。

脚注[編集]

  1. ^ Black Dog (1998)” (英語). Box Office Mojo. 2010年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]