俺たちニュースキャスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
俺たちニュースキャスター
Anchorman: The Legend of Ron Burgundy
Anchorman-logo.svg
監督 アダム・マッケイ
脚本 ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
製作 ジャド・アパトー
製作総指揮 デヴィッド・O・ラッセル
ショーナ・ロバートソン
出演者 ウィル・フェレル
クリスティナ・アップルゲイト
スティーヴ・カレル
ポール・ラッド
デヴィッド・ケックナー
音楽 アレックス・ワーマン
撮影 トーマス・E・アッカーマン
編集 ブレント・ホワイト
配給 ドリームワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年7月9日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $26,000,000[1]
興行収入 $90,574,188[1]
次作 俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク
テンプレートを表示

俺たちニュースキャスター』(Anchorman: The Legend of Ron Burgundy)は、2004年アメリカ映画アダム・マッケイ監督、ウィル・フェレル主演作品。2013年に、マッケイ監督、フェレル主演による、続編『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』が公開された。

概要[編集]

全米人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で人気を博したウィル・フェレル主演の爆笑コメディー映画である。監督には、フェレル同様『サタデー・ナイト・ライブ』において脚本家俳優ディレクターを務めたことがあるアダム・マッケイ。プロデューサーにはコメディー映画の名仕掛け人であるジャド・アパトーが当たっている。主演のフェレルの知名度はまだ日本ではそこまで浸透していないが、彼独特のコメディーセンスが窺える一本である。

あらすじ[編集]

時は1970年代のサン・ディエゴ。ロン・バーガンディ(ウィル・フェレル)率いるブライアン(ポール・ラッド)、ブリック(スティーヴ・カレル)、チャンプ(デヴィッド・ケックナー)らのチームはいつも行動を共にする地元のテレビ局が製作する「チャンネル・ニュース4」で人気のニュースキャスター。人気キャスターという名を欲しいがままにして、好き放題、パーティー三昧の毎日を送っていたロンたちの働く局にある日、野心溢れる美人ニュースキャスターのヴェロニカ(クリスティナ・アップルゲイト)が入社してくる。初めのうちはそんなヴェロニカに猛アプローチをかましていたロンだが、彼女がロンの看板番組にキャスターとして起用された途端に態度が急変。自分の座を奪われてはなるものかと全力を挙げて嫌がらせを決行する。しかし、そんなロンの嫌がらせにもめげないヴェロニカは、自分のニュースキャスターになるという夢をひたすら追い続けている。そんな彼女に面白くないロンの嫌がらせはエスカレートしていくと同時に、ライバル局のメインキャスターであるウェス(ヴィンス・ヴォーン)たちのチームらと縄張り争いを繰り広げながら様々な騒動を巻き起こしていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Anchorman: The Legend of Ron Burgundy”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]