40歳からの家族ケーカク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
40歳からの家族ケーカク
This Is 40
監督 ジャド・アパトー
脚本 ジャド・アパトー
原作 キャラクター創造
ジャド・アパトー
製作 ジャド・アパトー
クレイトン・タウンゼント
バリー・メンデル
出演者 ポール・ラッド
レスリー・マン
ジョン・リスゴー
ミーガン・フォックス
アルバート・ブルックス
音楽 ジョン・ブライオン
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 ブレント・ホワイト英語版
ジェイ・ドゥービー
デヴィッド・L・バートマン
製作会社 アパトー・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年12月21日[1]
上映時間 133分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[3]
興行収入 $88,058,786[3]
テンプレートを表示

40歳からの家族ケーカク』(40さいからのかぞくケーカク、原題: This Is 40 )は、ジャド・アパトーの監督・脚本・製作による2012年アメリカ合衆国コメディ映画である。アパトーによる2007年の映画『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』に登場したポール・ラッドレスリー・マン演じる夫婦に焦点を当てたスピンオフである。

ストーリー[編集]

ともに40歳を迎えたピートとデビーの夫婦が、冷え込んだ夫婦関係、年頃の娘とのギクシャクした関係、それぞれの実父との微妙な関係や仕事上のトラブルなど、様々な問題に見舞われる中で、3人目の子の妊娠をきっかけに家族の絆を取り戻すまでを描く。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』からのキャラクター

その他のキャラクター

公開[編集]

当初は2012年6月1日に北米公開が予定されていた。しかしながら2011年5月、ユニバーサル・ピクチャーズは『スノーホワイト』の公開を同日、『40歳からの家族ケーカク』を2012年12月に変更した[1]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは206件のレビューで支持率は51%となった[5]Metacriticでは39件のレビューで加重平均値は59/100となった[6]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果 出典
ヤング・アーティスト賞英語版 映画助演女優賞 モード・アパトー ノミネート [7]
放送映画批評家協会賞 コメディ映画賞 『40歳からの家族ケーカク』 ノミネート [8]
コメディ映画男優賞 ポール・ラッド ノミネート
コメディ映画女優賞 レスリー・マン ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ a b Fleming, Mike (2011年5月16日). “Snow White Battle Intensifies As Universal Moves Its Pic One Month Before Relativity Rival”. Deadline.com. 2011年9月10日閲覧。
  2. ^ This Is 40”. British Board of Film Classification (2012年10月22日). 2012年11月6日閲覧。
  3. ^ a b This Is 40”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年7月19日閲覧。
  4. ^ クレジットではLavianiだがIMDbではLaviatiと表記されている。
  5. ^ This is 40 Movie Reviews”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年7月19日閲覧。
  6. ^ This Is 40 Reviews, Ratings, Credits, and More - Metacritic”. Metacritic. 2013年7月19日閲覧。
  7. ^ 34th Annual Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2013年3月31日閲覧。
  8. ^ 'Lincoln' leads the 18th Annual Critics' Choice Movie Awards nominations with a record 13 noms”. 放送映画批評家協会. 2013年7月19日閲覧。

関連項目[編集]

  • LOST:劇中に登場する人気テレビドラマ。

外部リンク[編集]