アルバート・ブルックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルバート・ブルックス
Albert Brooks
Albert Brooks
2011年撮影
本名 Albert Lawrence Einstein
生年月日 (1947-07-22) 1947年7月22日(72歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルスビバリーヒルズ
職業 俳優コメディアン映画監督脚本家
活動期間 1968年 - 活動中
著名な家族 ボブ・アインスタイン(兄)
主な作品
タクシードライバー
ブロードキャスト・ニュース
ファインディング・ニモ』シリーズ
ドライヴ
アメリカン・ドリーマー 理想の代償
テンプレートを表示

アルバート・ブルックス(Albert Brooks, 1947年7月22日 - )は、アメリカ俳優カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。父はラジオのコメディアン[1]。兄のボブ・アインスタインも俳優。本名はアルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)で、相対性理論物理学者アインシュタインと同姓同名。脚本や監督もこなす。

来歴[編集]

1947年にコメディアンのハリー・アインスタインと歌手のテルマ・リーズとの間にカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。オーストリアロシアの家系である。兄弟も俳優をしている芸能一家でもある。そのため、幼い頃より芸能界とは深い関係があった。高校時代は、ビバリーヒルズにあるビバリーヒルズ高校へ在籍。当時の同級として、ロブ・ライナーリチャード・ドレイファスがいた。

高校卒業後は名門のカーネギーメロン大学へ進学するも、1年で中退してコメディアンを目指す。その頃に本名である“アインシュタイン”という苗字を変え(物理学者のアインシュタインと同姓同名だったため)、60年代後半からトークショーやバラエティ番組などに出演して実力をつけていった。新鮮な芸風が人気を得て、人気司会者のジョニー・カーソンの番組などへも出演して徐々にその知名度も上がり、新世代のコメディアンとして一躍有名になる。1973年には自身のコメディ・アルバムも発売して好評を得た。1975年からは人気番組サタデー・ナイト・ライブへも参加して脚本と演出を担当。ほどなくして、マーティン・スコセッシ監督の出世作『タクシードライバー』で映画デビュー。その後も演出や脚本、俳優としてキャリアを重ねていく。80年代には自身も監督に携わるようになり、90年代もコンスタントに監督作、出演作を増やした。人気アニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』では、数多くゲスト出演を果たしている。また、2003年に出演したピクサー製作の大ヒットアニメ『ファインディング・ニモ』でのニモの父親役の声の出演としても知られている。

2011年に出演したライアン・ゴズリングキャリー・マリガン出演の『ドライヴ』では悪役を演じる。その演技力から各方面でブルックスのアカデミー賞ノミネートが期待されたが、ノミネートは逃している。そのことに対し、俳優のラッセル・クロウはゴズリングとブルックスがノミネートされなかったことに対して不満を漏らしている[2]。アカデミー賞にはノミネートされなかったが、全米映画批評家協会賞ニューヨーク映画批評家協会賞などで助演男優賞を受賞したのをはじめ、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされるなど、様々な映画賞で高い評価を得ている。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1976 タクシードライバー
Taxi Driver
トム
1980 プライベート・ベンジャミン
Private Benjamin
イェール・グッドマン
1981 モダン・ロマンス
Modern Romance
ロバート・コール
1983 トワイライトゾーン/超次元の体験
Twilight Zone: The Movie
運転手 プロローグ出演
愛と追憶の日々
Terms of Endearment
オーロラの夫の声 声の出演
1984 殺したいほど愛されて
Unfaithfully Yours
ノーマン・ロビンス
1985 ゴー!★ゴー!アメリカ/我ら放浪族
Lost in America
デヴィッド・ハワード 兼脚本・監督
1987 ブロードキャスト・ニュース
Broadcast News
アーロン・アルトマン
1991 あなたの死後にご用心!
Defending Your Life
ダニエル・ミラー 兼脚本・監督
1994 ハリウッド・トラブル
I'll Do Anything
バーク・アドラー
スカウト/涙の81球
The Scout
アル・パーコロ 主演・脚本
1996 ミスター・コンプレックス/結婚恐怖症の男
Mother
ジョン・ヘンダーソン 兼脚本・監督
1998 ドクター・ドリトル
Doctor Dolittle
ジェイコブ(トラ) 声の出演
アウト・オブ・サイト
Out of Sight
リチャード・リプリー
1999 ハリウッド・ミューズ
The Muse
スティーヴン・フィリップス 兼脚本・監督
2001 マイ・ファースト・ミスター
My First Mister
ランドール
2003 セイブ・ザ・ワールド
The In-Laws
ジェリー・ペイザー
ファインディング・ニモ
Finding Nemo
マーリン アニメ映画、声の出演
2007 ザ・シンプソンズ MOVIE
The Simpsons Movie
ラス・カーギル アニメ映画、声の出演
2011 ドライヴ
Drive
バーニー・ローズ
2012 40歳からの家族ケーカク
This Is 40
ラリー
2014 アメリカン・ドリーマー 理想の代償
A Most Violent Year
アンドリュー・ウォルシュ
2015 リトルプリンス 星の王子さまと私
Le Petit Prince
ビジネスマン アニメ映画、声の出演
コンカッション
Concussion
シリル・ウェクト
2016 ファインディング・ドリー
Finding Dory
マーリン アニメ映画、声の出演
ペット
The Secret Life of Pets
ティバリウス アニメ映画、声の出演

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1969 ドクター・ウェルビー
Marcus Welby, M.D.
生徒 1エピソード
1970 おかしな二人
The Odd Couple
ルディ 2エピソード
1971 恋愛専科
Love, American Style
クリストファー・リーコック 2エピソード
1975 サタデー・ナイト・ライブ
Saturday Night Live
複数役 ゲスト出演
1990-2015 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
複数役 7エピソード、声のゲスト出演
2008 Weeds ママの秘密
Weeds
レニー・ボトウィン 4エピソード

逸話[編集]

恋人たちの予感』でビリー・クリスタルが演じた役をオファーされたこともあった。「西海岸のウディ・アレン」と異名をとるブルックスは脚本を読んで、この映画があまりにもアレン映画的であると判断したためにオファーを断った、ということがIMDBトリビアに書かれている。

脚注[編集]

  1. ^ Albert Brooks Biography (1947-)
  2. ^ ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリングのオスカーノミネート落選に立腹 : 映画ニュース - 映画.com

外部リンク[編集]