スター・ウォーズ クローン大戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Star Wars: Clone Wars
アニメ:スター・ウォーズ クローン大戦
監督 ゲンディ・タルタコフスキー
脚本 ブライアン・アンドリューズ
デリック・バックマン 他
アニメーション制作 カートゥーンネットワークスタジオ
ルーカスフィルム
製作 ゲンディ・タルタコフスキー
放送局 カートゥーンネットワーク
放送期間 2003年11月10日 - 2005年5月29日
話数 25
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

スター・ウォーズ クローン大戦』(スター・ウォーズ クローンたいせん、原題:STAR WARS: CLONE WARS )は、米国カートゥーンネットワークスタジオルーカスフィルム製作したアメリカ2Dテレビアニメ

SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズスピンオフ(外伝)作品で、実写映画スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間の出来事を描く。第56回及び第57回エミー賞アニメーション番組部門受賞。

概要[編集]

『エピソード3/シスの復讐』の公開時期に併せて、本シリーズの製作総指揮を務めるジョージ・ルーカスの指揮下で、彼によるストーリー原案を元に脚本が書き上げられた[1]こともあり、スピンオフ(外伝)作品ながらも『エピソード3/シスの復讐』本編に繋がる多くの伏線を描いた重要なエピソードがクローン大戦を中心に描かれる。ドゥークー伯爵率いる分離主義勢力に属する敵キャラクターとして、不死身の傭兵ダージや、シスになることを望む二刀流の女剣士アサージ・ヴェントレスが登場する。グリーヴァス将軍は『エピソード3/シスの復讐』に先駆けて本作がシリーズ初登場となる。

アメリカのアニメ専門チャンネルカートゥーン ネットワーク2003年から2005年にかけて放送された。日本ではカートゥーンネットワークにて、シーズン1が2003年11月10日に、シーズン2は2004年3月29日に放送開始。シーズン1及びシーズン2は、どちらも1チャプター約3分程度の各10チャプターで構成される(シーズン2の最終チャプターのみ約7分に拡大)。続くシーズン3は2005年5月1日に放送開始、1チャプター約12分程度の5つのチャプターから構成されている。全シーズンの全チャプター累計で約2時間(映画一本分)ほどの作品である。20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンからシーズン1とシーズン2を収録した「VOLUME ONE」(本編70分)が2005年5月27日に、そしてシーズン3を収録した「VOLUME TWO」(本編64分)が同年11月23日に、DVDで発売された。

「VOLUME ONE」は『エピソード2/クローンの攻撃』の4ヵ月後から始まり、「VOLUME TWO」のラストシーンは『エピソード3/シスの復讐』オープニングの惑星コルサント上空の艦隊戦に、そのままシームレスに繋がる。

トゥーンレンダリングされた2Dアニメーションや大量の動画枚数からくる絵の滑らかさとテンポのよさ、場面の切り替わりの速さから高い評価を受け、第56回及び第57回エミー賞アニメーション番組部門を受賞した。

本作の好評を経て、同じく『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3/シスの復讐』の間の時代を舞台にクローン大戦における戦いの一端を描いた3DCGアニメ映画スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008年公開)や、その続編となるクローン大戦の様々な戦場を描く3DCGアニメのテレビシリーズ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』が本作の後年に製作された。本国アメリカでは、後年製作されたこれらの3DCGアニメ版と本作を混同しない様、副題の「CLONE WARS」の前の“THE”の有無でタイトルに差別化がなされた(『CLONE WARS』⇒本作、『THE CLONE WARS』⇒3DCGアニメ版)。日本でも混同を避けるため、本作の副題を『クローン大戦』と呼称したのに対して、3DCGアニメ映画とその続編となる3DCGアニメ版テレビシリーズの副題を『クローン・ウォーズ』と呼称することで差別化している。

2012年10月ウォルト・ディズニー・カンパニーが本シリーズの制作会社ルーカスフィルム買収し、『エピソード7』に当たる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を始めとする新たなレイ3部作である「エピソード7・8・9」の映画製作の決定に伴い、スピンオフ作品が数多くあることが、新規ファンに混乱を与えてしまうという配慮から、スピンオフ作品は、ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルムの買収後に設立された「ルーカスフィルム ストーリー・グループ」の監修を受けた作品のみを「カノン(正史)」とし、それ以前の「ルーカスフィルム ストーリー・グループ」の監修下で製作されていないスピンオフ作品は「レジェンズ(非正史)」として分別されることになった[2]

その影響により、ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルムの買収以前に製作され、すでにシリーズ展開が終了した作品である本作も、ジョージ・ルーカスの総指揮の下で製作された[1]作品にかかわらず「レジェンズ」に分類されることになった。だが、本作より誕生した一部キャラクターおよび設定は、「カノン」として扱われる作品に引き続き登場している。

複線[編集]

本作では、実写映画シリーズでは描かれなかった場面や、拾われなかった複線をいくつか補完している。以下にその内のいくつかを例を挙げる。

  • アナキン・スカイウォーカーが「ナイト」の称号を得る儀式。
  • スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でアナキンがパドメに渡し、『エピソード3/シスの復讐』の結婚後にはパドメが身に付けラストシーンでも手に握っていた「ジャポーのお守り」の結婚するまでの間の処遇。
  • C-3POの装甲が金色に変わった理由。
  • グリーヴァス将軍ドゥークー伯爵からジェダイの剣術の対処法を教わるシーン。
  • アサージに破壊されたドロイドR4-P22に代わり、パドメの下にいたR2-D2がアナキンと共に戦うことになった経緯。
  • パルパティーン最高議長が共和国の首都コルサントにいながらも誘拐されるに到った戦いの顛末。
  • 『エピソード3/シスの復讐』でグリーヴァス将軍が咳き込んでいたのは、直前にメイス・ウィンドゥのフォース・プッシュの直撃を胸部に受けていたため。
  • アナキンの義手のデザインが『エピソード3/シスの復讐』で変わっていた理由。

あらすじ[編集]

VOLUME ONE[編集]

Season1(Chapter 1 - 10)
戦禍が銀河各地に広がる中、パルパティーン最高議長はアナキン・スカイウォーカーを指揮官とする事を薦め、ヨーダオビ=ワン・ケノービを説き伏せてしまう。オビ=ワンの忠告に、アナキンは不満を募らせていた。
その後惑星ムーニリンストに到着した地上軍を指揮するオビ=ワンは、フォードー率いる少数のARCトルーパー部隊を展開し、独立星系連合軍の長距離攻撃をしていたタワー砲台を爆破させる。しかしすぐに劣勢のドロイド軍を率いていたダージが、アサシン・ドロイド達が乗るスピーダーバイク部隊を率いて銀河共和国軍の砲台を次々と破壊する。
その頃惑星モン・カラマリではキット・フィストークローン・トルーパー達を率いて潜水し、海底にある独立星系連合軍の大型ビーム砲台などへの攻撃を開始する。その頃、惑星ラタータックには、ドゥークー伯爵が傭兵たちが腕を競う闘技場での勝ち抜き戦を観戦しに来ていた。彼に自分を売り込む絶好の機会だと考え、その勝ち抜き戦に参加したアサージ・ヴェントレスは自分が勝ち抜いたことでドゥークーに自分の強さを見せつけ、シスの暗黒卿になることを望む彼女は続けて彼と対決する。
その後勢いに乗るダージらに対し銀河共和国軍側も、クローントルーパーの装甲服に身を包んだオビ=ワンがクローン・トルーパー達が乗るスピーダーバイク部隊を率いて展開し巻き返すが、攻撃して倒す度に強大になるダージに苦戦する。その頃宇宙空間を指揮するアナキンは、自らのジェダイ・スターファイターで一個中隊の先頭に立ち彼らと共に独立星系連合軍のジオノージアン・ファイターを次々に破壊していく。しかし作戦が終盤に差し掛かった頃、素早く一個中隊を全滅させたアサージが操縦する見慣れぬ赤い戦闘機に危険を感じたアナキンは正面から立ち向かう。彼の表情に緊張が走る。
Season2(Chapter 11 - 20)
アサージが操縦する赤い戦闘機とのドッグファイトは加熱し、アナキンは作戦空域から離れた事をオビ=ワンに警告されるが、ハイパースペースまで追いかけてしまう。オビ=ワンには嫌な予感がしていた。
その頃惑星ダントゥインでは、メイス・ウィンドゥがクローン・トルーパー達と共に独立星系連合軍を相手に奮闘していたが、衝撃波で敵も味方も一網打尽にする敵の兵器サイズミック・タンクの出現により苦戦し始める。吹き飛ばされた瞬間に自分のライトセーバーを見失った彼は窮地に陥るが、強大なフォースの力でドロイド軍とタンク相手に単身立ち向かう。
その頃惑星イラムでは、極秘神殿でルミナーラ・アンドゥリィが自分の弟子のバリス・オフィーに、パダワンからジェダイ・ナイトに昇格した証としてフォースによるライトセーバーの組立ての儀式を行っていた。しかしそこへ侵入し爆弾を仕掛けていた独立星系連合軍のドロイド達が、突然2人に襲い掛かる。彼女らの危険を察知したヨーダは、パドメ・アミダラR2-D2C-3POと共にパドメのスターシップでイラムへ向かう。
その後アサージの赤い戦闘機を後追いして到着したヤヴィン第4衛星の密林で未知の敵(アサージ)を捜すアナキン。するとその背後で、後援として来たクローン・トルーパー達が次々と倒され、更に彼らが乗ってきた輸送船とアナキンのジェダイ・スターファイターが次々に破壊される。その後すぐにアサージが姿を表し2人の対決が始まる。
その頃惑星ハイポリでは、墜落したスター・クルーザーの残骸にキ=アディ=ムンディアイラ・セキュラシャク・ティター・セイアシャア・ギククラークの計6人のジェダイが隠れていた。B2スーパー・バトル・ドロイド軍が彼らを取り囲み攻撃を開始しようとしたその時、ドロイド軍を率いるグリーヴァス将軍がジェダイ達に単身で相手をすると申し出る。正体不明の強敵(グリーヴァス将軍)の出現にジェダイ達の緊張は極限まで高まる。

VOLUME TWO[編集]

Season3(Chapter 21 - 25)
惑星ハイポリに墜落したスター・クルーザーの残骸の中でグリーバスを相手に戦うジェダイ達を救出するため、フォードー指揮下のARCトルーパー部隊はシャークマウスを施した一機の共和国攻撃用ガンシップに乗り込み彼らの元へ向かう。後にグリーヴァス将軍の強さを知ったジェダイ評議会は、異例ではあるがアナキンをパダワンからジェダイ・ナイトへ昇格させる事を決めた。
歳月が流れ、オビ=ワンとアナキンが率いる第3軍は勝利を続けていた。そこへグリーヴァス将軍が惑星ネルヴァンにいるとの情報から、偵察に向かう。行きがかり上、アナキンはネルヴァンの民のやり方で彼らの災厄を取り除くため旅立った。そこで見たものは人体改造されたネルヴァンの戦士達だった。彼らを救出するための正義の行動により、次第にアナキンは自身の怒りをコントロールできなくなってしまう。
戦いがアウターリムと呼ばれる辺境域に偏っていた頃、惑星コルサントの白く霞んだ空が、突如パルパティーン最高議長を誘拐しに来たグリーヴァス将軍率いる多数の戦闘機の大群で埋め尽くされる。パルパティーンを守るためシャク・ティ、ファル・ムダーマロロン・コロブの3人のジェダイの騎士は、彼に付き添い避難させようとした。しかしグリーヴァス将軍と、彼のボディーガードであるマグナガード達が目の前に現れ、4人はどんどん追い詰められていく。激しい地上戦が繰り広げられる中、ヨーダとメイスは議事堂とジェダイ聖堂が無傷である事に気付き、敵の真の目的がパルパティーンであることに気付く。そしてメイスはパルパティーンを誘拐したグリーヴァス将軍の下へと急ぐ。
一報を受けたアナキンらは、ハイパードライブを準備して戦地となってしまった首都コルサントへと向かう。

声の出演[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME TWO』DVD特典映像【メイキング・オブ・「クローン大戦」~神話がつながる時~】
  2. ^ 『スター・ウォーズ ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION 「フォースの覚醒」を導いたスター・ウォーズの伝説』MEDIA HOUSE MOOK、78頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]