野獣教師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野獣教師
The Substitute
監督 ロバート・マンデル
脚本 ロイ・フランケス英語版
ロッコ・シモネッリ
アラン・オームズビー
製作 モリー・アイゼンマン
ジム・スティール
製作総指揮 スティーヴン・バカラー
デヴォラ・カトラー
出演者 トム・ベレンジャー
アーニー・ハドソン
ダイアン・ヴェノーラ
グレン・プラマー
マーク・アンソニー
クリフ・デ・ヤング
リチャード・ブルックス英語版
レイモンド・クルス
ルイス・ガスマン
ウィリアム・フォーサイス
音楽 ゲイリー・チャン
撮影 ブルース・サーティース
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ/ライブ・エンターテインメント
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年4月19日
日本の旗 1996年7月20日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $14,818,176[1]
次作 野獣教師2
テンプレートを表示

野獣教師』(原題: The Substitute)は、1996年アメリカ合衆国で制作されたアクションクライムスリラー映画

ストーリー[編集]

凄腕の傭兵シェイルはキューバでの任務を終え、恋人ヘツコが待つマイアミへ帰って来た。ヘツコは地元のコロンバス高校の教師で、ある日学校の不良グループに襲撃され、足に大怪我を追ってしまう。怒りに燃えるシェイルは経歴を偽装し、自分自身が代理の教師として高校に赴任する。

歴戦のキャリアを持つシェイルに不良グループは手も足も出ず、次第に生徒達はシェイルのことを慕うようになっていく。一方、そんなシェイルに対して怪しげな態度を取る校長ローレイは、元は組織犯罪課の刑事であった。ローレイの態度に疑問を持ったシェイルが傭兵仲間と共に調査を開始すると、ローレイ自身が不良グループを手先として操っている黒幕であり、麻薬売人と結託して裏で大金を手にしていることが判明する。

再び怒りに燃えるシェイルは傭兵仲間と共にローレイや不良グループを倒そうと決意するが、悪行の露見を知ったローレイも不良グループをヘツコの家へ向かわせ、彼らを亡き者にせんとする。愛する者を守るため、男の誇りを貫くため、シェイルは再び野獣となるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS フジテレビ
ジョナサン・シェイル トム・ベレンジャー 土師孝也 羽佐間道夫
クラウド・ローレイ校長 アーニー・ハドソン 秋元羊介 内海賢二
ジェーン・ヘツコ ダイアン・ヴェノーラ 小宮和枝 藤田淑子
ダレル・シャーマン グレン・プラマー 伊藤栄次 田原アルノ
ホアン・ラーカス マーク・アンソニー 関智一 二又一成
マット・ウルフソン クリフ・デ・ヤング 喜多川拓郎
ジェローム・ブラウン シャロン・コーリー 室園丈裕 塩屋翼
ウェルマン リチャード・ブルックス英語版 大川透 福田信昭
ジョーイ・シックス レイモンド・クルス 相沢正輝 堀内賢雄
ジョニー・グレイズ ロドニー・A・グラント英語版 仲野裕
レム ルイス・ガスマン 星野充昭 宝亀克寿
ホラン ウィリアム・フォーサイス 伊藤和晃 谷口節

続編[編集]

後にビデオ映画で続編が3本製作されたが、その際に主役はトリート・ウィリアムズへ交代された。

参考文献[編集]

  1. ^ The Substitute” (英語). Box Office Mojo. 2014年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]