この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

GAD GUARD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GAD GUARD
アニメ
原作 いづなよしつね
GONZO
錦織博
監督 錦織博
シリーズ構成 錦織博、池口和彦
キャラクターデザイン 相澤昌弘
メカニックデザイン 村田俊治
宮尾佳和
アニメーション制作 ゴンゾ・ディジメーション
アンバーフィルムワークス
製作 TEAM GADGUARD、フジテレビ
放送局 フジテレビ
フジテレビ721
アニマックス
放送期間 2003年4月16日 - 9月24日
話数 全26話(うち地上波未放送8話)
小説
著者 宇本京平
イラスト いづなよしつね
出版社 メディアファクトリー
レーベル MF文庫J
巻数 全4巻
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

GAD GUARD』(ガドガード)は、2003年4月から9月まで放送された、日本テレビアニメーション作品。ゴンゾ・ディジメーション制作。

概要

少年少女たちが「GAD(ガド)」と呼ばれる謎の物質から生まれた「鉄鋼人(てっこうど)」というロボットを手にいれ、それを機に様々な経験をして大人へと成長してゆく物語。ジャンルとしてはロボットアニメに入るが、内容的にはむしろ青春群像劇という性格が強い。本作はいづなよしつねの漫画『SPARKS』を基に構想され、シリーズ構成の池口和彦が「ロボットを武器としてではなく、友達のように登場人物とかかわる話と、青春や家族を題材にした作品をやりたい」と述べたことからこの企画が誕生した。脚本の會川昇は、青春や家族の物語にロボットをいかに自然に登場させるかに非常に悩んだと語っており、当初は毎回ゲストキャラとしてロボットが登場し、主人公たちと戦うという話の流れを模索したが、それでは話を進めるのが困難と判断し、現在のような形となった。

會川は各話ごとに、映画を基にしたテーマを決めており、第1話はガイ・リッチー、第8話はマカロニウェスタン、最終話は8マイルなど。[1]オープニングやエンディングのほか、劇中ではPE'Zの楽曲が挿入歌として多く使われている。

全26話だが、第6話の納品が放送日に間に合わず、第5話を2週連続で放送するというハプニングが発生した。また、それ以外にも放送ができなかった週が何度かあった為か、2クールの枠内に収まらず、地上波放送は第20話で打ち切られた。残りの第21 - 26話は、同年12月末にフジテレビ721及びアニマックスで放送された。

ストーリー

今から数百年後の地球。ユニットブルーと呼ばれる未来の街。そこには夜になると電力を失い暗闇に包まれるナイトタウンと呼ばれる街があった。

そこに住む少年・真田ハジキは学校に通いながら、八須賀運送で運び屋のバイトをしながら日々を暮らしていた。ある日、ハジキはひょんな事から高値で取引されている謎の物質「GAD」に接触する。するとGADは周りのスクラップを巻き込み、巨大な人型メカ、鉄鋼人「ライトニング」へと姿を変えた。その時から、ハジキの周りに鉄鋼人を持つ人が現れて、ハジキは彼らが起こす事件や戦いに巻き込まれていく。

登場人物

主要人物

真田 ハジキ(さなだ ハジキ)
- 鈴村健一 / 小林由美子(幼少期)
本作の主人公。ナイトタウンに住む少年。16歳。以前はデイタウンに住んでいたが、パイロットである父・ユウジロウが事故死してから中華料理屋で働く母・キョウコと妹・サツキと共にナイトタウンへ引っ越す。現在は教会が慈善活動で開いている学校へ通いながら蜂須賀運送で配達のアルバイトをしているが、偶然手にしたGADが鉄鋼人「ライトニング」に変化したことで生活が一変する。自立心が強く、好きな事には熱中するが、細かい事を考えるのは苦手。当初は、割と冷めた現実主義者で、何事にもあまり関心を示さなかったが、ライトニングと出会ってから、いかに自分にとって家族が大事な存在であるかを知り、家族を残して他界してしまい、自身が否定的だった父のかつての夢に関心が湧いてくる。
昇り鯉が描かれたスカジャンに、眼鏡を引っ掛けたニット帽がトレードマーク。ライトニングに乗る時は、ユウジロウの形見であるフライトジャケットを着用する。
カタナ
声 - 諏訪部順一
ナイトタウンの闇社会で生きる、危険な雰囲気の漂う少年。18歳。右頬に傷痕がある。生い立ちや家族については謎で、彼自身も知らない様子。性格は冷酷かつ攻撃的で、誰ともつるまず、孤高を好むが、負けず嫌いの面もある。鉄重機を操縦して闇の仕事を請け負い、生計を立てていたが、ある時、取引されるはずだった2つのGADのうち、片方を報酬として手に入れる。後日、もう1つのGADからハジキの鉄鋼人「ライトニング」が誕生する瞬間を目撃し、自身の鉄重機であるセブンでライトニングと戦うが敗北。虚脱感に浸っていたが、直後にGADが鉄鋼人「ゼロ」に変化。これを駆って鉄重機乗りとして仕事をこなしてゆくが、時にハジキと衝突する。その後、ゼロを使い暴力でユニット・ブルーを支配する野心を抱き、ハジキが闇社会に堕ちていく様を見届けようと目論むが、彼がユニットを抜け出した事や、傍らからサユリの存在が消えたことで、心境に変化が見られるようになる。
篠塚 アラシ(しのづか あらし)
声 - 折笠富美子
デイタウンにある大規模な空手道場の娘で、ハジキのクラスメートである少女。16歳。男児の誕生を願っていた父(声 - 池田勝)が付けた名前を気に入っておらず、父と弟(声 - 阪口大助)の元を去り、ナイトタウンで一人暮らしを始める。性格は至って生真面目だが、少々短気で嫉妬深いところもある。ハジキとライトニングの邂逅に居合わせたことで彼に興味を持ち、行動を共にするようになる。やがて、自身も鉄鋼人を欲するようになり、ハジキの落とした荷物の破片に使われていたGADから「ハヤテ」を生み出す。物語が進むにつれてハジキに惹かれていくようになり、後半で彼がユニット・ブルーを飛び出した時は、たまらず後を追った。
アイコ・マリー・ハーモニー
声 - 倉田雅世
大資産家であるハーモニー夫妻の養女。16歳。名門の女子高に通い、何不自由無い生活を送っている少女。両親が跡取りのためだけに自分を養子にしたのではないかという思いが心の隅にあり、それが彼女を悩ませている。また、その家庭環境から自身がこれからすべき事に強い興味を持つ。偶然、父のコレクションであったGADに触り、鉄鋼人「メッサーシュミット」を生み出し、以後自身の心のよりどころとなる。性格は至って謙虚で行動的だが、ややマイペースで、お嬢様らしいお人好しなところもある。鉄鋼人を持った人が一堂に会したことには意味があると信じ、争わずに互いに協調することを望んでいる。物語後半からタクミと仲を深めていく。乗馬が趣味。
如月 タクミ(きさらぎ たくみ)
声 - 佐藤ゆうこ
ナイトタウンで一人暮らしをする小柄な少年。16歳。他界した両親から一生暮らしていけるほどの莫大な遺産を受け継いでおり、稼ぐ時間を人々のためにと、自らの意志でナイトタウンの犯罪者を鉄鋼人「サンダーボルト」を使って懲らしめようとし、特にカタナを目の敵にする。血気盛んで正義感が人一倍強いが、向こう見ずで人の話を聞かない頑固なところがあり、ハジキ達と対立したり、危険を顧みず突っ走って痛い目を見ることが度々ある。その割に、自分の意見が言えない。物語が進むにつれて、人のためではなく、自分の心の隙間を埋めるために戦っていることに気づき、彼のアイデンティティは大きく揺れることとなる。
作中で、彼のみGADおよび鉄鋼人を手にした経緯について触れられていない。
蜂須賀 小五郎(はちすか こごろう)
声 - 石塚運昇
ハジキのバイト先である蜂須賀運送の社長。38歳。一見、冴えない中年オヤジだが、昔は凄腕の傭兵だったらしく、裏世界の事情にはかなり精通している。「核兵器も運んだ」と豪語するように、金次第でどんな荷物でも請け負い、現実主義で儲けを最優先とした仕事をモットーとする。それでも彼なりにハジキのことを気にかけており、カトリーヌが彼に危険な仕事をさせることにはやや否定的で、時にハジキを叱りつける時もある。
カトリーヌ・フローベル
声 - 井上喜久子
蜂須賀運送の事務所に現れて、色気を振りまきながら「儲け話」という名のトラブルを蜂須賀とハジキに持ち込む謎の美女。28歳。鉄重機を操れる。蜂須賀とは旧知の仲らしい。名前は偽名であり、曰く「本名はGADに取られた」とのことで、自分の過去を取り戻すため、執拗に自分のGADを追い求めている。
サユリ(小百合)
声 - 井端珠里
カタナと行動を共にする謎の少女。

その他の人物

真田 キョウコ(さなだ きょうこ)
声 - 津田匠子
ハジキとサツキの母。45歳。かつてはプリマバレリーナで容姿もスレンダーな美人だったが、今は太めになっており、その面影はない。夫の死後、子供達を養うために引退し、現在は中華料理店で朝早くから夜遅くまで働いているが、子供の面倒もきちんと見ている。
真田 サツキ(さなだ さつき)
声 - 仲西環
ハジキの妹。14歳。若い頃にプリマバレリーナであった母に憧れて、ダンススクールでバレエを習っている。
ジャック・ブルーノ
声 - 江原正士
ナイトタウンの裏社会を仕切っていたジャック一味の頭領。GAD強奪に失敗し、ハジキやカタナと衝突を繰り返す間に組織は弱体化し壊滅してしまう。悪党ではあるが、人情味があり、どこか憎めないところがある。
ワンダ・ウーマン
声 - 山口由里子
ジャックの右腕。一味を出し抜いてGADを手にするが、亜鉄鋼人を生み出してしまう。
弁護士
声 - 中嶋聡彦
表向きは組織の顧問弁護士として活動しているが、裏ではGADの取引に深く関わっており、ジャックやラリーのもとに現れる。
リッチー
声 - 千葉一伸
ハジキのクラスメート。ユニット・ブルーを出て音楽で身を立てることを夢見ている。劇中ではPE'Zの楽曲が、彼の作った曲として流れるというメタフィクション的な演出がなされている。
ブラック
声 - 大畑伸太郎
ハジキのクラスメート。常に上半身裸の上にコートを羽織っている、女たらしの色男。
ハネケ
声 - 朝倉栄介
ハジキのクラスメート。他のユニットでトラブルを起こしてユニット・ブルーに逃げてきたと噂されており、裏の世界に詳しい。
メリー
声 - 山川琴美
ユニット・ブルーの女性警官。下がる給料に愚痴をこぼしながら、ハジキとライトニングを度々追いかけ回す。
ヒルダ
声 - 山口眞弓
ユニット・ブルーの女性警官。メリーとコンビを組んで日々パトロールに出ている。警察の給料だけでは暮らしていけないため、密かに副業をしている。
屋台のオヤジ
声 - 塚田正昭
ナイトタウンで屋台を開くかたわら情報屋をやっている男。作るラーメンは不味いが、これを食べないと取引ができない。カーロスという名の間抜けな顔の犬を飼っている。
ラリー・J・ハーモニー
声 - 乃村健次
アイコの養父で、大企業「セントラル・エレクトロニクス」の社長。
ヒルダ・F・ハーモニー
声 - 麻生夏未
アイコの養母。
バルト
声 - 中田譲治
ユニット・ブルー外の警察の「特務」と呼ばれる組織の捜査官。GADや鉄鋼人について捜査しており、カタナを執拗に追う。
真田 ユウジロウ(さなだ ゆうじろう)
声 - 田中正彦
ハジキとサツキの父。パイロットであったが、事故で死亡している。

舞台

本作の舞台は現在から数百年未来の地球。人口が増え続け、その結果地球資源の枯渇をもたらし、自らの存在危機を叫んだものの、結局、非効率な消費システムからの脱却ができず、「ユニット」と呼ばれる個別の都市に再構成することを余儀なくされた[2]

鉄重機

ユニット再構成前の遥か昔に使われた工業用ロボット。様々な形をしているが、基本的に人型をした作業機械である。しかし、エネルギー資源が豊富だった頃の産物であり、今となっては駆動させるための燃料消費が激しいため、所持することは違法となっている。現在稼動しているものは、闇ブローカーを通じて取引される[2]。また、鉄重機の部品を掘り出して売る「堀屋」なる職業も存在するが、これも違法である。

GAD(ガド)

本作のカギとなる物質。この世界では非常に高値で取引されているが、時に莫大なエネルギーを放出すること以外はよく分かっておらず、宇宙から降ってきたとか、ユニット再構成の原因となる地球環境の変動を引き起こしたなどと噂される、謎の物質。形や材質は様々で、ハジキとカタナの鉄鋼人を生み出したものは金属状の立方体をしていたが、金具や宝石などの加工品になったものも存在する。

触れた者の意思や願望を反映し、周囲の物質を取り込んで様々な形に変化するが、ほとんどは人の欲望を忠実に再現し、自分の意思で動くようになった怪物、亜鉄鋼人(あてっこうど)になるとされる。しかし、まれに人型の鉄鋼人となり、生み出したものが触ると、その意志で自由に動かすことができるようになる。

これら以外にも、GADは人と融合したり、人そのものになったりするなど、様々な変化をする(人になったものを亜鉄鋼人と呼ぶか鉄鋼人と呼ぶかは、劇中ではまちまちである)。また、1つのGADから2つの鉄鋼人が生み出されることもある。これらすべては、GADを触った人の意思や願望によって決められる。しかし、触れれば必ず発動する、もしくは誰でも発動するというわけではなく、触っても何も起こらない者もいる。これについては、各人に選ばれたその人だけのGADがあること、また人の心の持つ力が関係していると思われるが、詳細な条件については不明である。

なお、GADから生み出されたものすべてには寿命があるようで、遅かれ早かれ必ず消滅する運命にあるとみられる。

鉄鋼人(てっこうど)

GADから生まれる人型ロボット状の機械。GADが発動した時に、周囲の車などの工業製品や、機械部品を取り込むことで生み出されるが、持ち主の性格や願望を反映したような形や特徴になる。

持ち主が手で直接触れる事で起動し、目が光ってエンジン音のようなものが鳴る。性能については各個体で異なるが、鉄重機やビルをパンチ一発で破壊できるほどの強いパワーを持っている。肩に乗るなどして操作するが、多少は離れても動かすことはできる模様。基本的に持ち主の命令に従って行動するが、持ち主を危険から庇うなど、ある程度自律した行動をとることもある。破壊されても、適当な機械部品をあてがうことで自動的に修復される。

その形態や特徴は持ち主の心のありようで変化し、特に攻撃的な感情が強くなった時に外見が変わったり、新たな能力が備わることがある。また、鉄鋼人になっても、持ち主の操る能力が低い(心のありようが弱い)と心身を蝕ばみ、やがて制御不能な亜鉄鋼人になってしまう例もあるようである。

劇中の一般社会では、引っくるめて鉄重機と呼ばれていることが多い。

名前の由来は、すべて第二次世界大戦中に活躍した戦闘機から。

ライトニング
ハジキの鉄鋼人。名前の由来はP-38。首周りを覆う気筒(襟巻きのマフラーと消音装置のマフラーをかけた洒落である)が大きな特徴。立ち膝の状態で水平移動ができる。走・攻・守のバランスに優れている。
ゼロ
カタナの鉄鋼人。名前の由来は零戦。頭に垂直尾翼のようなトサカを持ち、他の鉄鋼人に比べて細い体躯が特徴。左腕にリボルバーのシリンダーのような形のガトリング砲を装備している(攻撃時以外はシリンダーの穴から指が出る)。ライトニングと同等のスピードやパワーを持つ。
ハヤテ
アラシの鉄鋼人。名前の由来は四式戦闘機。アラシの「空を飛びたい」と言う願望から生まれたことから、頭部にプロペラのブレードがあり、空を自由に飛ぶことができる。ほとんど戦闘には使用されず、アラシの移動手段やライトニングを運んだりするのに使われた。
メッサーシュミット
アイコの鉄鋼人。名前の由来はメッサーシュミット Bf109(またはその設計者企業)。太い首にスパイクのついた肩が特徴で、登場する鉄鋼人の中でも、いかつい外見と高い防御力を持つが、アイコが争いを好まない性格からか、ハヤテ同様戦闘には使用されなかった。また、劇中で唯一消えずに残った。
サンダーボルト
タクミの鉄鋼人。名前の由来はP-47。頭に二本の角を持つ。俊敏でジャンプ力にたけており、手から電撃を発することもできる。

ユニット

本作の世界は、都市別にユニットと呼ばれる名前で区分されている。ユニットの境には検問所があり、通るには許可証が要ると言及されていることから、都市というより国家(都市国家)のようなものとして描かれているが、詳細な統治システムなどについては語られていない。

ハジキたちが住むユニットは正式には「ユニット74」と呼ばれるが、通称の「ユニット・ブルー」が広く通用している。ユニット・ブルーには3つのエリアが存在し、主人公のハジキが生活しているのは、深夜0時以降は夜間電力供給が停止する事から「ナイトタウン」と呼ばれるエリアで、1940年代から50年代のイタリアを彷彿とさせる景観をしている。主に低所得者が住み、犯罪組織の活動も多く、警察も十分に機能しているとは言いがたい状態のため、あまり治安の良くない地域だが、活気には溢れている。対照的に、海沿いには高層ビルが立ち並び、高所得者たちが働く「デイタウン」と呼ばれるエリアがあり、さらにその先に人工的に自然が保護された、高級住宅街「ゴールドタウン」が存在する[2]。デイタウンはニューヨークのような景観をもっており、公式ホームページでは高所得者の街との説明もあるが、劇中の描写からして、デイタウンは中流階級者たちが多く生活しており、ゴールドタウンは上流階級者が生活しているとしたほうが妥当である。

ユニット・ブルー以外にも、ユニット・イエローユニット・グリーンユニット・グレーユニット・コバルトユニット・カーキーなどが存在することが言及されている。劇中ではユニット・グレーは極北の地、ユニット・カーキーは南方に存在していることが説明されている。

通信手段

本作の世界では、一般市民は据え置きの電話しか使用できず、無線通信や携帯電話は特殊な人々以外使うことができない。電波の使用に関してはエネルギー事情や軍事的理由から厳しく統制されている[2]。そのため、外で連絡をとる場合は電話ボックスに入り公衆電話を使用しなければならない。しかし、アングラではインターネットが存在している。

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ「Boomerang Boogie 〜南風堂の叔父さん〜」
曲 - PE'Z
エンディングテーマ「Song for my Buffalo」
曲 - PE'Z

各話リスト

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
EPISODE 1 2003年4月16日 同じ空をみていた 會川昇 錦織博 相澤昌弘
EPISODE 2 2003年4月23日 欠片(かけら)繋ぎ合わせ 宮尾佳和 加藤裕美
EPISODE 3 2003年4月30日 ナイトタウンの街角で 中瀬理香 増井壮一 錦織博
いたがきしん
田頭しのぶ
EPISODE 4 2003年5月7日 瞳涼やかに 姫野利充 佐野隆史
錦織博
佐野隆史 石井久美
EPISODE 5 2003年5月13日 そして雨が降る 會川昇 今石洋之 錦織博
相澤昌弘
相澤昌弘
EPISODE 6 未放送
2003年10月17日(フジテレビ721)
五つの仮面 稲荷昭彦 大畑清隆
坂田純一
別所誠人 本村晃一
EPISODE 7 2003年5月21日 空を飛べたら 村井さだゆき 増井壮一 錦織博 秋山由樹子
EPISODE 8 2003年6月11日 さすらいの二人 會川昇 玉川達文 中澤勇一
中本尚子
EPISODE 9 2003年6月18日 雪が心を融かす 関島眞頼 宮尾佳和 斉藤英子
EPISODE 10 2003年4月16日 夕陽に札束 會川昇 小林治 小林治
錦織博
加藤裕美
EPISODE 11 2003年7月9日 虹の町には帰れない 村井さだゆき 宮尾佳和 吉田徹
佐々木一浩
EPISODE 12 2003年7月16日 ブルーバード 中瀬理香 坂田純一 紅優
平田豊
吉田隆彦
EPISODE 13 2003年7月23日 闇に棲む者たち 関島眞頼 増井壮一 平田豊 寺岡巌
EPISODE 14 2003年7月30日 失われた時を求めて 吉田玲子 坂田純一 橋本英樹 石井久美
EPISODE 15 2003年8月13日 陽の当たる庭 稲荷昭彦 板垣伸 三宅雄一郎 関口雅浩
EPISODE 16 2003年8月20日 牙を剥く日 會川昇 増井壮一 錦織博 寺岡巌
EPISODE 17 2003年9月3日 銃・刀・獣 宮尾佳和 堀元宣
EPISODE 18 2003年9月10日 去る者の論理 関島眞頼 佐藤英一 錦織博 秋山由樹子
EPISODE 19 2003年9月17日 道連れ 吉田玲子 錦織博 相澤昌弘
EPISODE 20 2003年9月24日 この世の果て 坂田純一 三宅雄一郎 江上夏樹
EPISODE 21 未放送
2003年12月29日(フジテレビ721)
蒼い眠り 會川昇 宮尾佳和 秋山由樹子、樋口靖子
本村晃一、堀元宣
EPISODE 22 未放送
2003年12月29日(フジテレビ721)
ガラスの輪舞(ロンド) 村井さだゆき 西村博之 大宅光子 松本文男
EPISODE 23 未放送
2003年12月29日(フジテレビ721)
償う男 関島眞頼 錦織博 西山明樹彦 秋山由樹子、本村晃一
相澤昌弘
EPISODE 24 未放送
2003年12月29日(フジテレビ721)
天をめざす意志 小林治 加藤裕美
EPISODE 25 未放送
2003年12月29日(フジテレビ721)
空への時間 會川昇 宮尾佳和 松本文男
EPISODE 26 未放送
2003年12月29日(フジテレビ721)
若き旅人 錦織博、宮尾佳和
小林治
錦織博 相澤昌弘、加藤裕美
松本文男、秋山由樹子

関連書籍

脚注

  1. ^ ガドガード ビジュアルガイド
  2. ^ a b c d 公式ホームページ

外部リンク

フジテレビ 水曜27時前半枠
前番組 番組名 次番組
ハングリーハート WILD STRIKER
※水曜26時後半へ移動
GAD GUARD