かくりよの宿飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かくりよの宿飯
ジャンル 料理グルメ
小説
著者 友麻碧
イラスト Laruha
出版社 KADOKAWA
レーベル 富士見L文庫
刊行期間 2015年4月12日 -
巻数 既刊8巻(2018年5月現在)
漫画:かくりよの宿飯
あやかしお宿に嫁入りします。
原作・原案など 友麻碧(原作)
Laruha(キャラクター原案)
作画 衣笠わこ
出版社 KADOKAWA
掲載誌 B's-LOG COMIC
レーベル B's-LOG COMICS
発表号 Vol.40 -
発表期間 2016年4月30日 -
巻数 既刊5巻(2018年9月現在)
アニメ
原作 友麻碧
監督 奥田佳子
シリーズ構成 金春智子
キャラクターデザイン 佐藤陽子
音楽 伊賀拓郎
アニメーション制作 GONZO
製作 「かくりよの宿飯」製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2018年4月 - 9月
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

かくりよの宿飯』(かくりよのやどめし)は、友麻碧による日本キャラクター小説。イラストはLaruhaが担当している。富士見L文庫KADOKAWA)より2015年4月12日から刊行されている。

あらすじ[編集]

あやかしを見る能力をもつ津場木葵は、ある日、あやかしの住む世界、隠世(かくりよ)の老舗宿「天神屋」の大旦那を名乗る鬼神に連れ去られ、祖父が残した借金のかたとして嫁入りすることを告げられる。嫁入りしたくない葵は、借金返済のために料理の腕を活かして「天神屋」で働くことを決める。

登場人物[編集]

津場木 葵(つばき あおい)
- 東山奈央[1]
本作の主人公である人間の大学2年生。あやかしを見る能力を持っており、あやかし相手にも物おじしない。
また、食に関する興味が非常に強く、料理を作ることと食べることが好きである。松葉に貰った天狗の団扇を魚の下に敷こうと思っていたほど。
料理は祖父・史郎に教えてもらった。
困っている者はあやかしでも親切にする一方、祖父・史郎が隠世でもトラブルを起こしていたため多くのあやかしからは良く思われていない。
お涼から「料理させろさせろ妖怪」と評される。
幼い頃ネグレクトに遭い、母に置いていかれたことがある。雷雨の中、お腹が空いて死にそうになっていた。そこを白い能面をつけたあやかしに救われる。このときの経験から雷と空腹が苦手。面をつけたあやかしを探そうと思っている。あやかしに救われたのちに児童養護施設の職員が来て、施設に入る。そこで史郎に引き取られる。
大旦那に隠世へ攫われ、借金のかたに嫁入りすることを告げられるも働いて返すことを宣言する。しかし、史郎の孫娘であることや人間であるのに大旦那の許嫁であったことからどこにも雇ってもらえない。天神屋の中を歩くうちに小料理屋を発見し、そこで銀次に料理を振る舞ったことから夕がおを開くことになる。
幼い頃、本来は死ぬはずだった運命をある妖が用意した『運命を変える食べ物』を口にしたため、今も生きている。
大旦那(おおだんな)
声 - 小西克幸[1]
隠世にある老舗宿「天神屋」の大旦那を務める鬼神。八葉の一人で鬼門である北東を治める。
飄々としており自分のことはほとんど語らない(本名さえ謎)。しかし、葵の弁当を欲しがったり手伝いをしたがったりという一面もある。葵には甘く、過保護な一面も。
まめな性格でもある。鍋奉行タイプ。
犬とカボチャが苦手。
『僕の菜園』という小さい菜園を持っており一人で畑仕事をしている。
生け花も出来る。天神屋のフロントに飾ってあるらしい。
美女や若い姿に変化することもできる。
原作小説6巻にて、葵を抱き寄せキスをした。
大旦那の実の正体は邪鬼であることが雷獣の策略により白夜の口から葵たちに明かされた。邪鬼は古くから隠世の世界で忌み嫌われる存在である。
はるか昔、現在の天神屋の所にある深い谷に封印されていたところを黄金童子の手により目覚めさせられた。
雷獣の罠により、妖王の前で邪鬼としての姿を表すことになってしまい、その正体が隠世全土に広まった。そのせいで天神屋の大旦那を降ろされそうになっており、原作小説8巻現在、黄金童子と共に身を潜めている。
原作小説8巻のラストで本当の名前が『刹』(せつ)であるということが明らかになった。
幼い頃葵の元にやってきた白い能面の妖の正体であり(ただし初日のみ)、葵の『運命を変える食べ物』を用意したのも大旦那である。
『運命を変える食べ物』は南の地の儀式に必要なもの以上に用意するのが非常に困難らしく、銀次や黄金童子曰く、大旦那の命そのものを削ったらしい。
同著書の別作品である『浅草鬼嫁日記』シリーズに登場する酒呑童子とは古くからの友で今でも親交がある。昔、酒呑童子を隠世へ連れて来たこともある。そのせいで茨木童子に恨まれた。茨木童子を怒らせるのは大旦那でも少し怖い。
酒呑童子曰く、昔は冷めたところがあり嫁はいらないと言っていたらしい。
お涼(おりょう)
声 - 加隈亜衣[1]
「天神屋」の若女将である雪女。ナイスバディ。
自らを若女将にした大旦那を尊敬しており、彼の期待に応えようとするがトラブルを起こしてしまう。
家が貧しく、幼い頃から奉公に出ていた。お供として天神屋に来たとき、主人が大旦那に贈ろうとしていた高価な皿を割ってしまう。強く叱責されていたところを大旦那に拾われる。
こってりした味が好み。マヨネーズにどハマりする。
北の地の八葉・キヨの元に嫁ぐことになった春日に対し、氷人族は排他的なところがあることもあり、春日を心配しつつもつっけんどんな態度しか取れなかった。最後はしっかりと見送る。
銀次(ぎんじ)
声 - 土岐隼一[1]富田美憂(幼少期)
「天神屋」の若旦那を務める九尾の狐。通称「天神屋の招き狐」。
9つの姿に変ずることができる。子狐、少年、青年、女性、神々しい大きな獣などの姿がある。
紳士的で物腰柔らか、仕事もできる。(このせいで女子たちの憧れの存在というだけで終わってしまうらしい)。しかし、腹黒い面や、ちゃっかりしたところも。
右から下に向かって三番目の尻尾が唯一の弱点。
事業がことごとく当たることから天神屋の招き狐と言われるが、その銀次でも鬼門中の鬼門(現在の夕がお)での事業は難航していた。
お涼いわく天神屋最後の優良物件。
葵に対しては最初から親切にしていた。
葵に対して淡い想いを抱く。
もともと折尾屋にいたため天神屋での勤務歴は浅く、50年もない。
乱丸とは幼い頃から磯姫のもとでいっしょに育てられた義兄弟のような関係。また、対となる守護獣。しかし方針の違いから銀次は乱丸を残して折尾屋を去り、それ以降気まずい関係にある。
300年前の儀式が失敗したのはつい銀次が雷獣にくってかかってしまったため。そのために磯姫が亡くなることとなった。
幼い葵の元へ通い、救った白い能面のあやかしの正体。しかし初日に来たのは銀次ではない。
また、葵の『運命を変える食べ物』を用意したのも銀次ではない。
春日(かすが)
声 - 中恵光城
化け狸。「天神屋」の仲居で、静奈と同室。
様々な噂を葵に教える。
元気いっぱいで、使いっ走りにされがち。
彼女の祖母は八葉のひとりで、北西の地で文門狸を束ねる。また、父は宮中の右大臣。名前は家康。
北の地へ嫁ぐことになり天神屋を辞める。
暁(あかつき)
声 - 内田雄馬[1]
土蜘蛛。現世出身のあやかし。「天神屋」の番頭。若くして幹部である番頭になった出世頭。
鈴蘭の兄で、仕事一筋で頑固なところがある。妹想い。
自分と鈴蘭に突然隠世へ行くように言った史郎を憎んでいるが、葵とは少しずつなじんでいく。
小さな子供の相手は苦手。
史郎に千切りキャベツは速さが命と教えられていた。
白夜(びゃくや)
声 - 田丸篤志[1]
白沢。「天神屋」のお帳場の長。
九つの心眼を持ちなんでも見通すことができる。
非常に厳格で、彼がいるだけで周辺の空気が引き締まる。また、大旦那とは長年の付き合い。
もともとは宮中の役人で、八葉や宮中にも彼に頭の上がらない者が多い。
管子猫ラブ。隠しているつもりだがみんなにバレている。
原作小説7巻の『白夜懐古』にて、実ははるか昔に鈴女(すずめ)という人間の娘と結婚していたことがわかった。(鈴女との出会いは原作小説を是非)
鈴女を亡くしてからしばらくの間は抜け殻のように生きていたが、黄金童子に誘われ、当時まだ幼い邪鬼であった大旦那と出会い、彼を将来の主と見越し、再び生きる光を見出す。
チビ
声 - 石見舞菜香[2]
手鞠河童。人畜無害代表のあやかし。低級でひ弱。にぎにぎすると気持ちいい。
自称、葵の眷属。かわいいがあざとい。
現世で仲間と暮らしていて、その頃から葵に食べ物を分けてもらっていた。だが仲間に取られて食べそびれることもしばしば。しかし、葵が隠世へ攫われたことで食べ物がなくなり、仲間たちは食べ物を求めて移動。置いていかれてしまう。現世へ戻ってきた葵と再会し、共に隠世へやってくる。
現世での経験から、あやかしが現世で生きることの難しさを知っている。
静奈(しずな)
声 - 上田麗奈[2]
濡れ女。「天神屋」の筆頭湯守で、幹部の一人。
春日と同室。片付けが苦手なので助けてもらっている。
もともとは折尾屋で働いていたが、とある一件で折尾屋を辞め、天神屋にやってきた。
サスケ
声 - 井上雄貴
カマイタチ。「天神屋」のお庭番の「エース」。
御庭番の家系で、彼の父も、天神屋で御庭番として働いている。
細い見かけによらず、大食漢。
史郎と同じくらいの年齢で、昔は悪戯仲間だった。
史郎により乾パンをパンだと教えられていた。
語尾は「〜ござる」。カマイタチの基本?
乱丸
声 - 石川界人杉山里穂(幼少期)
狛犬。「折尾屋」の旦那頭。
誰よりも南の地を愛しているが、行き過ぎる面も。
長髪なのは磯姫から赤毛が好きだと言われたため。
葉鳥
声 - 寺島拓篤
天狗。「折尾屋」の番頭。暁の元上司。
松葉の息子で三男坊。松葉の笹良への態度などを嫌悪していた。ついに耐えきれなくなり門外不出の ものである天狗の秘酒を売ってしまう。このことが松葉の逆鱗に触れ、勘当される。
葵の作った2種類のがめ煮により和解する。このことをきっかけに勘当もとかれる。
大旦那とは碁打ち仲間。
時彦
声 - 平川大輔
不知火。「折尾屋」の湯守であり、静奈の師匠。 妖火の最高位のあやかし。
静奈を庇ったことにより大怪我を負う。顔の傷はそのときのもの。霊力が漏れ出ている状態となっている。
秀吉
声 - 柿原徹也
二尾の化け猿。「折尾屋」の若旦那を務める。
乱丸を心から尊敬している。
戒、明
声 - 鈴木みのり
鶴童子。「折尾屋」の双子の板前。
常に平坦な口調で話す。
ねね
声 - 金子彩花
「折尾屋」の若女将。
津場木 史郎
声 - 井上和彦
葵の祖父。あやかしが見える力を持つ。退魔師の家系の出で現当主の弟。すでに故人。
いわゆるクズ野郎。全国をふらふらして現れるたびに厄介ごとを起こしていた。しかし、葵を引き取ってからは良き祖父となる。
葵にあやかしには気をつけるように言い、身を守る術として料理を教える。鬼には特に気をつけろと言っていた。
長い年月を生き飽きやすいあやかしにとってまさに注目の的だった。ダークヒーローのような存在らしく小説の題材にもなったらしい。
天神屋で呆れるほどの豪遊をし、一億円ほどの借金をつくる。そのかたとして大旦那に自分の孫娘を嫁がせることを約束する。
松葉
声 - 大塚明夫
天狗。西の地・朱門山で天狗たちを束ねる八葉の一人。
亭主関白なところがある。
頭に血が上りやすい。特に葉鳥とは大喧嘩をよく繰り広げる。
葵を気に入り、溺愛している。
川で溺れていたところを史郎に助けてもらったことがある。その見返りに天狗の団扇を求められるが史郎が亡くなり、葵に引き継がれる。
葵の店である夕がおの名前をつけた。由来は夕方に開店することから。
笹良
声 - 名塚佳織
松葉の妻。鷺のあやかし。すでに故人となっている。
よく尽くしてくれる妻だった。
葉鳥と松葉がいがみ合ったままであることに心を痛めていた。
磯姫
声 - 坂本真綾
南の地の前八葉の女性。額に未来を予知する第3の眼を持ち、その力を使い妖たちを導いていたこともあり、"導(しるべ)の巫女"とも呼ばれていた。
大旦那曰く、黄金童子とは仲が良かったらしく、皮肉を言い合いながらお茶を飲んでいたらしい。
雷獣の裏切りにより300年前の儀式に失敗し、災いが南の地に振り向くことを恐れた磯姫は自身が竜宮城に篭り、その身に災いを振り向かせることで南の地を守ることに。
後の南の地を我が子同然の銀次と乱丸に託し、亡くなった。
雷獣
声 - 日野聡
黄金童子と同じ四仙の妖で、妖都の大貴族。
白夜とは色々と因縁があり、苦手意識もあるよう。
300年前の儀式を裏切り、失敗させた張本人でもある。
退屈を何よりも嫌い、常に物語性のある展開を求めている。
妖王の前で大旦那の正体を暴いた張本人で、大旦那を追い詰めたのもこの雷獣である。

既刊一覧[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

衣丘わこの作画による『かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。』(かくりよのやどめし あやかしおやどによめいりします)が、『B's-LOG COMIC』Vol.40より連載中[11]

テレビアニメ[編集]

2018年4月より9月までTOKYO MXBSフジほかにて放送された[17][18]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 友麻碧[1]
  • 原作イラスト - Laruha[1]
  • 監督 - 奥田佳子[17]
  • 企画 - 石川真一郎、Joe Teng、椎木隆太、松井智、佐々木史朗、尾山仁康、納谷僚介、伊藤幸弘、三坂泰二
  • シリーズ構成 - 金春智子[17]
  • キャラクターデザイン - 佐藤陽子[17]
  • 総作画監督 - 鈴木光[17]
  • あやかしデザイン - 草彅琢仁、乙幡忠志[17]
  • プロップデザイン - 久原陽子、清水奏太郎[17]
  • 美術設定 - 中島美佳[17]
  • 美術監督 - 中村典史[17]
  • 色彩設計 - 歌川律子[17]
  • 3Dディレクター - 永井努[17]
  • 撮影監督 - 北村直樹[17]
  • 2Dデザイン・モーション - 鳴河美佳[17]
  • 編集 - 齋藤朱里[17]
  • 音楽 - 伊賀拓郎[17]
  • 音響監督 - 郷文裕貴[17]
  • 音楽制作 - フライングドッグ[1]
  • プロデューサー - 粒来俊介、Diana Liu、齋藤雅弘、兼岩元子、西辺誠、齋藤宙央、大森慎司、伊藤正人、田中久美子
  • アニメーションプロデューサー - 飯室笑子
  • アニメーション制作 - GONZO[1]
  • 製作 - 「かくりよの宿飯」製作委員会[17](GONZO、NADA HOLDINGS、DLEハピネット、フライングドッグ、TOKYO MXスタジオマウスBSフジKADOKAWA

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「灯火のまにまに」(第1話 - 第9話、第11話 - 第14話)[19]
作詞・編曲 - ZAI-ON / 作曲 - WEST GROUND / 歌 - 東山奈央
「ウツシヨノユメ」(第14話 - 第26話)
作詞 - ナノ、ZAI-ON / 作曲・編曲 - WEST GROUND / 歌 - ナノ
第14話ではエンディングテーマとして使用された。
エンディングテーマ
「彩 -color-」(第1話、第2話、第4話、第6話、第7話、第9話 - 第12話)[19]
作詞・歌 - 沼倉愛美 / 作曲 - WEST GROUND / 編曲 - ZAI-ON
「願い花」(第3話)
作詞・作曲 - 伊藤直樹 / 編曲 - 伊藤直樹、伊賀拓郎 / 歌 - 大旦那(小西克幸
「時の砂」(第5話)
作詞・作曲・編曲 - 伊賀拓郎 / 歌 - 暁(内田雄馬)、鈴蘭(内田真礼
「My sweet sweet love」(第8話)
作詞 - 大島はるな / 作曲 - 斉藤悠弥 / 編曲 - 伊賀拓郎 / 歌 - 白夜(田丸篤志
「風」(第13話)
作詞 - 伊藤直樹 / 作曲・編曲 - 近藤功教 / 歌 - 銀次(土岐隼一
「知らない気持ち」(第15話 - 第17話、第19話、第20話、第22話、第24話、第26話)[20]
作詞・作曲 - シンリズム / 編曲 - シンリズム、高野勲 / 歌 - 中島愛
「ヤシホノハナ」(第18話)
作詞・作曲 - 咲坂美音 / 編曲 - 横田晃希 / 歌 - 葉鳥(寺島拓篤
「恋守唄」(第21話)
作詞 - 伊藤直樹 / 作曲・編曲 - 近藤功教 / 歌 - 秀吉(柿原徹也
「刹那の煌めき」(第23話)
作詞・作曲 - Kazuki Yamamoto / 編曲 - 近藤功教、Kazuki Yamamoto / 歌 - 雷獣(日野聡
「永遠の絆」(第25話)
作詞 - Kazuki Yamamoto / 作曲・編曲 - 近藤功教 / 歌 - 乱丸(石川界人
挿入歌
「春色」(第20話)
作詞・作曲・編曲 - 春日章宏 / 歌 - 東山奈央

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
第一話あやかしお宿に嫁入りします。 金春智子奥田佳子相浦和也鈴木光
第二話あやかしお宿で仕事みつけました。 筑紫大介又野弘道しまだひであき、半田大貴
ハンミンギ、鈴木光
第三話かくりよの都にお出かけしました。 奥田佳子
相浦和也
久保山英一小畑健、桐谷真咲
挽本敦子、小林優子
松下順子、青野厚司
第四話雪女と土蜘蛛を介抱しました。 平見瞠名村英敏加藤顕亀田朋幸、木村行隆
村松尚雄、申榮淳
第五話あやかしとの約束を忘れてはならぬ。 相浦和也齋藤佳子、村田憲泰
しまだひであき、亀田朋幸
五十川久史、鈴木光
第六話あやかしお宿で食事処はじめます。 冨田頼子いまざきいつき山本雄貴、伊藤陽祐
そらもとかん、Hwang Yeongsik
第七話大旦那様と雨散歩。 奥田佳子加藤顕管振宇、李小雷
島田英明、中島大智
周暁華、柴晨鐘
邵明成、王敏
第八話九尾の若旦那とお買い物。 金春智子黒瀬大輔平馬浩司、CHOI EUN-YOUNG
第九話妖老夫婦の結婚記念日。 平見瞠名村英敏鳥羽敏亀田朋幸、中本尚
中井恵美、中島美子
中島大地、李慶
第十話あやかしお宿に好敵手きました。 冨田頼子布施康之Hwang Yeongsik
第十一話湯守の濡れ女と師匠の不知火。 平見瞠又野弘道しまだひであき、清水博幸
五十川久史、中島大智
樋口靖子、暁
第十二話天神屋の地下に秘密あります。 冨田頼子名村英敏小野田雄亮桐谷真咲、挽本敦子
松下純子、桜井木の実
西山忍
第十三話あやかしお宿の大宴会。 金春智子西森章加藤顕細田沙織、村田泰憲
清水博幸、中島美子
第十四話南の地から黒船来ました。[21] 黒瀬大輔KIM YONG-SIK
第十五話あやかしお宿から攫われました。 平見瞠又野弘道管振宇、李少雷
しまだひであき、KIM YONG-SIK
海野愛恵、鈴木彩子
挽本敦子
第十六話双子の板前と雨女のお嬢様。 冨田頼子牧野友映松本和志、中山和子
成松義人、粟井重紀
森悦史、岡昭彦
第十七話南の地の儀式の秘密。 平見瞠名村英敏加藤顕管振宇、李小雷
清水博幸、雨宮英雄
中熊太一
第十八話天狗の親子の大喧嘩。 冨田頼子大石美絵鳥羽聡KIM YONG-SIK
第十九話月の世の銀の獣。 金春智子富井ななせ木村延景久保光寿、林あすか
第二十話竜宮城の夢の跡。 平見瞠名村英敏佐々木純人Creators in Pack、神龍
第二十一話折尾屋の若女将と若旦那。 冨田頼子又野弘道管振宇、李小雷
しまだひであき、亀田朋幸
第二十二話雷獣の警告。 平見瞠奥田佳子加藤顕KIM YONG-SIK
第二十三話封じられた力と開かれる心。 西森章牧野友映岡昭彦、福地和浩
中山和子、八角彩香
松本和志
第二十四話玉の枝サバイバル。 金春智子大石美絵富井ななせ後藤圭佑、小嶋慶祐
第二十五話あやかしたちと花火大会。 名村英敏佐野真司DAN TYOU、KAKUREN JHOUKU
wangmin、zhuxiaolin
zhoujian、zhouxiaohua
chaichenzhong
第二十六話あやかしお宿に美味い肴あります。 奥田佳子加藤顕鈴木光、KIM YONG-SIK
管振宇

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[22]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [23] 備考
2018年4月2日 - 9月24日 月曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都 製作参加
2018年4月4日 - 6月27日
2018年7月4日 - 9月26日
水曜 0:30 - 0:56(火曜深夜)
水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜)
BSフジ 日本全域 製作参加 / BS放送 / 『アニメギルド』枠
2018年4月4日 - 9月26日 水曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2018年4月6日 - 9月28日 土曜 2:10 - 2:40(金曜深夜) KBS京都 京都府
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[22]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年4月3日 - 9月26日 火曜 0:00(月曜深夜) 更新 GYAO!
2018年4月10日 - 10月3日
火曜 12:00 更新 dアニメストア
2018年4月20日 - 10月13日 金曜 0:00(木曜深夜) 更新 ビデオマーケット
金曜 12:00 更新 ふらっと動画
不明 不明

BD / DVD[編集]

発売日[24] 収録話 規格品番
BD DVD
2018年7月3日 第1話 - 第3話 BIXA-1211 BIBA-3271
2018年8月2日 第4話 - 第6話 BIXA-1212 BIBA-3272
2018年9月4日 第7話 - 第9話 BIXA-1213 BIBA-3273
2018年10月2日 第10話 - 第12話 BIXA-1214 BIBA-3274
2018年11月2日予定 第13話 - 第15話 BIXA-1215 BIBA-3275
2018年12月4日予定 第16話 - 第18話 BIXA-1216 BIBA-3276
2019年1月9日予定 第19話 - 第21話 BIXA-1217 BIBA-3277
2019年2月2日予定 第22話 - 第24話 BIXA-1218 BIBA-3278
2019年3月2日予定 第25話 - 第26話 BIXA-1219 BIBA-3279

Webラジオ[編集]

銀次役の土岐隼一によるWebラジオ『ラジオ かくりよの宿飯 〜あやかしお宿でおしゃべりします〜』が、2018年4月5日から10月4日まで音泉にて毎週木曜に配信された[25]

TOKYO MX 月曜22:30 - 23:00枠
前番組 番組名 次番組
ニュース女子
※22:00 - 23:00
かくりよの宿飯
(ここからアニメ枠)
BSフジ アニメギルド 水曜0:30 - 0:56(火曜深夜)枠
citrus
※0:30 - 1:00
かくりよの宿飯
URAHARA
(再放送)
BSフジ アニメギルド 水曜0:56 - 1:00(火曜深夜)枠
かくりよの宿飯
URAHARA
(再放送)

舞台[編集]

2018年3月16日にテレビアニメの先行上映会内で告知された[18]

  • 東京公演:2018年9月5日 - 9月9日(シアターサンモール)
  • 福岡公演:2018年9月13日 - 9月16日(西鉄ホール)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j [https: //natalie.mu/comic/news/263272 “アニメ「かくりよの宿飯」PV公開&キャストに東山奈央、小西克幸、土岐隼一(動画あり)”]. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年12月28日). https: //natalie.mu/comic/news/263272 2017年12月28日閲覧。 
  2. ^ a b [https: //natalie.mu/comic/news/270657 “「かくりよの宿飯」に井上和彦・上田麗奈が出演、AnimeJapanでステージも”]. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年2月22日). https: //natalie.mu/comic/news/270657 2018年2月22日閲覧。 
  3. ^ かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  4. ^ かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  5. ^ かくりよの宿飯 三 あやかしお宿に好敵手きました。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  6. ^ かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  7. ^ かくりよの宿飯 五 あやかしお宿に美味い肴あります。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  8. ^ かくりよの宿飯 六 あやかしお宿に新米入ります。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  9. ^ かくりよの宿飯 七 あやかしお宿の勝負めし出します。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  10. ^ かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。 友麻碧:書籍”. KADOKAWA. 2018年5月10日閲覧。
  11. ^ “人が死んでも蘇る世界を描く「A will」などB's-LOG COMICで新連載3本”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年4月30日). https://natalie.mu/comic/news/185360 2018年1月3日閲覧。 
  12. ^ かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 1 衣丘わこ:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  13. ^ かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 2 :書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  14. ^ かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 3 衣丘わこ:書籍”. KADOKAWA. 2018年1月3日閲覧。
  15. ^ かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 4 衣丘わこ:書籍”. KADOKAWA. 2018年4月5日閲覧。
  16. ^ かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 5 衣丘わこ:書籍”. KADOKAWA. 2018年9月20日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “「かくりよの宿飯」に内田雄馬、加隈亜衣、田丸篤志が参加!先行上映会も決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/266734 2018年2月3日閲覧。 
  18. ^ a b “異世界ファンタジー「かくりよの宿飯」舞台化、TVアニメは2クールで放送”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年3月17日). https://natalie.mu/comic/news/274010 2018年3月21日閲覧。 
  19. ^ a b OPテーマは東山奈央さん、EDテーマは沼倉愛美さんに決定!”. TVアニメ『かくりよの宿飯(やどめし)』公式サイト (2018年2月3日). 2018年2月3日閲覧。
  20. ^ 中島愛「かくりよ盤」「すのはら盤」同時リリース、作家陣にシンリズムやkzら”. 音楽ナタリー (2018年6月6日). 2018年6月6日閲覧。
  21. ^ 放送では「南の地から黒船来ます。」と表記されていたが、訂正された。「かくりよの宿飯」TVアニメ公式さんのツイート”. 2018年10月1日閲覧。
  22. ^ a b 放送・配信情報”. TVアニメ『かくりよの宿飯(やどめし)』公式サイト. 2018年3月21日閲覧。
  23. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  24. ^ Blu-ray&DVD”. TVアニメ『かくりよの宿飯(やどめし)』公式サイト. 2018年3月30日閲覧。
  25. ^ ラジオ かくりよの宿飯 〜あやかしお宿でおしゃべりします〜”. 音泉. 2018年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]