ビデオパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビデオパスは、映画ドラマアニメなど幅広いジャンルの作品を楽しむためのKDDIが提供する動画配信サービス。

ビデオパスは、スマートフォンタブレットパソコンテレビなどの機器から、映画やドラマ、アニメ、バラエティなどの作品を見ることができるサービスである。

レンタル作品は、個別課金(ビデオコイン)を使用して取得することができる。ただし、購入するには、au IDでのログインが必要となる。

2019年12月12日、KDDIはテレビ朝日との合弁で動画配信サービスを手掛ける新会社を設立。2020年3月2日(予定)に当サービスを新会社に移管させ、KDDIとテレビ朝日の共同で運営していくことを発表した。テレビ朝日は定額型動画配信サービスに本格的に参入することになる[1][2][3]

脚注・出典[編集]

  1. ^ KDDIとテレビ朝日、5G時代に向けた新たな動画配信サービスを提供する共同出資会社を設立”. KDDI株式会社・株式会社テレビ朝日(2019年12月12日作成). 2019年12月13日閲覧。
  2. ^ KDDIとテレビ朝日、定額動画サービスで新会社 「ビデオパス」事業を継承”. ITmedia(2019年12月12日作成). 2019年12月13日閲覧。
  3. ^ KDDIとテレ朝、動画配信の新会社設立 5Gを活用”. 朝日新聞(2019年12月13日作成). 2019年12月13日閲覧。