ニュース女子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニュース女子
ジャンル ニューストークバラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 DHCシアター
製作総指揮 濱田麻記子
プロデューサー 三浦真理子
山田晃
一色啓人
出演者 長谷川幸洋
西川史子
ナレーター 宇和川恵美
梅本尚太
外部リンク ニュース女子(DHCシアター 番組Webサイト)
女は悩まない 女の世直しニュース女子
放送時間 日曜日 1:00 - 2:00(土曜日深夜)
→金曜日 21:00 - 22:00(60分)
放送期間 2015年4月12日 - 2016年4月1日(50回)
ニュース女子
放送時間 金曜日 21:00 - 22:00(60分)
放送期間 2016年4月8日 - 2017年3月31日

特記事項:
上記放送期間はあくまで、制作局であるDHCシアター(現:DHCテレビジョン〈放送事業者ではない事業者〉)の、放送事業者としての放送番組としてのものである。
2017年4月以降は制作元であるDHCテレビジョンが放送事業者に対し、従前通りの番販ネットを実施。
テンプレートを表示

ニュース女子』(にゅーすじょし)は、有料CS放送DHCシアターが、同局とBOY'S TV DIRECTION COMPANYとの共同制作で、2015年4月12日から2017年3月31日まで放送していたニュース&時事問題トークバラエティ番組。改題前のタイトルは、『女は悩まない 女の世直しニュース女子』であり、枠移動前は毎週日曜日1:00 - 2:00(土曜日深夜)に放送していたが、枠移動後は毎週金曜日21:00 - 22:00に放送していた。同年4月以降は制作元であるDHCテレビジョン(非放送事業者)が放送事業者に対し、従前通りの番販ネットを実施(詳細は後述)。

概要[編集]

2015年4月1日、シアターテレビジョンからDHCシアターへチャンネル名称変更後、放送開始された番組の1つ。番組のコンセプトは、「日本を代表する論客(オジサマ)たちが女性にも楽しく分かりやすくニュース解説し、次代を担う若い女性達に日本の未来を託すべく集まった社交界」と定義し、論客と女性タレント及びエキストラの一般人女性がニュース、時事問題についてトークする番組構成である。

また、この番組の収録については、DHCシアター(現:DHCテレビジョン)のスタジオでは無くニコファーレにて隔週木曜[注 1]の夕方以降から収録を実施。

また、本番組は2015年10月以降から、DHCシアターがインターネットプラットフォームYouTube上の自らのアカウントにて後日アーカイブとして配信し、2016年9月からTOKYO MXのIPサイマル放送サービス、スマートフォン アプリケーションエムキャスにてインターネット同時配信が開始された。

TOKYO MX1では2015年10月8日(制作局での同月9日放送分)からネット受け開始となり[1]、その半年後の2016年4月4日(制作局での同月8日放送分)からプライムタイムへ時間を変更し、2016年3月31日にリニューアル記者会見の場で[2]、番組制作統括を兼ねるDHCシアターの社長である濱田が、「報道ステーションを潰しにいきます」と裏番組で放送枠が被っている『報道ステーション』(テレビ朝日)を名指しで挑戦する意思を宣言した[3] [4]

2017年3月31日をもって、制作局DHCシアターが閉局となったため、この日の第103回の本放送をもって、制作局での放送を終了(第103回は閉局日時の都合上、再放送を行わなかった)。同年4月からの第104回以降について、地上波(一部地域のみ)またはBSデジタルのネット局での番組販売による放送を行うことに変わりなく、放送事業者ではなくなった制作元DHCテレビジョンでは、インターネットプラットフォームYouTube上の自らのアカウントにて後日アーカイブとして配信を行うことにも変わりない。

騒動[編集]

沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対デモ報道に関する騒動[編集]

沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対デモを報道した第91回(制作局では2017年1月6日放送)の番組内容に対して、批判やその反対に番組側を擁護するなど様々な意見が出されているが、第101回(制作局では同年3月17日放送)では制作局による検証放送を行った。

出演者[編集]

MC[編集]

主催者
主賓

パネリスト[編集]

現在[編集]

ニュース解説[注 4]
参加者[注 5]
△:西川休演時の代理進行

過去[編集]

ニュース解説
参加者

第103回までの放送局[編集]

テレビ放送
放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送時間(JST 備考・脚注
日本全域 DHCシアター CS放送 2015年4月7日 - 2017年3月31日[注 7] 金曜 21:00 - 22:00 制作局
[注 8][注 9]
東京都 TOKYO MX1 独立局 2015年10月8日 - 2017年3月27日 月曜 22:00 - 23:00 先行ネット
[注 10]
愛知県 テレビ愛知(TVA) テレビ東京系列 2016年10月7日 - 金曜 2:05 - 3:05
(木曜深夜)
遅れネット
熊本県 くまもと県民テレビ 日本テレビ系列 2016年11月22日 - 火曜 2:59 - 3:59
(隔週月曜深夜)
佐賀県 サガテレビ(sts) フジテレビ系列 2017年1月9日 - 月曜 1:15 - 2:15
(日曜深夜)
日本全域 FOXスポーツ&エンターテイメント BS放送 2017年1月13日 - 4月14日 金曜 10:00 - 11:00 [注 11]
千葉県 チバテレ(CTC) 独立局 2017年1月16日 - 月曜 19:00 - 20:00
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) フジテレビ系列 2017年1月17日 - 火曜 1:30 - 2:30
(月曜深夜)
福井県 福井テレビ(FTB) 2017年1月19日 - 木曜 1:20 - 2:20
(水曜深夜)
石川県 石川テレビ(ITC) 2017年1月23日 - 月曜 1:05 - 2:05
(日曜深夜)
鳥取県島根県 山陰中央テレビ(TSK) 月曜 2:00 - 3:00
(日曜深夜)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK) TBS系列 2016年11月22日 - 火曜 2:20 - 3:20
(月曜深夜)
富山県 チューリップテレビ(TUT) 2016年11月28日 - 月曜 2:03 - 3:03
(日曜深夜)
単発放送の実績のある放送局

※番販ネット局での考査に通らなかった、編成の都合、BPOの審議入りとなったこと等の理由により、局によっては特定回を臨時非ネットとすることがある(例:第101回〈制作局では2017年3月17日放送〉など)。

ネット配信
  • Youtube(DHCシアター公式アカウント) - DHCシアター閉局日である2017年3月31日時点では、上記のテレビ放送が番販ネット局全局で終了した回から順次配信。

第104回以降の配信元および放送局[編集]

ネット配信
  • Youtube(DHCテレビジョン公式アカウント) - 下記のテレビ放送が番販ネット局全局で終了した回から順次配信。
テレビ放送
  • 制作元での公式の放送局の並び順にソート。いずれも制作元からの番販ネット。
放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送時間(JST
東京都 TOKYO MX1 独立局 2017年4月3日 - 月曜 22:00 - 23:00
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 2017年4月7日 - 金曜 1:59 - 2:58
(木曜深夜)
山口県 テレビ山口(tys) 金曜 1:42 - 2:42
(木曜深夜)
愛知県 テレビ愛知(TVA) テレビ東京系列 金曜 2:05 - 3:05
(木曜深夜)
佐賀県 サガテレビ(sts) フジテレビ系列 2017年4月8日 - 土曜 1:25 - 2:25
(金曜深夜)
日本全域 FOXスポーツ&エンターテイメント BS放送 2017年4月21日 - 金曜 10:00 - 11:00 [注 12]
千葉県 チバテレ(CTC) 独立局 2017年4月3日 - 月曜 23:00 - 翌0:00
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) 日本テレビ系列 2017年4月9日 - 日曜 1:35 - 2:35(土曜深夜)
愛媛県 南海放送(RNB) 日曜 4:10 - 5:10
和歌山県 テレビ和歌山(WTV) 独立局 2017年4月25日 - 火曜 9:00 - 10:00
福島県 福島中央テレビ(FCT) 日本テレビ系列 2017年4月4日 - 第1火曜 1:54 - 2:54
(月曜深夜)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) フジテレビ系列 火曜 1:30 - 2:30
(月曜深夜)
福井県 福井テレビ(FTB) 2017年4月6日 - 木曜 1:20 - 2:20
(水曜深夜)
石川県 石川テレビ(ITC) 2017年4月3日 - 月曜 1:05 - 2:05
(日曜深夜)
鳥取県島根県 山陰中央テレビ(TSK) 2017年4月10日 - 月曜 1:55 - 2:55
(日曜深夜)
富山県 チューリップテレビ(TUT) TBS系列 2017年4月17日 - 月曜 2:03 - 3:03
(日曜深夜)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列 月曜 2:25 - 3:25
(日曜深夜)
滋賀県 びわ湖放送(BBC) 独立局 2017年5月5日 - 金曜 10:00 – 11:00
奈良県 奈良テレビ(TVN) 2017年5月6日 - 土曜 23:30 - 翌0:30
福岡県 福岡放送(FBS) 日本テレビ系列 2017年5月18日 - 木曜 3:04 - 4:04
(水曜深夜)
秋田県 秋田テレビ(AKT) フジテレビ系列 2017年5月20日 - 土曜 1:55 - 2:55
(金曜深夜)
新潟県 テレビ新潟(TeNY) 日本テレビ系列 土曜 2:29 - 3:29
(金曜深夜)
高知県 テレビ高知(KUTV) TBS系列 2017年5月21日 - 日曜 2:12 - 3:12
(土曜深夜)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK) 2017年5月23日 - 火曜 2:20 - 3:20
(月曜深夜)
大分県 大分放送(OBS) TBS系列 2017年5月28日 - 日曜 3:08 - 4:08
(土曜深夜)

スタッフ[編集]

  • ナレーション:宇和川恵美、梅本尚太
  • 構成:渡邊仁、平野敬太
  • リサーチ:平野友介
  • 会場管理:神志那大樹、柳沼亜由美
  • 会場:阿部正史
  • SW:星野伸男、木塚慶
  • CAM:月村圭、鴨川亮介、梶田悟、本木下オサム、本多晋、坂村伸太郎、大畑正人、丸山千晴
  • VE:土屋吉正、吉村裕翔
  • VTR:門田夏樹、稲美勝
  • 音声:星 照光
  • 音響:井元裕樹、小田めぐみ、一色春香
  • 照明:西村幸久、南順子
  • LED:鈴木慶仁、坂部駿椰
  • 美術プロデューサー:森健彦
  • デザイン:坪田幸之
  • 美術進行:椛田学
  • 大道具制作:福田智宏
  • 美術:日野信之
  • アクリル装飾:山田隼人
  • EED:山本崇央、竹嶋夕貴、下林高幸、川原沙彩、楠田惣彦、栗原啓、佐藤友彦、春日真弓、邉見和子、杉山愛理
  • MA:池田拓実
  • 音効:藤澤康太
  • 写真提供:時事通信フォトアフロ
  • メイク:山田かつら
  • 美術協力:フジアール
  • 会場:nicofarre
  • 技術協力:ドワンゴ、REC、SpEED、MONOOTOSTUDIO、東京舞台照明、MSI JAPAN、Y.D.S、CRAZY TV
  • AP:百瀬和代
  • ディレクター:髙井将后、伊江成晃、鷲尾拓也、森田晋介、政香恭平、川口智久、郡亮太、高見亘
  • 演出:枡田貴幸
  • プロデューサー:三浦真理子 (BOY'S)、山田晃(DHCテレビジョン)、一色啓人(BOY'S)
  • エグゼクティブ・プロデューサー:濱田麻記子
  • 制作:BOY'S TV DIRECTION COMPANY
  • 製作著作:DHCテレビジョン

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同局制作の『やらまいか〜真相はこうだ!〜』の収録日含め
  2. ^ 2015年9月28日放送分からMC。TOKYO MXでのネット受け前は討論参加者であった
  3. ^ 西川休業中の代理進行
  4. ^ 毎回5名、無いし6名出演。話題によって、スポットで入れ替わる場合有り。但し、2016年10月7日放送分は男女関係無く全員ニュース解説
  5. ^ 芸能人及びエキストラの一般人2人ずつの出演が原則だが、エキストラの中にタレント活動をしている者(香山ひとみ(リポーター)、町田彩夏(政治アイドル)等)、法律について扱う場合は女性弁護士(篠田恵里香、佐藤みのり)の出演有
  6. ^ 2015年12月下旬以降、女性出演者の脚を見せる演出に対し嫌悪感を持ち自ら降板を申出て、演出を止めない限り出演しない旨を自身の会社を通して局に伝えてた事をブログのエントリーにて表明。
  7. ^ 放送事業者の放送番組としての放送期間。
  8. ^ 本放送日の翌日(土曜) 3:00 - 4:00、13:00 - 14:00,20:00 - 21:00、翌々日(日曜)23:00 - 24:00にリピート放送
  9. ^ 2015年9月末迄は日曜 1:00 - 2:00(土曜深夜)。第103回に限り、閉局日時(2017年3月31日24時)との兼ね合いで本放送のみ放送(リピート放送は行わない)。
  10. ^ 2016年3月末迄は木曜 2:40 - 3:40(水曜深夜)。
  11. ^ 『DHCシアターアワー』枠内の放送
  12. ^ 『DHCシアターアワー』枠内の放送

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]