この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO
ジャンル SF
ゲーム
ゲームジャンル SFアドベンチャーゲーム
対応機種 PC-98(オリジナル版)
セガサターン/Windows(移植版)
PlayStation 4/PlayStation Vita(リメイク版)
開発・発売元 [PC/SS]エルフ
[PS4/PSVita]MAGES./5pb.
プロデューサー 剣乃ゆきひろ
[PS4/PSVita]志倉千代丸
[PS4/PSVita]浅田誠
キャラクターデザイン [PC-98/SS]長岡康史
[PS4/PSVita]凪良
シナリオ 剣乃ゆきひろ
音楽 島田竜
メディア [PC-98/Windows]CD-ROM
[PS4]BD-ROM
[PSVita]PSVitaカード
プレイ人数 1人
発売日 [PC-98]1996年12月26日
[SS]1997年12月4日
[Win]2000年12月22日
[PS4/PSVita]2017年3月16日
レイティング [PC-98/Win]18禁
[SS]推奨年齢18歳以上
[PS4/PSVita]CEROD(17才以上対象)
音楽フォーマット [PC-98/Win]FM/[SS]PCM
キャラクターボイス [SS]あり
[PS4/PSVita]フルボイス (主人公含む)
漫画
作者 まりお金田
出版社 エニックス
掲載誌 月刊Gファンタジー
レーベル Gファンタジーコミックス
発表号 1997年11月号 - 1998年8月号
巻数 全1巻
話数 全10話
漫画
原作・原案など 菅野ひろゆき
作画 石田総司
出版社 KADOKAWA
掲載サイト コミッククリア
レーベル ファミ通クリアコミックス
発表期間 2017年3月14日 -
小説
著者 エルフ(原作)
神代創(著者)
出版社 ケイエスエス
レーベル KSS novels
刊行期間 1998年1月27日 - 1998年12月3日
巻数 全4巻
OVA:YU-NO
原作 エルフ(剣乃ゆきひろ)
監督 金澤勝眞(第1・2話)
矢越守(第3・4話)
脚本 工藤治、かついまさお、ももいさくら
キャラクターデザイン 青木哲朗、石原恵田中雄一
音楽 CUE
アニメーション制作 PPプロジェクト(全話)
STUDIO玉椿(第4話)
製作 ピンクパイナップル
発表期間 1998年10月23日 - 1999年9月24日
収録時間 各話約30分
話数 全4話
その他 アダルトアニメ
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲーム漫画ライトノベルアニメ
ポータル ゲーム漫画文学アニメ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』(このよのはてでこいをうたうしょうじょ ユーノ、英題:YU-NO:A girl who chants love at the bound of this world.)は、菅野ひろゆき(当時のペンネームは剣乃ゆきひろ)が企画・脚本・ゲームデザイン・総合プロデュースを担当し、エルフにて開発販売したSFアドベンチャーゲーム

これまでにPC-98セガサターンWindowsPlayStation 4/PlayStation Vitaで発売されている。

また、アダルトアニメ化、漫画化、小説化もされた。

概要[編集]

無数に存在すると言われる並列世界を渡り歩き、隠された謎を解くことがゲームの目的である。 本編の内容は現代編と異世界編に分けられ、現代編で無数に並列する現代の日本を渡り歩き「宝玉」と呼ばれるアイテムをすべて集めた後、古代西洋を連想させる異次元を舞台とした異世界編に進む仕組みとなっている。並列世界はSFの題材としてはなんら珍しくないが、物理数学哲学歴史宗教の知識を元に作られた独特の世界観は多くの支持を得た。また、A.D.M.S(アダムス、オート分岐マッピング・システム)と呼ばれる、分岐した並列世界をマップにして視覚的にわかりやすくし、探索を助けるためのシステムである。 「この世の果て」とは本作の主人公が物語の最後に行き着く世界のことであり、「YU-NO」は物語の鍵を握る少女の名である。 「この世の果てで恋を唄う少女」がメインタイトル、「YU-NO」がサブタイトルとなっている(PC-98版のパッケージに同梱の「SPディスクのお知らせ」に明記されている)。

PC-98シリーズ版(NXシリーズは除く)[編集]

1996年12月26日アダルトゲームとして発売される。エルフが開発したMS-DOS用ソフトとしては最後のもの。

ユーザーの環境の違いを考慮して、フロッピーディスク版とCD-ROM版が用意された。CD-ROM版には本編で使われているBGMのアレンジ曲が収録された。ゲーム内容に差異はない。

セガサターン版[編集]

1997年12月4日に発売。推奨年齢18歳以上。通常版とマウス同梱版がある。パッケージ裏、CDトレイ下のイラストが数種類あり、どのイラストかは開封するまでわからない。

PC-98版との差異は、ハードウェアの性能により主に演出面に現れている。また、PC-98版を通信販売で購入した時に配布されるスペシャルディスク(追加内容を収録したフロッピーディスク)のおまけシナリオが、本編に統合された。テキストにも若干の変更が加えられている他、近親相姦を思わせるシーンが削除されている。

他の変更点は以下の通り。

  • グラフィック - 16色CGを全て原画段階から描き直している。
  • アニメーション - PC-98版では性能と容量の関係で存在しなかったが、SS版ではオープニングと作中で何度か使用されている(関連:Cinepak)。
  • ゲームシステム - 作中の重要アイテム「宝玉」が、2つ追加された。
  • 性描写 - 推奨年齢18歳以上枠への移植に伴い、表現がソフトになっている。

Windows版[編集]

エルフ大人の缶詰2000年12月22日発売)に同梱のelf classicに収録される形で、PC-98版が18禁ゲームとしてWindowsに移植される。画像と音楽がPC-98版と同等になっているが、移植時の倫理規定にあわせ最低限の修正がなされた。PC-98版に存在した近親相姦を思わせるシーンがメーカーの自主規制により削除され、主人公とYU-NOの関係をあらわす単語、YU-NOの年齢が読み取れる数字が伏せられている。elf classicは後に単品での発売があった。

PlayStation 4/PlayStation Vita版[編集]

2014年12月28日、『コミックマーケット87』(東京ビッグサイト)にて「新規プロジェクト」として公開される[1]

翌12月29日には『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のゲーム化プロジェクトであることが公表され、ティザーサイトも公開された[2]

2015年7月10日、公式サイトが正式オープンした[3]

2015年9月19日、幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2015』にて、本作がPS4/PSVita用ソフトとして、2016年2月18日に発売されることが発表された[4]が、後に同年11月17日に延期[5]され、更に完成度を高める期間が必要との結論に入ったために発売日が再び延期された。最終的に2017年3月16日に発売。CEROレーティングはD(17才以上対象)

初回特典にはPC-98シリーズ版の画面でプレイできるDLCカード(通常または限定版)、限定版のみ5枚組のサウンドトラックが同梱される。

本作は、エルフからMAGES.へ版権が委譲され、フルリメイク版として制作される[6]。版権の許諾ではなく委譲での移植となったのは、原作者が没した作品であるためにエルフでもどう触れればいいのか悩んでいること、PC-98版の発売から約18年間で何十社という会社による移植の話を断ってきたこと、そしてエルフにもう『YU-NO』のことをわかる人が在籍していないことなどが理由に挙げられている[7]

キャストを一新してフルボイス化され、キャラクターデザインは全て描き直される。原作ではマウスで画面上のカーソルを動かして調べる必要があったのに対し、リメイク版では『ミステリート』同様プルーフターゲットシステムを採用しており、プレイヤーは画面内でターゲットフレームを動かして調べたいところだけを選択することができる[8]。 また、原作のキーシステムであるA.D.M.S.も継承されており、A.D.M.S.上の宝玉にカーソルを当てると宝玉を使用した場面がサムネイル表示される改良が施された[8]。 シナリオは倫理上の都合で変更された点はあるものの、ほぼ原作通りである[8]。 2017年3月14日には、石田総司によるコミカライズ版の連載がWeb漫画サイトのコミッククリアにて始まった[9]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Recalling」
作詞・歌 - 佐々木恵梨 / 作曲 - 志倉千代丸 / 編曲 - 千葉”naotyu-”直樹

システム[編集]

PC-98版とSS版ではゲームのシステムが若干異なる。以下の説明は特に断りがない限り、PC-98版の説明である。

初期の分岐マップ
完成した分岐マップ

YU-NOでは「Auto Diverge Mapping System(オート分岐マッピング・システム)」、通称「A.D.M.S(アダムス)」と呼ばれるシステムを採用している。これはストーリーや世界観などゲーム部分とゲームに対するプレイヤーの介入をシステムを通じてメタ包含させたものである。

基本的には、主人公が辿った道筋が「分岐マップ」に記録され、シナリオの分岐が近づくとリフレクター・デバイス(以下Rデバイス)の「マッピング・スイッチ」が点滅し、新たな道筋を発見すると効果音が鳴る等、プレイ進行を助けるオートマッピングとしての機能がある。

Rデバイスの動力源である「宝玉」を八つ集めることが現代編の目的となっており、「宝玉」の位置は初めから「分岐マップ」に表示されている。また、このRデバイスには「宝玉セーブ」と言う特殊な機能が備わっており、これこそが「A.D.M.S」における特筆すべき最大の要素である。「宝玉」を使用したこの特殊なセーブは、現時点に記録すると言う意味において一般的なゲームのセーブ機能と大差ないものの、ある世界で入手したアイテムを他の世界に持ち越せるところは本作の特徴であり他との差異を表す顕著な部分と言える。例えば、最初に亜由美シナリオをプレイした時、彼女を救うアイテムを所持していない為、必ずバッドエンドを迎える事になる。そのアイテムはバッドエンドへの分岐が決まった後でなければ入手出来ず、またバッドエンドに分岐するか否かは、時系列的にアイテム入手前のとあるイベントでそのアイテムを使用したかどうかで決まる。つまり、亜由美を助けるには、分岐前で「宝玉セーブ」し、バッドエンドルートでアイテムを手に入れた後、Rデバイスで分岐前にロードしアイテムを使用すると言う工程になるが、「A.D.M.S」は、こうしたギミックを作中に挿入するためのシステムでもある。

あらすじ[編集]

主人公「有馬たくや」は、母亡き後に自分を育ててくれた父を事故で亡くして以来、意気消沈したまま高校生最後の夏休みを迎えていた。

ある日、丸い鏡とガラス玉がはまった謎の装置が彼のもとに届く。そこには父が生きていることを示唆する内容の手紙が添えられており、手紙は「今夜10時にこの装置を持って剣ノ岬に行け」という一文で締めくくられていた。

指示通りに向かった先で裸の女性が倒れているのを見つけ駆け寄るたくや。しかし彼女は彼に微笑んだ後、消失してしまう。そこへ義母の亜由美を連れた学園長が現れ、その装置を渡せとたくやに銃を突き付ける。その瞬間、地響きが起こり3人を光が包み込む。

意識の薄れ行く最中、たくやは岩場の上に立つ転校生「波多乃神奈」の姿を見つけていた。

夜の岬で独り目覚め、装置が点滅している事に気付くたくや。突如目の前の空間へ投影されたマップに驚く彼だが、それは平行世界を歩いて行かねばならない広大な旅の一歩である事を、この時はまだ知る由も無かった。

登場人物[編集]

声優が存在するのはSS版とフルリメイク版のみ。なお、一部キャラクターについてはアダルトアニメ版の設定、声優についても記載してある。

現代編[編集]

主なキャラクターの名字戦国大名の名から採られている(有馬氏波多野氏島津氏武田氏龍造寺氏結城氏豊臣氏朝倉氏後北条氏今川氏)。

有馬 たくや(ありま たくや)
性別:男
声:檜山修之(SS版)、千葉進歩(アダルトアニメ版)、林勇(フルリメイク版)
本編の主人公。境町学園の3年生。幼い頃、実母の恵子を病気で亡くす(実際は自殺)。母の愛を十分に享受することが叶わなかった為、特に意識はしていないが心の奥底で母との触れあいを求めており、時々恵子の夢を見る。父である広大も2ヶ月前、落石に巻き込まれ他界。
一見冷淡な性格をしており広大の訃報にも特別な感情を抱かないようなことを語っているが、実際は憎まれ口を叩きながらも父のことを深く愛しており広大の訃報を機に生活は乱れ部活動をやめ、父を侮辱する教師を殴ってもいる。一人自室で広大の死を嘆き悲しむ亜由美の姿を目撃しており、関係に変化が生じている。
荒れた心を慰めるため、一時期美月と交際するが彼女との性行為を澪に目撃されてしまい、澪との仲が険悪なものになる。
現在は素行が回復している。
オリジナル版では髪で目が隠れていたが、リメイク版では目が見えるデザインになっている。
アダルトアニメ版の設定
実の両親が不在であり、義母の亜由美と2人暮らしと言う家族構成自体は原作と同一。但し父・広大と母・恵子の存在感が極めて希薄となっている点が、たくやの人格面に大きな変更を及ぼしている。偉大な父に畏敬心と反発心の両方を抱き、見知らぬ母に愛慕を寄せると言った原作におけるエディプスコンプレックスの情動が、アダルトアニメ版では欠落。両親の事を頭に浮かべる場面すら滅多に無い。父に導かれるでもなく、父を追い求めるでもなく、周囲の異変に巻き込まれるばかりで前半においては積極的な行動理念が備わらない。リフレクターデバイスの代わりに、物語冒頭でユーノから受け取った謎の指輪(最後まで詳細不明)を用いて複数の並列世界を渡り歩く。
神帝となった亜由美を問いつめ、巫女となったユーノに斬りかかるが神奈から真相を知らされた刹那に生じた一瞬の隙に致命傷を受けてしまう。次元跳躍しようとするユーノに指輪を渡した後で力尽きる(原作では亜由美だった役を受けもつ)。
有馬 広大(ありま こうだい)
性別:男
声:立木文彦(SS版)、藤原啓治(フルリメイク版)
たくやの父。歴史学博士号を持つ。日本においては、400年ごとに大規模な改革が起こるとの説を発表する。平安京への遷都(西暦794年)、鎌倉幕府の成立(西暦1192年)、江戸幕府の成立(西暦1603年)がこれにあたる。また西暦400年ごろには「高ノ天原(たかのあまはら)」と呼ばれる民族が日本を侵略し、日本を統一したと考えた。
学会の有力者である師の説を批判したことから行き場を失うが、400年周期の仮説が龍蔵寺の関心を買い境町学園に研究の場を与えられる。
400年周期の仮説および「高ノ天原」の秘密を解く鍵は、境町に隠されているはずだった。剣ノ岬と呼ばれる奇岩に着目し、一定の成果を得る。他方、物理学を専門とする今川由利香も剣ノ岬に興味を持っており、ふたりは共同で調査にあたる。
由利香の資料には、ある女性についての記述があった。彼女は高ノ天原の末裔で、名をケイティアという。戸籍を持たなかったが、広大との結婚を機に戸籍を得る。たくやを生んだのち、新たな自分になるために旅立つと言い残しケイティアは自殺。
ケイティアが自身の生い立ちや故郷のことを広大に語ったのは出産の時であり、彼女の証言は400年周期の仮説を裏付けるものだった。時は可逆、歴史は不可逆であることを知った広大は歴史の本質を探るため、また最愛の妻・ケイティアとの再会を果たすため事故死を装い、「事象の狭間」に赴く。
アダルトアニメ版の設定
回想シーンを含め、出番無し。影や幻はおろか、声も一切聞き取れない。
有馬 恵子(ありま けいこ)
性別:女
声:星野千寿子
たくやの実母で、その正体は「デラ=グラント」の巫女であり、本名はケイティアである。恵子という名は、広大と結婚する際の戸籍作成時に得たものである。
400年前、「デラ=グランティア」とシンクロし地球と「デラ=グラント」の衝突を回避したのち、境町に移住する。視力と引き換えに聖なるちからを得たため、眼が不自由だった。境町の地下に眠る「超念石」のエネルギーを糧に生きるため、生涯町の外に出ることがなかった。
彼女の体内には「デラ=グランティア」がいまだ存在していた。境町に移住してから400年、この世界と「デラ=グラント」の接近が再び迫っていることから広大の眼前で自害し、「デラ=グランティア」を解放する。現在は「事象の狭間」において、広大と共に暮らしている。
アダルトアニメ版の設定
広大と同じく出番無し。
有馬 亜由美(ありま あゆみ)
性別:女 誕生日1月9日
声:井上喜久子(SS版)、内川藍維(アダルトアニメ版)、名塚佳織(フルリメイク版)
たくやの義母で、ジオ・テクニクス社が境町の海岸にて進める工事の責任者。本編開始から半年前、大学生時代の恩師である広大と結婚した。
工事が始まって以来、海岸では謎の落雷が相次ぎジオ・テクニクスの責任を追及する声が上がる。犠牲者もすでに出ており、工事の責任者として批判の矢面に立たされる。本心では調査の続行に反対だが、会社の方針に従い問題はないと主張する。
表向きの工事の目的は「社屋を拡張に向けた地質の調査だが、。実際は海岸の地下に眠る「超念石」を発掘するためであり、広大から「超念石」を結晶化して「宝玉」にするよう依頼を受けていた。
異世界編をクリアしたデータでは、彼女とたくやが幸せに暮らしているエンディングへの分岐が可能になる。
オリジナル版では三つ編みを肩に垂らした髪型にピンクのスーツという服装だったが、リメイク版では三つ編みはヘアピンで纏められており、服装は黒いカジュアルスーツに変更されている。
アダルトアニメ版の設定
広大の存在感が薄くなった結果、亜由美の行動の動機も不明瞭なものになった。
美月と同性愛を思わせるようなシーンを見せたり、泥酔し香織がリーダー格のデートクラブ集団に襲われたり、秀夫に心の弱さを突かれて体を任せてしまう弱さを見せる。
神帝即位後は神奈を殺害してまで「デラ=グラント」の崩壊を食い止めようと奔走する。彼女の死の場面は描かれない一方、たくやが代わりに死ぬ。
ハッピーエンドのシーンではゲームと同様、たくやとの幸せな生活が描かれる。
波多乃 神奈(はたの かんな)
性別:女 誕生日:3月3日
声:今井由香(SS版)、高塚彩葉(アダルトアニメ版)、内田真礼(フルリメイク版)
境町学園の3年生。これまで少なくとも10回は転校を経験しており、転校先は決まって境町の周囲に位置する学校である。境町学園に編入して1ヶ月になるが、いまだクラスに馴染もうとしない。
海岸の地下に眠る「超念石」を持ち去ろうとする者には罰が下されると母に聞かされており、工事を中止するようジオ・テクニクスに申し入れる。
神奈と神奈の母親は、「幼い頃は成長が非常に速いが、成熟すると身体に変化が生じなくなる」という特異体質を持っており、寿命も数百年ほどある。ふたりは50年ほど前から生活を共にしていたが、母の死に伴い、孤独と貧困から逃れるべく売春に走る。自分の境遇に絶望し一時は自殺も考えるが、恵子と同じ体質を持っていることを理由に、広大と恵子によって保護される。
「超念石」のエネルギーを糧に生きるため、特殊な方法で結晶化した「超念石」が付属するネックレスを身につけていないと命を失うことになる。
広大は「事象の狭間」に旅立つ際、「宝玉を八つそろえた時、新たな道が開かれる」というメッセージと書斎の鍵を神奈に託し、たくやに伝える(渡す)よう指示する。
異世界編をクリアしたデータでは、彼女とたくやが幸せになるエンディングへの分岐が可能になる。
よく「波多野」と書かれるが、正しくは「波多乃」である。また、開発の初期には「かえで」と呼ばれていた。
初期の設定はこのような性格ではなく、当時ブームだった妹キャラで「おにいちゃん」と呼ばせる予定であったが、当時流行していた『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する綾波レイの影響を受け現在の設定に変更された。ただし菅野は伝聞で綾波の情報を知っていただけであり、開発後にエヴァンゲリオンのビデオを見た際は神奈とは異なるキャラクターであることに気付いた。

オリジナル版ではヘアバンドや私服の色は赤が主体だったが、リメイク版ではどちらも黄色に変更されている。また、髪型はストレートだったオリジナル版と比べて、外ハネが強くなっている[10]

アダルトアニメ版の設定
原作とは異なり、「デラ=グラント」にて再登場する。ユーノと同じくたくやの娘たる旨が、数度に渡ってほのめかされるものの、母親はアマンダではなく澪である。
澪を正気に戻すために生命線になっていたペンダントを捨てて一時的に死亡するが、その事に気づき絵里子のアドバイスを受けたたくやによって石を手渡されて蘇生。後に亜由美に刺され、澪の腕の中にて今度こそ完全に息を引き取る。
父・たくやとの近親相姦の場面が削除された代わりに、母・澪と情事に耽る。そのせいか、ゲームで見られるたくやとのエンディングシーンはない。
女子学生オンリーのデートクラブと思われる場所でアルバイトをしており、上半身制服・下半身ブルマというコスチュームを披露。境町ではユーノとの意識のシンクロが幾度か発生。デラ・グラントでのセーレスを逃がす場面では絵里子、美月と共に登場し、異母となるセーレスを複雑な想いで見送っている。
一条 美月(いちじょう みつき)
性別:女 誕生日:11月22日
声:佐久間レイ(SS版)、奥田香織(アダルトアニメ版)、大西沙織(フルリメイク版)
幸三の秘書で、過去には境町学園で歴史の授業を担当したことがある。
大学生時代の恩師である幸三への実らぬ思いに悩み、心の隙間を埋めるために一時たくやと交際する。澪の嫉妬の対象でもあり、アダルトアニメ版でもそういう場面が顕著。
「彼女」と呼ばれる存在におびえていた幸三の態度が急に変わってしまったことに不安を覚え、調査に乗り出す。「事象のシュバルツシルト半径」に捕らわれているため、どのルートに向かっても悲劇的な結末を迎えることになる。
オリジナル版では黒いシャツに紫のスーツを着ていたが、リメイク版では薄手の薄紫色のラフな服装に変更されている。
アダルトアニメ版の設定
「デラ=グラント」にて再登場。とある並列世界では拳銃を差し出したりと狂暴な一面をのぞかせるが、理由は不詳。「デラ=グラント」でたくやと再会後、セーレスの身を彼に託し「運命」により唐突に死去。幸三が全く登場しないせいで、美月の描写は全体的に減じられている。アイリアの役柄を兼務。
ラストシーンではゲームと違い、たくやと結ばれる光景が見られゲームでの神奈のハッピーエンドポジションも担っている。
島津 澪(しまづ みお)
性別:女 誕生日:5月8日
声:冬馬由美(SS版)、高天唯(アダルトアニメ版)、釘宮理恵(フルリメイク版)
境町学園の3年生。古代史の愛好家。父親は境町の市長だが、令嬢と呼ばれることを嫌う。たくやに好意を寄せており告白もしたが、美月との性行為を目撃したことをきっかけに距離を取るようになる。
広大、幸三、由利香の共著である「LEGACY」を読み、400年周期の仮説を知る。澪は剣ノ岬に高ノ天原の秘密が隠されていると考え、調査にあたる。父とジオ・テクニクスの汚職疑惑による中傷を受け、退学とアメリカへの留学を真剣に考える。
異世界編をクリアしたデータでは、彼女とたくやが仲睦まじくしているエンディングへの分岐が可能になる。
リメイク版ではサイドのカールのボリュームが増え、髪にリボンが追加されている。
セガサターン版の取扱説明書および『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 完全ガイド』(辰巳出版)においては「島津」の読みを「しまず」としているが、一方でゲーム本編においては「しまづ」と紹介されている。
アダルトアニメ版の設定
「デラ=グラント」にて再登場し、アマンダの役柄を兼務している。設定の変更は特に無いものの、原作に比べて出番が多い。場合によっては美月の如く人格が一変し、拳銃を所持。
たくやとセーレスの結婚に嫉妬し、彼を誘惑する形で初めて彼と結ばれる。その際に神奈を身ごもる。巫女の儀式の場にて「現在の」神奈の死に直面し、更に不本意な次元跳躍を強いられ数十年前(推定)の境町へ移動し、神奈を出産した。
ゲームと同様に、たくやとの良好関係を迎えるエンディングシーンも見られる。
武田 絵里子(たけだ えりこ)
性別:女 誕生日:7月7日
声:久川綾(SS版)、園崎未恵(アダルトアニメ版)、小林ゆう(フルリメイク版)
境町学園の校医兼たくやのクラスの担任で、2ヶ月前に学園に赴任するまではヨーロッパで暮らしていた。ボディコンミニスカートの上に白衣を羽織り、生徒の前で堂々と煙草をふかす。
武家屋敷の周囲で起こっているとされるタタリおよび龍蔵寺に強い関心を示しており、派手な格好で町に繰り出しては幸三の身辺を秘密裏に探る。絵里子の寝言に現れる「アーベル」と呼ばれる男の死が、彼女を突き動かしている。
リメイク版ではボディコン服のデザインが変更されている他、私服にはサングラスが追加されている。
詳しくは異世界編の「エィッリィククワッドゥロッウ」を参照。
アダルトアニメ版の設定
幸三の不在は、絵里子の目的の不明瞭さへ直結。設定や言動に大きな違いは無いが、次元監査官なる正体は最後まで明かされない。たくやが種々の並列世界を飛び越え得る存在だという事を、なぜか予め承知している。
朝倉 香織(あさくら かおり)
性別:女 誕生日:12月23日
声:根谷美智子(SS版)、安達まり(アダルトアニメ版)、前田玲奈(フルリメイク版)
報道番組「ニュース・プレゼンス」のキャスター。境町の海岸で相次ぐ謎の落雷はジオ・テクニクスの工事に起因すると考え、責任者である亜由美を徹底的に糾弾する。
裏の顔は産業スパイであり、「超念石」の保存生成式および結晶化された「超念石」をジオ・テクニクスから盗み出し、保存生成式を某社に結晶化された「超念石」を龍蔵寺に売ることを画策している。「超念石」には不思議な性質があること、亜由美が広大の遺志を継いで「超念石」の研究にあたっていることを知っている。
オリジナル版では下乳が露出した服装だったが、リメイク版では胸元が隠れた服装に変更されている。
生前の広大と親交があり、一度だけ性的な関係を持った。
アダルトアニメ版の設定
ニュースキャスターではなく他校の生徒として描かれており、具体的な年齢は他キャラ同様に伏せられている。澪から制服を借りて境町学園の生徒になりすまし、たくやと接触した。勤務しているデートクラブでは従業員たちのリーダー格であり、神奈とはバイト仲間である。産業スパイなる裏の顔は原作に依拠。明言こそしないものの、「(何らかの秘密活動の)プロ」を自称し、暗躍している。「デラ=グラント」では彼女のみ再登場せず。
結城 正勝(ゆうき まさかつ)
性別:男
声:岩永哲哉(SS版)、藤原祐規(フルリメイク版)
境町学園の2年生。不良にからまれている所をたくやに助けられて以来、たくやを強く慕っている。澪に好意を寄せており、アプローチを試みるがうまくいかない。
海岸において澪とたくやの会話をたまたま盗み聞きし澪の父が汚職に絡んでいることを知り、澪を我が物にすべく翌日汚職を告発するビラを学校の掲示板に張る。しかし、告発に深く傷ついた澪はアメリカへの留学を決意し、正勝は自分の行為を大いに悔いた。
澪のルートにおいてはユーザーの選択次第で衝撃的な結末を迎える事となる。
トレードマークはオリジナル版では帽子だったが、リメイク版ではヘアピンに変更されている。また、パーカーはオリジナル版では無地だったが、リメイク版では文字が描かれている
豊富 秀夫(とよとみ ひでお)
性別:男
声:三木眞一郎(SS版)、江口拓也(フルリメイク版)
ジオ・テクニクスの社員。亜由美の部下。地質調査の現場監督を務める。
某社に自分を高く売り込むため、香織と結託して「超念石」の保存生成式を盗み出そうとする。しかし保存生成式は豊富の手が届かない所に隠されているため、亜由美を懐柔して保存生成式が書かれた書類を入手しようとする。
アダルトアニメ版の設定
「デラ=グラント」にて再登場(元より「デラ=グラント」の生まれ)。香織と並んで素性変更が著しい。たくやの実母・恵子(ケイティア)の養子で尚且つ、たくやの妻・セーレスの義兄。ケイティアの実子であり、ケイティアの愛を一身に浴びケイティアを死に至らしめたたくやを憎悪。神帝傘下の兵士に命じ、「デラ=グラント」のたくやの住まいを襲撃。ユーノを強姦させ、セーレスを自殺へ追いやる。神帝の宮殿にてたくや殺害を謀り、逆襲されて死亡。原作における何らかの人物の役柄を兼任している訳ではなく、「デラ=グラント」での再登場後はアダルトアニメ版オリジナルキャラと呼んで差し支えない程の変身振り。
龍蔵寺 幸三(りゅうぞうじ こうぞう)
性別:男
声:大塚明夫(SS版)、楠大典(フルリメイク版)
境町学園の学長。歴史学を専門とする。妻とは別居中。
400年周期の仮説に感銘を受け、広大を境町学園に招く。広大、由利香と共同で研究にあたり、「LEGACY」を記す。一時は広大や由利香に後れを取るが、ある女性の学説に触れたことをきっかけに研究のレベルを飛躍的に向上させる。幸三はやがて彼女に恐怖を覚えることになる。
2ヶ月前、武家屋敷に引っ越す。学説を発表した女性により本物の幸三はこの時すでに監禁されており、その女性は幸三に成りすますと香織を雇い、結晶化された超念石をジオ・テクニクスから盗ませようとする。また広大の行方も追っており、篤に広大の足取りを追跡させる。助けを求めて屋敷の周囲を夜な夜な徘徊するが、頭と手足を奪われているため怪物と間違われてしまう。
リメイク版では髪が白髪に変更されている他、服装がダブルスーツに変更されている。
詳しくは異世界編の「龍蔵寺」を参照。
龍蔵寺 梅(りゅうぞうじ うめ)
性別:女
声:鈴木れい子
幸三の母。幸三の日記を読み、ある女性が彼に成りすましていることを知る。恐れをなした梅は痴呆症を装い、真実を第三者に伝えようとする。
今川 由利香(いまがわ ゆりか)
性別:女
物理学の博士号を持つ。境町の磁場重力場が異常な値を示していることに注目し、広大、幸三と共に剣ノ岬の研究にあたる。リフレクター・デバイスを広大から預かり、機能の解析に尽力する。
剣ノ岬の地下に8000年前の遺跡が眠っていることを突きとめ探索を行うが、トラップにより命を落とす。
真理奈(まりな)
性別:女
声:西村ちなみ(SS版)、山本彩乃(フルリメイク版)
ジオ・テクニクスの守衛だが、勤務中にも関わらずテレビドラマに見入り、警備をおろそかにすることがある。キャラクターデザインを担当したのは田島直
北条 篤(ほうじょう あつし)
性別:男
声:青野武(SS版)、上田燿司(フルリメイク版)
興信所の調査員。幸三の意向を受け、広大の行方を探る。神奈が広大に保護されていたことを知ると彼女に接近し、情報を引き出そうとする。対価を払うことで神奈とは2回、性的な関係を持った。
島津市長
性別:男
声:柳沢栄治
澪の父にして、境町の市長である名士。ジオ・テクニクスとの汚職が噂される。ショットガンの収集を趣味としている。
アダルトアニメ版の設定
第4幕のラスト近く、澪とのエンディングを迎えたシーンで声のみの登場。

異世界編[編集]

セーレス
性別:女
声:高橋美紀(SS版)、寺田はるひ(アダルトアニメ版)、真田アサミ(フルリメイク版)
異世界に飛ばされたたくやが最初に出会った人間で、言葉が話せないため、セーレス("Say less")と呼ばれているものの、たくやの話す言葉は理解できるらしく身振りでコミュニケーションをとっていく。アイリアの死後、成り行きとはいえたくやと一緒に暮らすことになり徐々に愛を深めて行き、ユーノを出産することになる。儀式によって「デラ=グランティア」という神を体に降臨させるための巫女。帝都から来た兵士によって暴行され、連行されそうになった際に舌を噛んで自害する。本名は「ケアレス」と発音する。

リメイク版では彼女を含めたほとんどの異世界編の登場人物は、服装のデザインが変更されている。

アダルトアニメ版の設定
原作との差異が最も小さいキャラクター。絵里子、美月、神奈の手引きで都を脱出。その後、美月と合流し一定期間、彼女に保護された果てにたくやと出会う。
ユーノ
性別:女
声:こやまきみこ(SS版・アダルトアニメ版とも)、小澤亜李(フルリメイク版)
本作の最重要人物。たくやとセーレスとの間に生まれた女の子。名前は"You Know?"からたくやが命名。物語序盤に登場するものの、正体発覚やたくやとの交流は物語後半にてようやく為される。たくやと共に帝都へ向かう道中、神殿を訪れそこで帝都の兵士に連れ去られてしまう。その後帝都へ来たたくやと再会するがユーノは巫女として祭り上げられた挙句に洗脳され、たくやのことさえ忘れていた。その後洗脳が解けるが、事象の衝突を回避するためにグランティアとシンクロする儀式に身を委ねる。儀式前夜には実父たくやとの性交に及ぶ。
アダルトアニメ版の設定
最大の変更部分はたくやと生き別れ、強制的に巫女に祭り上げられて以後。原作では途中で洗脳が解けたくやとの再会を喜ぶが、アダルトアニメ版は最後の最後まで記憶が戻らず彼についても忘却したまま。ラストシーンにて、たくやの事を父ではなく一人の男として意識。ただし神奈と同じく近親相姦のシーンは存在しない。
アイリア
性別:女
声:勝生真沙子[11]
「ボーダー」の警備をしている騎士で、アマンダの姉にあたる。ボーダーより侵入した怪物からセーレスを守るために瀕死の重傷を負う。自分の死を悟った彼女はたくやにボーダーを警備する使命を託し、この世を去る。
クンクン
声:川上とも子
砂漠を越えてやってきたという、翼の生えた女性から託された子供。名前はクンクン鳴いているからという理由でユーノが命名。ユーノとはペットのような友達のような関係。出会った当初はトカゲに羽を生やしたような姿をしていたが、後に成長し母親と同じような姿になる。この世界ではノガルドと呼ばれる人間の食料となっている生物。たくやとユーノが帝都へ向かう際に森へ帰されるが、収容所でたくやと再会。その後たくやの前に成長した姿で現れ、たくやとアマンダを収容所から助け出す。2人を運ぶために力を使い果たし命を落とす際に、たくやのために自らの体を食糧として差し出す。
アマンダ
性別:女
声:三田ゆう子(SS版)、井上麻里奈(フルリメイク版)
神帝に反抗するレジスタンスのリーダーでアイリアの妹。帝都に捕まり収容所に入れられ、懲罰房でたくやと出会う。当初はたくやに反発していたが次第に惹かれるようになり、彼と関係を持つようになるが自分の事を巫女と勘違いした幸三によって次元の狭間へ落とされる。
神帝
亜由美の「デラ=グラント」での姿。セーレスを殺された復讐のためにやってきたたくやと出会い、「デラ=グラント」が元はたくや達がいた世界から切り離された世界であること、神・グランティアとは「デラ=グラント」を作り出した科学者で巫女とは彼女の意識を投影するための媒体であることを伝える。事象の衝突を避けようとするが、それを阻止しようとする幸三によって殺される。
エィッリィククワッドゥロッウ
校医の絵里子のもう一つの姿。たくやがもといた世界とも「デラ=グラント」とも違う別の次元から来た次元監査官で、幸三に化けていた思念体を捕まえるために「デラ=グラント」へ来たという。事象の衝突が起こり、2つの世界が消えてしまう可能性があることを伝える。
名前は単なる変な名前なのではなく、彼女の住む次元がたくやの住んでいた次元よりも言語レベルが遥かに発達している次元であるため、発音が複雑すぎて完全に聞き取れないためである。
龍蔵寺
幸三の姿を借りた思念体。絵里子の恋人・アーベルを殺した張本人で、絵里子から逃れるために事象の衝突をさせようと企む。
サラ
性別:女
声:高田由美
アマンダの友人。帝都で暮らしていたが、世界の終わりが近いとの噂から近衛兵の服装を手に入れて脱出。たくや達とは砂漠を越えて帝都へ向かう途中のオアシスで出会う。たくやへ帝都の情報を教えた後に別れる。豊満な肢体で性的に奔放なところがあり、近衛兵の服も「女の武器を使って手に入れた」と発言している。
バズク
性別:男
声:玄田哲章
たくやが連れて来られた"聖なる石"の採掘場の強制労働者を仕切っている人間。人を痛めつけて屈服させることを楽しむサディスト。肥満体であり、たくやからはブタと呼ばれている。
女官(アダルトアニメ版)
性別:女
声:菊池由美・永瀬いくみ
デラ・グラントで神帝に使えている二人組(双子?)の女官。セーレスを連れ戻そうとする豊富と議論するものの結局話し合いにはならず、欲求不満の兵士達に2人揃って犯されてしまう。

世界観設定[編集]

本作では、因果律を測定出来る概念として科学に取り入れた「事象科学」と言うSFギミックをベースに設定が構築されており、概要の項でも書かれてあるとおり、物理、数学、哲学、歴史、宗教などが交錯した非常に緻密で膨大な世界観となっている。 特に設定においては科学の分野でそれが顕著で、本作特有の「事象科学」は上巻だけでも28頁に亘る論文が設定資料として存在しており[12]、『YU-NO』を手掛けた菅野の作品への並々ならぬ情熱が垣間見られる部分である。

この「事象科学」では「事象素子」と呼ばれる粒子が仮定され、時間と空間に因果律を加えた世界像を構築している。 本作の核となる時間旅行および並列世界に関する理論は、この「事象科学」を元に説明されるものである。

超念石[編集]

「超念石」とは人間の精神に感応する性質を持つ物質であり、もしくは空気に触れると組成が変わる性質を持つ。「宝玉」は、「超念石」を結晶化したものである。

飛び移り座屈[編集]

飛び移り座屈の解説

Rデバイスとよばれる装置には、「超念石」の結晶である「宝玉」がはめ込まれている。「宝玉」に触れると「宝玉」は時間に対する慣性を失い、静止する(すなわち時間の流れから取り残される)。このため、Rデバイスの所有者と「宝玉」は離れ離れになるが、「事象素子」(虚数空間を走る光子。因果律の伝達を行う。)の波がRデバイスによって放射されると「宝玉」は励起され、反射波を生じる。波動力学に従い、合成波の振幅(=事象密度の大きさ。事象の起こりやすさを表す。)が最大になる部分を「腹」、最小になる部分を「節」と呼ぶ。腹は「現実において十分に起こりうる事象」であり、節は「現実には起こりにくい事象」である。後者より前者の状態が自然であるため、節から腹への移動は容易に起こりうる。「事象素子」の波をうまく制御してRデバイスを「節」、「宝玉」を「腹」とすればRデバイスの所有者は「宝玉」が静止している時間(過去)に移動することが可能になる。これを、「事象の飛び移り座屈」(スナップスルー)という。「宝玉」が未来、もしくは別次元の世界に静止している場合も同様である。

時は可逆、歴史は不可逆[編集]

時間旅行に関するパラドックスの一つに「親殺しのパラドックス」がある。 これは、時間を遡り過去で自分の親を殺害した場合自分が生まれて来なくなる事で、同時に過去に戻って親を殺す存在もなくなり、結果として親は死なず自分は生まれてくる。すると自分は過去に戻って親を殺害しに行く。と言う堂々巡りの論理的パラドックスである。

これに対して本作は「時は可逆、歴史は不可逆」という概念に立脚しているため、このような問題が生じる事は無い。例えば、両親を殺すためRデバイスを使って時間を遡り、両親が出会う場所へ向かったとする。本来「歴史は不可逆」が前提ならば、歴史を改変しようとする自分はこの場に存在し得ない筈だが、例え過去へ戻っても、”時間を遡って過去の時代を過ごしている”という事実が、現在までの歴史の延長線上に歴史的事実として刻まれていく事になる為、これは歴史の改変を意味するものでは無いのである。また、自分が辿り着いた過去は時間を遡って来ていると言う事実が付加されている為、元々の過去とは異なっている。時間を遡る事によって、遡る前とは別の「両親の出会いに自分が立ち会う」世界が生成されるのである。これは俗に言うパラレルワールドだが、本作の「事象科学」においては「並列世界」と呼称する。「事象科学」では「並列世界の並列世界」が生成されることもあり得ると考えられ、過去に遡る事により新たな過去が並列世界として生成されるが、元々の過去も別の並列世界として存続し続けるとされる。その為、例え時間を遡って過去をやり直す事が出来たとしても、元の並列世界(やり直す前の過去)は依然として存在しており、一度過ぎ去った過去は決して無くす事も変える事も出来ない、と言う事も意味している。

世界像の数学モデル[編集]

因果律を含めた世界像を数式によって表すため、因果律を流体に見立てて流体力学を適用すると、以下の基礎方程式が導かれる。

t:時間 e:因果律 ρ:事象密度 u:時間と因果律のベクトル流速
E:内部エネルギー(運動エネルギー位置エネルギー電磁力など)
f:単位等価質量あたりの領域力ベクトル Φ:境界力ベクトル
∇·Φ:領域力(系の領域すべてに働く外力) ρf:境界力(系の境界のみに働く外力)
ρu·f:領域力エネルギー ∇·Φ·u:境界力エネルギー

(1)は連続の式、(2)は運動方程式、(3)は熱力学第一法則から導かれるエネルギー方程式である。

相対性理論によると、速度vで移動する物体の質量mおよびエネルギーEは以下の式で表される。

m0静止質量 c:光速度

(5)は、質量とエネルギーが等価であることを示している。すなわち、質量mの物体を消滅させるとmc2のエネルギーが生じるのである。

これを「事象科学」に適用すると、拡張アインシュタイン則が得られる。

Ω(x,t,e):対象となる領域 C(e):事象素子の速度
:時間、空間、因果律の軸上に存在する質量(等価質量)

等価質量Mの消滅・生成により、エネルギーEの生成・消滅が起こるわけである。Eを因果律エネルギーと呼ぶことにする。

層流と乱流[編集]

流体の状態には、層流乱流がある。前者は不規則な変動を含まない流れであり、後者は流速や圧力が不規則に変化する流れである。因果律の層流とは先の基礎方程式に従い、因果律がスムーズに伝達される状態をいう。しかし因果律エネルギーが外界から層流に供給され、因果律の伝達速度と事象粘性の比がある値を超えると不安定な状態になり、因果律の渦が形成される。これが乱流である。

層流の場合、因果律は一方向にのみ流れる。対して乱流の場合は事象Aが事象Bを生み、事象Bが再び事象Aを生むといったことが起こり得る。因果律の渦は周囲にエネルギーを渡しながら運動を続けるため、外部からのエネルギー供給が途絶えると層流に戻る。

事象のシュヴァルツシルト半径[編集]

Rデバイスを用いれば時間旅行が可能になると述べたが「事象密度」が著しく高い世界に接近すると、過去や未来、別次元の世界に移動することが困難になる。脱出速度を例に、この現象を説明しよう。

ある天体の表面に置かれている物体が天体の重力圏を完全に脱するには、以下の式で表される初速v(脱出速度)を水平方向に得る必要がある。

G:万有引力定数 M:天体の質量 r:天体の半径

vに光速cを代入すると、脱出速度と光速が等しくなる時の半径

が求まる。この半径より内側の領域においては、さえも天体の重力からは逃れられない。いわゆるブラックホールである。重力場方程式を解き、ブラックホールの存在を示唆した天文学者シュヴァルツシルトにちなみ(8)をシュヴァルツシルト半径と呼ぶ。

「事象密度」は事象の起こりやすさを表すため「事象密度」が極めて高い世界はさながらブラックホールであり、接近すると他の世界への移行が困難となる。この時、「事象密度」の逆数を「限界半径」もしくは「事象のシュヴァルツシルト半径」という。「限界半径」の内側においては、いかなる手段を用いようとも他の世界への移動は叶わない。「運命」と呼ばれる状態である。

ノイマン世界[編集]

系が完全に閉じられており、因果律が外部の系に流出しない(また、外部の系から流入しない)世界をディリクレ世界という。逆に、これらが起こりうる世界をノイマン世界と呼ぶ。ノイマン世界においては内部の因果律と外部の因果律が衝突するため、因果律の破綻が生じる。他方、ディリクレ世界の因果律が破綻することは通常ならありえないが並列世界との干渉が起こると、ノイマン世界となる。我々の常識に反する現象(超常現象)が時おり現実のものとなるのは、このためである。

ノイマン世界は、ディリクレ世界の内部にも存在する。国家文明をひとつの系と見なせば、異文化の流入は因果律の破綻を意味する。極東島国であった日本(ディリクレ世界)は黒船の来航、文明開化などによりノイマン世界になったと解釈される。

スイス心理学者ユングが提唱した共時性(心に思い浮かべた風景と外部の事象が、なんらかの働きによって一致する現象)と呼ばれる概念も、個体をノイマン世界と見なすことで説明が可能になる。一般には単なる偶然とされるが、外部から流入した因果律が本人の意識に影響を与えたとすれば心の風景と外部の事象が一致してもおかしくはない。虫の知らせも同様である。またユングの師であるフロイトは、抑圧された意識が無意識を形成すると考えた。無意識はなどの形を取って本人の意識に現れるが、無意識から自我に向かって因果律が流れていると仮定すると自我もやはりノイマン世界となる。因果律の流入は大抵の場合、意識では捕らえられないため本人は共時性や虫の知らせを不思議がることになる。

Rデバイスは「事象密度」を調整することにより、ノイマン世界の境界を超える(外部の系に移動する)ことを可能にする装置であると言える。

並列世界[編集]

並列世界の構造

我々が暮らす世界は様々な可能性をふくんでいるため、時おり複数の世界に分裂する。分裂の元になる世界を「原世界」、分裂により生じた世界を「従属世界」と言う。並列世界とは、「原世界」から見た「従属世界」のことである。従って上図の場合は、世界B,C,Dが世界Aの並列世界にあたる。B,C,Dの差異は微々たる物だが分裂を重ねるたびにそれは広がり、ついには似ても似つかない世界になる。

Rデバイスを使い、同じ層に存在する別の世界に移動するとなにが起こるのだろうか。別の世界にも「自分」は存在するのだから、ふたりの「自分」がひとつの世界に並び立つことが予想される。しかしこれは誤りである。b層を例にとって説明すると、世界Bの「自分」がCに移動するとCの「自分」はDに押し出される。質量保存の法則が働いた結果である。これによりDの「自分」もBへの移行を余儀なくされる。「自分」と「自分」の鉢合わせは起こり得ないわけである。

下層(従属世界)から上層(原世界)に移動する場合はどうだろうか。従属世界B,C,Dの因果律は基本的にそれぞれ独立しているが、ひとつの世界で原世界Aへの移動が起こると他の世界でも同様の現象が生じる。このため、b層の従属世界はすべて消滅する。上層から下層への移動は、従属世界を形成することによってなされる。

従属世界の形成・消滅エネルギーEは拡張アインシュタイン則(6)から導かれる。

m:従属世界の数 Mj:次元等価質量 ρj:事象密度
Φj:事象ポテンシャル(起こりうる事象の数を表す) Hj:次元の保有空間
tj:次元の保有時間 Cj:因果律エネルギー

カオスの矯正[編集]

事象移動により持ち越せるモノ(物体に限らず)が世界の許容範囲を逸脱した場合、それは世界から「矯正」を受ける対象となる。例えば主人公は、チャートの終端地点にたどり着いた際に「カオスの矯正」として強制的に始端地点まで飛ばされてしまう。これは異端分子の知識・モノを持つ主人公がより長い時間を過ごすにつれ、主人公の可能性存在が増える=可能性世界の増殖速度が指数関数的に増大する為である。

また、「カオスの矯正」を受けた主人公は事象移動前の記憶を殆ど忘れてしまう。これは別事象での記憶を失う事で、ある程度反復した行動を対象者に半ば強制する事を意味する。つまりRデバイスを所持する主人公の無数の可能性存在が各事象にのさばる事で、可能性世界が無限に増殖する、そのような事態を世界が未然に食い止めている。もっと具体的に言うと、主人公の行動パターンがカオス領域に発散せず一定の周期軌道内に収まる事を実現していると言える。つまり、事象移動者の行動パターンが一定の周期軌道内に収まるという事は可能性世界の増加に頭打ちが来るという事である。YU-NOのチャート分岐が定められた数しか無いのも、これにより説明出来る。

ブリンダーの木[編集]

事象的介入により可能性世界が爆発的に誕生してゆく様をその時間発展の様子からツリー構造に見立て、その全体を「ブリンダーの木」と呼ぶ。つまり「ブリンダーの木」を(時間的に)さかのぼると、あらゆる事象の根源すなわち宇宙の始まりにたどり着く事になる。

ちなみに、ブリンダーの木はゲーム中に示される分岐チャートとは異なるとする意見が多勢である。もし分岐チャートが「時は可逆、歴史は不可逆」というYU-NOの根底理念に基づいている(=ブリンダーの木)ならば、主人公がRデバイスを使った時点で分岐チャートは別の可能性世界における分岐チャートとして、その全体が様変わりする必要があるからである。

デラ=グラント[編集]

ブリンダーの木

数十万年前の地球には、非常に優れた技術を有する民族(地球先住民族)が存在した。彼らは自然と調和し、豊かな生活を送っていた。しかし地球先住民族の文明はある時、滅亡の危機に直面する。「神の涙」と呼ばれる巨大な隕石が近い将来、地球に飛来することが判明したのである。

「神の涙」から逃れるため、地球先住民族は自らが暮らす大陸を次元移動装置に造り替え別の次元に移動させた。いつの日か母なる地球に帰ることを夢見ながら。移住を指揮した科学者「グランティア」にちなみ、この大陸を「デラ=グラント」と呼ぶ。

「神の涙」による滅亡はとりあえず回避されたが、新たな危機が「デラ=グラント」の民を襲う。異次元の環境はあまりにも過酷であり、命を失う者が続出したのだ。彼らはこの環境になんとか適応するため、己の肉体に改造を加え幼年期は短いが成年期は非常に長い生命体に生まれ変わった。また半永久的に重核融合を行う太陽・メルギオや、酸素の供給を行う植物も作り上げた。科学者の努力により、「デラ=グラント」の環境は徐々に改善されていった。

問題はもうひとつあった。「デラ=グラント」はある軌道に沿って地球(正確には地球が存在する次元)を周回するが軌道の計算には誤差があり、「デラ=グラント」と地球は周期的に接近することが明らかになった。「グランティア」の予測によれば、衝突の危機は400年ごとに訪れるという。

衝突を回避する技術を持った科学者は病や寿命のため、ひとり、またひとりと命を失ってゆく。あせりを覚えた「グランティア」は自身の意識で大陸を制御するシステムを作り上げると、精神を肉体から解き放ち「デラ=グラント」を守る不滅の女神「デラ=グランティア」となる。もっとも、「デラ=グランティア」が大陸を制御するには意識を第三者の肉体に投影する必要があった。「グランティア」の指令を収めた統合コンピュータ「グランドマザー」は、400年ごとに投影の対象となる女を選び出す。選ばれた者はある儀式を行うことで女神と一体になるため、「巫女」と呼ばれる。

他方、地球は「神の涙」により大打撃を受けるが長い年月を経て本来の姿を取り戻していく。「デラ=グラント」の民とは別種の生物である原人(もしくは旧人)もホモ・サピエンスに進化し、文明を築き始める。

「デラ=グラント」と地球が接近すると両者に接点が生じるため、「デラ=グラント」から地球への移動が容易になる(逆もしかり)。接点となるのは日本の境町(さかいまち)である。「デラ=グラント」の民の一部は母なる地球への帰還を望んだのか、400年ごとに境町へ渡り日本の歴史に大きな影響を与えた。『魏志倭人伝』によると、古代の日本は倭国大乱と呼ばれる状態にあったが「デラ=グラント」の民は武力により西暦400年ごろ日本を統一、履中天皇となった。西暦794年には、桓武天皇の手により平安京への遷都が行われる。桓武天皇は渡来人を重用したという。渡来人とはもちろん、「デラ=グラント」の民である。彼らは鎌倉幕府(西暦1192年)や江戸幕府(西暦1603年)の成立にも関与した。「デラ=グラント」の巫女であるケイティアも400年前、自らの身体に女神を取り込み「デラ=グラント」と地球の衝突を回避すると、境町に移住した。

歴史の博士号を持つ広大は日本史の転換点となるこれらの事件が400年おきに起こったことに着目し、「400年周期の仮説」を唱える。境町に起源を持つ幻の民族「高ノ天原」(たかのあまはら)が400年ごとに姿を現し、歴史の舞台裏で大規模な改革を実行するとの説である。「デラ=グラント」の民が有する技術は非常に優れていたから、彼らが渡来するたびに変革が起こるのは当然のことだった。

ケイティアは境町で広大と結婚し男児(本編の主人公)を設けるが、彼女の体内にはいまだ女神「デラ=グランティア」が存在した。西暦2000年ごろの衝突を回避するには自らの命を絶ち、女神を解放する必要があった。これにより、次の巫女と女神のシンクロが可能になる。生まれたばかりの主人公と広大を残し、自害するケイティア。

彼女は出産の際、自分の生い立ちや「デラ=グラント」のことを広大にすべて話していた。「400年周期の仮説」の裏付けを得たのみならず時は可逆、歴史は不可逆であることを知った広大は歴史の真理を探究するため、「事象の狭間」に旅立ち「ブリンダーの木」の観察者となる。

「グランドマザー」は西暦2000年の接近は「デラ=グラント」に破滅をもたらすと計算している。次元と次元の衝突は回避される見通しだが接近の規模があまりにも大きいため、回避の際に生じる余剰エネルギーの逆流により「デラ=グラント」は実体化し8000年前の境町に落ちることが予測された。「デラ=グラント」の因果律は乱流になっているため、「デラ=グラント」の誕生と墜落は何度でも繰り返される(層流乱流を参照)。

「事象の狭間」から宇宙の過去、現在、未来を見渡す広大は主人公の娘であるユーノが「デラ=グラント」の新たな巫女になることを知っていた。彼女の母は「デラ=グラント」で暮らす少女・セーレス。従って「デラ=グラント」と地球の衝突を回避するには主人公を「デラ=グラント」に送り込み、セーレスと結婚させる必要があった。

ケイティアが境町に持ち込んだリフレクター・デバイス(以下Rデバイス)と呼ばれる装置は、次元や時間を超える能力を有していた。Rデバイスの動力源である「宝玉」を8つそろえると「デラ=グラント」への道が開かれるが、うち6つはすでに紛失していた。「事象の狭間」を漂う広大はRデバイスを主人公に預けると、残りの宝玉をすべて集めるよう命じた。

次元監査官[編集]

数十万年前の地球よりも高い次元に位置するある世界は、「事象科学」を発達させていた。アーベルと呼ばれる研究者は事象の根源になにが存在するのかを調べるため、精神を事象の根源に向かって飛ばした。

「事象の狭間」には、何万年も前から生き続ける邪悪な思念体が漂っていた。思念体はアーベルの精神が事象をさかのぼっていることを知ると、彼の足跡をたどって肉体を奪った。帰る場所を失ったアーベルは死亡してしまい、思念体は彼に成りすまして生活を始めるが、アーベルと交際していた次元監査官(複数の次元を股にかける犯罪者の取り締まりを任務とする者)の女性だけはだませなかった。

現代の境町に逃れた思念体を追い、次元監査官もアーベルの仇を取るため、境町へ向かった。次元監査官は「武田絵里子」と名乗って校医を勤めるかたわら、思念体の行方を秘密裏に探った。思念体は絵里子の追跡をかわすため、再び別の次元への逃亡を考えるが、次元移動装置はすでに故障していた。思念体は広大の親友である幸三に成りすまし、主人公が広大から託されていたRデバイスを奪おうと目論む。

開発の経緯[編集]

オートマッピング[編集]

本作の目玉であるA.D.M.Sはマルチシナリオと呼ばれる手法に様々な工夫を加えることで成立した。 主人公の行動や選択によって物語が枝分かれするマルチシナリオという手法は、『弟切草』(チュンソフト)のヒットを契機にゲーム業界に定着した。完全に独立した複数の物語をひとつの作品に収めるオムニバスと違い、主人公の行動や選択により物語が枝分かれしてゆくところに特徴がある。シナリオの分岐が複雑を極める場合は分岐図(分岐チャート)を作成しながらゲームを進めることになるが、これは大変わずらわしい作業である。

本作品の企画・脚本・ゲームデザイン・総合プロデュースを担当した菅野(当時のペンネームは剣乃ゆきひろ)は上述の問題を解決するため、ダンジョンRPGオートマッピングをマルチシナリオ型AVGに適用することを考えた。オートマッピングとは、ダンジョンの地図を自動的に作成してゆく機能である。主人公の現在地を確認したり、ダンジョンの全体像を把握するのに役立つ。オートマッピングは今でこそダンジョンRPGの常識だが、古くは遊び手が方眼紙にマップを描いていた。PC-8001の時代からパソコンゲームを愛好する菅野は、こういった手間もゲームの醍醐味のひとつだったと語る。[要出典]分岐チャートの作成についても同様のことが言える。しかしゲームの進化に伴い手間を楽しむ感性は過去のものとなり、より便利なシステムが求められることになった。菅野は先述したマルチシナリオの問題点がいつになっても解決されないことに歯がゆさを感じ、分岐チャートを自動的に作成する機能を考案する。このシステムは「Auto Diverge Mapping System」(オート分岐マッピング・システム)の頭文字を取り、A.D.M.S(アダムス)と名付けられた。

神の視点[編集]

A.D.M.Sは過去に例を見ない斬新なシステムであり、マルチシナリオを採用することがなかば常識となったAVGの世界に変革をもたらす可能性を秘めていたが、菅野の脳裏にはある疑念が浮かんでいた。主人公の行動によってシナリオが分岐することを知っているのは、ゲームの物語を「外」から眺める遊び手のみである。ゆえに、主人公が分岐チャートを描くことはありえない。分岐チャートを作成し、遊び手に提示する役目を負うのは誰なのか。

同様の問題は、RPGの世界にも存在する。RPGは「Role-Playing Game」の略であり、「役割を演じる遊び」と訳される。遊び手は主人公になりきってゲームの世界を旅することになるはずだが、この建前は必ずしも守られていない。多くのRPGに導入されている「経験値」を例にとって説明しよう。戦闘を重ねるたびに蓄積される経験値は、RPGの柱とも言えるシステムである。従って、遊び手は主人公の経験値を確認しながらゲームを進めることになる。主人公が記録しているわけでもないこの数値を、遊び手が知っているのはなぜか。菅野の言葉を借りるならば、「神の視点」でゲームの世界を眺めているからである。

A.D.M.Sの導入によりマルチシナリオ型AVGの攻略は容易になろうが、主人公のあずかり知らないところで分岐チャートの作成を行うと遊び手に「神の視点」が生じ、主人公と遊び手の意識が乖離することになる。YU-NOの製作を「真のロールプレイングへの挑戦」と位置付ける菅野にとって、これは深刻な問題だった。

並列世界[編集]

「神の視点」を解消するには、主人公にも分岐チャートを見せる必要がある。現実の世界に生きる我々は通常、過去から未来に至る道は1本しかないと考えている。それはゲームの主人公も同様なのだから、主人公が分岐チャートの存在を知ることは極めて不自然である。菅野はこの問題を解決するため、並列世界(パラレルワールド)の導入に踏み切った。主人公が暮らす世界の周囲には別の世界が無数に並列しており、別の世界への移動はシナリオの分岐に相当すると考えることにしたのである。この場合、分岐チャートの視覚化は並列世界の視覚化と同義であり決して不自然なことではない。分岐チャート(並列世界の構造)を自動的に描く「装置」を持った主人公は、ある目的を果たすため、この「装置」を頼りに並列世界を渡り歩いてゆく。分岐チャートはもちろん遊び手にも提示される。主人公と遊び手の一体化(真のロールプレイング)である。

転機[編集]

A.D.M.Sは当初、シーズウェアのAVG『XENON -夢幻の肢体-』(1994年)に搭載される予定だった。しかし、同社は一作の開発に長くても4ヶ月しか時間を割かない方針をとっており、企画、シナリオ、スクリプトプログラミングをひとりですべてこなす菅野にオートマッピングの実装を果たす余裕は存在せず、採用は見送られた。

EVE burst error』(1995年)の開発後の1996年、菅野はアダルトゲーム業界の老舗と称されるエルフに移籍し、8ヶ月という制作時間と専任のプログラマを会社から与えられ、『YU-NO』の制作にあたった[13]

菅野は当初、現代編(標準的なプレイ時間は30から40時間)を「大いなる序章」とし異世界編を本編と位置付けていたが、開発の遅れから現代編が本編となり、当初の構想は7割ほどしか実現しなかったという。[要出典]このためか、現代編と異世界編は非常に対照的な作りになっている。前者がA.D.M.Sとアイコンクリック(詳細はシステムの項を参照)を採用しているのに対し後者はシナリオの分岐を持たない上、コマンドを選択することでゲームを進める形式をとっている。

菅野は1997年アーベルを設立するが、この時同社のWEBサイトにおいて「YU-NOは自分の中で駄作だったが、市場のポジティブな評価を知って自信を取り戻した」という趣旨の発言をしている。[要出典]

1997年、セガサターン版YU-NOの開発を終えた菅野が「理想の環境」を求めてエルフを退社、アーベルを設立した[14]

音楽[編集]

当時エルフの社員だった梅本竜がPC-98版『YU-NO』の音楽の制作者としてクレジットされているが、一部イベントシーンの楽曲は高見龍と神奈江紀宏が手掛けたものである[13]。 これは、PC-98版『YU-NO』の楽曲制作期間中に梅本が疲労のあまり失踪したため、菅野ひろゆきの知り合いである神奈江紀宏が呼び出され、さらに当時梅本と同居していた高見龍が残りを担当したためである[13]。 『EVE』完成後、菅野は高見に違う感じの曲を作るように頼んで送らせた後、PC-98版『YU-NO』をヒントなしでプレイさせたうえで足りないものリストを渡して楽曲を作らせた[13]。 高見は自身が作曲家としてクレジットされていないことについて、「梅本君が作った現代篇の音楽があるから、失踪が事実でも、もうこれは彼の作品だろうと思った。僕は彼の曲に似せて作ったつもりだから、僕はかかわっていないことにしていいよ」とインタビューの中で述べている[13]

セガサターン版は梅本竜、高見龍、神奈江紀宏の三名が音楽の制作者としてクレジットされたが、梅本と高見はセガサターン版の移植にはかかわっておらず[13]、実際はシンガーソングライターの佐藤龍一がセガサターン版『YU-NO』の編曲者であり、神奈江は移植の手伝いという立場だった[15]。 梅本が失踪していたころ、菅野はセガサターン向けの内蔵音源を制作するためのMacintosh用ソフトを扱える人材を探しており、佐藤がMacintosh向けのゲームソフトの音楽で成功を収めていたことを知った菅野は佐藤にセガサターン版『YU-NO』の編曲を依頼した経緯がある[16]。 佐藤は当時の状況について、「梅本の曲を耳コピすることは難しくなかったが、楽器の音源と50曲分のデータを2MBのフロッピーディスクに収めるのには苦労した。」と自身のブログ上で振り返っており[17]、自分以外の人間が編曲者としてクレジットされたことについては「会社の都合だろう。歴史なんてそんなもんだ」と割り切り、この仕事を機に菅野の信頼を得て、菅野が亡くなるまで一緒に仕事をしたとツイッターで振り返った[15]

このほかにも、セガサターン版にはオープニング楽曲の作曲者としてヨナオケイシがクレジットされている[13]

リメイク版の音楽は高見とヨナオが編曲という形で担当している[13]。高見は、オートマトンとのインタビューの中で、梅本の音楽は普遍的なものであるため、リメイク版は現在の技術ではおかしくなるところだけを修正しつつも梅本の遺した原曲を尊重する方向に決めたと述べている[13]

高見は「生前梅本君は『YU-NO』のサウンドトラックを出せずに悔しがっていた」と話しており、「梅本君は『DESIRE』『XENON』『EVE burst error』などのサウンドトラックの復刻はできたので、最後に『YU-NO』のサントラを出して、昔の集大成にして一区切りつけたいと考えていた」と述べている[13]。 梅本の死後、高見は追悼として『YU-NO』のサウンドトラックのリリースを行いたいと考えるようになり、梅本の知人であるゲーム開発会社社長のせんたろへ『YU-NO』の版権についてエルフに聞いてほしいと頼んだところ、エルフから版権の確認が取れないという返答が来たため、この計画は一時とん挫した[13]。 その後、梅本のもう一人の知人であるMAGES.の浅田誠の協力によって『YU-NO』の版権がエルフにあることが判明し、最終的にはMAGES.に版権が委譲された[13]。 これにより、2016年11月12日に開かれた発売記念兼イベント「You Know? Ryu Umemoto」において『YU-NO』の楽曲のトリビュートCDの発売が可能になったほか、リメイク版『YU-NO』の初回限定版の特典としてハイレゾサウンドトラックDVD5枚組がつくこととなった[13]

評価[編集]

PC-98版の評価[編集]

本作は『DESIRE』や『EVE burst error』のヒットで知られる剣乃が、アダルトゲーム業界の最大手エルフの資本を背景に送り出す作品ということもあり、発売前からアダルトゲーム雑誌で取り上げられていた。

本作の目玉であるA.D.M.Sは「アドベンチャーゲームの常識を覆す」「画期的」システムと評される。「電撃王」1997年1月号では「年末年始に発売されるベストゲームはこれだ」と称して、『YU-NO』の名を巻頭に挙げている。また同誌が読者アンケートを元に作成した「読者の欲しいソフト」ランキングでは、1997年2月号・3月号で1位を獲得している。

売り上げ[編集]

デジタルメディアインサイダーの集計によると、1997年11月30日までに4万5844本(CD版-3万0553本/3.5FD版-1万5291本)のセールスを記録している。同誌の1997年の年間ランキングでは、CD版が14位となっている(ちなみに1位は『SHOCK PRICE 500 麻雀』で7万7102本、アダルトゲーム最多は3位の『鬼畜王ランス』で7万2572本となっている)。

ユーザーの評価[編集]

「電撃王」の「第2回 電撃王ゲームソフト大賞」(1997年5月号)では読者投票の平均点が最も高い作品に与えられるヒートアップ賞を受賞しており、「E-Login」の「ゲーム & ヒロイン of the year 1996」(1997年6月号)のゲーム部門で9位(1位は『同窓会』)、「コンプティーク」の「第1回コンプティーク・ソフト大賞」(1998年2月号)で5位(1位は『To Heart』)を記録している。

セガサターン版の評価[編集]

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 27(SS版)
セガサターンマガジン 27(SS版)

『YU-NO』はセガサターンへの移植が決まった時点から、複数のコンシューマーゲーム雑誌で特集が組まれるほどの注目を集めた[18][19][20]

この反響は、PC-98版『YU-NO』が発売される1年前の1995年に発売されたプレイステーション(PS)版『ときめきメモリアル』(コナミ)のヒットにより美少女ゲームブームが起きていたことと、制作元であるエルフがこれまでに『野々村病院の人々』(1996年11月29日発売)や『下級生』などといったセガサターン向け作品で成功を収めていたことに由来する。また、移植の発表に先立つ1997年1月24日に『YU-NO』のプロデューサーである菅野がシーズウェアに在籍していたころに制作した『EVE burst error』のセガサターン版が「セガサターンマガジン」の読者レースで一位を獲得するなど高い評価を得たことも、反響を大きくする要因となった。

ゲーム雑誌『ファミ通』 No.469(1997年11月28日発売)のクロスレビューでは、8・7・7・5の合計27点を獲得した。クロスレビューの参加者であるサワディ・ノダはシナリオの複雑さについて評価し、水ピンは過去に戻って別の選択をすることの面白さについて評価した。 セガサターンマガジン vol.43(1997年11月28日発売)のレビューでも9・9・9の合計27点を獲得した。 また、ライターの酒缶はGamerに寄せたリメイク版のレビュー記事の中で、「真相を知るには用意されている並行世界のストーリーを全て見る必要があるため、表面的には条件が厳しいゲームではあるが、実際遊んでみるとシステムがしっかりしているため、ストーリーを埋めていくのが楽しかった」と、セガサターン版を遊んだ時の様子を振り返っている[21]

ゲーム誌による売上の集計
誌名 売り上げ 集計期間 出典
ファミ通 13万9509本 1997年12月4日 - 12月28日 同誌No.700
セガサターンマガジン 22万3494本 不明 サターンのゲームは世界いちぃぃぃ!
電撃セガサターン 24万0820本 1997年12月4日 - 1998年2月8日 同誌VOL.17
デジタルメディアインサイダー 15万6956本 1997年12月4日 - 1998年1月31日 同誌No.4 1998 Apr.

リメイク版に対する反響・評価[編集]

本作のリメイク版は、2017年3月24日付のPS Vita DL販売ランキングで3位にランクインを果たし[22]、2017年4月7日の時点ではすでにパッケージ版とデジタル版の合算で4万本を超えていた[23]

ライターの酒缶はリメイク版の再現性について評価しており、「原作とはビジュアルイメージが変わったキャラクターもいたが、会話しているうちに自然となじんだ」と述べている[21]

ライターのにゃるらはねとらぼに寄せたコラムの中で、「近親相姦カニバリズムに関する表現が修正されていなかったうえ、ヒロインの露出度もセガサターン版のままで驚いた」と述べ、原作ファンへの対応や、原作の雰囲気の再現度の高さを評した[10]。その一方でにゃるらは「リメイク版の神奈の髪形が外ハネになった結果、神秘性が薄れた」と指摘し、初回特典として同封されたPC-98版からエルフのロゴが消されていて残念だと述べた[10]

ポストモダン哲学との関連[編集]

哲学的な見地からYU-NOを高く評価する向きもある。批評家東浩紀はいわゆるオタク文化とポストモダンの関係を論じた著書『動物化するポストモダン』(講談社ISBN 4-06-149575-5)の中で『YU-NO』を取り上げ、詳細な分析を加えている[要ページ番号]。ポストモダンとは「近代(モダン)の次(ポスト)に現れる世界」のことだが、同書は簡便のために「1970年代以降の世界」と規定している。『YU-NO』をはじめとするオタク文化にはポストモダンの本質がよく現れているとされる。

後世への影響[編集]

若木民喜の漫画『神のみぞ知るセカイ』は本作の影響を受けた作品として知られている[10]

アダルトアニメ[編集]

1998年から1999年まで、『YU-NO』のタイトルでピンクパイナップルから発売された。各30分、全4話という限られた尺の都合上、世界観に関する解説が極めて淡白であり、原作のゲーム版を未体験の場合、理解は非常に困難である。基本設定は原作を踏襲しつつ、細部の展開に差異が見受けられる。並列世界についての新解釈や原作の補完的要素は特に存在しない。

一人称である原作と異なり主人公不在の場面が多々見られ、その傾向は性的描写についても同様(女性キャラ同士のレズプレイが特徴的)。シナリオそのものよりも、各キャラの新たな側面や性的描写に重きを置いている向きが強い。

各キャラには設定の簡略化や変更、あるいは登場場面の総削除が施されている。上述通りシナリオ自体に大異は無いため、キャラの変更点を順に詳述することによって原作とアダルトアニメ版との相違を明確にする(詳しくは#登場人物を参照)。

アダルトアニメ版の設定について書かれていないその他のキャラは、ゲーム版とは違って存在自体が描かれない。特徴としては現代編のキャラの多くを異世界編にも登場させ、異世界編専用キャラの代役を演じさせることで人数を絞った点が挙げられる。また、現代編男性キャラはたくやと秀夫が登場するのみで、原作の半数以上が未登場。全体的に現代編女性キャラの出番が増加している。

監督は本作の以前や以後にもアダルトアニメの監督経験を多く持つ金澤勝眞が、作画監督は後年に演出業へ活躍の場を移すこととなる高橋丈夫が、それぞれ担当した。

スタッフ[編集]

  • 原作 - エルフ剣乃ゆきひろ
  • 監督 - 金澤勝眞(第1話・第2話)、矢越守(第3話・第4話)
  • 脚本 - 工藤治(全話)、かついまさお(第3話)、ももいさくら(第4話)
  • キャラクター原案 - 長岡康史
  • キャラクターデザイン - 青木哲朗(第1話・第2話)、石原恵(第2話)、田中雄一(第3話・第4話)
  • 色彩設計 - 若菜陽子
  • 美術監督 - 原優子
  • 撮影監督 - 火田杏子(第4話)
  • 編集 - 岡田輝満
  • 音響監督 - 飯塚康一
  • 音楽 - CUE
  • 音楽プロデューサー - 横山光則
  • 制作担当 - 小山雅弘(第1話・第2話)
  • 制作プロデューサー - 岩見一伸(第3話・第4話)
  • プロデューサー - 大宮三郎(第1話)、織賀進(第2話 - 第4話)
  • アニメーション制作 - PPプロジェクト(全話)、STUDIO玉椿(第4話)
  • 製作 - ピンクパイナップル

エンディングテーマ[編集]

「VOICES」(第1話・第2話)
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲・編曲 - 坂本昌之 / 歌 - 園崎未恵
「FACES」(第3話・第4話)
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲・編曲 - 坂本昌之 / 歌 - 園崎未恵

各巻リスト[編集]

発売日 話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督
1998年10月23日 第1幕 誘惑する事象たち (未表記) 高橋丈夫
1999年1月22日 第2幕 不連続体のコンチェルト 石原恵、瀬上幸雄
1999年6月25日 第3幕 分岐点のシンデレラ 矢吹勉 緒館比野麿 七海修
1999年9月24日 第4幕 世界の果てで女神は唄う (未表記) 山内博美 中森吉春

関連商品[編集]

書籍[編集]

CD[編集]

  • この世の果てで恋を唄う少女YU-NO SUPER SOUND TRACK
    • PC98版ソフト同梱の申し込み用紙でのみ購入可能だった。2枚組で、簡素な紙ケースに収納されている。ライナーノーツはない。
  • この世の果てで恋を唄う少女YU-NO オリジナル・サウンド&ボイスコレクション
    • SS版の発売後、エルフの通販でのみ購入可能だった。多少アレンジが加えられている。3枚組で、ライナーノーツ(ミニイラスト集)が付属する。

その他ゲーム[編集]

  • 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 2048
    • 本作を題材としたiOS用2048ゲームで、宝玉を消費してパネルを入れ替えたりするなどといったスキルを発動させることができる[24]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浅田誠氏が指揮を執る謎の新規プロジェクトが“コミックマーケット87”5pb.ブースにて発表された!”. ファミ通.com (2014年12月28日). 2015年9月20日閲覧。
  2. ^ 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』ゲーム化プロジェクトスタート ティザーサイトも公開”. ファミ通.com (2014年12月29日). 2015年9月20日閲覧。
  3. ^ 『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』公式サイトが正式オープン キャラクターイラストと豪華ボイスキャストが公開”. ファミ通.com (2015年7月10日). 2015年9月20日閲覧。
  4. ^ 【速報】『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』はPS4・PS Vita用ソフトとして、2016年2月18日発売決定!!【TGS2015】”. ファミ通.com (2015年9月19日). 2016年7月6日閲覧。
  5. ^ PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』の発売日が11月17日に決定”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2016年6月14日). 2016年6月14日閲覧。
  6. ^ 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』“フルリメイク”の真相とは? 浅田誠プロデューサーを直撃!”. ファミ通.com (2014年12月29日). 2015年9月20日閲覧。
  7. ^ 『YU-NO』が約18年の時を経て復活! 浅田プロデューサーが語る「なぜ今出るのか、なぜ今まで出なかったのか」”. 電撃オンライン (2014年12月19日). 2015年9月20日閲覧。
  8. ^ a b c 栗本浩大 (2016年7月3日). “【インタビュー】『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』浅田プロデューサーに開発状況や変更点、そして新要素を訊いた”. iNside. 2017年3月24日閲覧。
  9. ^ 「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」コミカライズ連載がスタート”. コミックナタリー (2017年3月14日). 2017年3月24日閲覧。
  10. ^ a b c d にゃるら (2017年4月16日). “インターネットを守る翼竜:名作「YU-NO」リメイク版をサターン版と比較し徹底レビュー!”. ねとらぼ. ITメディア. 2017年4月16日閲覧。
  11. ^ エンディングのテロップでは「勝木-」と誤植されている。
  12. ^ 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 完全ガイド』辰巳出版(1997年5月)p116-123、論文タイトルは「世界構成原理に関する一考察」、著作にACU教授:今川由利香と記載する徹底ぶり。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m Koji Fukuyama (2017年1月24日). “『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』音楽家・高見龍氏インタビュー 今明かされる『EVE burst error』『YU-NO』秘話”. AUTOMATON. 2017年3月14日閲覧。
  14. ^ 参考サイト「ZDNet Japan - Gamespot - Interview 7/30」(このページはすでにリンクが切れているが、Internet Archive上で閲覧が可能)。1/32/33/3
  15. ^ a b 佐藤龍一の2017年2月1日20:26のツイート
  16. ^ {佐藤龍一の2017年2月1日21:25 のツイート
  17. ^ 佐藤龍一 (2011年12月30日). “ゲーム作家、菅野ひろゆき氏亡くなる。”. Livedoor blog. 2017年3月15日閲覧。
  18. ^ 「壮大なストーリー、独特の世界観、斬新なシステムが多大な評価を得た『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がついに移植決定」(「セガサターンマガジン」 VOL.22、1997年6月20日発売)
  19. ^ 「昨年末、パソコンユーザーの間に鮮烈な感動を巻き起こした作品『この世の果てで恋を歌う少女YU-NO』 この話題作をどこよりも早く大紹介」(「電撃セガサターン」 VOL.1、1997年6月20日発売)
  20. ^ 「パソコンで発売され、練り込まれたシナリオや美しいグラフィックなどでヒットした『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のサターン版の情報をいよいよ公開」(「ファミ通」 No.454、1997年8月8日発売)
  21. ^ a b 酒缶 (2017年3月11日). “ゲーム業界の果てでひたすら遊び続ける男が並列世界の時を翔け抜けられるか試してみた!「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」ゲームコレクターインプレッション”. Gamer. 2017年3月27日閲覧。
  22. ^ ひびき (2017年3月25日). “【PS Vita DL販売ランキング】『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン』首位、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』3位ランクイン(3/24)”. iNside. 2017年3月27日閲覧。
  23. ^ 臥待弦 (2017年4月7日). “PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』アップデートで新規ルートを追加”. iNside. 2017年4月16日閲覧。
  24. ^ たすん (2017年3月17日). “『YU-NO』がiOS用アプリで登場。同じ数字のパネル同士を重ねるだけのシンプルなパズル”. 電撃App. 2017年3月18日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]