2048 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2048
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ウェブ
iOS
Android OS
ニンテンドー3DS
発売元 レイニーフロッグ(3DS)
人数 1人
メディア ダウンロード
発売日 2014年3月9日
2014年9月10日(3DS)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)(3DS)
テンプレートを表示
ロゴ

2048』は、当時19歳だったイタリア人のガブリエレ・チルリ(Gabriele Cirulli)によって2014年3月に公開された[1]パズルゲームApp StoreGoogle Playで無料公開されている[2]。また、オープンソースとされている[2]

背景[編集]

このゲームが発表される以前、グレッグ・ウォールウェンド英語版が作成したThrees!英語版というゲームが2014年2月6日に公開され、App StoreやGoogle Playで人気を博した[1]。それに伴い類似アプリが登場し、1024は特に注目を集めたという[1]。そしてVeewo Studioの『1024』とSamingの『2048』(これもまたThrees!と1024を参考にして制作された)を参考にし、Gabriele版『2048』は作成されたのである[3]

遊び方[編集]

4×4のマスに数字が書かれたタイルがあり、スライドさせるとそれらはマスの端まで移動し、同時に新たなタイルが出現する。同じ数字のタイルがぶつかると2+2=4、4+4=8というように数字が足し合わされていく。最終的に2048のタイルができればゲームクリアだが、それ以後も続けることはできる。また、完全にタイルが動かせない状態になるとゲームオーバーとなる[2][4]

模倣に関して[編集]

チルリは2048はThrees!や1024やSaming版2048を元にしていると2048の公式サイトで明言しており、2048を自分の作品とは考えておらず、そのために無料公開しているのだという[2]。また、さらにオープンソースであるGabriele版『2048』から派生した亜種もGoogle playにおいておよそ200登場しているという[1][2]

しかしThrees!の開発チームは2048を含めたThrees!の模倣アプリに対して問題提起をするため、公式サイトにおいて「Letter to the Rip-offs」という題で14ヶ月におよぶ開発の過程の公開や、2048を含めた類似アプリを名指しで非難するなどしている[5]

その他[編集]

ニンテンドー3DSにおいて、レイニーフロッグより2014年9月10日から税込300円で配信されている[6]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d ニューズウィーク2014年4月29日、5月6日ゴールデンウィーク合併号65ページ 2014年12月17日閲覧
  2. ^ a b c d e 人気パズルゲーム“2048”は“Threes!”の模倣?誕生秘話を海外紙報じる ニュースフィア 2014年12月17日閲覧
  3. ^ http://features.en.softonic.com/interview-with-the-creator-of-2048
  4. ^ Google Play 2014年12月17日閲覧
  5. ^ 2014年12月17日閲覧
  6. ^ 任天堂のサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]