同居人はひざ、時々、頭のうえ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
同居人はひざ、時々、頭のうえ。
ジャンル ハートフルコメディ[1]
漫画
原作・原案など みなつき
作画 二ツ家あす
出版社 フレックスコミックス
掲載サイト COMIC ポラリス
レーベル ポラリスCOMICS
発表期間 2014年10月16日 - 連載中
巻数 既刊5巻(2018年12月現在)
アニメ
原作 みなつき、二ツ家あす
監督 鈴木薫
シリーズ構成 赤尾でこ
キャラクターデザイン 北尾勝
音楽 コトリンゴ
アニメーション制作 ゼロジー
製作 ひざうえ製作委員会
放送局 AT-Xほか
放送期間 2019年1月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

同居人はひざ、時々、頭のうえ。』(どうきょにんはひざ ときどき あたまのうえ)は、みなつき原作、二ツ家あす作画による日本漫画2014年10月16日フレックスコミックスウェブコミック配信サイトCOMIC ポラリス』にて読み切り作品として初掲載され[1]、その後同サイトにて2015年6月4日より連載中[2]

極度の人見知りである作家の青年と、彼が拾った猫を中心とする生活を、ザッピング形式でそれぞれの視点から描写した構成が特徴[3]。2017年には、『全国書店員が選んだおすすめコミック2017』で3位にランクインした[4]

あらすじ[編集]

ミステリー作家の青年朏素晴は、両親の墓参りをしていた際に出会った野良猫から新作の着想を得て、その後も連載の参考とするために猫を家で飼い始める。素晴は、と名付けた猫が取る行動の意味を読み取るのに四苦八苦しつつも、陽との共同生活に楽しみを見出すようになる。一方、過酷な環境を生き抜いてきた陽も、自分に親切に接する素晴に心を開いていき、両者は少しずつ距離を近づけていく。

登場人物[編集]

声はテレビアニメ版の声優

主人公[編集]

朏素晴(みかづき すばる)
声 - 小野賢章[5]杉山里穂(小学生)
人間側の主人公。若干23歳でこぐま出版の小説誌「北極星」に連載をもつ新進気鋭のミステリー作家で、ペンネームは「三日月」。小説の題材を模索していた際、たまたま遭遇した陽から新作のネタを思いつき、自宅で世話をするようになる。
幼いころから、両親以外の人間を創作や思考の邪魔になる存在として忌避しており、デビュー後も担当編集者の気遣いすら余計な干渉として跳ね除けてきた。しかし、陽と暮らすようになってからは外部との関わりが必然的に増えていき、大翔以外の対人関係に変化が生じていく。
陽(はる)
声 - 山崎はるか[5]
動物側の主人公。素晴が両親の墓の近くで拾った野良猫。黒と白のはちわれが特徴のメスで、世話焼きな性格。名前は素晴が幼いころに読んでいた本から考案したもので、当初は後述の理由でご飯の合図と勘違いしていたが、はちから名前の概念を教わって以降は「自分だけの特別なもの」と認識している。
元々は捨て猫であり、はちを含む多くの弟たちと生活していた。しかし、弟たちが人間に拾われたりカラスの襲撃にあったことで散り散りになり、最終的には1匹で孤独に生き延びていた。始めは素晴のことを食料や住処を提供してくれる物静かな弟分と認識し、特別な執着もなかったが、次第に自分が面倒を見なければいけないと感じ始め、家に居着くようになる。

主人公の関係者[編集]

河瀬篤(かわせ あつし)
声 - 下野紘[5]
こぐま出版に勤務する素晴の担当編集者。27歳。妻帯者。おせっかい焼きで、素晴に邪険にされてもめげない性格の持ち主。大の猫好きで、陽に会いに素晴の家に訪れるほどだが、当の陽からは苦手意識を抱かれている。
矢坂大翔(やさか ひろと)
声 - 堀江瞬[5]
大手外資系企業に勤務する素晴の幼馴染で、彼の数少ない友人。実家は素晴の家の3件隣。素晴とは対照的にオープンかつポジティブな性格で、引きこもりがちな素晴を案じて、帰省するたびに素晴のところに顔を出すことが多い。
押守なな(おうかみ なな)
声 - 安済知佳[5]
素晴の家の近所にあるペットショップの店員。21歳。家でははちとろくを飼っている。陽を拾って日の浅い素晴と出会って以降、猫の飼い方について彼に助言をするようになる。弟の影響で素晴の小説を読んでおり、素晴のサイン会で彼が三日月であることを知る。
はち
声 - 村瀬歩[5]
陽の弟であるオス猫。陽と同じはちわれが特徴。陽が餌を探している間、兄弟とカラスに襲われていたところを一匹だけ逃げのび、ななに拾われる。素晴がななの忘れ物を届けにいった際、素晴が連れてきていた陽と図らずも再会を果たす。
ろく
声 - 津田健次郎[5]
はちより前からななの家に住む元野良猫。
押守優伍(おうかみ ゆうご)
声 - 中島ヨシキ[5]
ななの弟。高校2年生。素晴の小説のファン。
矢坂渚(やさか なぎさ)
声 - 東城日沙子[5]
大翔の妹。17歳。素晴とは幼いころから面識があり、淡い思いを寄せている。
矢坂隼翔(やさか はやと)、矢坂鳴海(やさか なるみ)
大翔の双子の弟。鳴海は春と同級生。
矢坂海空(やさか みそら)
大翔の末の妹。3歳。
秋元 春(あきもと はる)
声 - 南條愛乃
鳴海の同級生で、中華料理店「春来軒」の一人娘。母親の奈津子(声 - 小島幸子)は野良猫時代の陽に餌を恵んだことがあり、その際に春の名前を連呼したため、陽は「ハル=御飯がもらえる合図」と誤認していた。素晴の家に出前をしに来た際に陽と再会する。
田辺苑子(たなべ そのこ)
声 - 神田みか
素晴の隣家に住む初老の女性。
タロウ
声 - 杉田智和[5]
田辺の飼い犬。
トラ姉さん
声 - 豊口めぐみ
陽が野良猫時代に世話になった雌の茶虎猫。
素晴の父母
声 - 大原さやか(母)
交通事故により物語開始時点で故人。幽霊として朏家に現れ、素晴を守ろうとする陽にお礼を言って去って行く。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2019年1月からAT-Xほかにて放送中[6]

スタッフ[編集]

  • 原作 - みなつき[5]
  • 漫画 - 二ツ家あす[5]
  • 監督 - 鈴木薫[5]
  • シリーズ構成 - 赤尾でこ[5]
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 北尾勝[5]
  • 総作画監督 - 中原清隆
  • サブキャラクターデザイン・プロップデザイン - 西野美沙樹[5]
  • 美術監督 - 合六弘[5]
  • 美術設定 - 袈裟丸絵美
  • カラーディレクター - 古川篤史
  • 色彩設計 - 辻田邦夫[5]
  • 撮影監督 - 國重元宏[5]
  • 編集 - 宇都宮正記[5]
  • 音響監督 - 納谷僚介[5]
  • 音響制作 - スタジオマウス[5]
  • 音楽 - コトリンゴ[5]
  • 音楽制作 - エイベックス・ピクチャーズ[5]
  • プロデューサー - 日野亮、髙橋和彰、野淵大輔、塩谷佳之、飯塚彩、梅田和沙、相島豪太、鈴木良兵、大和田智之、馬場楊子
  • アニメーションプロデューサー - 大林卓司
  • アニメーション制作 - ゼロジー[5]
  • 製作 - ひざうえ製作委員会[5]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「アンノウンワールド」[7]
作詞・作曲・編曲 - カンザキイオリ / 歌 - Schrödinger's Cat adding コトリンゴ
エンディングテーマ「君のとなり わたしの場所」[7]
作詞・歌 - 南條愛乃 / 作曲・編曲 - 奥華子

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
第1話未知との遭遇 赤尾でこ鈴木薫
  • 北村友幸
  • 桜井正明
第2話君を呼ぶ 佐山聖子岩永大慈
  • 中山正恵
  • 桑原寿弥

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2019年1月9日 - 水曜 23:30 - 木曜 0:00 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
2019年1月10日 - 木曜 2:20 - 2:50(水曜深夜) 朝日放送テレビ 近畿広域圏 水曜アニメ〈水もん〉』第1部
2019年1月11日 - 金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜) TOKYO MX 東京都 製作参加
金曜 0:30 - 1:00(木曜深夜) BS11 日本全域 製作参加 / BS放送 / 『ANIME+』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[8]
配信期間 配信時間 配信サイト
2019年1月11日 - 金曜 1:00 更新
金曜 12:00 更新
金曜 19:00 更新 TSUTAYA TV
2019年1月12日 - 土曜 0:00 更新
2019年1月14日 - 月曜 0:00 更新

BD / DVD[編集]

発売日[10] 収録話 規格品番
BD限定版 DVD限定版
1 2019年3月22日予定 第1話 - 第4話 GNXA-7391 GNBA-8141
2 2019年4月26日予定 第5話 - 第8話 GNXA-7392 GNBA-8142
3 2019年5月24日予定 第9話 - 第12話 GNXA-7393 GNBA-8143
AT-X 水曜 23:30 - 木曜 0:00 枠
前番組 番組名 次番組
同居人はひざ、時々、頭のうえ。
-
朝日放送テレビ 水曜アニメ〈水もん〉 第1部
同居人はひざ、時々、頭のうえ。
-
TOKYO MX 金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜) 枠
同居人はひざ、時々、頭のうえ。
-
BS11 ANIME+金曜 0:30 - 1:00(木曜深夜)枠
ゾンビランドサガ
同居人はひざ、時々、頭のうえ。
-

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “人間と猫、2つの目線から描く読切ポラリスで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年10月16日). https://natalie.mu/comic/news/128796 2018年10月20日閲覧。 
  2. ^ “猫と飼い主、2つの視点から描く新連載「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年6月5日). https://natalie.mu/comic/news/149619 2018年10月20日閲覧。 
  3. ^ 感動的なストーリーに涙が止まらない! 号泣必至なおすすめ猫漫画まとめ”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2018年6月13日). 2018年10月20日閲覧。
  4. ^ 1位は「からかい上手の高木さん」! 書店員が選んだマンガランキング2017”. ナターシャ (2017年2月1日). 2018年10月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z Cast&Staff”. TVアニメ 「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」. 2018年12月12日閲覧。
  6. ^ “TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』1月放送 下野紘・村瀬歩・津田健次郎も出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2120700/full/ 2018年10月20日閲覧。 
  7. ^ a b Discography”. TVアニメ 「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」. 2018年12月12日閲覧。
  8. ^ a b Onair”. TVアニメ 「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」. 2018年12月17日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  10. ^ Blu-ray&DVD”. TVアニメ 「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」. 2019年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]

映像外部リンク
TVアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」ティザーPV - YouTubeavex picturesが2018年9月22日にアップロード)