はちわれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はちわれ猫 顔の柄が「八」の形になっている

はちわれ(八割れ、鉢割れ)とは、ネコイヌ被毛の種類で、顔面の毛の色が筋を境にして「八」の字形に2色に分かれている様子のことで[1]、英語ではカラーが顔にかかるものをMask、カラーが顔にかからないものはCapと呼ばれる。英語の場合体白とカラー(または縞)の二色(あるいは三毛の三色)あればいいだけで”はちわれ”である必要はないが、後述の通り、二色(または縞白)は”はちわれ”模様が出やすい傾向にある。とくに、日本においては猫の柄ランキングで”はちわれ”黒白猫が2位、”はちわれではない黒白猫”は8位であり[2]、黒白猫の半数以上が”はちわれ”ということが分かる。はちわれはカラーに白が混ざるホワイトスポットの一種である。ホワイトスポットは体毛の40%以下が白のローグレイド、体毛の40~60%が白のバイカラー、体毛60%以上が白のハイグレードの3つに分けられるが、そのいずれでも”はちわれ”現象はこり得る。

黒の部分が3割を超えると模様が左右対称になりやすく[3]鼻筋マズルの部分を避けて色が付きやすい傾向にある[4]のでハチワレの柄が出やすい。

日本では漢字の「八」のように見えることから「八割れ」、または頭蓋骨が割れる意である「割れ」からきていると言われており、後者の意味から武家においては縁起が悪いとして忌避されていた時代・地方もあった[5]。八は末広がりであることから、逆に商家などにおいては起がいいとされる場合もある。

関連[編集]

  • 的盧・・・ハチワレ模様の馬

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『デジタル大辞泉』。
  2. ^ “【猫の種類】日本に多い『柄・模様ランキング』トップ10” (日本語). 猫専門情報ブログ | 11Cats. (2015年8月14日). https://11cats.com/feeling/type/cat-handle-ranking/ 2018年10月15日閲覧。 
  3. ^ 白黒猫の柄の傾向を調査してみた結果。|ねこのきもちWEB MAGAZINE” (日本語). cat.benesse.ne.jp. 2018年10月15日閲覧。
  4. ^ 白黒猫の柄の傾向を調査してみた結果。|ねこのきもちWEB MAGAZINE” (日本語). cat.benesse.ne.jp. 2018年10月15日閲覧。
  5. ^ 猫用語辞典ハ行”. アイリスペットどっとコム/アイリスオーヤマ. 2016年3月5日閲覧。