ラガマフィン (ネコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラガマフィン
20050922AmarilloRes.jpg
原産国 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
各団体による猫種のスタンダード
CFA スタンダード

ラガマフィン(Ragamuffin)は1994年に初めて作られたネコの品種。ラグドールを元にしており、性質や性格も類似している。

歴史[編集]

ラグドールの生みの親、アン・ベイカーがIRCA(International Ragdoll Cat Association)という独自組織を立ち上げてラグドールの繁殖・売買・名前の使用を独占しようとしたため、1975年に一部のグループがIRCAから離脱した。現在知られているラグドールはこのグループが開発したものである。1994年にIRCAの厳しい規約を嫌った第2のグループが独立し、ラガマフィンを開発した。ラガマフィンの名は当初、冗談で付けられたものだったが、取り消し不能なためそのまま定着した。グループは5代に渡る近親交配を危惧していたため、ペルシャ猫ヒマラヤン、その他長毛種との掛け合わせが実行された。これによってラガマフィンはラグドールから区別されることとなった。

[編集]

ラガマフィンは色は規定されておらず、どのような色でも可能である。瞳の色も自由で、ヘテロクロミアの個体もいる。

性格[編集]

非常に素直で、人懐っこい性格。抱きしめるとぐんにゃりしてしまう傾向がある。一方で非常に遊び好きである。時折鳴く。環境への適応は早い。原種となったラグドールと性格は似通っている。その優しい性格から室内飼いが推奨されている。


外部リンク[編集]

出典[編集]