ラパーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラパーマ
Laperm LH blacktortie white.jpg
ラパーマ・キャリコ・ロングヘアー
原産国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
各団体による猫種のスタンダード
CFA スタンダード
TICA スタンダード
FIFe スタンダード
GCCF スタンダード
ACF スタンダード
WCF スタンダード
その他 WCF(ショートヘア)
  SACC

ラパーマ (LaPerm) はネコの品種のひとつ。ラパームとも言う。原産国はアメリカ

概要[編集]

巻き毛が特徴。他のレックス種(コーニッシュレックス、デボンレックス、セルカークレックス)とも違う、軽く、体表から離れた被毛をしている。 体形はやや細く、首と手足が長く、見た目よりも筋肉質。顔は緩和された楔型で、目はややつり上がったアーモンド型。長毛と短毛がいる[1]

なお、ラパーマの巻き毛が優性遺伝であるため、両親がヘテロ、もしくは一方の親がヘテロでもう一方の親が巻き毛でない場合、直毛が生まれる事がある[1]

歴史[編集]

1982年アメリカ合衆国オレゴン州ザ・ダルズ郊外のサクランボ農園で生まれた1匹の雌猫が由来[1]。その猫は母猫とも同胎子とも異なり、巻き毛だった[2]。その猫の子孫を元に品種が開発された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c The LaPerm Cat Club - All About LaPerms” (英語). www.laperm.co.uk. 2022年7月25日閲覧。
  2. ^ The LaPerm Society of America - Breed History” (英語). www.lapermcats.com. 2022年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]