スコティッシュフォールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スコティッシュフォールド
Adult Scottish Fold.jpg
原産国 イギリスの旗イギリス

スコティッシュフォールド(Scottish Fold)は、イギリスにその起源を有するの一品種。スコットランドで発見された、突然変異した猫の個体から発生した。折れ曲がった独特の耳が、何よりも際立った特徴[文献1 1][文献2 1]とされる。

歴史[編集]

シルバータビーのスコティッシュフォールド
発祥の地―テイサイド

スコティッシュフォールドの歴史は、1961年スコットランドの中部に位置するテイサイドという地域の農家に生まれた一匹の白猫に始まった。[文献2 1][文献2 2] スージーと名付けられていたこの雌猫は、この農場に生まれた他の猫らと違い、その誕生からどれだけの月日が流れても耳が立たなかった。[文献3 1]

成長したスージーが1963年に出産した複数の子猫に、スージーと同様の折れ耳を持つ個体が発見された。[文献3 1]

特有の折れ耳が遺伝形質と確認され、「折れ耳猫」の計画的な繁殖の歴史が始まった。[文献3 1]

スージーに同じく雌であったその子猫は、ウィリアム・ロスとメアリー・ロスという夫妻[1]のもとへと引き渡され、スヌークスと名付けられた。スヌークスはブリティッシュショートヘアの雄と交配し、その雌は雄の白猫を出産した。スノーボールと名付けられたその子猫は地元の展覧会へと出陳されるなどした。[文献2 1]

スージーの誕生からちょうど10年目にあたる1971年に、数匹の「スコットランドの折れ耳猫」が、メアリー・ロスの手によって、ニール・トッドという名のアメリカ合衆国遺伝学者のもとへと移送された。以後、米国の地でブリティッシュショートヘアとアメリカンショートヘアとを用いた品種改良が続けられ、「スコットランドの折れ耳猫」は、1994年に「スコティッシュフォールド」の名称を受けて一猫種として公認を獲得した。[文献2 1]

特色[編集]

「折れ曲がり」を意味する英語の「フォールド」という名が説明するように、なによりの特色はやはりその特有の、前方に折れ曲がりながら垂れた耳である。[文献1 2][文献2 1] 加えて短めの首や丸い顔、丸みを帯びた小柄な身体も独特のものであるとされている。[文献2 1] 「耳の先に触れることなしに頭上に手を乗せることのできる唯一の猫」でもあり、小さく折り畳まれた耳に大きな眼という特徴から、その外観は「フクロウのよう」などと形容されることがある。[文献4 1]

[編集]

「風変わりな耳」などと形容されるスコティッシュフォールドの折れ曲がりの耳は、優性遺伝によって受け継がれたうえで発現するもので、その折れ曲がり具合には様々な段階が存在している。[文献2 1] 折れ耳を持って生まれるというわけではなく、生後13日目から23日目に掛けて折れ耳が生じ始める―すなわち耳が畳まれ始める。[文献4 2] このスコティッシュフォールドの折れ耳には、通常の耳を持つ猫には無い実利的な特質がある。それは耳の伝染病を罹患しにくいことである。[文献5 1]

ブルーとホワイトカラーのスコティッシュフォールドの子猫

被毛[編集]

スコティッシュフォールドには短毛種と長毛種とが存在している。[文献1 1] 長毛種には「ハイランドフォールド」あるいは「ロングヘアフォールド」という異称がある。[文献2 2]

「ロングヘアフォールド」

その起源となったスージーが長毛の遺伝子の持ち主であったということが明らかとなっており、その血を漏れなく引いているスコティッシュフォールドは、たとえその直近の祖先が短毛の持ち主であっても、スージーから脈々と受け継がれてきた長毛の遺伝子を保有している可能性がある。[文献2 2] それに加えて、その原産国たるイギリスでのこの品種の交配の歴史において、その異種交配の相手となったのはブリティッシュショートヘアが多く、そのブリティッシュショートヘアの異種交配の相手はペルシャであることがしばしばであった。すなわちそうして紛れ込んだ長毛の遺伝子を保有している可能性がまた存在するということである。[文献4 3] その毛色にはあらゆるものがある。[文献2 1] ビロードのごとく柔らかな手触りにして厚みを有し[1]、一般的には首の周りのそれが少しばかり長めとなっている。[文献1 1] 長毛種ならではの特色なるものは、そのより分厚い手触りの被毛の他には特に存在しないものの、長毛の遺伝子は短毛のそれに対して劣性であるため、短毛種に比せば「出会えれば幸運」と言われるほどに希少ではある。[文献4 3]

頭部[編集]

かなりの丸みを帯びた輪郭で、ふっくらとした頬を持つ。雄の個体の頬は特に肉付きが良いことから、垂れているようにすら見える。鼻は幅広く、横から見ると緩やかな曲線を描いているのがわかる。[文献1 1] 見開いたような大きな眼を持ち[文献3 1]、その色は毛色に準ずる。[文献1 2] あらゆる目色が存在し得るものの、最もありふれたものというならばそれは銅色である。[2]

障害[編集]

スコティッシュフォールドは骨格に特有の障害を持つことがある。関節の異常を特徴とするこの障害は、折れ耳を有する個体同士の交配によって生まれた。すなわち折れ耳を生じさせる遺伝子同士の同型接合をもって生まれた個体に起こるもので、生後4ヶ月目から6ヶ月目に掛けて発現する。太く短い尻尾がその徴候である。[文献2 2][文献2 1] いわゆる奇形であり[文献3 1]、交配の観点からすれば、健康なスコティッシュフォールドを生むためには、真っ直ぐな耳を持った猫が不可欠になってくる。[文献2 1] この障害は、その原産国たるイギリスにおいて、一猫種としての認定を長年にわたって妨げてきた。[文献2 1]

1970年代初頭、イギリスの遺伝学者Oliphant Jacksonは報告書を発表した。[3]スコティッシュフォールドは当時、X線診療において骨病変がしばしば見受けられるようになっていた。報告書によれば、品種の健康状態を回復するためには、異種交配による遺伝子プールを広げることが重要かつ必要だという決定がなされた。博士によると ジャクソンの報告書には、70年代以前に関連する骨格変形の既述はなかった。科学者とブリーダーは、折れ耳自体ではなく、折れ耳の繁殖の歴史の中で大きな過ちがあったとする結論に達した。その後の15〜20年にわたる慎重な繁殖により、健康なスコティッシュフォールドの品種を再び取り戻すことに成功した。

2001年には、ドイツにおいてスコットランド・フォールド(短毛種の呼称)/ハイランド・フォールド(長毛種の呼称)の健康状態のサンプル調査が実施された。[4]この目的のために、50匹以上の猫が、部分的に放射線措置によって、一部は獣医師または審査官によって、または資格のある審査員によって検査された。これらの年齢は平均3歳で、最も高齢な猫は15歳だった。 1000回の検査で骨やその他欠陥、時間経過によっても猫のネガティブな結果は得られなかった。調査結果の概要では、Ortrun Wagner監督は次のように報告している。『5カ国の22匹の血筋から得られた56匹の猫は、11カ国の獣医師と品種審査員によって評価された。スコティッシュフォールドは、優れた健康を楽しむことができ、特異的なボディタイプを保有し、手足や尾は完全に可動し、ドイツにおける動物福祉法の§11b「虐待の禁止」に該当する繁殖の問題は存在しない。』

2003年には、遺伝病の専門家であるロレイン・シェルトンが、異常を発現していないスコティッシュフォールドの放射線写真を単一ではないブリーダーから300枚自費で撮影し調査することで、異型接合猫には病気が存在しないことを証明した。[5]

2018年において、スコティッシュフォールドの交配はアウトブリードアウトクロスが心掛けられており、ブリティッシュ・ショートヘアアメリカン・ショートヘアとの交雑種が許容されている。[6]同様の理由から交雑種を認められる猫種にデボンレックスエキゾチック・ショートヘアが存在する。

座法[編集]

スコティッシュフォールドはしばしば「人間のよう」「プレーリードッグのよう」「ブッダのよう」とも言われる特有の座り方を見せ『スコ座り』と言われることがある。これは折れ耳を有するスコティッシュフォールドのほとんどに見ることができるものである。この風変わりな座法とともに辺りをきょろきょろと窺うその姿は、この品種の可愛らしさを物語る数多の特色群の中でも殊に名高いものとなっている。[2]

性格[編集]

のんびりとしている。[文献4 2] 穏やかな性格で、感情を表に出さない。[文献2 1] 見知らぬ人間に甘えてゆくほどに人懐っこく、人間と一緒にいるのが大好きで、とても遊び好きである。[文献1 1]もちろん例外もおり、目が合えば逃げ、要求のある時だけ鳴きもせずに人の前を横切ることによって餌が欲しいことを主張する、抱かれるのを嫌がる、自分の世界を淡々と生きている個体も多くいる。

人気[編集]

スコティッシュフォールドは愛玩用の人気の高い品種である。[1] アニコム損害保険日本2009年に行った飼い猫についての調査は、最も人気の高い猫の品種がスコティッシュフォールドであるという結果を示している。[7] 2018年における同調査でも最も人気が高い品種とされ、2018年以前10年間(各年1回)の調査すべてで最も人気がある品種という結果が出ている。[8]

2008年より動画共有サイトYouTubeに投稿され一躍有名になった「まる」はスコティッシュフォールドであり、特にまるがCMに出演し始めた2009年11月より人気が急増している。

2018年において、スコティッシュフォールドはイギリスを含む世界各国でPets4Homes[9]などを介して生体譲渡(販売)、飼育されており、エド・シーラン(イギリス)やテイラー・スウィフト(アメリカ)、ク・ハラ(韓国)もその愛好家の一人である。その他に日本の著名人では(以下順不同)横山由依宮脇咲良小嶋陽菜高城れに土屋アンナつるの剛士舟山久美子原西孝幸大杉漣知英水原希子などが知られている。

2018年7月に人気YouTuberHIKAKINが折れ耳のスコティッシュフォールド「まるお」を飼い始めたことで、種の健全性を疑う論調が再燃している。[10]

上述のアニコム損害保険の調査結果から、日本におけるスコティッシュフォールドの飼育実績は相当数のものであり、同時に保険加入者による保険料請求を一元的に集計できることから、同社や類似する団体などの統計的根拠を有する傾向の報告が待たれるものである。(アニコム家庭どうぶつ白書[11]2014では、筋骨格系疾患の罹患率が、他猫種1.1%に対して3.2%であったと報告されている。)


出典[編集]

脚注[編集]

文献[編集]

  • 『世界の猫カタログ』 1998年8月25日 ISBN 440510641X ― P.180-181 『スコティッシュフォールド』 ― 『短毛種』
  1. ^ a b c d e 頁.181:『歴史』/『特徴と性格』/『頭』/『毛』/『尾』
  2. ^ a b 頁.180:『耳』/『眼』
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 頁.119:『スコティッシュ・フォールド』
  2. ^ a b c d 頁.214:『スコティッシュ・フォールド』 ― 『長毛種』
  • 『SINRA』 1999年6月号 ― 頁.40-64:『ワイド特集 猫の大研究』
  1. ^ a b c d e 頁.43:『スコティッシュ・フォールド』
  • 『世界のネコたち』 2000年9月1日 グロリア・スティーブンス ISBN 463559615X ― 『ネコたちのプロフィール』 ― 頁.140-141:『スコティッシュ・フォールド』/頁.142-143:『スコティッシュ・フォールド・ロングヘア』
  1. ^ 頁.140
  2. ^ a b 頁.141
  3. ^ a b 頁.142
  • 『猫のすべてがわかる本』 1998年11月 スージー・ペイジ ISBN 458416231X ― 『品種ガイド』 ― 頁.188-189:『スコティッシュ・フォールド』
  1. ^ 頁.189

外部リンク[編集]