スコティッシュフォールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スコティッシュフォールド
Adult Scottish Fold.jpg
原産国 イギリスの旗イギリス
スコットランドの旗スコットランド

スコティッシュフォールド英語Scottish Fold)は、イギリス北部に起源をもつネコの一品種である。スコットランドで発見された、突然変異した猫の個体から発生した。折れ曲がった独特の耳が、何よりも際立った特徴とされる[1][2]

歴史[編集]

発祥の地、テイサイド

1961年スコットランド中部に位置するテイサイドの農家に生まれた、一匹の雌の白猫、スージーに始まる[2][3]。スージーは農場に生まれた他の猫らと違い、いつまでも耳が立たなかった[4]。その後成長すると、スージーが1963年に出産した複数の子猫に、同じ折れ耳を持つ個体が発見[4]、耳が遺伝形質と確認され、計画的繁殖が始まった[4]

スージーと同じ雌であった子猫は、ウィリアム&メアリー・ロス夫妻[5]へと引き渡され、スヌークスと名付けられた。スヌークスはブリティッシュショートヘアの雄と交配し、雌が出産した雄の白猫はスノーボールと名付けられ、地元の展覧会へ出陳されるなどした[2]

スージー誕生からちょうど10年目の1971年、数匹の「スコットランドの折れ耳猫」がメアリーによって、アメリカ合衆国遺伝学者ニール・トッドへ移送された。以後米国でブリティッシュショートヘアとアメリカンショートヘアとを用いた品種改良が続けられ、折れ耳猫は1994年に、「スコティッシュフォールド」の名で一猫種として公認された[2]

特色[編集]

「ロングヘアフォールド」
ブルーとホワイトカラーのスコティッシュフォールドの子猫
耳が垂れていない立ち耳のスコティッシュフォールド
通称『スコ座り』という特有の座りかたをするスコティッシュフォールド

「折れ曲がり」を意味する英語の「フォールド (fold)」という名が説明するように、最大の特徴は、前方に折れ曲がりながら垂れた耳である[6][2]。加えて短めの首、丸い顔、丸みを帯びた小柄な身体も、独特とされている[2]。「耳の先に触れずに頭上に手を乗せられる唯一の猫」でもあり、小さく折り畳まれた耳に大きな眼という特徴から、その外観はフクロウのようと形容される[7]

[編集]

その耳は優性遺伝で発現するもので、折れ曲がり具合には様々な段階が存在している[2]。折れ耳は生まれた時からでなく、生後13 - 23日目に生じ始める―すなわち耳が畳まれ始める[8]。また、通常の耳を持つ猫と比べ、耳の伝染病を罹患しにくいという実利的な特質がある[9]。が、耳道の閉塞により耳垢排出不全を起こし外耳炎を起こすケースもある。

全てのスコティッシュフォールドの耳が折れ曲がっているわけではなく、立ち耳も存在する。タレント猫として広く知られ、いずれも一時はギネス世界記録保持者であった「まる」と「もちまる」(『タレント猫』節を参照のこと)は、立ち耳の個体の実例として最適で、彼ら2匹は普通のネコと同様であるが、耳以外のスコティッシュフォールドの特徴は残っている。

被毛[編集]

短毛種と長毛種が存在[1]、長毛種には「ハイランドフォールド」あるいは「ロングヘアフォールド」の異称がある[3]

前述のスージーが長毛遺伝子だったことが明らかとなっており、その血を漏れなく引いているスコティッシュフォールドは、直近の祖先が短毛でも、スージーからの長毛遺伝子を保有している可能性がある[3]。加えて原産国イギリスでの交配史において、異種交配の相手はブリティッシュショートヘアが多く、そのブリティッシュショートヘアの異種交配相手はペルシャであることがしばしばであった。つまりそうして紛れ込んだ長毛遺伝子も保有する可能性が存在する訳である[10]

毛色にはあらゆるものがあり[2]ビロードの様に柔らかな手触りにして厚みを有し[5]、一般的には首の周りが少し長めである[1]。長毛種の特色は、その分厚い被毛の他には特に存在しないが、短毛に対し劣性なため、長毛種は「出会えれば幸運」と言われるほど希少ではある[10]

頭部[編集]

かなりの丸みを帯びた輪郭で、ふっくらとした頬を持つ。雄の個体の頬は特に肉付きが良いことから、垂れているようにすら見える。鼻は幅広く、横から見ると緩やかな曲線を描いているのがわかる[1]。見開いたような大きな眼を持ち[4]、その色は毛色に準ずる[6]。あらゆる目色が存在し、最もありふれたものは銅色である[11]

障害[編集]

骨格に、関節の異常を特徴とする障害を持つことがある。これは折れ耳同士の交配によって生まれた、つまり折れ耳を生じる遺伝子同士の同型接合で生まれた個体に起こるもので、生後4 - 6カ月目に発現する。太く短い尻尾がその徴候である[3][2]。いわゆる奇形であり[4]、交配の観点からすれば、健康なスコティッシュフォールドを生むためには、真っ直ぐな耳を持った猫が不可欠になってくる[2]。この障害はイギリスにおいて、一猫種としての認定を長年にわたって妨げてきた[2]

1970年代初頭、イギリスの遺伝学者 Oliphant Jackson は報告書を発表した[12]。スコティッシュフォールドは当時、X線診療において骨病変がしばしば見受けられるようになっていた。報告書によれば、品種の健康状態を回復するためには、異種交配による遺伝子プールを広げることが重要かつ必要だという決定がなされた。博士によるとジャクソンの報告書には、70年代以前に関連する骨格変形の既述はなかった。科学者とブリーダーは折れ耳自体ではなく、折れ耳の繁殖の歴史の中で大きな過ちがあったとする結論に達した。その後の15 - 20年にわたる慎重な繁殖により、健康なスコティッシュフォールドの品種を再び取り戻すことに成功した。

2001年には、ドイツにおいてスコットランド・フォールド(短毛種の呼称)/ハイランド・フォールド(長毛種の呼称)の健康状態のサンプル調査が実施された[13]。この目的のために50匹以上の猫が部分的に放射線措置によって、一部は獣医師や審査官または資格のある審査員によって検査された。平均年齢は3歳、最高齢は15歳だった。 1000回にわたる検査で骨やその他欠陥、また時間経過によっても、猫のネガティブな結果は得られなかった。調査結果の概要では、オルトルン・ワーグナー監督は次のように報告している。『5カ国の22匹の血筋から得られた56匹の猫は、11カ国の獣医師と品種審査員によって評価された。スコティッシュフォールドは、優れた健康を楽しむことができ、特異的なボディを保有し、手足や尾は完全に可動し、ドイツにおける動物福祉法の§11b「虐待の禁止」に該当する繁殖の問題は存在しない』

しかしながら、UFAW(動物福祉のための大学連盟)は、両親が折れ耳の場合は、激しい痛みを伴う体の変形と壊滅的な関節疾患を引き起こし、早い段階で安楽殺されることが多いこと、また片親だけが折れ耳の時でも、痛みや傷害を伴う重大な関節疾患を伴う場合もあると報告する[14]。GCCF(イギリスの血統猫の登録機関:Governing Council of the Cat Fancy)もまた、1970年代初めにスコティッシュフォールドの登録を禁止して以来、禁止を継続している。英国獣医協会もまた、健康への懸念からスコティッシュフォールドの繁殖をやめるべきだと警告する[15]

2018年において、スコティッシュフォールドの交配はアウトブリードアウトクロスが心掛けられており、ブリティッシュショートヘアアメリカンショートヘアとの交雑種が許容されている[16]。同様の理由から交雑種を認められる猫種には、デボンレックスエキゾチック・ショートヘアが存在する。

座法[編集]

スコティッシュフォールドはしばしば「人間のよう」「プレーリードッグのよう」「ブッダのよう」と言われる特有の座り方を見せ、『スコ座り』と言われる。これは折れ耳を有するスコティッシュフォールドほとんどで見られる。この座法で辺りをきょろきょろと窺うその姿は、この品種の可愛らしさを物語る多くの特色の中でも特に著名である[11]。ただこの座り方をする事は、後ろ足に障害を持っている可能性に注意が必要である。

性格[編集]

穏やかな性格で[8]感情を表に出さない[2]。見知らぬ人間に甘えてゆくほどに人懐っこく、人間と一緒にいるのが大好きで、とても遊び好きである[1]。もちろん例外もおり、目が合えば逃げ、要求のある時だけ鳴きもせずに人の前を横切ることによって、餌が欲しいことを主張する。抱かれるのを嫌がる、自分の世界を淡々と生きている個体も多くいる。

ギャラリー[編集]

人気[編集]

愛玩用としては人気の高い品種である[5]アニコム損害保険日本2009年に行った飼い猫についての調査は、最も人気の高い猫の品種がスコティッシュフォールドという結果を示している[17]。2022年の同調査でも最人気品種とされ、その前の過去14年間の調査すべてで最人気品種という結果が出ている[18]

2022年現在、世界各国でPets4Homes[19]などを介して生体譲渡(販売)、飼育されており、エド・シーラン(イギリス)やテイラー・スウィフト(アメリカ)、ク・ハラ(韓国)もその愛好家の一人である。その他に日本の著名人では、生まれの早い方から順に、養老孟司大杉漣原西孝幸つるの剛士土屋アンナ小嶋陽菜水原希子舟山久美子横山由依高城れに知英菅井友香宮脇咲良などが知られている。

2018年7月に人気YouTuberHIKAKINが折れ耳のスコティッシュフォールドを飼い始めたことで、種の健全性を疑う論調が再燃している。名前は「まるお」と「もふこ」である[20]

上述のアニコム損害保険の調査結果から、日本におけるスコティッシュフォールドの飼育実績は相当数のものであり、同時に保険加入者による保険料請求を一元的に集計できることから、同社や類似する団体などの統計的根拠を有する傾向の報告が待たれている(アニコム家庭どうぶつ白書2014では[21]、筋骨格系疾患の罹患率が、他猫種1.1%に対して3.2%であったと報告されている)。

タレント猫[編集]

まる[編集]

2007年(平成19年)生まれの「まる」は、日本タレント猫、ペット系YouTuber2008年(平成20年)より動画共有サービスサイト「YouTube」に投稿されて一躍有名になった、スコティッシュフォールドのオスである。テレビCMに出演し始めた2009年(平成21年)11月以降は、特に人気が急上昇した。2016年(平成28年)9月22日の時点で、まるのYouTubeチャンネルである「Mugumogu」が動画再生回数 3億2570万4506回を数え[22]、これをもって "Most Views for an Animal on YouTubeYouTubeで最も視聴された動物)" 名義でギネス世界記録に認定された[22][注 1]

なお、前のギネス世界記録保持者は、米国ニュージャージー州在住のシベリアン・ハスキー犬「ミシュカ (Mishka)」(2002年生まれ)で、動画再生回数は 81万1928回であった(2016年7月20日認定)[22]。そして、ギネス世界記録 "Most Views for an Animal on YouTube" は、2018年3月13日付で 6億9533万2916回に更新されており、新記録保持者は米国のビーグル犬「メイモ (Maymo)」(2011年生まれ)[24][注 2]であった。しかしこの記録もまた、2022年4月21日付で 75億3218万0184回という途轍もない新記録によって塗り替えられている[25]。新たな世界記録保持者は米国ニューヨーク市ブルックリンで暮らすラグドール猫「パフ (Puff)」(2019年生まれ)、チャンネルは2020年8月29日に始まった "That Little Puff" である[25][注 3]。記録を更新した日のチャンネル登録者数は約870万人であった[25]。ただ、ギネス世界記録の記述は混乱しているように見え、数字が1桁間違っていない限り、記録の有効範囲は「動物」にまで拡大するはずが、名義は "Most Views for an Cat on YouTubeYouTubeで最も視聴された猫)" と、「猫」に限定されたものになっており、ビーグル犬「メイモ」は記録保持者のままになっている。このような名目はともかくとして、数字が正しいという前提の下での「真のギネス世界記録」は、犬(シベリアン・ハスキー)→猫(スコティッシュフォールド)→犬(ビーグル)→猫(ラグドール)の順に更新されてきており、国家・地域別では、米国→日本→米国→米国と変遷している。

もちまる[編集]

2019年(令和元年)生まれの「もちまる」も、日本のタレント猫にして、ペット系YouTuberである。2019年12月よりYouTubeに動画が投稿され始めたスコティッシュフォールドのオス。もちまるのYouTubeチャンネルである「もちまる日記」は、2021年(令和3年)5月14日にチャンネル登録者数100万人を達成。同年8月12日には動画再生回数が6億1958万6290回に達し、これをもって同年9月5日、"Most Views for an Cat on YouTubeYouTubeで最も視聴された猫)" 名義でギネス世界記録に認定された[26][27][28]

なお、もちまるの記録は、「まる」節の後段で述べたラグドールの「パフ (Puff)」によって塗り替えられている。

映像資料[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ "Most Views for an Animal channel on YouTube(YouTubeで最も視聴された動物系チャンネル)" [23]とは別。「まる」のは、「チャンネルの」ではなく、「1個体の」あるいは「1タレントの」記録である。後述する「もちまる」も同様。
  2. ^ (English) Maymo (動画共有サービス). YouTube. https://www.youtube.com/channel/UCC7tqA6lA2QRw4BdrAEKFxg 2022年7月20日閲覧。 
  3. ^ (English) That Little Puff (動画共有サービス). YouTube. https://www.youtube.com/channel/UClFN9LShD_Pv0wnSeUKbUZw 2022年7月20日閲覧。 

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 佐藤弥生・山崎哲 『世界の猫カタログ』新星出版社、1998年8月25日、181頁。ISBN 440510641X 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l ブルース・フォーグル「スコティッシュ・フォールド」 『新猫種大図鑑』(第1版第2刷)ペットライフ社、2006年5月20日、119頁。ASIN 4938396661 
  3. ^ a b c d ブルース・フォーグル「長毛種」 『新猫種大図鑑』(第1版第2刷)ペットライフ社、2006年5月20日、214頁。ASIN 4938396661 
  4. ^ a b c d e 岩合光昭「ワイド特集 猫の大研究」 『SINRA』 1999年6月号(No.66)、新潮社、1999年6月1日、43頁。 
  5. ^ a b c gooペットスコティッシュ・フォールド(短毛) セミコビー 猫図鑑
  6. ^ a b * 佐藤弥生・山崎哲「『耳』/『眼』」 『世界の猫カタログ』新星出版社、1998年8月25日、180頁。ISBN 440510641X 
  7. ^ *グロリア・スティーブンス 『世界のネコたち』山と渓谷社、2000年8月1日、140頁。ISBN 463559615X 
  8. ^ a b * グロリア・スティーブンス 『世界のネコたち』山と渓谷社、2000年8月1日、141頁。ISBN 463559615X 
  9. ^ スージー・ペイジ 『猫のすべてがわかる本』ベストセラーズ、1998年11月1日、189頁。ISBN 458416231X 
  10. ^ a b グロリア・スティーブンス 『世界のネコたち』山と渓谷社、2000年8月1日、142頁。ISBN 463559615X 
  11. ^ a b ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーションスコティッシュフォールド (英語)
  12. ^ TICA:Scottish Fold Breed Comittee(英語)
  13. ^ Scottish Fold – Ergebnis einer „Qualzucht" ? (ドイツ語、アーカイブ版)
  14. ^ Genetic Welfare Problems of Companion Animals An information resource for prospective pet owners”. 20220505閲覧。
  15. ^ Should Scottish fold cats be banned?”. 20220505閲覧。
  16. ^ CFA Japan:繁殖・交配の定義と方法
  17. ^ Business Media 誠一番人気の猫は「スコティッシュ・フォールド」 2009年02月24日
  18. ^ 猫の人気品種ランキング2022
  19. ^ Pets4Homes(英語)
  20. ^ なぜ炎上?HIKAKINが飼い始めた人気猫種の、知られざる悲しみ』2018年8月3日。
  21. ^ アニコム家庭どうぶつ白書
  22. ^ a b c 【映像】世界一のニッポンの猫、まる、「Mugumogu」で視聴回数世界一|ギネス世界記録”. ギネス世界記録. Guinness World Records Ltd. (2017年3月28日). 2022年7月20日閲覧。
  23. ^ Most views for an animal channel on YouTube” (English). Guinness World Records. Guinness World Records Ltd. (2021年3月8日). 2022年7月20日閲覧。
  24. ^ Most views for an animal on YouTube” (English). Guinness World Records. Guinness World Records Ltd. (2018年3月13日). 2022年7月20日閲覧。
  25. ^ a b c Most views for an cat on YouTube” (English). Guinness World Records. Guinness World Records Ltd. (2022年4月21日). 2022年7月20日閲覧。
  26. ^ もちまる日記 YouTube-20210905.
  27. ^ 株式会社FREE「YouTubeチャンネル『もちまる日記』の『もちまる』がギネス世界記録™認定!YouTubeで最も視聴された猫として世界一に!」『ITmedia News』アイティメディア株式会社、2021年9月5日。2022年7月20日閲覧。
  28. ^ IT Media News[リンク切れ][出典無効]

外部リンク[編集]