キムリック (ネコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キムリック
Cymric - Norwegian forest cat presentation show Kotka 2009-02-01 IMG 0687.JPG
原産国 カナダの旗カナダ
各団体による猫種のスタンダード
TICA スタンダード

キムリック(Cymric)は、カナダ原産でマンクスに長毛種をかけ合わせてできた猫である。マンクスと同じく前肢より後肢の方が長く、ウサギがピョンピョン跳ねるように動くのと、モコモコしたぬいぐるみのようなが特徴。イギリスウェールズ地方で愛されている猫のため、キムリック(=ウェールズ族の)と命名された。

概要[編集]

1960年代、マンクスの繁殖過程において偶然発生した。セミロングの被毛以外はコビータイプの体系、マンクスホップと呼ばれるウサギの跳ねるような歩き方、短めの前足と長めの後ろ足など、マンクスの性質を色濃く受け継いでいる。

性格[編集]

用心深く、引っ込み思案。見知らぬ飼い主以外の人間には懐きにくい反面、賢く、知性を備えているため飼い主に対しては忠誠を誓うように懐く[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『日本と世界の猫のカタログ'96』 ISBN 4415040829 頁.42:『キムリック』